輸入車専門店・マリオットマーキーズのブログ

東京都墨田区に店舗を構えるマリオットマーキーズのスタッフブログです。
ジャガー、メルセデスベンツ、ポルシェ、BMWなど誰もが憧れる輸入車の情報から、日々の出来事など 思いつくまま書いてまいります。よろしくお願いします!


テーマ:

皆様こんにちは、こんばんは

エース!?YUー太です

本日はアウディRS6のご紹介です

お車はこちら



今回はブレーキパット警告灯点灯


にてご入庫です


リフトアップしタイヤを外し


四輪とも裏表全ての残量を確認していきます


手を抜いて一か所だけ確認~(*^ー^)ノは当然ダメですよ!!


に輸入車は片減り等を起こしやすいので


しっかり一枚ずつ確認していきます(*^-^)b


診断の結果見事に前後とも1mm程度しか


残量がありませんでしたので交換です!(´Д`;)



削れてしまったパットセンサー


削れて中の銅線が露出する事で残量を検知しています


勿論再使用は不可なので新品に交換します


またディスクローターも摩耗が酷かったので


同時交換です(σ・∀・)σ



摩耗が進むと鳴きな制動力の低下


最悪割れてしまう恐れもあります( ̄□ ̄;)



清掃とグリスアップを行いながら組み付けていきます


またこの車種はリアパット交換時に


テスターが必要になり、ちょっと一手間かかります


近年は何の修理をするにしてもテスター、テスターですね…( ̄_ ̄ i)


AMGやBMWのM、アウディのRSシリーズなどは


ビックキャリパー、ビックローターで


どうしてもパーツ代が高くついてしまいますが…ヽ(;´Д`)ノ


「走る」「曲がる」「止まる」の中で一番重要な


「止まる」を司る部分ですので最優先で


メンテナンスをお願いします(`・ω・´)ゞ


でわでわまた次回お会いしましょーヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



↓↓↓ 「いいね!」ボタンも忘れずにm(_ _)mお願いします。



Marriot Marquis 公式Facebook


Marriot Marquis Factory 公式Facebook






AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:


こんにちはいがぴょんです(・ω・)/

毎日暑いですが、体調管理にしっかりおこないがんばりましょう!

さて!本日紹介するのは、最近の暑さのせいか

エアコン修理の入庫が非常に多いです

ベンツ・BMW・アウディ・ワーゲン・MINI・マセラティなどなど

車種問わず入庫しております

その中で紹介するのは

アウディR8





点検した所・・・・

定番のプレッシャースイッチでは無く・・・・・・・

エアコンコンプレッサー本体の不具合と断定しました

早速、お客様にOKを頂き作業に入りますが

ゆう太の心の声が・・・・・・・(ノ_-。)

言うのは簡単だよな・・・・・o(;△;)o

作業は・・・・・通常の車とは違うんだよ・・・・・(_ _。)

そうなんです!

アウディR8はエンジンを下さないと何も見えないんです

では、サクサク分解してみましょう!





まずは、バンパー廻りを外して・・・・・・・・

色々な物を脱着していくと・・・・・・・・・・





ほーら!降りました

なんだよ ゆう太!たいしたことないじゃん

すると・・・・・・・(ノ◇≦。)

ここからがまた大変らしい・・・・・(T_T)






コンプレッサーはエキマニの下についており

まだ見えません






何もないエンジンルームです

メカニカルな所がたまりませんね


その間にコンプレッサーを外して・・・交換!






新旧の比較です

コンプレッサーも常時ONの可変容量タイプですね

しかもベルト駆動ではないんです






でっ!逆の手順で乗せていきます・°・(ノД`)・°・

早くやれよオ―ラを出して・・・・いや!やさしくお願いして

ゆう太をせかします





交換後は冷風もバッチリ快適なお車となりました!

車種問わずどんなメーカーでも対応可能ですので

エアコン修理でお困りの方は

相談してくださいね!

では、また

いがぴょんでした(`∀´)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

皆さまこんにちは、こんばんわじゅんPAYです。



最近外に出ると鼻水、くしゃみ、目のかゆみが止まらなくなります(。>0<。)



花粉症ですかね。



それはさておきこちらをご覧ください!!!!




海外シリーズ第3段!!!!!



ニュージーランドではどこにでも羊がいますΣ(゚д゚;)



よく羊の肉をラム肉と言いますがラムは若い羊の事で大人の羊はマトンと言います。


日本人の多くが嫌っている匂いがきつくて、癖が有るのはマトンの方ですね。


ラム肉は高給で臭みもなく食べ安いお肉になります。



またニュージーランドでは1週間に1回ぐらいのペースでドラッグレースだったり、車のショ―がいたるところで開かれます。



同僚によく連れて行ってもらっていましたo(^▽^)o









同僚も元ドラッグレーサーだったので車両の準備など手伝っていました(*´σー`)



また来週も色々載せていきますので楽しみにしておいてください!!!!!



さて本題!!!!


今回はBMW5シリーズE39T車検でのご入庫です。







早速点検して行くと、、、、、、、、



あれ、フロントのウォッシャーが出ない( ̄□ ̄;)



これでは車検にも通りませんので修理が必要になります。



点検の結果、ウォッシャモーターに不具合が有りました\(゜□゜)/







こちらがウォッシャーモータになります。

タンクにグロメットと一緒にささっているのですがグロメットもゴムでできており経年劣化しますので同時に交換です。



今回はウォッシャホース、接続のピースにも劣化がありますので


こちらも交換致しました。


ホース、接続ピース等はプラスチックでできており劣化が進んでいると触っただけで割れたりボロボロになっている事が多いです( ̄□ ̄;)




交換後再度点検して問題なく正常に作動するので修理完了です!!!!!



BMWE39だったりE46など年数が立っていても定期的なメンテナンスを心掛ければまだまだバリバリ乗れますので気軽にお問い合わせください!!!!!



BMW修理でしたらこちらまで

http://www.bmw-seibi.jp/tech/


それではまた来週の土曜日に会いましょう(°∀°)b

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは!!水嶋ヒロ(キラーン)Gです~~。


前回に引き続き、ポルシェ 986ボクスターですビックリマーク

ティプトロニックオイル交換(オートマオイル交換)の

ご依頼を頂きましたので作業開始ですひらめき電球

ミッション下の三角プレートとスタビライザーを外し

オイルパンの脱着を行います目

オイル交換の他にフィルターの交換もお勧めしましたので

オイルパンの脱着が必要となりますにひひ

ミッション下のプレートはリヤサブフレームの一部でも有るので

車体からのテンションが掛っている為に

脱着には少々コツがいりますグッド!

IMG_5764

オイルを抜き、オイルパンを外すとAT内部が見えます目

普段、この中は大量のオイル(正しくはフルード)

で満たされております目

IMG_5758

こちらは外したオイルパンですニコニコ

黄色く見えているのはオイルの注入口になっている所です目

エンジンを掛けながら注入をして行くのですが

規定の油面を出す為に注ぎ穴がその分上部に開いています

反対側の両隅には見えずらいですが

磁石が置かれています目

内部で発生した鉄粉を寄せ付ける役割ですグッド!

非常に細かな鉄粉がビッシリと付着していました

触るとオイルと混じっていますので

ハンドクリームのようになめらかな状態ですにひひ

IMG_5759

そしてこちら、画像中央に位置しているのがATフィルターです合格

ここからオイルを吸い込み、フィルターを通ったオイルが

各部へ圧送されて行き、オイルは落ちてくるように

オイルパンへと戻ってきますグッド!

IMG_5761

こちらはオイルパンとミッション本体との貼り付け面に

取り付けるガスケットですひらめき電球

紙がベースになっていますが表面にはシーリング処理がされており

取り付けする時にガスケットがつぶされると共に目

シール剤も伸びてシール面が広がりますニコニコ

IMG_5760

オイルとフィルターを交換した事でニコニコ

ミッション内部の作動状態が良くなり

なめらかな乗り味になるのが分かりますチョキ

オイルも劣化をしますのでドクロ

一概に走行距離が少ないからという理由で

交換をしないのは良く有りませんビックリマーク

劣化したオイルがミッション内部の部品に

影響を及ぼす事も考えられますドクロ

未交換でしたら、お勧めのメンテナンスになります!!

ではまた次回です音譜

中土居宏宜(ハート)Gでした~~~音譜

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
http://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

皆様こんにちは、こんばんは

エース!?YUー太です

本日はメルセデスCLクラスのご紹介です

お車はこちら



今回はエアバック警告灯点灯にてご入庫です


輸入車では定番のトラブルですね( ̄ー ̄;



現車はご覧の通りSRS警告灯がピカリ!


点灯していても諦めて放置して


しまうお客様も多いですが…(゚_゚i)


メーター上に出ていると鬱陶しいですし


もしもの時の安全装置ですので


早期点検修理が望ましいですね(・∀・)

では修理開始です


診断結果は助手席の着座センサー不良でした


助手席に人が乗っているかどうかを


検知しているセンサーで乗っていなかったり


チャイルドシートの場合は事故時に


エアバックが開かないようになります(@ ̄Д ̄@;)


素晴らしい機能なんですが…


交換が厄介なんです………(((( ;°Д°))))



まずはシートAssyで取り外します


ドッシリとしたシートですので非常に重いです


ここから更にカバー類やパワーシート作動部等


を取り外していき



座面を外します


最後に外した座面のフレーム、クッションを外していき


最後に表面のレザーを剥がして



やっと現れるのがこの着座センサー(*´Д`)=з


アバラ骨の様な格好をしたフィルム状のセンサーです


人が何十何百と乗り降りを繰り返すので


断線してしまうんですねヽ(;´ω`)ノ


後はセンサーを交換して元通り戻せば完了です


最後にDASにてエラーを消去です


テスターでエラー消去を行わないと修理してあっても


警告灯は点灯したままです


警告灯が無事消えればOK(°∀°)b です


でわでわまた次回お会いしましょーヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



↓↓↓ 「いいね!」ボタンも忘れずにm(_ _)mお願いします。



Marriot Marquis 公式Facebook


Marriot Marquis Factory 公式Facebook

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちはいがぴょんです(*゜▽゜ノノ゛☆

毎日、暑く、じめじめ感がすごくないですか?

エアコンも使うかどうか迷う所であります

さて!、本日は車検で入庫のポルシェ996の紹介






登場から年数が経過しており

定期的なメンテナンスは欠かせないお車となりました

今回は点検で見つけたオイルパンからのオイル漏れと

A/Tオイルパンからのオイル漏れ






A/Tはパッキン交換でOKですね!

続いてエンジンオイルの方ですが

見た感じ、エンジンのオイルパンから漏れていますが

何か回りにシールなどが塗られて・・・・・・・

明らかに手が入っとります・・・・・・・・・・・・・

嫌ーな予感です(^_^;)





怪しいので、オイルパンを外し中を点検した所

エンジン側にも亀裂が入っております( ̄_ ̄ i)

取り付けボルトもなめているのか空回り・・・・・・・

中にもシール材が塗られて・・・・・・・・・・

嫌な予感!的中(;´Д`)ノ

通常ですとブロック交換ですね・・・だから

シールで処理を(ノ_・。)

これは簡単にはいかなそうです

しかし!同じ自動車屋で同じメカニックなのに・・・・・

作業する人によって・・・・・差が・・・・・ヽ(;´Д`)ノ

こんな作業でお金を頂くのはどうかと思うのですが・・・・・

その場しのぎなのでしょうか?

マーキーズは完璧主義集団ですので完全にオイルが止まるまで

戦います(≧▽≦)

現在、メカニックと相談して修理方法を考え中です

予算内で行けるように!頑張りますよー

いがぴょんでした





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


皆さまこんにちは、こんばんわじゅんPAYです。



今週も続々のご入庫、お問い合わせありがとうございます!!!!!!!



最近台風が去って気温が上がりマーキーズのメカニック達も気合を入れて作業しております(^∇^)



そして海外シリーズ第2弾!!!



前回のブログでも紹介させて頂きましたがじゅんPAY海外でメカニックをしておりました。



場所はニュージーランドです。


ピンとこない人がほとんどだと思いますがオーストラリアの近くでオセアニア地方に属している日本より全然小さな島国です。



また季節が日本とは真逆になり、12月クリスマスの時期が真夏になり



海に行くとたまにこういう光景を目にします。



サンタがサーフィン。





ものすごい違和感が有りますね∑(゚Д゚)



そしてこちらが見づらいですがいわゆる日本の車検の際のチェックシートと同じものになります。






点検する内容は日本とほぼ変わりませんが



たまにトーバー(Tow Bar)と呼ばれるけん引のフックみたいなものを付けている車両が有ります。




これは後ろにこんなの物や





週末にはボート等をつなげて海に行ったり等するために付けて有るのですが


これが付いている車両はトーバーの点検が必要になります。


基本的にはバンパーを加工してボルトナットで留めるだけの物ですが、



取り付けに問題が無いか、きちんとした適正トルクで止まっている荷重に耐えられるかなど項目がいくつかあります。


これが意外に厳しく車検に不適合な車両が多かったです(´・ω・`)



こういったネタをこれから出していきますのでぜひチェックしてみて下さい!!!!



それでは本題。



今回は現行ベンツSクラスW222。



内容がいがぴょんとかぶりますが


最近増えてきましたキャリパー塗装でのご入庫です。




色はレッド!!!!!!



チラりと見えるのがたまりませんよね(*^o^*)



こちらが施工前









そして施行後















めちゃくちゃかっこいいです!!!!



整備と一緒に、車検と一緒に、車を購入時になど、色も赤、青、黄色その他も有りますので



興味のある方はどんどん問い合わせして下さい!!!


http://www.marquis.co.jp/campaign/img/cam-brake.jpg


5月もいよいよ後半。

マーキーズも夏に向けてキャンペーンなど熱く盛り上がっていきますので

ぜひチェックしてみて下さい!!!!!

http://www.marquis.co.jp/OutFolder/campaign.html



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは!水嶋ヒロ(キラーン)Gです~。

この陽気ですと今年の夏は暑くなりそうですね!
人間ドックならぬポルシェドックでコンディションの把握と
暑くなる前に対策をしておく事をおすすめ致します!
まずはマーキーズへGOです!!


さて今回は986ボクスターです音譜

車輌は車検点検整備でご入庫頂きました音譜

エンジンはオイル漏れの修理を行ったで有ろう

形跡が見受けられ車検は問題無く合格すると

予想出来ましたグッド!

が、点検を進めて行くと逆にフィルター類やファンベルト等の目

消耗品と言われる物が限界を迎えていましたので目

交換作業となりましたひらめき電球

幌を半開き状態にし、エンジン上部のフタを外します

次に普段はカーペットで隠れている座席シート後方の

サービスプレートを外しますひらめき電球

IMG_5752


こちらはエンジンのエアーフィルターです

圧縮エアーで清掃を行いましたが

全く綺麗になりませんショック!

これでは吸入空気効率は

相当低下していると思われます

スポーツカーですので性能を発揮する為には

大変重要な部分になりますね音譜

IMG_5755


これがまた酷い状態でしたショック!

ファンベルト(ポリリブベルト)になります

右側の旧ベルトは亀裂が入り叫び

いつ破損してもおかしくない状態でしたガーン

ベルトが切れると、パワステ・エアコンが効かなくなり

オルタネーターの発電も停止しますので叫び

バッテリーが切れればその場で不動車となってしまいますショック!

ですので定期的な交換が必要となる部品ですねビックリマーク

現在アフターパーツとして入手できる物は

新車時の部品に比べ幾つかの対策がされており

もちが良くなって来ています音譜

IMG_5753


最後の紹介はエアコンフィルターです

少々高価では有りますが

この汚れ具合を見て頂けますと交換が必要なのが

お分かり頂けると思いますグッド!

快適な車内を維持する為にも

定期的な点検と清掃、交換が重要ですグッド!

IMG_5757

この様にマーキーズではポルシェのトータルメンテナンスを

常に意識した内容で点検整備プランを

ご提供させて頂いております!!

ゴールデンウィークで活躍した後の

リフレッシュを目的とするチェックもいいですしグッド!

これから活躍の場を控えて事前のチェックでもグッド!

ポルシェの事はマーキーズにお任せ下さい!!

それではまた次回です音譜


水嶋ヒロGでした~~音譜

———————————————————
ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!
http://www.porsche-seibi.jp/
tel:03-5600-2710
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

皆様こんにちは、こんばんは

エース!?YUー太です

本日はジャガーX350のご紹介です

お車はこちら



走行中にエアサスが破裂し車高が


落ちてしまったとの事


まずは事故が無くてよかったですε=(。・д・。)


エアサス落ちの車にはまずは特殊工具


を入れ、車高を強制的に上げます


自走でご来店頂くお客様も多いですが


足回りだけでなくタイヤやボディーまで


痛めてしまう可能性があるので


できればキャリアカーでのご入庫が安パイです(-"-;A


工場に入れたら診断開始です(`・ω・´)ゞ


今回はパッキン不良や気密不足による漏れ


ではなくショックが限界を迎えての破裂ですので


診断は簡単でした


見事に左フロントショックが破裂していました!(´Д`;)



前者は風船が日数経ってしぼむ


後者は針で突いて割れるっといったイメージです


原因が分かれば後は修理ですね



まずは肝心のショックAssy(・∀・)


今回はこれに加えもう一つ


落ちた車高を戻そう戻そうと車両は制御するので


エアサスに充填する圧縮空気を作る


コンプレッサーと呼ばれるパーツが稼働し続けます


通常は定期的に作動するものなので


連続で稼働し続けると焼けてショーとしてしまったり


性能低下を起こしてしまいますヽ(;´Д`)ノ


今回も性能を測定すると規定圧を大きく下回る性能


しかありませんでしたので同時に交換です





取付け場所はフロントバンパー内ですので


バンパー脱着にて交換していきます


作業後は漏れの確認


エラー消去、初期充填


を行えば無事完治です(`・ω・´)ゞ


でわでわまた次回お会いしましょーヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



↓↓↓ 「いいね!」ボタンも忘れずにm(_ _)mお願いします。



Marriot Marquis 公式Facebook


Marriot Marquis Factory 公式Facebook





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


こんにちはいがぴょんですヾ(@°▽°@)ノ

台風が近づいてますが、今日も良い天気ですね!

さて、今日のお話は、車検整備や点検整備・修理で

お客様が自分で購入し、持ち込む部品・・・・・

持ち込みもOK?・・・・・状況によりますが・・・・・

基本的に、マーキーズでは一見さんはお断りさせて頂いております。

色々とトラブルになりますので。

リピーター様で部品点数が多い時とかは持込みの場合もあります。

しかし!基本的には純正以外の部品も任せて頂いております。

それは!なぜか?

お客様が購入する部品ですが

どうしても価格の安い物を検索してしまうので

品質がすこぶる悪いんです( ̄□ ̄;)

だから、交換後、異音が出たり、再度漏れが始まったりと・・・・・

トラブルが非常に多いので、理解の無いお客様はお断りいただいております

部品を交換すれば良いのですが

交換工賃もまた、発生しますので

部品と言うのは

純正品

純正 OEM

社外品A

社外品B

社外品C

ぐらいに分かれてきます。

簡単に言うと

純正品と同じ部品でメーカー名が無い部品は優良OEM

品質検査ラインではじかれて物を社外A

社外Aではじかれたものを社外B

商品にならないだろう?商品を社外Cでしょうか?

分かりやすいのが

iphoneなどの充電器などで認証をとっていないない

安い商品は充電できなかったり

音声が出なかったりとしますよね

そういう事です!

今からお見せする部品は

価格comで圧倒的に安かった部品です

お客様が見つけて、弊社に送られてきたのですが・・・・・





メルセデスベンツ R230のフロントアッパーアームです

違いがわかりますか?





これならどうでしょうか?

下が交換前のアーム

上が新品ですが

取り付け部寸法が・・・・・・・広すぎて取り付けが出来ません

ひどすぎますね\(*`∧´)/

こんな部品を商品として売ってはいけません

安全にも問題がありますね

みなさまも、値段に左右されないように気を付けてくださいね

新品に交換して、安全性や性能が下がったら笑えません(=`(∞)´=)

安物買いの何とかです・・・・・・

いがぴょんでした( ̄∩ ̄#


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇