輸入車専門店・マリオットマーキーズのブログ

東京都墨田区に店舗を構えるマリオットマーキーズのスタッフブログです。
ジャガー、メルセデスベンツ、ポルシェ、BMWなど誰もが憧れる輸入車の情報から、日々の出来事など 思いつくまま書いてまいります。よろしくお願いします!


テーマ:

 

こんにちはいがぴょんですヽ(゜▽、゜)ノ

今日の工場は

いがぴょんが整備人生で一番得意な車種!

メルセデスベンツV280です

 

今回、車検でご入庫ただきました

ウィークポイントや症状を聞けば

大体わかります

テスターになんか頼りません

そのぐらいノウハウの蓄積があると

自負しています( ´艸`)

少し言いすぎですかね。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

実際は感や経験だけに頼らず

テスターを使用し隠れた瑕疵まで

見てますよ

今回は依頼事項でドアミラー開閉不良の依頼

左右共作動しないと

その時点で、大体原因は分かりましたが

若いメカニックはW638Vクラスの経験が薄いので

伝道していきます

一連の点検を終え

メカニックに症状を確認していきます

電源がこない?

アースに落ちない?

スイッチが悪い?

ドアミラーモーター?

メカニック曰くなんか色々

電気系統がおかしいと

本来であれば、配線図を基に

調べていきますが

原因はこちらなんです

 

 

 

室内からドアから入るハーネスですが

20本以上ありますが

ほどんと断線しています

カッチカチです

車輛のハーネス交換は高額になりますので

低電圧ケーブルで一本一本補修していきます

他、ブレーキの警告灯もありましたが

テールランプに水がたまっており

基盤がショートしてました

 

 

原因はバックカメラの配線の取り方ですね

 

 

Vクラスによくあった事例ですので

ハーネスを新規に引き直して完了ですね!

まだまだ好きで乗られてい方も多いはず

W638型でお困りの方はいがぴょんまで連絡くださいね!

 

いがぴょんでした

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、こんにちはじゅんPAYです。

 

 

最近夜が冷えてきましたね。

 

寒がりのじゅんPAYは毛布をもう一枚出しました(´・ω・`)

 

マーキーズはハロウィン仕様ですニヤリニヤリ

 

 

 

さて今回の整備車両はMINI クーパーSでクラッチ交換です。

 

 

 

エンジンとミッション切り離し、、、

 

 

 

クラッチディスク、プレートを外し、、、

 

 

 

 

↑摩耗具合がひどいですね・°・(ノД`)・°・

 

交換後しっかりとロードテストを行い、

 

完成です!!!!!

 

クラッチの切れが悪いなとか

 

繋がりにくいなと感じた人は

 

早めにご連絡下さい\(゜□゜)/

 

 

 

本日はここまで。

 

じゅんPAYでした( ̄▽+ ̄*)

 

ではまた来週~。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはホープブヨンです

 

本日の整備車両は助手席側の吹き出し口から

冷房にしても送風がでるとの事でご入庫頂いたベンツ W210です

 

 

それでは点検をしていきます

 

まずエアコンガスが漏れていたため

漏れ箇所と送風になる原因を探っていきます

 

ガス補充するとコンプレッサー圧は正常です

エアコンの効き具合も運転席、助手席側

変化がありません

 

また漏れ箇所も発見でき

ガスが徐々に抜け効きが悪くなったと、、、

誤診しそうになりました

 

念のため、ロードテストを実施すると

ヒーターバルブ助手席側の温度がわずかに上昇してきました

 

アイドリングでは変化がありませんでした

走行負荷でクーラント圧が上がり

バルブの密着不良が起きたと考えられます

今回の整備はヒーターバルブと漏れていた箇所を交換しました

交換後バルブが密着している事を確認して

作業を完了しました

 

ホープブヨンでした

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!水嶋ヒロ(キラーン)Gです~~。

 

なかなかすっきりしない天気が続いております。

この辺りで快晴を見たいですね。  

 

 

今回は996カレラの車検点検で

ご入庫頂きました車輌になります。目

良く整備されているのが分かる状態で、

車輌のコンディションは全体的に悪くないのですが、

何故か変なところが見逃されていました。

受付時に気になる点は無いか聞いた時に

エアコンの臭いは少し気になっていると言った程度でしたが、

点検を進めて行くと驚きの状態を発見です。ショック!

何故かこうなるまで交換をされなかったエアコンフィルターです。

これは臭いの原因にもなります。

 

1416632099691  

 

 

下側が新品になりますが、

こうして並べてみますと汚れ具合がどれだけのものか

分かると思います。目

外気を車内に導入する際、ホコリやゴミ、虫などの侵入を

防いでくれるエアコンフィルター。

非常に高性能なフィルターの為に

フィルター類の中では少々高価な部類になります。しょぼん

交換後は臭いもかなりおさまり、風量も若干上がりました。

相当な目詰まり状態でした。

 

1416632098070  

 

 

その他、ロードテスト中に気になった点が有りました。

エンジンの振動が大きく感じましたのでひらめき電球

整備をお勧めしたのがエンジンマウントの交換です。

エンジン本体の振動というのはかなりのもので、

車体全体を揺らします。

それを緩和してくれているのがエンジンマウントになります。

レーシングカーの様に緩和させる部分が無い車は

常人にはとてもじゃないですが乗っていられません。 ショック!

 

IMG_0816  

 

 

こちらがポルシェ996のエンジンマウントになります。

基本的には993のものと同じです。目

これがまた、997、991へとモデルが進化して行くと共に、

このマウントも進化をします。グッド!

 

IMG_0818

 

 

続きは次の機会に。

 

ではまた来週です。 音譜

 

水嶋ヒロ(キラーン)Gでした~音譜

 

———————————————————

ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!

http://www.porsche-seibi.jp/

tel:03-5600-2710

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちはじゅんPAYです(´0ノ`*)

 

最近お天気が不順ですね(ノ_-。)

 

急な天候、気温の変化でお身体壊さないように

 

皆さま体調管理に気をつけましょう!!!!

 

さて今回の整備車両はメルセデスベンツCLSW219で車検整備です。

 

 

車検整備以外で段差などで足廻りから異音がするというご依頼も有りますので

 

同時に診ていきます。

 

通常通り、点検を進めて行くとベンツ定番のフロントアームブッシュ類に

 

大きな亀裂がガーンガーンガーン

 

 

 

亀裂だけでなく、ガタも出ており他に影響を及ぼす前に修理した方がいいですね。

 

他には特に悪いところもなかったので

 

今回は足廻りをメインに整備していきます!!!

 

ドアの修理と並行してしっかりと治していきますので

 

M様ウシシウシシ完了の目処が立ちましたら

 

ご連絡致しますので少々お待ちください!!!

 

今回はここまで。

 

ではまた来週~

 

じゅんPAYでしたヽ(゜▽、゜)ノ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはホープブヨンです

 

本日の整備車両はエアコンブロアがでないとの事でご入庫頂いた

BMW E46です

 

風量を確認すると風がまったくでません

 

点検をしていきます

 

エアコンスイッチ操作をしてもブロアモーター作動音もしていないため

モーターに電源がきているかチェックしていくと

モーター上流まで電圧はきていました

単体でモーターの動作確認をしても動かず

モーターが原因で風がでないと診断しました

 

モーター近くにあるファイナルステージは放熱フィン

が対策前でしたので予防整備を兼ねて同時交換をします

 

コントロールユニットはモーターに流す電気を

ファイナルステージを介して制御します

 

こちらの車両はオートエアコンなので

トランジスタで電圧制御しています

マニュアルエアコンのレジスターより熱量は少ないですが

モーターにかける電圧を抵抗体で変化させているため

トランジスタでも熱がでてしまいます。

その熱により、はんだが浮いてきたりし風量

を調整できない、漏電などを起こしてしまいます

熱対策でブロアの風が直接ファイナルステージに

当るようになっていますが

対策前はフィンの数が少なく、表面積があまりありません

対策後はフィンの数を増やして放熱性を上げています

E系以降の車両はデューティ比制御しているため

効率が良く熱があまり出ないので放熱フィンは少なく

壊れにくくなりました

 

それでは作業をしていきます

ブロアモーターはエンジンルームからのアクセスです

左ハンドル車だとスムーズに取れますが

右ハンドル車はコツがいります(*`∧´)/

取り替えました

同時にファイナルステージも変えていきます

 

交換後、風がちゃんとでるようになりました

 

ホープブヨンでした

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちはいがぴょんですヽ(゜▽、゜)ノ

 

なんか?秋の気配がしてきましたね

ドライブシーズンがやってきますので

愛車の管理はしっかりとお願いします

さて、本日はリピーター様の

フェラーリ マラネロの車検です

 

 

コンデションは悪くないですが

リフトアップして取らないと何も始まらない

アンダーカバーを脱着します・・・ビスの数が多いんです。゚(T^T)゚。

そこで気付いた・・・・オイル漏れ

 

 

だいぶ・・・濡れてますね

この時点で車検はOUTです

漏れている箇所は・・・・・・

 

 

フロントケース部分ですね

今回、タイミングベルトも交換いたしますので

同時作業がベストと思います

 

 

エンジンルームは綺麗なんです

フェラーリは部品納期や作業に時間が掛りますが

確実に行っておりますのでお時間をお願いしますね!

 

いがぴょんでした( ´艸`)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちはじゅんPAYです≧(´▽`)≦

 

そろそろ秋が近づいてきましたね~

 

あと3カ月で今年も終わると思うと本当にあっというまですね(´・ω・`)

 

 

 

さて、今回の整備車両はBMW X5で車検でのご入庫です。

 

 

車検整備の他に運転席のドアが外側から開かないとの事です。

 

早速24カ月点検と並行して点検/診断して行きましょー!!

 

ドライブシャフトのグリス漏れがありました、、、。

 

車検不適合な箇所になりますのでここは修理が必要ですね。


後はドアトリムを外し依頼内容も点検していくと、、



アウターハンドルのベースが割れて外れていました。

 

 


ワイヤーを引っ張っても固定されてないのでロックを

解除できなかったというわけです。

 

珍しい故障ですねガーン

 

こういうトリッキーな故障もマーキーズにかかれば

 

何が悪いか見つけることが出来ますヾ(@°▽°@)ノ

 

他の工場では診断できなかったり、

 

作業できないといわれている方。

 

まずはマーキーズじゅんPAYに相談してみて下さい!!

 

では今回はこの辺りで。

 

また来週~

 

じゅんPAYでした(≡^∇^≡)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!水嶋ヒロ(キラーン)Gです~~。

 

非常に夏の終わりを感じます・・・・

夜中がやたらに涼しくなってきました

また、私の苦手な季節へとカウントが始まったみたいで

寂しい気分になります。ですので、

秋を満喫する事を考えて紛らわしております・・・・・・。  

 

さて今回は9PA、V8カイエンになります目

チェックエンジンランプが点灯し、エンジンに振動も出ているとの事で

ご来店頂きましたひらめき電球

早速、フロントフードを開けてエンジンを見てみると目

時折「ブルン」といった感じの振れが確認出来ました

 

DSC_4183  

 

 

ポルシェシステムテスターを使用しての診断を行い

状況を正しく把握します目

まずは故障コードを読み取る事から始めていきます

インジケーターランプが点灯した原因が

ズバリと表示される訳では有りませんガーン

これらをヒントにシステムテスターの様々な機能を使用して

原因を絞り込んでいく訳です目

各センサーや装置の入力信号、実測値の読み取り

作動状態などを確認して行きますグッド!

 

IMG_3435  

 

 

診断を進めて行きますと目

1機筒だけ仕事をしていない状況で有る事が分かりましたしょぼん

個別に爆発状態を調べると

あからさまに爆発していない箇所が有りました

燃料の圧力もインジェクターの作動も

全機筒正常で有る事は確認出来ていますのでチョキ

残るは点火系かエンジン本体に問題が有る事になります

手始めに、不具合の出ているシリンダーと正常なシリンダーの

ダイレクトイグニッション(イグニッションコイル)を入れ替えて

再度チェックしましたが、状況は変わりません目

今度はスパークプラグを入れ替えたところ

不具合が移りましたので

スパークプラグが原因で有る事が確定しましたグッド!

 

IMG_3436  

 

 

原因となったスパークプラグです

爆発していないので熱も入らない為に

ガソリンで湿っていました叫び

 

IMG_3420

 

今回はダイレクトイグニッションを、まだ小さいですが

クラックが入り始めていましたのでショック!

予防整備としてスパークプラグと共に全数交換をしました

エンジンの不調は改善され

チェックエンジンランプも無事に消灯しましたチョキ

結果はただのスパークプラグ故障ですが

メカニックは原因を絞り込み

確定させる為に時間と労力を要します!!

 

これが「診断」ですグッド!

 

ではまた次回です音譜

 

水嶋ヒロ(キラーン)Gでした~音譜

———————————————————

ポルシェの修理、車検整備はマリオットマーキーズへ!

http://www.porsche-seibi.jp/

tel:03-5600-2710  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはホープブヨンです

 

本日の整備車両はオイル漏れでご入庫頂いたベンツ W211です

オイル漏れ箇所を特定するため点検していくと

 

ベルハウジング下部にエンジンオイルが滴っています

 

W211 ガソリンエンジンではリアクランクシールからの

漏れが多いですが、、、

CDI ディーゼルエンジンではクランクシール以外からの

漏れも考えなければなりません

 

誤診しやすい箇所なので慎重に診断しなければなりません

CDIではリアクランクケースの上側に穴(赤丸)が開いています

そこからオイルが流れ、ベルハウジング内に伝っていきます

 

赤丸の向こうにはエンジンVバンクに繋がっています

次はVバンクの方をチェックしていきます

ごちゃごちゃしています(*`∧´)/

 

一見すると漏れている箇所がわかりませんが

様々な角度から見ると、Vバンク下部にオイルで汚れている

箇所を発見しました

 

エンジンVバンク間にあるオイルクーラーでした

 

CDIのウィークポイントですね

Vバンク間にオイルクーラーをレイアウトする車両は多くありますが

熱がこもる場所なので、高温、低温を繰り返しゴムパッキン硬化

クーラーの歪などが起こり漏れてしまうことがあります

輸入車では多いケースです

また漏れがよくチェックしないと見えない所なので

漏れが酷くならないと発見しにくいです

CDIで漏れが酷くなるとシャットオフモーターがオイルにより

壊れてしまいエンジン不調になる場合もあります

車検時の点検だけではなく12ヶ月点検も行って頂ければ

早期に発見、漏れが酷くなる前に対処できます

 

それではオイルクーラーパッキン交換作業をしていきます

Vバンクの最下部にあるため

サージタンクやタービンなどを

すべて外していかないとアクセスできません

 

どんどん外していきます

すっきりしました

そしてクーラーが見えました

 

クーラーを外してパッキンを交換します

クーラーが取り付けられているエンジン側は地が荒れていたので

面をだし、クーラーを取り付けます

赤丸の所がベルハウジングに繋がっている排出口です

 

清掃後折り返していきます

クーラー上にあるシャットオフモーターも

クーラーのオイル漏れによって汚れていましたので

清掃します。オイル付着によって壊れやすい物が

クーラー上に多々ありますので1つ1つ部品をチェック

清掃しながら組み付けていきます

 

組み付け後試運転をして作業を完了しました

 

 

ホープブヨンでした

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。