ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
楽しく育てるぞ(^^)/

本家「喋るヒト。」から水耕栽培部門を独立させました。


テーマ:

去年の1月に二段のイチゴの円形菜園を作りました(詳しくは→こちら

植え付けた品種は6品種。

 

 

 

 

 

 

そして1年前の今ごろは、新しい葉がどんどん伸びてきて、こんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

去年の5月はイチゴの収穫が続き、

 

 

 

 

 

 

 

去年6月初旬から子苗取りのために、ランナーを伸ばし始めたのですが、

 

 

去年の6月は観測史上初の長雨で畑にほとんど行けず、

たまに行けても他の野菜の世話が大変で、イチゴの世話を後回しにしていたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランナーが絡みまくって全部が一体化滝汗

もうどれがどの品種やらさっぱりわからない事態にあせる

 

 

 

 

 

去年の7月下旬

なんとか一番のお気に入り品種「ひかり小町」のランナーだけ探し出し、子苗取りをしました。

 

 

そしてこのまま時は過ぎ、

 

 

 

 

 

前回の内容

今年の1月17日

黄色や赤色に紅葉したり茶色くなった古い葉を取り除く作業をしました。

 

 

 

 

 

 

 

今回はここから。

イチゴの畝全体を、ついにやり直すことにしました!(^^)/

2月16日

まずは、上の段の大半を埋め尽くしていた、桃の味がしてピンク色のイチゴがなる「桃薫」を撤去!

桃薫は面白かったけど、やっぱり赤い普通のイチゴのほうが好きなので畑で栽培するのはやめました。

なんか可哀想だけど、もう心を鬼にして、ガンガン抜いていきました。

 

 

 

 

 

 

 

続いて、伸びたランナーが円形菜園の外側の通路で定着していた品種不明の株を全部撤去!

 

 

だいぶスッキリ。

この日はここまでとしました。

 

 

 

 

 

1ヶ月後の3月16日

寒さも一段落してきたので本格的なやり直し作業をすることに。

下の段に残していた品種で、最初から植え付けていた品種がはっきりわかる株を全部抜いて、

品種ごとに分けていったん置いておきました。

 

 

 

 

 

 

今回やり直すにあたって、土も作り直すことにしたので、いったん掘り出すことに。

一気に全部掘り出すと柵にしてる連杭がグラグラするので、まずは下の段から。

 

 

 

 

 

 

 

掘り出した元々の土に、

牛糞堆肥、ピートモス、腐葉土、日向土を混ぜました。

 

 

元々の土が超粘土質なので、いつまでもつのかわからないけど、

混ぜたてはフカフカ♪

 

 

 

 

 

混ぜたフカフカの土を戻していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ作業を上の段の土もやって、全部土を入れ替えました。

 

 

円形菜園を作った時の懐かしい姿に戻ったにこ

 

 

 

 

 

そしていったん抜いてあった株を植え直すことに。

今回上の段は、お気に入りの「ひかり小町」に。ひかり小町は採ってあった子苗と交互に植えました。

ちなみに、ひかり小町(サカタのタネ)は販売中止になったようですなく

 

 

 

 

 

 

 

植え直した品種ごとの配置はこうなりました。

「ひかり小町」12株、「めちゃデカッ」7株、「レッドパール」5株、「あきひめ」4株です。

ちなみに、「レッドパール」と「あきひめ」はイチゴの表面の種から育てたものですデレデレ(→こちら

 

 

 

 

 

 

水ジャーーー

 

 

この植え替えから1週間経って、

 

 

 

 

 

 

 

3月23日

 

続々と枯れてきた滝汗

株を抜いた時に、根がかなり絡んでたのを引っ張って根が切れて傷んだので、

いったん少し枯れるかもとは思ってましたが、どんどん枯れてきてヤバイ状態に。

なんとか頑張ってくれ!と祈りながら、毎日水やりしました。

 

 

 

 

 

約2週間後の4月4日

 

クラウン部分から新しい葉が出てきた!

これは特に重症だった株。

 

 

 

 

 

さらに5日後の4月9日

 

 

葉が伸びてきた!なんとか根付いてくれたみたい笑い泣き

 

 

 

 

 

 

さらに5日後の4月14日

 

よかった!デレデレラブラブ

新しい根も伸びてきた模様。

気温も暖かくなって成長スピードが出てきました。

もう大丈夫みたい。あ~やれやれです。

 

....とこの日、自宅の庭では…

 

 

 

 

 

 

 

 

ポットに球根を植え付けたまま、作業を後回しにしてほったらかしにしてたら、中で根詰まりして、

チューリップが盆栽サイズで咲き始めましたポーン

 

 

どうして今回ポットに球根を植え付けてみたかというと、

一昨年畑に球根を植え付けた時、花が終わって球根を掘り上げる際、

どれが何色の球根かわからなくなったし、作業自体とても面倒くさいと思ってしまったので、

 

 

 

 

ポットの底をくり抜いて、

色を明記したポットごと植え付けたら掘り上げが楽になるのではないかと思ったからです...

 

 

....がしかし、

こうして底をくり抜いたポットを今回プランターにポットごと植え付けようとしてみたら、

当然ながらポットが球根よりでかいので、

球根を並べて植え付けるより、株間が空き過ぎてたくさん植えられないことを実感ガクリ

 

 

 

 

 

やっぱり球根は最初からむき出しで植え付けるしかないな~と再確認しましたチーン

この写真はもう途中から嫌になって、やけくそで適当に植えてますぬけさく

本来は最初からぎっしり詰めて植え付けた方が可愛く咲きますよねチューリップ赤チューリップ黄チューリップ紫チューリップ赤チューリップピンクチューリップオレンジ

 

 

来年からは、やっぱり最初から球根を直接植えよう!

 

ま、そんなことがあった上で、

イチゴの円形菜園の中央にもチューリップとフリージアの球根を今さらながら植えておくことに。

 

 

 

 

 

 

上の段の中央を掘って、チューリップとその周りにフリージアを植え付けました。

 

 

果たして咲くのか、どんなことになるのかさっぱりわからないまま超適当にしてます(^^;

 

 

 

 

 

 

昨日(4月18日)のイチゴの畝の全体像です。

葉がだいぶ増えてイチゴの花の数も増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして上段センターでは、チューリップが盆栽サイズのまま咲き始めました笑い泣き

 

まぁ小さくて可愛いこと♪(言ったもん勝ち)

盆栽チューリップを育てたい方はポットに球根を植え付けて根詰まりさせましょう(せんでええ

 

 

 

 

<おまけ>

畑から全部撤去した桃の味がしてピンクのイチゴがなる「桃薫」は、

2株だけ畑から持ち帰り、自宅のプランターで栽培中です。

さすが桃薫、最初から一番勢いがある品種だったけど、植え替えても何の支障もなく元気に成長中。

桃薫、やっぱり強いわぁ~~

 

 

プランターの表面に乗せてあるのは鉢底石。

20年ぐらい前に、石の蓄熱を利用した静岡の「石垣いちご」の栽培の様子をテレビで見た母が、

ずっとプランターの上に鉢底石を乗せて栽培していて、

軽い鉢底石なのでたいした蓄熱効果はないんだけど、

それでも今年も実家のプランターのイチゴは、日当たりがすごく悪い所に置いてあるのに、

随分早くから新しい葉が元気に伸びてきていたので、

うちにも鉢底石がいっぱい余ってたので乗せてみました。

多少の蓄熱効果と、あとは泥はね予防の効果はあるよね。見た感じもなんかいいわ♪

本当は河原とかで石を拾って乗せた方がいいと思うけど、

まだまだ使わない鉢底石がたくさん余ってるので、

畑の円形菜園のイチゴにも後日鉢底石を乗せようかなと思ってます。

 

 

 

というわけで、

そんなこんなでイチゴの畝のやり直し作業完了しました!∠( ̄へ ̄*)

イチゴのランナーの管理を怠り過ぎると、どえらいことになりますので皆さまお気を付けください(笑)

またご報告しまーす(^^)/

 

 

長い記事を読んでくれてありがとー!ちゅーチュパ

今日もポチッと応援してね!


人気ブログランキング

 

 

粘土質土壌対策にはコレ! 

詳しい記事は→こちら

 

 

アブラムシ予防はコレが効くね!

ひたすら予防!
ニームに関しては→こちらの記事
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

マロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。