ニャハハの家庭菜園-ポタジェと水耕栽培

夫と二人暮らし。
2013年3月から野菜の水耕栽培、2014年4月から貸し農園で花と野菜の菜園「ポタジェ」作りを始めました。
楽しく育てるぞ(^^)/

本家「喋るヒト。」から水耕栽培部門を独立させました。


テーマ:

イチゴは6品種(ひかり小町・めちゃデカッ!・桃薫・レッドパール・あきひめ・パインベリー)栽培中。

レッドパールとあきひめは、イチゴの表面の種から育てたものです(詳しくは→こちらから

他の品種は購入した苗から育てています。

 

前回までを軽く振り返ると、

2月にイチゴ用の2段円形菜園を作って苗を定植し、4月にはこんな感じになっていました。

 

 

 

 

 

5月にはイチゴが次々と実って収穫が続き、

 

 

 

 

 

6月から子苗を取るためにランナーを伸ばし始めました。

 

 

ランナーは親株側に一番近いものは育ちが悪いことが多いということで、

親株側から2番目、3番目の子苗を取るために、もっとランナーを長く伸ばしてから

子苗取りをすることにしました。

 

そんなことを思いつつ、6月は、観測史上初の異常な長雨で、なかなか畑に行けず、

たまに行っても他の野菜の手入れに時間が取られていたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

超ボーボーになって一体化

 

 

 

肝心のランナーは絡みまくって、何がなんやらわからない団子状態に。

 

 

 

 

 

とりあえず前回は、子苗取りは後回しにして、

地肌が見えるぐらいまで摘葉したところで、飽きたし夫は腰を痛めたガクリといったところでした。

 

 

これから約2週間後、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び完全一体化チーン

ランナーについた子苗の葉も大きくなって、前回以上に酷くなり、

もう境界がわからなくなりました汗

宿題を後回しにして、

夏休みの最後にどえらい目に遭ったことを思い出すわぁ苦笑

 

 

 

 

とりあえず、ランナーの途中に出来てる子苗が地面に根付いてしまってるので、

1つずつ抜いて持ち上げてみたら、

 

 

 

 

 

ランナーが絡みまくってるので、サツマイモのつる返しのようになりました(^^;

 

君はこの難解なランナーを解くことが出来るか!

パート2!

なぜパート2かというと、

 

 

 

 

2年前に庭でプランター栽培をしていた時にパート1(→こちら)があったから(笑)

 

 

学習能力ゼロということを改めて認識ガクリ

今回は、写真では伝わりにくいかもしれませんが、

前回のパート1の時より、格段に難解ですがーん

 

 

 

とりあえず、今回どうしても子苗を増やしたいと思ってた

常に一番美味しい「ひかり小町」のランナーだけ、

それもほんの一部だけど、なんとかほどきました。

もちろん夫は、こんな気の遠くなる地道な作業は超苦手なので、私一人でやりましたふふん

 

 

 

 

 

1本のランナーを持ち上げてみました。

このランナーは最初の子苗からランナーが3本出て3つに分かれてました。

わかりにくいですが、ところどころに子苗が付いてます。

 

 

なんとかランナーが解けたので、

「ひかり小町」の子苗取りだけ、今回やることにしました。

 

 

 

子苗取りは、子苗がポットの土に根付くまで、

親株からランナーをくっつけたままにしておきます。こちらは以前庭でやった写真。

 

 

 

 

 

というわけで、今回の子苗取り開始。

まずは、100円ショップの化粧品グッズ売り場にあるUピンを、抜けにくくするために曲げておいて、

 

 

 

 

 

子苗の根元をポットの土に押し当てて、

苗が抜けないようにランナーをUピンで留めていきました。

 

 

 

 

 

子苗取り終了ぉーー 

子苗取り自体はUピンで留めていくだけなので

ランナーさえ絡んでなかったら超簡単なんだけどね(;´▽`A``

 

 

この子苗が根付いたら、ランナーを切り離して普通の苗として育てまーす。

今回はその際に、残りの大量の絡まったランナーは全部切って、

改めてランナーを伸ばすか、このまま親株だけ残して来年子苗取りするか決めようと思います。

またご報告しまーす(^^)/

 

あ~やれやれ笑い泣き

ポチッと応援してね!


人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

これは種から育てた日々草

 

 

 

 

 

 

購入した日々草も足して、通路に植えて、

私たちの菜園は、こうなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月の長すぎた梅雨でパンジーが壊滅して花がなくなり、雑草いっぱいだった菜園も、

やっと手入れがなんとかひと段落して、ポタジェ菜園らしい姿に戻ってきましたニコニコ

 

 

 

 

 

東西通路は日々草、中央の円形広場の周囲はマリーゴールドです。

自宅の庭で種から育てたマリーゴールドは、

卵からかえった小さい30匹ぐらいのバッタに食われて植え付け前に貧弱になっちゃいましたホロリ

 

 

日々草もマリーゴールドも、これから花が増えてくるのが楽しみルンルン

またご報告しまーす(^^)/

 

菜園に花があると農作業も気持ちいいですにこ

ポチッと応援してね!


人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月4日に種まきしてスタートしたオクラです。

今年は、緑オクラ(品種:ピークファイブ)と丸オクラ(品種:夏ねばり)を栽培しています。

 

前回(6月14日)からの成長変化です。

オクラは気温が高くなると急成長するので6月からの成長を見るのが嬉しいです。

 

6月14日

 

これから約2週間経って、

 

 

 

 

6月27日

ぐん!

これから約3週間経って

 

 

 

 

7月19日

ぐぐん!

だいぶ背丈が高くなって、

 

 

 

 

大きくなった葉が広がっています。

 

 

オクラは肥料食いということで追肥しました。

様子を見ながらですが、今後も2~3週間おきに追肥しようと思ってます。

 

 

 

 

そんな葉に、オクラ栽培お馴染みの葉っぱくるりんうずまき発見。

通称ハマキムシ(葉巻き虫)と言われてる「ワタノメイガ」の幼虫が葉を巻いて、

中に潜んで葉をムシャムシャ。

 

上手に糸で留めてて感心

葉巻き虫は、いつもそんなに被害を感じないので、

いつも上手に巻いてるね~と眺めるだけにすることもありますが、

増えて気になった時は、巻いてる部分をちぎり取っています。

 

 

 

 

毎日花が咲いて、収穫量が徐々に増えてきました。

 

 

 

 

 

咲き終わった花はポトッと下に落ちるのですが、たまに落ちずにそのままになってる花があります。

 

 

そんな花は、手で摘まんで取り除くと、

 

 

 

 

 

オクラの赤ちゃん登場

花の根元から小さいオクラの実が出てきます。

咲き終わった花の帽子を被っていたんですねにこ

これから数日間でグングン長くなって収穫サイズになります♪

この咲き終わった花をパカッと取るとオクラの赤ちゃんが出てくるのが好きで、

落ちていない花を見つけると、ちょっと嬉しいですラブ

 

 

 

 

毎日収穫しています。これは2日分。

 

 

収穫が遅れて成長しすぎるとオクラは茹でても硬くて食べられないですが、

長くなってもオクラの先がポキッと折れれば食べることが出来て、

折れずに先がグニャッと曲がるだけのオクラは食べられないということなので、

長くて大丈夫かな?という時は、先を折って確かめていますニコニコ

またご報告しまーす(^^)/

 

ポチッと応援してね!


人気ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

庭でプランター栽培しているブルーベリー

ハイブッシュ系のブルーベリーは6月に収穫しましたが、

ラビットアイ系のブルーベリーが7月に入ってから収穫が続いています。

庭に出るたびにつまみ食いするので、残りわずかな写真だけれども(^^;

 

 

 

 

 

ラビットアイ系の実はいったんしっかり赤くなってから赤紫、紫、そして青紫色へと変わるので、

色の変化を見るのが楽しいです。

 

 

 

 

 

こちらは3年前に色の変化を見るために定点観察したものです。3枚連続。

 

 

 

 

そんなブルーベリーですが、

夫が私の目を盗んでブルーベリーをつまみ食いしていたら、激痛ぎくっが走ったらしく、

手の甲を見せながら

「アレや!アレが出た!!アレが手に乗った!!」

と言いながら走ってきました=汗

 

 

アレって何よ?と思いながら庭に出てみると、

指さしたブルーベリーの葉の裏にコレがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラガの幼虫わんさか

ウミウシのような形をしているイラガの幼虫。

 

 

 

大きさはこのぐらいと小さいです。

 

 

夫は小さい虫がわんさかいるのが大の苦手なので、軽く発狂(笑)

別名「デンキムシ」とも言われるぐらい、

幼虫の体いっぱいにあるトゲに触れると電気が走ったような激痛に飛び上がるらしいです。

卵をつぶしたり触れてもかぶれることがあるようです。

葉の裏側を食害するのか、葉の表が薄くなっていると裏にいることが多いようです。

ただ今回は、葉の表側は特に薄くなっていませんでした(^^;

 

 

 

刺され方によっては、めちゃくちゃ腫れるらしいですが、

夫は、赤くなってほんの少し腫れただけで済みました。

痛みもすぐ治まったのでとてもラッキーだったようです。

イテッ!!と思って手を引っ込めたら、落ちたイラガが手の甲に一匹乗っていて、

「乗ってるーーっ!!滝汗」と、めっちゃ焦ったらしい(^^;

 

 

ブルーベリーは、ほとんど害虫被害もなく、栽培しやすい果樹ですが、

唯一このイラガだけ注意しないといけないと聞いていましたが、ついに経験しましたぁ~~(夫が

 

 

 

ちなみに3年前にも夫は、ブルーベリーの木の下にこんなん落ちてたと拾ってきました。

あとで調べると「テングイラガ」というイラガの一種でした。夫はイラガに縁があるのねニヤリ

たまたま死んでいたのか、痛みもなく済んでよかったのですが、

その時は「これ何だろうね?」と二人で交互に手のひらに乗せてコロコロしていたという

知らぬが仏状態でした(^^;

 

 

こんな形のイラガもいます。これら以外の形のイラガもいます。

 

あの日以来、ブルーベリーに近づく時は、葉の裏を点検しています。

イラガはそんなに頻繁にやられることはないようですが、7~8月と10月頃に見られるようです。

ブルーベリーの他、バラ・柿・桜・梅・りんご・カエデ・柳・栗の葉の裏にもいることがあるようですので、

皆様、お出かけの際にはご注意ください(^^)/

 

ポチッと応援してね!


人気ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月2日に植え付けた里芋(品種:土垂とセレベス)です。土垂は2株、セレベスは4株栽培中。

土垂は去年と同じく、親芋の表面から出た芽の欠けらから育てています(→こちら

 

 

前回(7月14日)は、どの株も葉が大きくそだってきたといったところでした。

 

 

 

 

 

株元も太くなってきました。

真ん中の一番太い茎が親芋の茎で、その周りに子芋の芽(茎)が出ています。

 

 

里芋は植え付けた種芋の上に親芋が出来て、その周りに子芋、さらに孫芋が出来ますね。

親芋の茎の脇から出てきた子芋の芽は、

踏みつぶすか刈り取ってから土寄せしたほうがいいという人もいれば、

そのまま放置して子芋の芽も光合成させたほうが孫芋が多くつくという人もいます。

 

私たちは、子芋の芽は切らずに光合成をさせたほうがいいという

結論に至った論文(→こちら)もあったし、

今まで切らずに栽培してきて、子芋・孫芋がたくさん収穫出来ているので、

今年も子芋の芽を踏みつぶしたり切ったりすることなく、そのまま放置で土寄せだけして栽培しまーす。

 

 

 

 

というわけで、株元がむき出しになってきたので、2回目の土寄せをしました。

上が土寄せ前、下が土寄せ後です。

 

 

 

 

 

土寄せ完了です。土寄せと同時に、株から少し離れた場所に追肥もしました。

 

 

里芋は夏場の水やりが大事ですね。

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

冬瓜とカボチャの畝の隣から、里芋の芽が出てきて育っています(^^;

この場所は去年収穫した里芋を埋めて保存していた場所なので、収穫残りの芋があったみたいです。

今回、このオマケの里芋にも追肥と土寄せしておきましたにこ

 

 

またご報告しまーす(^^)/

 

もう畑のそこらじゅうでセミアブラゼミが鳴きまくって、

飛びまくってあぶら超怖いよふえ

今年セミ多い気がするんだけど…泣くううう

明日は複数回更新予定。

ポチッと応援してね!


人気ブログランキングへ

 

ベルうどんこ病対策と予防の記事は→こちら

ベルアブラムシ対策の記事は→こちら

 

ベル粘土質土壌の対策の記事は→こちら

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。