丈夫な葦の舟へと。

テーマ:
コンバンハ―((*´▽`o)o゛―♪

カラダは魂の舟と例えることがあります。

親鸞聖人は、人生を「難度海」と例えたそうですが、この魂の船に乗って、『幾多の人生の荒波を乗り越えるのは、結構、大変だよ。』という意味でしょうか。



 


それでも、人生には、穏やかな日も荒波の日もあります。
穏やかに過ごせれば、普通の舟でも充分進めます。

「無い」ものに意識が行くと波が荒れてきます。

何かを一生懸命やるのことは、大切なことです。
でも、やればやるほど、その物事の深さを知ることになります。

「ココまででいいや。」って、思えれば、簡単なんでしょうが、真面目な人ほど、その深みにハマって、もっと、もっと深くと自分を追いつめてしまいます。

自分の適性な目的地がわかっていれば、良いのですが、残念ながら、誰にもわかりません。

「無い」ことを求めれば、いつまで経っても「無い」が続きます。

「ある」に意識を向ければ、「今此」を大事にするので、自分のペースで、ゆっくり極められると思うのです。

私も最初は、人の役に立ちたいと思って、もっと上をと求めて、自分になかなか満足できずに挙句には、自信をなくすことになってしまいました。

上を見たら、本当にキリがないほど、スペシャリストがいますからねw。

人の役に立つことを考えるより、自分が楽しみながらやることで、自分の心を満足させ、そこから溢れるものを提供することの方が、肝要なのだと思い至ったのです。

そぅ、『幸せのお裾分け』みたいなもの。


 


より強固な魂の舟になるように心の器も拡げていければ、怖いものなしですね!!( *´艸`)
心模様が、肉体にも影響するのですから。。。



心とからだをヒーリングで癒してください。
みんなの森でお待ちしています。


 今後の出展情報   &《ご予約・お問い合わせは、コチラ》押す 

みんなの森1DAYSHOP押す 次回:月26日(月)

 森サロン《みつまめ堂》 押す 次回:8月 4日(木)

 第6回 ゆめいろポシェット押す   次回:8月28日(日)


AD