~うさぎの楽園 「大久野島」~ 

瀬戸内海に浮かぶ小さな島「大久野島」(通称うさぎ島)での写真をお届けします☆
☆The paradise of the rabbit☆
☆Rabbit Island☆


テーマ:

到訪大久野島之前,請先閱讀以下文章。



大久野島にはたくさんのうさぎさんが暮らしており、そのうさぎさんとふれあう事ができます。


しかし、間違った接し方をするとうさぎさんに怪我をさせたり、最悪うさぎさんが死んでしまう事もあります。


そうなってしまわない様、ここに記載している事項をよく読んでうさぎさんと接していただければと思います。


特に、修学旅行等の引率をされる先生方にはよく読んでいただき、しっかりと生徒さんに指導していただければと思います。



1. うさぎさんとの接し方

大久野島に住むほとんどのうさぎさんは、人を見ると「ご飯をくれる!」と思って向こうから近寄ってきてくれます。


しかし、触られたり抱っこされたりするのは基本的に嫌いです。無理に掴まえたり抱っこしようとしたりすると、うさぎさんが骨折などをしてしまう恐れがあります。


特に、うさぎさんの耳は体温調節などを行う大切な器官です。耳を掴んで持ち上げる行為は絶対にやめてください。




~うさぎの楽園  「大久野島」~ 



また、うさぎさんを脅かしたり追い掛け回したりしないで下さい。怪我をしたり、人間不信になり出てきてくれなくなります。



~うさぎの楽園  「大久野島」~ 


2. うさぎさんのご飯

大久野島のうさぎさんにご飯をあげる事は、特に禁止されていません。

しかし、うさぎさんにあげてはいけない食べ物がたくさんあります。以下に、あげて良い食べ物、あげてはいけない食べ物を紹介します。


あげて良い食べ物

  • 牧草(一番好ましいです)
  • 野菜類(キャベツ、人参、小松菜、白菜、大根の葉っぱ、など)
  • うさぎ用ペレット(2016年現在、休暇村のフロントでも販売を中止しています。うさぎさんの為にあげすぎないようにしましょう)

あげてはいけない食べ物

  • 玉ねぎ、ねぎ、ニラ、ピーマンなど刺激のある野菜
  • 人間用に調理された食べ物やお菓子類全般、パン
  • ジュース、紅茶、コーヒー、お酒など

うさぎさんにあげても良い食べ物であっても、あまりたくさんあげすぎないで下さい。うさぎさんが草などの自然の食べ物を食べなくなってしまいます。


また、うさぎさんが食べ残した物は傷んで不衛生になったり、カラスが食べに来たりしてうさぎさんに危険が及びます。


~うさぎの楽園  「大久野島」~ 


3. その他注意事項

  • 島内は一般車両走行禁止です。フェリーにて桟橋までは車で来れますが、島内の走行は禁止されています。車は桟橋前の駐車場に停めてください。
  • レンタサイクルにて島内をサイクリングされる場合、うさぎさんには十分注意して走行して下さい。また、決められたルートを走行し、芝生等に入らないで下さい。
  • ゴミは各自で持ち帰りましょう。何でもかじってしまう習性のうさぎさんは、落ちているゴミも当然かじってしまいます。ビニールやプラスチック、その他害のあるゴミを食べてしまった場合、うさぎさんが死んでしまう可能性があります。
  • タバコのポイ捨ては厳禁です!体の小さなうさぎさんにとって、タバコの害は甚大です。絶対ポイ捨てしないで下さい。
  • また、うさぎさんの飲み水の容器にタバコが捨てられている事があります。灰皿ではありませんので、絶対に捨てないで下さい。
~うさぎの楽園  「大久野島」~ 


島内にはうさぎさんの飲み水を入れるバケツや洗面器がいたるところに置いてあります。もし、空の容器を見かけた場合、水を補給してあげてください。



※これは、雨が少ない夏があり、その経験から書かせてもらっていました。

 このころは、山側には洗面器などを置いておりませんでした。

(基本的に、人間にご飯特にペレットをたくさんもらう場所に向けて書いておりました)


 今は、衛生面での問題もありますので、環境省からの指示に従ってもらえたらと思います。

(2016年8月8日)



特に、山側などのうさぎさんたちは、自分たちで水分も補給出来ています。

過剰になりすぎないようにしましょう。


また、ペレットを食べるとのどが渇くことを覚えていてもらえればと思います。

~うさぎの楽園  「大久野島」~ 


以上のことを、いろんな方に知っていただけたら・・・と思い、2008年よりHPに記載していました。


もっと早くにブログでも紹介すればよかったのですが・・・


うた島の観光客が、この数年で爆発的に増えています。


人災だけはさけたいものです目




到訪大久野島之前,請先閱讀以下文章。

いいね!した人  |  コメント(53)  |  リブログ(0)

utaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント