1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-31 23:33:56

2016年が終わるにあたって…

テーマ:自分なりの人生の生き方・考え方

さてさて、今年もあと少しで終わりです。

今年もたくさんの人たちにいろいろとお世話になりました。
 
今年も嬉しいことだけではなく、大変なことや辛いこともいろいろありました。けれど、自分は楽観的な面が多く、良いことや悪いことが起きても、どうせ確率統計で公平に発生するもんだと思っています。
 
もし自分の乗ってる飛行機が落ちたとしても、それは全人類に公平な確率で発生するもので、それが起きても運が良いとか悪いとか思わない人間です。そして、本音の部分では生活水準や自分の生命にすら固執も無い人間です。
 
そんな考え方をしているんですが、ただ、どうしても気になってしまうのは、自分に関わってくれている関係者に対してへの自分の存在責任です。
 
自分がいなくなったり、自分が弱くなったりしたら、困る人が出てくるのが嫌で、だから頑張らないといけないとか、最善を尽くさないといけないとか思います。
 
 
「人間関係」は、自分の中の課題で、好き嫌いではなく、一番難しいテーマだと思っています。
 
それは人生の中で、すごく喜ばせてもらえることの一つであり、すごく落胆させられることの一つでもあります。
 
人間関係は大好きで、人間関係を断ち切り、一人になって楽に過ごしたいとかはまったく思いません。むしろ人間関係の渦の中で揉みくちゃにされていることが好きです。
 
けれどもそれは、本当に難しく、期待を裏切られることも多くあります。それでも人を信じることを止められません。
 
けれど、自分を信頼してくれて付いてきてくれる人がいて、一緒に頑張ろうとしてくれている人がいます。自分の存在が大きなものになってくれている人がいます。
 
だから、その人たちのために、自分はしっかりしなきゃ、自分は頑張らなきゃと思います。
 
自分自身は本当に楽観的で、大きな問題を大した問題と思えず、基本的思考回路はケ・セラ・セラな人間です。
 
周囲には努力しなきゃダメだとか言っていますが、自分は歯をくいしばった努力をしてきていません。自分は人生や仕事を考えて上を目指す戦略ゲームだと思って楽しんできただけ…かもしれないと恐るおそる思っています。
 
が、こんな自分を唯一後押しして頑張らせてくれるのが、自分を支えてくれたり、一緒に生きてくれたり、仲間になってくれたりする人たちの存在です。
 
こうして年末に振り返る時間を持つと、ありがたいと思わせてくれるのは、自分の周りにいる多くの人たちの存在です。
 
多くの人たちが自分に存在価値を与えてくれます。頑張る原動力として力を与えてくれます。本当に感謝したいと思います。
 
2016年もありがとうございました。
来る2017年もよろしくお願いいたします。
 
インフォランス
佐々木雅士
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-30 14:52:47

一歩ずつか... 大変だ...

テーマ:自分なりの人生の生き方・考え方
2016/7/30 バンコクのプールサイドにて...



社員の成長スピードの遅さにイライラするのが経営の常で、

部下を持つ上席の人間も必ず持つ感情。



親でも、経営者でも、上司でも、

ついつい強権を発動したくなるもの...



親の強権はわかりやすく、

ぶったり、物をとりあげたり、制裁を加えたりと、

実に誰もが経験する。



さすがに子供のことは投げ出すと思わないだろうが、

社員は投げ出す選択肢を取る場合もありえる。



会社内で言えば、90%くらいは能力の足りない部下のせいだろうが、

経営者や上司の未熟さにも原因があるかもしれない。



成長と発達のプロセスにおいて、近道は無い。

ゴルフの初心者で上級者のようにプレーしようとしてもできない。

ポジティブ・シンキングだけでプロのようにはプレーできない。

ピアノを習い始めたばかりで、コンサートを開けるようにはならない。



1つ1つの成長プロセスを無視して成長できないし、

途中を省略することもできない。



面倒だけど、子供の教育と同様に

教えるという皿洗いのような同じ行動を

繰り返していくしかない。



自分は短気な人間なので、苦手なことだけど、

教育という繰り返し作業を担ってくれる

頼れる社員に助けられて、

時折、振り上げた握りこぶしをそっと降ろす日々を過ごしている。



一般的にはダメな子供ほどかわいいと言うが、

社会では有能な社員ほどかわいい。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-01 09:06:47

新しく入社する新入社員に伝えたい5つのこと

テーマ:インフォランス社内の出来事
2016年4月1日 桜が満開の新入社員の入社式

最近、ブログで情報発信することがめっきり減りました。
通常で使うツールの移り変わりを感じる日々です。


さて、インフォランスには本日から6名の新入社員が入社しました。
外国人が4人、日本人が2人という変わった構成...
そして、女性が5人、男性が1人というかたよった構成...

そんな新入社員たちに語る、社長としての訓示を
下記で述べたいと思います。

けっこう厳しめです。そう、当社は厳しいことを言う会社なんです。



入社式で話す、「新しく入社する新入社員に伝えたい5つのこと」



その1

みんなはインフォランスで活躍できる人だと思って期待して採用したけど、
会社として最終的にはどのような結果物を出すかどうかで判断する。

言ったことをやるか、言われた約束を守るかで、
期待できる社員かどうかを判断する。



その2

潜在意識を心に刻んでインフォランスで働いてほしい。全部が大切だから。

私たちは精鋭集団になりたい。

新しい取り組みや難しい取り組みにどんどん挑戦していきたい。

お客様に最高の満足を与えていきたい。

他社からインフォランスはすごいと思われたい。

インフォランスの社員はすごいと言ってもらいたい。

なので、会社のレベルを底辺には合わせない。
どんどん前に進んでいく。

新入社員は覚えることがたくさんあって大変だが、そんなことは当たり前。
早くキャッチアップして、会社の先端に存在している人になってほしい。



その3

社員はみんなに期待している。どれだけ活躍してくれるんだろうかと。
ここは大学ではない。ただの後輩が入ってくるのとはわけが違う。

我々はみんなで高い目標に向かって目指している集団だ。
仲間と仲良くするということは、自分が担う役割をきっちり果たすということだ。
担うことになるやるべきことをしっかりやってほしい。



その4

ここは教えてもらえるのが当たり前ではない。
なぜならインフォランスは学校ではないからだ。
給与をもらってそれ以上のものを結果で返す場所だからだ。

だから、受け身で甘えてはいけない。
自分で知りに行くこと。自分でやるべきことを探すこと。

結果を出すことが義務だと理解すること。
プロの選手と同じだ。プロの選手は結果の出し方を監督に聞きにはいかない。
自分で考えて自分の行動を決めるものだ。

インフォランスの社員になったからには
プロ選手と同様に、結果の出し方は自分で考えてほしい。



その5

仕事で結果を出していこう。達成していこう。

どんなことでもやるべきことをやれると楽しい。
仕事の中に自分でマイルストーンをたくさん置いて、
1つ1つ、それを達成していってほしい。

小さなものでも、結果を出したり達成したりすることは楽しいから。



新しい新入社員に期待と願いを込めて...



★ インフォランスの潜在意識 11ヶ条 ★

この潜在意識は大切な仲間と、当社を選んでくれるすべてのお客様のために実行します


1. ひとつひとつの行動、言動、結果に責任を持ち、自分の力を信じて、目標を必達します

2. 常に感謝し、偽らず、失敗は反省し、自己成長を怠らず、お客様が納得する本物の力を身につけます

3. 100%満足できる環境を作るために、不平不満は口にせず、不足は自ら改善します

4. 他人からの印象に気を遣い、身だしなみを整え、誰よりも率先して気持ちのよい挨拶をします

5. 報告、連絡、相談を徹底して第一に考え、独断せずに、法令遵守も踏まえた情報共有を行います

6. 経済知識、金融知識を幅広く収集し、基礎力と総合力を高める努力を常に実践します

7. 経営コンサルタントとして、ゼネラリストでありスペシャリストである社員を目指します

8. 自律した精鋭集団の一員として、与えられることを待たず自ら与える行動を実践します

9. 私たちは、一生涯付き合える仲間として、信頼し合える人間関係を築きます

10. 会社の方針を信じ、目標に向かい社員で一丸となって走り抜きます

11. 私たちは、社員全員同じベクトルを持った仲間です


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。