マニラ 四日目!!!!

テーマ:

『Hanako』の撮影で訪れたマニラ フィリピン



最終日は朝、お気に入りのお店に再度訪れた。

本当に素敵だったこのお店は想い出の場所に。

フィリピンブランドも侮れない
ローズHAPPY






今回連日、私のブログ
P.C*でお伝えして来たのは、

整備されきった、ラグジュアリーマニラフィリピン



訪れる前までは、

ちょっぴり不安感を覚えていた。

しかし実際マニラに到着してみると、

街角のマーケットの賑わいは

まさに東南アジアの雰囲気!!

とてもエキサイティングな感覚に、

私はなんだかこの街がとても好きになった。








(子供たちが慣れた手つきでお手伝い
腕。









(トウモロコシを売るお兄さん)





(バクララン・マーケットはいつも賑わっている
ハート
私の感じた感覚だと、ここのマーケットは世界一安い!!)





(果物の様な何かを、お味噌風の何かにつけて売っていた。
食べる勇気はなかった
泣く




(10月、すでにクリスマスツリーを子供が販売していた
flower*






(東ティモールを除けば東南アジア唯一のキリスト教のフィリピン
フィリピン
実に人口の90%がキリスト教とあって、
街の至る所でこんな風景が)








(私がストールを肩にかけていたら、
お姉さんに笑いながらカトリックかと聞かれ、
頭に被せられてお揃いに
パンダ(笑))






(ポーズ決まりすぎ
warai*




ではここからは、アッパーマニラ カメラ フィリピン



(甘いって噂のJollibee。食べてみたかったなぁ
*フォーク&スプーン





(ペニンシュラのアフターヌーンティーは、やっぱり最高
cocktail*






(こんな格好は日本ではなかなか出来ない。)




(お部屋にフィリピンチョコが置いてあった。
もったいなくて食べられず
warai*






(これペニンシュラでのお部屋のスイーツ。
一人で毎日こんなに食べられない!友達呼びたかった
笑















日本から直行便で4時間で、

スペイン統治時代のエキゾチックな雰囲気。

ヨーロッパのラグジュアリー感。

東南アジアの活力溢れる熱気。

ここにはなんでもあって、

なんでもあり!

不思議な三泊四日。




『マニラってどうだった?』

そう聞かれたら私ならこう答える

『心に残る旅が出来る街!!』










この旅の模様がぎゅっとつまった『Hanako』は、

ムック本として12月中旬発売予定!

フィリピンの魅力溢れる一冊。

お見逃し無く!!!




AD

マニラ 三日目!!!

テーマ:
マニラ『Hanako』撮影旅行三日目・・・フィリピン





この街をせっかく観光するなら、

普通のタクシーもいいけれど

フィリピン全土で見られる 乗り合いタクシーカメラ


『☆ジプニー』☆ がいいよ!

と、進められた私たち
キラキラ2





もともと第二次世界大戦後に

フィリピン駐留アメリカ軍の払い下げのジープを改造し

制作されたのが始まりのジプニーきらきら


オーナーが各車両ごとに思い思いに外装をデコレーション。

それを競っているため一つとして同じ車両は無い!!

ちなみに初乗りは15円ほど
ビックリ







さて その乗り心地は????




sky*   sky*   sky*   sky*   sky*   sky*

えっと・・・・

うーーーん、


サスペンションに少々(いぇ、かなり)

問題あり
 笑* にこちゃん






路面からの衝撃や振動がそのまーま体に伝わるので、

写真撮影なんてしてたら、カメラ落とします。

絶対に、停車中に済ませるべし
笑*ハート



ってことで、ジプシーではなくロケの車に乗り換えて
暑い


ん?? おっと、

フィリピン着物美人発見!!





ランチを頂いたレストラン。

やっぱり外国デスネ。

お寿司の上にはマンゴー・苺など、

魅惑のフルーツがトッピング。(うげげ)






食のエネルギーに満ちあふれた店内
↑*では、


日本語で『あなたが欲しい
音符』をミラクルボイスで


音楽隊が熱唱!

(あ、流行の江南スタイルも歌ってました
ユニミん符







どれだけ驚いたか私とゆうこちゃんの表情を見れば

手に取るように分かると思う。

驚きの『エビボーイ』
エビ

が海老フライをもって登場 
エビ天






笑った・笑った・笑った・・・・・↑*


フルーツお寿司には手が出なかったので、

海老フライエビ天を5本も食べた。
笑*


シャイなエビボーイよ、ありがとう。

photo:21



新しい料理を作り出し、

提供する喜びが伝わってくる、

そんなマニラのプライスレスなレストラン
*フォーク&スプーン



また車を走らせると、

こんな大きなオブジェが見えて来たーーーーキラキラキラキラキラキラ

ディズニーシーのような、USJの様な・・・??


もうなんでもありね、マニラ
フィリピン ちら・・





到着したのは、


SMモール・オブ・アジア
(SM Mall of Asia)

通称『MOA』






実はこちら、アジア最大級の規模を誇るデパートびっくり

総面積は、なんと東京ドーム8つ分!!

約500の店舗と、

180ものレストランが入っているのだーーーー喜ぶ






日本では当たり前のように外にあるメリーゴーランドは

まさかの室内にあり・・・・
mery:go メリーゴーランド





こちらは、

えーーーーーっ汗

スケートリンク光ゲンジ?ローラー光ゲンジ?ローラー光ゲンジ?


ドバイでデパートの中にあるスキー上を見た時と、

同じぐらいの衝撃を受けた。

暑いマニラのデパート内にスケートリンク汗






本当に巨大なショッピングモールなので、

すべてを見ようと思ったら一日ではとても足りないユニミん符

日本とは異なりいわゆる路面店が少ないマニラにおいて、

女性だけでのショッピングに最適な場所
flower*




(マニラで、マックマックポテトをしのぐ程人気のファーストフード店
キャラクターが謎・・・)









ちなみに今回、

スタッフの皆さんと私たちから

一番人気のお店はこちら

『Kultura』









ハイセンスな小物や、フィリピン土産
フィリピン

アクセサリーやお皿にいたるまで

本当にありとあらゆるものが揃う、

どれもが可愛くたくさんの選択肢があるお店ハート








みんなショッピング用のカゴを手にもって、

お買い物を満喫~~~rose*


マニラに来たら絶対に欲しいキラキラ3

性別も年齢も問わず、


必ずお気に入りが見つかる事間違いなし。ユニミん符


今回撮影した『Hanako』では、

私たちのリアルなお買い物レポートもあるので、

こちらもお楽しみにユニミん符








ショッピングを終えた夜、

エキサイティング
きらきらな時間を過ごすなら


『リゾート・ワールド・マニラ』
(Resorts World Manila)

でのカジノナイトはいかが??
パンダ




女子旅ではドレスアップして、

『今日何着よっか?』『色をあわせちゃお~~』

なんて、打ち合わせするのも楽しいrose*


日本では出来ない様なドレスアップも、

マニラのデコラティブな空間、

エキゾチックな雰囲気をまとったら

いつもよりちょっぴり冒険出来ちゃうね
ハート







三日目の夜、

なんだか元気が湧いて来ている自分に気づいた。

近代的なビルが建ち並び、

歴史的な建造物が数多く残る

フィピリンの首都マニラ。


今までは、アイランドリゾートへの経由地としてしか

私には認識できていなかった。







東洋と西洋の文化が入り交じるこの街は、

人を包み込み、

パワーを与え、

忘れていた何かを思い起こさせる。







たった三泊四日では

マニラを遊び尽くせなかった。

もしかしたら

とんでもなく面白い場所なのかもしれない。







最高級のエンターテイメントが

ここ

マニラにはある


欲張りな旅の上級者にこそ

訪れて欲しい
ハート②







AD

マニラ 二日目!

テーマ:
Hanakoの撮影で訪れた
フィリピンの首都マニラの正式名称は

『☆メトロマニラ』☆





通常、『☆マニラ』☆と呼ばれているのは
マニラ市をはじめとする行政地域の集合体ラブ

大都市マニラは、

大自然と美しく整備されたショッピングエリアが混在する

不思議な街。




そんなマニラ二日目は、市内観光。

リサール公園(Rizal Park)内にある、

『リサールモニュメント(Rizal Monument)』
音符





フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの像があり、

広大な噴水に芝生、緑がいっぱい
花

ちなみに体感気温は33度くらい。

空も青く、湿気あり。

THE・東南アジア!!を体感中。






ちょうど遭遇した兵隊さんの交代式。

この暑さでこの格好、直立不動のその姿に頭が下がるなぁ。








次に向かったのは、

フィリピン最古の教会で世界遺産でもある

『サン・オウガスチン教会(Sun Agustin Church)』


7回にわたる地震や第二次世界大戦の衝撃にも耐えたことにより、

その姿を今でも見る事が出来るんだそう
キラキラ3







1599~1606年に建てられた教会、

独自の耐久構造を持つ重厚な建築で『地震のバロック』

とも言われてる
パンダ


バロック風のインテリアや、

当時のシャンデリア等も見る事が出来る貴重な教会内は、

とても厳かで、でも、なんだか

目には見えないぬくもりを感じた
ほし










隣接するサン・オウガスチン博物館では

当時の人々に想いを寄せながら、のんびり散策・・・
rose







キリシタンでなくとも、

マニラに行ったら是非訪れて欲しい、

美しく心揺さぶられる場所
きらきら








場所を移動して、

ランチは『ラ・コシーナ』にて 
UTAワクワク





こちらは歴史的な旧邸宅を丸ごと改装し、
レストランとして改築しているお店
↑*


お店に入るとまず、
ちょっと得意げな英語で
笑お部屋の案内ツアーがスタート!ハート☆

レストランでの食事前にガイコツ・・・雪

マニラ的感覚なのか!?? 面白かったな
笑*












お料理は、スペインに影響を受けたフィリピン料理。

どこを撮影しても絵になるこちらは、

落ち着いた雰囲気が印象的。

メニューは基本的にコースのみ。24時間前の予約が必要との事、

日本から事前に予約をしてお出かけするのがおススメかも
花















さてさて撮影隊は、駆け足で次の撮影地へまつげ

こちらは、「S.C. Vizcarra」
にこちゃん





伝統工芸技術を使って

ハンドメイドでつくられる手編みカゴのお店
買い物


職人達がつくりあげるフィリピン独自の特殊技術で、

丁寧に一つ作られ、デザインも良いとあって、

イギリスやフランスではすでに有名なフィリピン老舗ブランド。
キラキラ2






日本の雑誌や新聞記事、飛行機の機内誌等でも、

たびたび取り上げられてファンが多いそうcherry*






大人のカゴバック買い物は手触りも良く高級感溢れていて、

フィリピンで買う、上質で長持ちのするお土産なら、

ここが一押しーーーー
↑*イェイ


次回訪れたら買い物に行きたいリスト、

私的ナンバーワンかもラブ笑






二日目、最後に訪れたのは、

オシャレな若者や集まるハイストリートエリア
♪☆

『フォート・ボニファシオ(Fort Bonifacio)』






実はこのエリアには、空気を汚すジプシーは入れず、

街中に電線もなく見た目も綺麗な街
花


深夜までレストランやバーがオープンしていて、

欧米人の方を沢山見かけた場所でもあります
花


そんな近代的な街にあるマーケット

heart*『FIESTA MARKET』heart*

フィリピン独自のお菓子やお土産をさがすならここがおススメ
ニコちゃん











女子旅で海外に行くと、ついつい寄りたくなるスーパーへもおんぷ





店内は本当に綺麗で、
カメラ

世界中のありとあらゆる食品・食材が手に入る。


大好きなポテトチップスを手に取る瞬間・・・

めちゃ笑顔だしwarai*warai*warai*

だってこんな沢山の種類、なかなかないよ。ちょっと感動ちら・・







ちなみに英語とフィリピン語(タガログ語)が公用語のフィリピンフィリピン


さらに親日家ということもあってか、

現地の方とすぐにコミュニケーションが取れた事が

私にとってとても印象的だった
太陽太陽


些細な事ですぐに打ち解けて仲良くなれて、

思わずお互い顔を見合わせて笑顔になる。



もっと知りたい、

フィリピンの事、マニラの事。


そんな気持ちで交わした会話が、

一番の想い出。






(セキュリティ犬が毎回ホテルで出迎えてくれる。可愛いパンダ





続く・・・・フィリピンフィリピンフィリピンフィリピンフィリピンフィリピンフィリピンフィリピン

AD

マニラ 一日目

テーマ:

今回「Hanako」さんの撮影カメラで訪れたマニラWハート

マニラでの宿泊先は 

『☆The Peninsula Manila』☆


巨大ショッピングセンターや高級ホテルが建ち並ぶ

マカティ市に位置していて、

感覚的には東京と同じ雰囲気。

空港からは、所要時間25分程かな。

ベンツでの送迎サービスがあるので

女子旅でも安心して空港からホテルまで辿り着けちゃう
キラキラ3





一歩ホテルの敷地内に入ると、

ここが一体どこだか分からなくなってしまうほど、

街の喧騒とは全くの別世界がそこにはあった・・・
カメラ






ちなみにマニラでは、

ホテルやショッピングモールでは必ずセキュリティチェックがある。

最初は慣れなくてなんだか物々しく感じたけれど、

出入りの度にワンコと会うのが楽しみになった
crml


顔は恐いけど実は気さくで優しい警備員さんと

いつも一緒のワンコもパチり
カメラ↑*







エントランスを抜けるとすぐに目に入るのは

『The Lobby』


思わず「うわ~~~」と声を上げてしまうほど、

上品で美しいロビー空間。






天井が驚くほど高く、開放的。

大理石をふんだんに使ったコロニアル調は、

ヨーロッパ宮殿を思わせる様な重厚感。

頭上では常に生演奏が行われていて、

思わず笑顔になる様な空間。


開業36年目のザ・ペニンシュラマニラ。

香港の次に初めて海外に出来たのがマニラらしいのですが、
個人的には香港のペニンシュラよりも好きだなぁ
るんるん





到着してすぐの撮影は、

こちら『The Lobby』にて。


フィリピンの芸術家ニック・アルブレラ彫刻が

彩りを添えてくれ、太陽光の降り注ぐ中での

華やかなアフタヌーンティー
にこちゃん




伝統的なアフタヌーンティーとブッフェスタイル。

好みに合わせてチョイス出来るのも出来るのも嬉しいよね
↑*

忘れがちだけど、ここはマニラです






優雅で非日常的な時間がゆっくりと流れる中、

目にも美しく

美味しいスイーツを味わったよ
3ハート☆








そうそう、由布子ちゃんはここの紅茶を飲んで、

『こんな美味しい紅茶は初めて飲んだ』

と思わずつぶやいていた。

うん、分かる 
flower*

あたたかく上品な雰囲気、
愛情のこもった美味しいスイーツ、
スタッフの方のホスピタリティ溢れる対応。

何をとっても心地の良い空間で頂く紅茶は、

本当に格別な味がした。







さて、撮影は進みます。
カメラ

優雅な余韻を心に残しながら向かった先は、

高級ブランド店が多いショッピングモール

『グリーンベルト(Greenbelt)』




1から4の建物の分かれたこちらのモールは、

金・土曜日は23時までお買い物が楽しめちゃう魅惑の場所
ユニミん符


日本人観光客が大好きなお店がいっぱいあったよ
cracker*






私たちが気になったのは、

可愛い下着屋さん、

『La Senza(ラ・センザ)』





それに、

エッジの効いたオシャレが楽しめるフィリピンメイドのお店
ユニミん符


『Tint(ティント)』






原色カラーが眩しいドレスは、

どれも個性的でスタイリッシューーーー
花





なおちゃんはきらきらサンダル。
私はブルーのロングドレス。

二人揃ってお買い物しちゃったよ
喜ぶ*わーい♪





ここのロングワンピが気に入りすぎて、

後に色違いでピンクも購入したことは、

スタッフのみなさんには、内緒だよ・・・・

ちら・・  ちら・・ えへへーーー ちら・・  ちら・・




さてさてホテルに戻り夜の撮影では、カメラ

またひと味違った雰囲気を味わう事が出来ました
flower*


ホテルを代表するレストラン

『Old Manila』





ブロンド色の樽材にフィリピンのモダンアートが調和した

センス溢れる大人の空間
大人ハート

店内のアートやお皿に至るまですべてがデザインされていて、

なんだかアートギャラリーにきているかの様
キラキラ





フレンチをベースに、

シーフードやお料理にフルーツを取り入れた
お料理たちは、

凛とした空間にぴったりで、

一言で言うと
「オシャレーーーー」な感じよ
喜ぶwarai*


(はい 
喜ぶ

お昼のアフタヌーンティーに続くオシャレ攻撃に

この時点で、一日中ホテルでいいな と思い始めた3人
にこちゃん




しかーーーーーし、上には上があるんだね。

ザ・ペニンシュラマニラで一番好きだったのはここ


『スパイシーズ(Spices)』








ダークウッドなキャンドルがたかれ、

サンダルウッドのの香り立ちこめるアジア料理レストラン。

水の音が聞こえる店内は今でも忘れらない
ラブ





店名の通り、

とにかくお料理のスパイス使いが最高なの。

美味しかった。その一言に尽きる。








(朝4時起きでフライト→撮影続きなのに、
 食事が美味しすぎて、なんだかイキイキしているの図)




店内から見えるプールは22時まで使用出来るので、

本気泳ぎしている方の姿もチラホラ。

余談ですがマニラには屋内プールはないそうで!

外が暖かいから、屋内には必要ないのかな?





そして・・・

何と言ってもペニンシュラといえばの

非日常空間最大の場所はここでしょう。

1930年代の上海社交界を彷彿とさせる
プライベートサロンがイメージされた秘密クラブ
キラキラ

マダム・ニンという架空の人物をモデル化し、
彼女が世界中に持っていた世界の社交界を現代に蘇られせた

『☆サロン・ド・ニン』☆










以前香港で訪れたサロン・ド・ニンよりも、

更にグレードUPしているように感じてワクワク・・・
↑*↑*↑*











それぞれの個室では

巨大なゴリラにお尻をかまれたり・・・・






グラマラスなシューズルームに迷い込んだり、







一夜限りのバンドを組んでみたり・・・・





あ、ガールズユニットもいいよね。





な~んて、

上海黄金期の雰囲気を存分に味わった、

さ・つ・え・い
カメラでした。

(決して遊びではありませんから、ね!!
しかしこのバーはHanakoにも載るのだろうか。
笑*




この日は一滴もアルコールを飲まなかったのに、

次の日プール越しの日差しが

なんだか眩しかった、な。





二日目に続く。








会津のうつわが揃ったよ♪

テーマ:



この夏に、「福島震災支援復興・女子旅ツアー」

で訪れた福島県 会津若松市flower*

今でも福島の人たちのあたたかさを思い出します。

image


福島の魅力を良く知れた旅でしたが、

中でもお気に入りだったのは伝統工芸品を扱う

「会津のうつわ 工房鈴蘭」


photo:04


ちなみに会津漆器(あいづしっき)は、

福島県の会津地方に伝わる伝統工芸品。

時は、豊臣秀吉が天下統一を果たした安土桃山の時代。

会津藩主となった蒲生氏郷公は、

利休七哲(千利休の高弟)の筆頭に数えられる文化人であり、

産業の発展のため会津漆器を基礎をつくり上げたんだそうです。


image


少し敷居がたかい漆器を、

手に取るきっかけになった『かわいい漆器』

我が家でも活躍中です。


photo:05


手作りでひとつひとつ丁寧に作られているので

夏には欲しいカラーが無かったのですが、


この秋 会津に帰った由起ちゃんにお願いして・・・・


photo:06


じゃーーーーん!ハート☆!ハート☆!ハート☆!ハート☆

欲しかったイエローの会津漆器~~~~flower*


photo:07


これで、私の欲しかった3色揃いました~ハート

わーーーいsei ↑*

photo:08


他にもお店には可愛い漆器がたくさんっイェイ

次回はお月見グラスをお家に迎えたいな~~↑*


集める楽しみがあるって、なんだか幸せですね↑*

また福島を訪れたいと思います喜ぶ


photo:05