ニュースコラムにて見つけた。
男性が嫉妬を感じている時にありがちな行動17パターン。
参考程度に。

↓↓↓↓↓↓↓↓


よく、女性は嫉妬深いと思われますが、男性だって嫉妬深い人はいるもの。
男性は女性と違って、素直な感情表現が苦手でとても不器用です。
だからこそ思っていることを素直に口には出せず、嫉妬した時に言葉ではなく行動でアピールしてくるのです。
ヤキモチのサインを見逃さないようにしましょう。 


【1】急に黙り込む
男性は女性に比べて、嫉妬した時は言葉にしないことが多いです。
しかし、自分の中の黒い感情は処理できないので、黙り込んで嫉妬している自分を抑えながら、彼女への気付きを促すことがあります。
ストレートには言いにくい為「気付いてアピール」をする場合もあるので、照れ屋の男性やあまり感情を表に出さない彼氏が、もしかしたら嫉妬したかもと思う時に急に黙り込んだら、好きな人に嫉妬している態度だと疑ってみよう。
当然彼氏の性格にもよりますが、嫉妬していることをそのまま彼女に言う男は少なく、特に付き合い始めはそういうことが言いにくい傾向にあります。
彼女の方から気を使ってあげると良いでしょう。

 
【2】機嫌が悪くなる
彼女が元彼や他の男性の話を始めると、男性は特に文句を言う事もなく急に不機嫌になったり、急にテンションが下がったりしがちです。
男性は「そんな話やめろよ」とハッキリ言うことができません。
恥ずかしいのです。
何も言えなくなってしまい、悶々とした感情が抑えられなくなると、まったく口をきかなくなることもあります。
素直に「他の男性の話をしてごめんね、でも私が好きなのは◯◯君だけだよ」と、伝えてあげましょう。
照れながらも機嫌がよくなるでしょう。


【3】他のことでキレる
嫉妬していることに気付かれたくない男性は、問題をすり替えてキレることもあります。
嫉妬は、怒りを伴っているので発散したい感情になるものですが、嫉妬していることにキレるとカッコ悪いので、問題を変えることで理由をごまかすのです。 
これって嫉妬するのかな?と思った会話の後に、普段は怒らないことで急に怒ったりした場合は、嫉妬している可能性があります。
ケンカは取り敢えず回避して、彼女の方から何に怒っているのか聞いてみたりすると、上手く話し合えるかもしれません。


【4】話題を変える
彼氏と、嫉妬されてしまうかもしれない話をしている時に、話しの流れをあまり考えないような話題の変え方をしたら、嫉妬している時の態度が出ている可能性があります。
男性は、嫉妬してしまうことがカッコ悪いことだと思ったり、女々しいと思うところがあります。
自分が嫉妬してしまうような話を聞いているのが辛い時、ストレートに嫉妬していることを伝えるよりも話題を変えてしまうことで気分を変えようとする場合があります。


【5】自分が同じ事をしても平気か聞く
嫉妬している時に素直な言葉が出ない時は、「自分が同じことをしても平気か」等の間接的な手段で自分が嫉妬しているのを彼女に伝えることがあります。
この時に、テンションをわざと明るめにしたりして嫉妬していることを隠すことも多いので、ニュアンスよりも言葉の方を重視した方がよいでしょう。


【6】他の女性と親しげにする姿を見せる
他の男性に対して嫉妬を感じている場合、男性は「自分だってモテる」という所を見せて逆に嫉妬させようとしてくることがあります。
他の女性と親しげな様子を見せたり、過去の恋愛話を自慢してきた時は嫉妬を感じている時。
素直に「モテるんだね!すごいね!」と話を聞いてあげると彼の嫉妬は収まりやすくなるでしょう。


【7】浮気をする
もっとひどい場合は、他の男性とちょっと仲がいいとか、良さそうに見えただけで、彼女が浮気しているという証拠もないのに、自分も浮気をしようとします。
「あいつだって浮気しているのに、なんで俺だけ誠実にしてなきゃいけないんだ」と勝手に自分を正論化し、浮気をすることで彼女とイーブンになろうとするのでしょう。


【8】こぶしを握る
ちょっと手元に注目してみても、分かり易く反応していることがあります。
分かり易いのはこぶしを握ること。
人は何かあると、手には反応が出やすい特徴を持っていますが、男性の場合はあまり細かいところに気がいかないので、テンションや表情を取り繕っても、手には反応がでているかもしれません。 
彼氏があなたにカッコ悪い姿をあまり見せないタイプであれば、注目してみると良いでしょう。
手には、その他にも嘘をついている時に出る特徴があったり、色々な感情が出やすい部位。 
嫉妬心が強ければ強い程分かり易く反応している可能性はあります。


【9】手帳や携帯を覗き込むようになる
それまでは、彼女がアドレス帳やスケジュール帳などを開いていても無関心だった人が、嫉妬し始めると会話のついでのふりをして覗き込んでくるようになることもあります。

 
【10】スキンシップをもちたがる
それまで淡泊だった男性でも、嫉妬している場合、男性は「取られたくない!」という思いから急にベタベタしたり、ボディタッチをして彼女が自分のものであるという実感を得ようとします。
不自然にボディタッチが多くなったら、嫉妬や女性が離れていく危機感を感じているのかもしれません。
この時に冷たくすると彼は増々嫉妬してしまうので、優しく受け入れてあげましょう。


【11】行動を把握したがる
彼と別行動の日のことをやたら確認してくるようになったら、彼は嫉妬を感じている可能性があります。
女性が自分の事以外に関心が向いているのを許せず、無意識に行動を制限しようとしているのです。
「飲み会に行く」と言ったら、「誰と?」「男も来るの?」「何時に家に戻る?」と、まるで「保護者か!」と言いたくなるほど干渉してくる時は、嫉妬していると考えてよいでしょう。


【12】常に一緒に行動したがる
嫉妬を感じている男性は、心の中にたくさんの不安要素を抱えて苦しんでいます。
それを解消したいがために、とにかく一緒に居て「目にみえる場所に彼女を置いておく」ことを好みます。
特に普段はそんなに興味がなくて絶対に行かないところでも、嫉妬心が溢れているときであれば、どこへ行くにも一緒に行動して監視したがるのです。
安心したいから、ひと時も離れたくないというアピールなので「2人で一緒にいるとやっぱり楽しいね♪」と、肯定をしてあげましょう。
愛されてることを実感できれば、監視行動もおさまるはず。


【13】突然家に来たり、突然呼び出したりする
浮気を疑っている時、男性は、彼女が一人暮らしなら、夜遅くに突然遊びに来たり、急に呼び出したりといった行動をとり始める人もいます。
抜き打ちテストを行っているつもりなのでしょうか。


【14】自分の事を語り始める
学校生活や趣味など、彼女のプライベートライフの充実度に彼が嫉妬している場合、嫉妬にかられた男性は負けじと自分のことを語り始めます。
「俺もエンジョイしてるんだぜ」とアピールしようとするのか、「前に○○とハワイ行った時さー」「今度○○のライブ行こうと思ってるんだよねー」など、過去や未来の話を持ち出してまで同等の立場に立とうと必死になったりします。


【15】ダメ出しを始める
彼女の仕事での成功に嫉妬しているとき、なぜか上から目線のアドバイス口調で諭すような物言いになる男性もいます。
例えば会社の同僚で、彼女のほうが一歩上を行く成果を出したときなど。
「お前の仕事のやり方はさー○○なんだよ」「今回は運よく認められたけど気を付けたほうがいいぞ」などと言い、「自分は負けていない」というスタンスを守ろうとします。


【16】拗ねる
男性は嫉妬を感じた時、ストレートに怒るというより拗ねてしまいます。
なぜか不機嫌、なぜか黙っているということがあったら、彼は嫉妬で拗ねているのかも。
この時、「何で不機嫌なの!?」と怒って問いつめると余計に彼を拗ねさせてしまいます。
優しく原因を聞いて謝ってしまいましょう。


【17】嫉妬の対象を批判する
女性が他の男性を褒めたり、関心を持っているのが伝わると、男性は急に相手の人のことを批判し始めます。
嫉妬から悪口を言っていると思われたくないため、「周りの人からの評判は悪いよ」等と第三者からの意見のように言うことが多いそう。
「そうなんだ」と納得しておくと彼の気持ちも収まるでしょう。


★・☆・★・☆・★・☆

男性が好きな女性の前で振る舞う行動(脈あり行動)

男性の好き避け行動






AD

コメント(2)