マドリードday13 (12/6/2017)

テーマ:

マドリードでゆっくり過ごせる最後の日

El último día antes de volver a Japón 


カルロスの妹ソニア(35年私の人形を大切にしてくれた)と会って職場である建物が昔のお城なので案内してもらってから朝ごはんを一緒に食べて少し話しました。


初めて会った時は6歳くらいだったソニア、素敵な女性に、母になってキラキラと輝いてた。

{E8B89BDE-C610-4F32-8955-9FB20E4EA510}


ソニアに素敵な散歩道を教えてもらい、別れてからひたすらあちこちを散歩しました!!


{A12D6554-FE21-4472-A676-D34A20EFDCFC}

{8FA34BF5-88CD-4FDB-BCB9-C8CE3C84FB55}


一旦ホテルに戻り荷物のパッキングしながらいただいたものを見つつ思い出しは涙…


夜はJaymeとCarlosに会う約束してて、待ち合わせ場所へ。

時間よりも早めに付いたCarlosとPlaza de España を散歩。

{E2B83067-2293-4CF2-BECC-7284B7B41AD1}

そこには自然がたっぷりで真ん中にLa Manchaの男、ドンキホーテとサンチョパンサーの銅像、その後ろに作者のCervantesが!

スペイン、マドリードと言えばこの話が世界的に有名ですね。ま、日本は少し違うかもしれない。


そしてJaymeも合流し、誕生日なのでお祝いしつつもまたパパの話しをたくさん聞かせてくれた。


予定があるJaymeは早めに帰りCarlosとCalamaresを食べに老舗であるEl Brillanteに行きました!!

Calamaresがなんなのかと言うとイカリングなんですけど、日本と違ってちっとも油っこくなくてサクサクしててそれをパンで挟んで食べるんです!

思ったより大きくて、2人でぴっくりしつつも美味しくいただいた。


テラスで食べながらいろんな話したー

Carlosは思いやりのある落ち着いた優しい素敵な男性です。

35年間お互いどんな人生を送ってるか知らなかったけど、この2週間、たくさん交わることが出来て本当に感謝でいっぱいだった。


ホテルまで送ってもらい、泣きそうになりつつも別れました。

会えなかった時間があったなんて感じないほど、本当にいい友達を持ったと、心の中で感謝が溢れました。


ホテルについて再び荷造りをしながら過ごした日々を思い出しては涙してた。

改めて、ありえない日々だったこと

自分が何もしてなくて与えられた祝福だと言うこと、何度も思い、そして今回のことは忘れてはならないなー、いや、一生忘れられないと思った。


いよいよ日本に帰ります


I can't stop saying thank you to all the people I met and spend time together!

Such a good and wonderful memories and experiences that I never can forget 



No puedo dejar de dar las gracias a todas las personas que conocí y pasar tiempo juntos!

Un recuerdo tan bueno y maravilloso y experiencias que nunca podré olvidar



I'm gonna miss my old country Spain

AD