K、K、K…。ルーキー大場翔太投手(22)がロッテから7連続を含む出場野手全員の9人から16三振を奪った。早くも2完封でいずれも無四球だ。全員奪三振は、パでは2004年の松坂大輔(当時西武)、セでは05年の川上憲伸(中日)以来、史上3人目。16奪三振は1940年の清水秀雄(南海)の15Kを上回る球団新記録だ。“平成の鉄腕”の記録ずくめの奪三振ショーで首位に返り咲いた。

また歴史を塗り替えた。9回1死、144キロの速球で根元を空振り三振。球団記録を68年ぶりに更新する16個目の三振を奪い、大場が小さく右のこぶしを握った。「きょうは気持ちだけを前に出して思いきり投げました」。最後の西岡も142キロの直球で力のない右飛に仕留めた。「これがプロ野球の魅力。こんなすごいことができるんだから」。王監督が興奮気味にルーキーをたたえた。

パでは初となるプロ初登板での無四球完封の鮮烈デビューから、わずか13日。松坂、川上に続いて3人目の全員奪三振。1回2死からは、新人だった和田に並ぶ7連続奪三振。東都大学リーグで通算410奪三振の新記録を打ち立てた右腕が早くも2度目の完封。それもいずれも無四球だ。

記録ずくめの「奪三振劇場」にホークスファンが酔いしれた。ヒーローインタビューは場内に流れず、左翼席から「聞こえない」コール。大場はインタビューが終わると左翼方向に猛ダッシュ。二つのサインボールをスタンドに投げ入れ、三塁側のファンとはラバーフェンス越しにハイタッチするビジターでは異例のファンサービスだ。

直球の威力が抜群だった。初回、西岡の打席のとき、田上のサインに3度首を振って直球を投げ込んだ。結果は内野安打となったが力ない一塁線を転がる打球に自信を深めた。7回まで毎回の15三振。プロ野球タイ記録となる1試合19奪三振を期待させる投球だった。

前回登板の西武戦で4回に一気に3本塁打を浴び、初黒星。そのもろさも克服した。八千代松陰高時代の恩師で当時監督だった笠原修教諭(55)から「打たれている時は顔がひきつっているぞ」とアドバイス。本人も「新聞の写真を見ると顔に力みが出ている」と反省し、自然体で臨んだ。2回、5回と里崎に2度、左翼ポール際への大ファウルを浴びたが、ひるまなかった。2回はスライダーで空振り三振。5回にはこの日最速となる146キロの真っすぐで再び三振に仕留めた。

高校3年の時、夏の甲子園予選の準々決勝で1-2で完投負けして以来の千葉マリンのマウンドだった。「3年間、野球をした場所で、こういう結果を出せて良かった」。同級生・成瀬との投げ合いを制し、5年前の悔し涙を笑顔に変え、チームは再び首位に返り咲いた。「(日本記録の)野田の三振はいくつだっけ。19個か。惜しかったね。でも彼にはまだ先がある」と王監督。鉄腕が「K」の数字を重ねれば重ねるほどホークスも上昇気流に乗る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000000-nishins-spo

************************************************************

野手全員がルーキーの大場投手から三振するなんて、何ともみっともないですね。一体どうしたのという感じです。特に西岡選手、しっかりしろ~~~。さくらさんと別れたから打てないのかいと野次が飛ぶぞといいたい。

AD

○ロッテ6-3ソフトバンク●(4日)

ロッテが粘り勝ちで連敗を4で止めた。2点リードされて迎えた八回に大松、橋本、田中雅の適時打などで5点を挙げて逆転した。「打球がいいところに飛んでくれた」と田中雅。ソフトバンクは終盤、継投で逃げ切りを図ったが、ニコースキーが踏ん張れず、首位返り咲きならず。

▽ロッテ・バレンタイン監督 いい当たりが野手の正面に飛ぶこともあるのに、今日は野手のいないところに飛んでくれた。これが野球なのかと思う。

▽ソフトバンク・王監督 (五回降板の)杉内は全体的に悪かった。杉内でも、そんな日があるんだな。

◇リリーフ陣の整備が最大の課題

無言でバスに乗り込むソフトバンクの救援投手陣の面々。いつもは冗舌な杉本投手コーチも沈黙を貫く。首位に返り咲く機会を逃したからではない。リリーフ陣の整備が最大の課題であることを示したショックからだ。

八回、4番手の柳瀬が連打を浴び、1死一、二塁。ここでマウンドを託したのは、新守護神と期待されるニコースキーだった。ところが、わずか2球で終わった。大松、橋本と続けて初球をたたかれ連続適時打を浴び、アッという間に同点。あとはロッテの猛攻を止めるすべはなかった。

「ストライクを取りにいった結果」と語るニコースキーだが、打ち気満々の打者に投げる球ではなかった。

わずか1週間前の先月28日には、西武戦で最後をピシャリと締めたニコースキー。王監督を「(来日)2年目の今年は違う」と喜ばせた。本人も「信頼されているのがうれしい」と口にしたばかりなのに…。

ニコースキーばかりではない。六回以降に登板した投手は、すべてイニングの途中で交代する始末だ。「自分の仕事を完了していないよ」。王監督の悩みは深い。【田原和宏】

○…均衡を破る一打を放ったソフトバンク・井手。六回2死満塁で迎えた打席、ロッテの小林宏の初球だった。126キロのチェンジアップの落ち際をとらえ、左翼線に抜ける適時二塁打。思わず、二塁ベース上で両こぶしを握った。「気後れせずに積極的にいこうと心構えたのがよかった」。今季は大村のけがもあり、開幕からスタメン出場が続く。連続安打試合を7に伸ばし、ますます元気だ。

★本多が負傷交代 ソフトバンクの本多雄一内野手(23)は4日のロッテ戦(千葉マリン)の五回の打席でファウルを打った際、右肩に違和感を感じたため途中交代した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000158-mai-base

************************************************************

5連敗にならなかったわけでよかったですね。ライバルのソフトバンクに勝ったことで、また勢いをつけて首位の座を早く手に入れてほしいものです。楽天はそのうち落ちてくるでしょうから、結局ソフトバンクとの一騎打ちになるのではないでしょうか。

AD

約2年間にわたり交際していたプロ野球ロッテ西岡剛内野手(23)とタレントさくら(24)が破局していたことが4日、分かった。関係者によると、先月の開幕前に別れたという。昨オフの北京五輪アジア最終予選に出場した西岡は今季、V奪回と金メダル獲得を目指して野球漬けの生活で、さくらも11日スタートのTBS系ドラマ「Around40」(金曜午後10時)の撮影に追われるなど多忙。擦れ違いの中、発展的な交際解消を決めたようだ。
2人は06年1月に放送されたTBS系の恋愛バラエティー番組「恋するハニカミ!」で共演し、交際に発展した。同年6月には、さくらが西岡の自宅マンションを訪ねる姿が写真誌に報じられ、熱愛が発覚。ともに交際を潔く認め、順調に愛をはぐくんできた。昨年1月に西岡が「重大発表」を予告した後、登録名をローマ字表記の「TSUYOSHI」に変更すると発表した際には、その内容が「結婚ではないか」と勘繰られるなど、ゴールイン間近とされていた。
西岡は親しい知人に「僕が彼女に甘えすぎた。今までのことはとても感謝している」と漏らしているという。動向が注目されたフレッシュな恋が一区切りを迎えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080405-00000008-nks-ent

************************************************************

西岡選手とさくらさんが交際していたとは知りませんでした。ファンは皆知っていたのでしょうか。

AD

【ロッテ1-9楽天】ロッテ・西岡が試合前、野村監督にあいさつした際「楽天が優勝したら丸刈りにします」と宣言。野村監督は「あいつなめとるな」と苦笑いしたが、西岡は「簡単な相手じゃないけど、楽天が強いとパが盛り上がる」と本気モード。自らは無安打に終わり10試合連続安打でストップ。最下位に転落したチームの一方で楽天は首位浮上。今オフはイケメン男の丸刈り姿が見られるかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000004-spn-spo

************************************************************

楽天が優勝したらではなく、ロッテが楽天に負け越したら丸刈りするというくらいのことを言って欲しいものです。全く楽天に3連敗するなんて、しっかりしろ~~~。

【ロッテ1-4オリックス】雨男の不敗神話は終わった。雨の中、7回まで1失点と粘投したロッテの渡辺俊だが、同点に追いついた直後の8回、阿部に決勝打を浴び、ローズには2ラン。「点を取ってもらった後だし、もう少し慎重にいけば良かった。防げた失点」と悔やんだ。昨季はCSを含め雨中の試合は4戦4勝。雨でスライド先発の3試合もすべて負けなかったサブマリンは「雨は相性が良かったのに…」。打線も10安打1点の拙攻で、チームの連勝は3で止まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000009-spn-spo

************************************************************

渡辺俊で負けるとはちょっと残念ですね。といってもたまには負けるでしょう。チームとしては2勝1敗のペースであれば問題なしなのでは。

(パ・リーグ、ロッテ9-6オリックス、1回戦、ロッテ1勝、28日、千葉)悪夢の負傷降板のリベンジだ。本拠地開幕戦で、小林宏が6回5安打3失点と苦しみながらも今季初勝利を挙げた。

「真っすぐの切れがなかったし、コントロールもよくなかったが、悪いなりに試合を作ることができてよかった」

20日の日本ハムとの開幕戦(札幌ドーム)は、五回まで1安打無失点と好投しながら、六回途中、66球目で右ふくらはぎが痙攣(けいれん)して降板した。

悔しかった。もう2度とあんな思いは…。直後から筋肉強化のため、ブルペン以外では履いていなかったスパイクを練習時も常に履くなど対策を講じて臨んだ。この日の66球目は四回だったが「(足の)懸念は全くなかった」。

開幕のリベンジには成功したが、この日の勝利は、味方打線の援護もあった。「一からやり直し。きょうは野手陣に助けられた。次は(野手陣を)きっちり助けてあげたい」。エースは今季初勝利の余韻に浸ることなく、早くも次を見据えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000007-sanspo-spo

************************************************************

今年のロッテはやっぱり強いですね。先発投手の駒が一番揃っているわけで、ソフトバンクと優勝争いをするのはまずまちがいなさそうです。問題は救援陣ですが、さて信頼の置けるストッパーは育つのでしょうか。

○ロッテ5-4ソフトバンク●(26日)

ロッテ西岡が2ランを含む4安打と大暴れ。「3連敗で千葉には帰れない」と意地を見せた。投げては六回途中から伊藤ら4投手をつぎこみ、逃げ切った。ソフトバンクは六回にレストビッチの左翼線二塁打などで1点差に迫るも及ばず、開幕からの連勝は5でストップ。

○…ロッテは6試合目で、ようやく本塁打が飛び出した。チームの今季1号を打ったのは西岡。三回無死一塁、追い込まれながらもソフトバンク甲藤(かっとう)の126キロのスライダーをとらえた。「何とか走者を進めようと引っ張ったら、うまく打てた」という技ありの2ランだった。この一打に「ハートに火が付いた」というオーティズ。負けじと五回、左翼スタンドに運び、本塁打の競演となった。

○…プロ初先発のソフトバンク甲藤(かっとう)。得点を許すたび、悔しさを隠すように地面を軽くけった。6人目の先発として送り出した首脳陣の期待に応えることはできなかった。

初回、西岡、早川の1、2番に連続二塁打を浴びて1点を失い、三回にも西岡にスライダーを右翼スタンドに運ばれた。先発の責務である五回までに5失点。悔やまれる内容となった。

プロ3年目。180センチ、88キロのがっしりとした体格。一見こわもてだが、「登板日前日は緊張で眠れなくなることもある」という繊細な面を持つ24歳。前日、プロ初完投を成し遂げた近大の後輩、大隣に続くことはできなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000010-maip-base
************************************************************

ようやくソフトバンクの勢いを止めることができたようですね。さすが西岡選手、4安打とはすばらしい活躍ですね。


<ソフトバンク2-1ロッテ>◇25日◇福岡ヤフードーム
ロッテは3回、2死二塁の場面で西岡が三塁線を破る適時二塁打を放ち、1点を先制した。ソフトバンクは3回まで2安打無得点。
ソフトバンクは5回1死三塁から本多がスクイズを試みるが、三塁走者井手が本塁憤死。ロッテは4回以降、6回まで追加点なし。
ソフトバンクは7回に2点を奪い逆転。05年以来となる開幕5連勝を飾った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000030-nks_fl-base

************************************************************

また逆転負けですか。中継ぎ救援の駒不足が今季のロッテのアキレス腱になりそうですね。まあはじめからわかっていたことですが。

(パ・リーグ、ソフトバンク6x-5ロッテ=延長十二回、1回戦、ソフトバンク1勝、24日、ヤフードーム)YFK(薮田、藤田、小林雅)の抜けた救援陣の層の薄さを露呈した。痛恨のサヨナラ負けにもバレンタイン監督は「救援陣はYFKがしたように素晴らしい投球をしてくれた」と選手をかばった。延長十二回、田上に右越えサヨナラ打を許した小宮山は「シュートが甘く入った。次、がんばります」と足早に球場を後にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000010-sanspo-spo

************************************************************

やっぱりYFKの抜けた穴は大きそうですね。3人が一気にいなくなったなんてフロントも危機感が無さ過ぎるでしょう。シーズン中ずうっと言われ続けるような気がします。

【ロッテ4―1日本ハム】鬼門を突破した。ロッテ・渡辺俊がリズム良く8回1失点。06年5月28日の巨人戦(東京ドーム)以来665日ぶりにドーム球場で白星を挙げた。「言われるまで本当に忘れてました。ドームで勝っていないのは気にしてなかった」

さらりと振り返ったサブマリンだが、ドーム球場では昨季CSを含めて7連敗中と苦闘が続いていた。昨年は屋外球場で9勝2敗、防御率2・08に対しドームは7試合で0勝4敗、防御率3・56。6月11日にナゴヤドームで打ち込まれると、中日・落合監督から「下手投げは風がないドームでは不利」と指摘された。以降は“オレ竜の呪(のろ)い”にかかったのか屋外でも一時スランプに。今季は鬼門を克服するため「ドーム用に」と新球ライズボールを習得。この日は封印したが、ちゃめっ気たっぷりに「ナゴヤ用、中日用、落合さん用です」。呪いを解いた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000010-spn-spo

************************************************************

渡辺俊が順調に勝ちをあげたので、ロッテは波に乗れそうですね。今日のソフトバンク戦はぜひ勝って欲しいものです。