琉球風水の家づくり~自然と調和する上質な癒し空間のつくり方

既にお住まいのお部屋から、新築の間取り設計まで、役立つ風水術をお伝えします。自然と調和を重視し、空間を貫く氣の流れを整えます。沖縄の伝統風水を、現代住宅に応用する琉球風水鑑定は、方位にとらわれすぎず、現時的な快適さを追及します。


テーマ:

沖縄より、横川明子です。


5月5日 16時31分 立夏
暦の上では夏に入りました。





沖縄では4月に多くの海水浴場が海開きを行い、
マリンスポーツを楽しめるシーズンに入りました。
いかがお過ごしでしょうか。


私は、自宅の引っ越しで、インテリアを整えるのを楽しみながら、
新築住宅設計や、既存住宅の風水鑑定で
お客様の風水空間と向き合う日々が続いています。


また、来月には、重要な風水講演を2本控えています。


ご来場いただいた皆さまに、
有益であり、そして、笑顔を癒しの時間をご提供できるよう
コンテンツ制作に取り組んでいます。


さて、風水鑑定のお問合せで
「風水鑑定はどのタイミングでご相談すればよいでしょうか」
という内容のご質問を、多くのお客様からいただきます。



住宅設計は、時間をかけ、
段階的ステップ踏みながら作り上げていくアートです。



風水鑑定もご相談頂く段階とご要望によって、
鑑定内容が変化します。


大きく分けて三つの段階がありますが、
これを、陶芸での器づくりに例えてみましょう。



私の陶芸歴は、浅いので、
ご専門家の方からみれば、「違う」と思われることが
あるかもしれませんが、そこはどうぞお許しくださいませ。


1 全体的な形づくり


最初にろくろを回して、
器の大きさや、形を決めていく段階があります。


またまだ土は柔らかくて、
いかようにも形を造ることができます。


この段階が、住宅設計では、
白紙の状態から一枚目の設計図造る段階と考えます。
全体的な形と、間取りを作っていきます。






この段階で風水を取入れることにより、
周りの建物の高さや、自然の眺めなどの周辺の環境に配慮し、
その土地がもつエネルギーの特性を見抜いて、
光、風、水の流れなど、自然との調和を大切にした住宅の形をつくることができます。



財運が漏れる間取りの漏財宅になるリスクを避けたり、
個別の運勢方位に個室の配置をし、吉運を取込みやすい間取りにできます。


設計をスムーズに進め、資産価値を高められるよう
住宅建築の方向性を決める風水コンセプトの設計を
しっかり行っていきます。

 

 

上記の情報に加え、いくつかの取入れて頂きたい風水的なポイントと、
その状況から起こりうる風水上の問題点を、予め担当の建築士の方へお伝えし、
間取りの設計は、建築士の方へ全面的にゆだねます。



2 内部空間の微調整


ろくろから器をおろして、窯に入れる前に
器を乾燥させる時間があります。


この間に、器の形に微調整をくわえたり、
絵や柄を彫りこんで込んでいくなどの段階があります。


この段階が、住宅設計では、
たたき台となる図面が出来上ってから、実施設計に入る前までの、
内部空間の微調整を行っていく段階と考えます。






玄関、寝室、書斎など、一つの空間にフォーカスし、
その部屋の中で、快適に過ごせるように、
家具のレイアウトまで見据えて、
ドア、窓、壁、収納の位置に、微調整をくわえていきます。

 

 

住宅の構造に関わる部分なので、
担当建築士の方と意見交換をしながら進めていきます。​​​​​​​


この段階で、風水を取入れることにより、
内部の生活空間の動線や視線の流れがスムーズになり、
日々の生活を「心地よい」と感じる基礎ができあがります。



この段階では、もう間取りの大きな変更のご提案は行いません。


器の形が出来上っている段階で、土も固くなっていますので、
ここで、間取をちょっと動かすと、
全体の形が崩れてしまう可能性があるからです。


3 仕上げと彩り


窯から出した、焼きあがった器に、色や柄などをつけて、
作品を仕上げる段階があります。


この段階が、住宅設計では、
建築確認申請後の住宅のフレームが確定した後から、
新居へ入居するまでの段階と考えます。



内装の色や柄を決め、
家具を選び、購入して、配置をしていくことを行います。





住宅の「内部環境」は、毎日の暮らしの中に溶け込み、
私たちの脳や心理に、無意識レベルで働かきかける「情報」です。


内装の色から得る心理的影響
家具の素材や波動による感覚的影響などにも
陰陽五行の哲学を取入れることで、
調和のとれた空間づくりをめざします。


また、内部環境の骨格となる家具のレイアウトに加え、
家具や家電の高さが身長に合っているかどうかも
使い心地に大きく関わります。


これまでの環境工学的な視点に加え
人間工学的な視点からのアプローチを
より積極的に行っていく段階です。



この段階での風水鑑定は、
人が環境からダイレクト受け取る「情報の質」にフォーカスします。


できるだけ質の良いエネルギーを
無意識レベルで受け取ることのできるよう
植物や良質の天然素材などを取入れながら、環境づくりを行います。


この段階は、土地や住宅の購入価格ほどではありませんが、
10年以上長く愛用する比較的高額な商品の購入のタイミングでもあります。



もし間違った選択をした場合、
労力やコスト面など、失敗したときのリスクが大きい状況です。


慎重にコンセプトの設計を行い、
満足度の高いインテリアになるよう
琉球風水鑑定結果をフル活用し、サポートさせていただきます。



このように、住宅設計のそれぞれの段階に応じて
周辺環境や自然と調和した住環境づくり、
人の動きが自然で快適にできるための形づくり、
人の心が調和して、安心感のある空間づくりを
行っていくのが、新築住宅設計の琉球風水鑑定です。



なんとなく、住宅設計の段階と、
風水でご提案できることのイメージを
おつかみいただけたでしょうか。


以上の3つの段階が、
住宅の、主に『骨格』に関わる風水鑑定です。


風水術にも、様々な種類がありますが、
琉球風水は形から生じる氣の流れを整えることを最も得意とするので、
住宅の「骨格づくり」に一番の効力を発揮します。



一方、「すでに住宅を作ってしまってから、
風水を良くするには、どのようにしたらよいでしょうか。」
というお問合せも、多くいただきます。



というか、こちらのご質問のほうが多いかもしれません。


コストをあまりかけずに、初心者の方でも、簡単にすぐにできることであれば、
掃除、片づけ、ファブリックの新調や、
ディスプレイに風水のエッセンスを取入れることから
風水のあるライフスタイルをスタートすることができます。


もう少し本格的に風水を取入れたいということであれば、
住宅をご購入された後でも、
骨格づくりに関わる風水で、実践できることがあります。



上記にあげた住宅設計の第3段階の、「仕上げと彩り」
の部分です。


これも、ご要望に応じて風水提案を行います。


壁紙や床材を変えたい
カーテンを変えたい
家具を買い替えたい


インテリアを大きく変えるタイミングであれば、
ご要望とご予算に応じたご提案を行います。


また、特に買い替えのご予定がなくても、
自宅を風水鑑定で詳細に分析して、
枕の向き、机の向きを可能な範囲で配置を整え、
吉方位の運氣を取込めるようにしてほしい。



このようなご要望にも、ご対応しております。


先日、この最後にあげたご要望で、
新築されたばかりの住宅の鑑定を行いました。


当然ですが、新築なので、
住宅のフレームや間取りを変えない範囲で、
風水がよくなる提案をしてほしいとのことでした。


書斎にいるお時間が長いとのことで、
「吉方位の運氣を取込み、部屋に入るのがワクワクする、
長居したくなる書斎」をテーマにして、
琉球風水による書斎改造計画をご提案しました。



吉方位に向き、吉方位にデスクを配置して、
安心感があり集中力があがるようなデスクレイアウトをご提案。


エアコンの風が健康に悪く影響しないようエアコンの位置の変更、
空間の氣を圧迫していた背が高く奥行の深い家具の撤去の提案、
ディスプレイを楽しめる腰高の家具の提案を行っています。



風水鑑定をご依頼される方の多くが、
経営者の方々です。


仕事をする場の環境は、事業の存続にかかわりますので、
重視されている方も多いのではないでしょうか。


日本経済を牽引する経営者の皆さまが、
少しでも良い環境で仕事ができるよう
風水師として力になりたい。


そんな思いで、仕事をさせていただきました。
琉球風水の知恵が、お役に立つことができれば幸いです。


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
心より感謝をこめて。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

琉球風水師 横川明子

まずは、無料メールセミナーと住宅設計に関する新聞連載コラムをお楽しみくださいませ。

9日間無料メールセミナー&住宅全部屋の風水設計ポイントがわかるPDFプレゼントは、こちらからどうぞ。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
旧暦新年あけましておめでとうございます。
琉球風水師、横川明子です。


1月28日土曜日。
午前9時8分に、みずがめ座の新月を迎えました。
太陰暦での新年のスタートです。


今年は、私にとって、スクールの新事業
「陰陽五行インテリア風水」の新コースの開催がスタートします。


今日は、新年の快調なスタートアップに是非役立てて頂きたい、
心の内側が整う『陰と陽が調和するインテリアのつくり方』
をお伝えしたいと思います。



「心が穏やかになり、安心できる空間で毎日を過ごしたい。」


美しくてラグジュリアスな空間であっても、
落ち着かない、安心できないという場所がありますよね。


日本は経済的に裕福な国となり、手に入る物の品質も
昔と比べるとずいぶんと成熟してきました。


何でも手に入る時代であり、
また、欲しいものが見つからない時代でもあります。
目に見える物質の世界は豊かになりました。


一方で、その存在の形を目で見ることのできない、
心の調和や安心感のある暮らしなどを
手にいれることは難しいですよね。


お金では買えるものではありません。
そのための知識や技術も、
普及していなからだと思います。


私たちを取り囲む環境は、人の脳や心理に働きかけていきます。
人は、無意識レベルで、環境から情報を受け取り、
脳や心理に刷り込まれていきます。



環境は、私たちの思考や人格にまで、影響をあたえています。
毎日長い時間を過ごす空間の環境から受け取る情報が、
未来の自分を創りあげています。


デザイン性の美しさに加え、
心が調和した安心感を得られる空間の手に入れることも、
人生をよりよく生きるための重要な選択肢ではないでしょうか。



子供の頃、どのような空間が好きでしたか。
居心地の悪い空間は、どのような空間でしたか。


それぞれの空間をイメージした時、
どんな色、どんな匂いですか。


そして、今、どのようなお気持ちになりましたか。


そう、私たちは、空間の氣を五感で感じ取っていて、
その感情を記憶しています。



明るく、ボジティブな色、いい香りがイメージできたらなら、
その空間は大好きな空間で、そこにいると、活力がわいてきて、
思考や行動も自然とポジティブになりませんでしたか。


一方、居心地の悪い空間をイメージすると、
暗くて、空気も淀んでいて、嫌な臭いがして、
やる気をそがれ、気持ちも暗くなり、
できるだけそこにいたくないと思ったかもしれません。


空間を貫く「氣」の流れを整えると、
調和のとれた空間ができあがります。


琉球風水は形から生じる氣の流れを重視するため、
住宅の間取り設計や、家具のレイアウトを
適切に整えることを得意とする風水です。


さらに、もう一つ、氣の調和をとるために
効果的な方法があります。



それは、インテリアの色や素材を見て、
陰陽のバランスをとることにより、
心が穏やかになり、安心感のある空間を作ることができます。



「心地よい空間は、感覚的にはわかる」という方も
多いかもしれません。
しかし、ゼロから意図的につくのは、難しい。。。というケースが多いと思います。


琉球風水が心地よい空間づくりを可能にするは、
陰陽説、五行説といった風水理論をふまえた上で、
自然界の調和をとる法則を、現代住宅に当てはめているからです。


しっかりした理論がバックグラウンドにあるため、
再現性があります。


こちらは、琉球風水の陰陽方位鑑定図面です。



 
新築で1枚目の設計図ができあがる前であれば、
陽の空間であるパブリック空間を陽の方位の南側に、
陰の空間であるプライベート空間を陰の方位の北側に
敷地のもっている性質をふまえながら
可能な限り空間と方位の相性がよくなるよう
ゾーニングします。


設計図面が出来上った後や、既存住宅の場合には、
インテリアの陰陽の調和をとるのに、
この陰陽方位鑑定が絶大な威力を発揮します。


一般的な風水術で、八方位の運勢アップを目的として五行の調和させる方法は、
空間に楽しみと彩りを与え、ポイント的に取り入れるのに適しています。


一方、陰陽方位鑑定により、空間の陰陽バランスを整えると
目に見えない心地よさや安心感を作り出ます。


「心が穏やかになり、家族の関係がよくなりました」
「空間の調和が取れてきたことで、心の内側も調和がとれてきました」
「家が好きになり、ずっといたいと思うようになりました」



調和のとれた空間をつくることは、
心の安定、家族の安心へとつながっていきます。


今日は旧暦の元旦。
2017年がスタートするとき。


今年は、一白水星が中宮に入り
水の氣の勢いが強い年ということで、
昨年末のセミナーや新年の新聞コラムでも、
水の氣を司る「寝室」の氣の流れにフォーカスしてきました。






寝室が陰の空間だから、インテリアの全てに、
陰の要素を合わせるということが正解ではなく、
大事なのは、バランスをとることです



寝室の陰陽バランスは、陰6、陽4くらいの比率が目安です。


寝室は、静かに過ごす陰の空間で、
陰の方位である北側と相性が良い空間です。


寝室が北側にある場合には、
太陽の光も穏やかで、落ち着きのある陰の氣が
すでに宿っています。


陰性に偏っている空間のインテリアに、
黒、グレーなどを多用すると、
陰気の強すぎて、バランスが崩れます。


色を見る時は、
寒色(陰)、暖色(陽)
淡い(陰)、濃い(陽)
暗い(陰)、明るい(陽)


柄を見る時は、
小さい(陰)、大きい(陽)
地味(陰)、華やか(陽)
丸み(陰)、直線的(陽)


材質を見る時は、
ザラザラ(陰)、ツルツル(陽)
でこぼこ(陰)、なめらか(陽)
柔らかい(陰)、固い(陽)
ツヤ無し(陰)、ツヤツヤ(陽)


様々なパーツを陰陽に分類し、
全体でバランスをとります。


例えば、北側の寝室であれば、
家具、壁紙、カーテン、ベッドリネンなどを選ぶ際、


色で、
寒色(陰)
淡さ(陰)
明るさ(陽)


柄で、
大きい(陽)
地味(陰)
丸み(陰)


材質では、木製家具や綿素材を選ぶと、
ザラザラ(陰)
柔らかい(陰)
ツヤ無し(陰)


こんな風に、陰と陽を組み合わせて、バランスをみていきます。


これだと陰の要素が比較的多いので、
陽性の明るい色を広範囲に使ってみるなどして、
陰6、陽4くらいに整えていきます。


新築やリフォームでは、知識と技術の不足により
失敗のリスクを避けたい場合は、
プロの頭脳を借りるのが安全です。


自分でできるようになりたい方は、
理論と正しい方法論を知り、
実践と修正を繰り返し、感度を上げていくと良いでしょう。


是非、今年は寝室の氣に、フォーカスしてみてくださいね。
 
 
9日間無料メールセミナー&住宅全部屋の風水設計ポイントがわかるPDFプレゼントはこちら

メールマガジンにご登録いただくと、琉球風水オンライン動画講座が、特別価格でご購入できます。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

琉球風水師の横川 明子 (Akiko Yokokawa)​です。


1月11日、一並びな日ですね。

 

新しいことをはじめ、昇り竜の如く上昇していきたい。
そんな気分で今日を迎えています。

 

東京で風水の勉強をした後に、琉球風水に出会ったとき、直観的に感じたのは、以下の想いでした。

 

「世界に通用する風水が、日本で学べる」


人口70人の沖縄の離島の集落で、王朝時代の風水師の技を感じた時、1人でゾクゾク、ワクワクしていました。

 

『琉球風水を世界に発信したい。』

 

時間と空間から解放された、自由な学びの場づくりとなる琉球風水オンライン動画講義は、そのファーストステップです。

 

今日も、朝から続々とお申込みのメールが届き、何よりも、そこに書かれた皆様からの熱いメッセージに、新しいことが動き出す大きなエネルギーを感じています。

 

今回発売のオンライン動画講義については、ほんの数日前まで、「ようやくまとまった形で体系的なコンテンツを提供できるようなったので、動画を見てもらうことで、家造りに役立ててほしい。」このような、シンプルな想いで、発売しました。

 

しかし、お申込みいただいた皆様のメッセージに、心が動かされ、瞑想中に様々なアイデアが降りてきています。


コンテンツの質をもっと高くして、1人でも多くの人に、琉球風水の知恵をより深く学びとって、人生に役立ててほしい。

 

コンテンツが充実していることは、重要なことですが、量が多いのと、聞いたこともないような専門用語もでてきますから、挫折してしまうことがないよう、サポートできる仕組みを提供したい。

 

そこで、段階的にメールをお送りして、課題の設定などをさせて頂くうえ、無制限メールサポートが、1ヵ月無料のサービスを追加させていただきました。

 

さらに、サポートシステムとして、専用コミュニティも開設したいと思います。


1週間単位、1カ月単位で、テーマを決めて、課題を出しますので、専用コミュニティでアプトプットをできる場をつくりたいと思います。

 

同じテーマで進んでいきますので、同じことで、なやんだり、まよったりするかもしれません。
そんな時は、同期の仲間で助け合って、共有できれば、学びももっと楽しくなりますよね。

 

講義に関連する、全体的な質問に関しては、専用コミュニティでアドバイスしていきたいと思います。


明日までの新春特別企画の期間にお申込みいただいた方は、オンライン動画講座第1期生として、一緒に学んでいきましょう。

 

年に一度は、沖縄でリアルな講義を一緒に受講したり、聖地巡りなどを一緒できるような企画も、今後は考えていきたいと思います。

 

琉球風水オンライン動画講義の受講生は、北海道から沖縄まで、全国に受講生がいます。

琉球風水を学ぶという、同じ志をもつ仲間とのつながりも是非楽しみになさってください。

 

そして、いつか、沖縄で一緒に学び、一緒に風水を体感しましょう。

 

風水の良い住環境は、あなたの心の調和をサポートします。調和のとれた心は、周りの人に笑顔と幸せをもたらします。

 

セミナーをご受講いただいた、経営コンサルタントの親川政明さんのインタビュー映像です。

 

1208-万国津梁館-親川さんインタビュー from Akiko Yokokawa on Vimeo.


特別割引価格は、明日、12日木曜日、満月の日の24:00まで。

 

明後日以降は、通常価格での販売となり、価格が2倍になります。


2017年、琉球風水で住環境を快適にしたい方は、今のうちにお申込みくださいませ。お申し込み、心よりお待ちしております。


琉球風水オンライン動画講義の詳細とお申込みはこちらです。

いいね!した人  |  リブログ(0)