こんにちはー!カウンセラーの井上ですおねがい

花粉症歴10数年の私ですが、近年素敵な病院に出会い、
自分に合ったお薬を処方してもらうようになってから、花粉症を忘れるぐらい快適な春を過ごしていますグッ

春は、桜味や匂いの食べ物やグッズが発売され、それが私の一番好きな味です!!
桜味のチョコやケーキ、アイスが大大大好物で桜味の食べ物を食べれるから春が大好きと言っても過言ではないほど愛していますチュー
もちろん、春の気候や人の表情や雰囲気も大好きですが・・・・

(パリの桜)

そして、気になるのがフランスの花粉情報・・・

実際私が、2月、3月、4月、5月と花粉時期をフランスで過ごしましたが、実はひっとつも症状がでなかったのですびっくり
というか症状が出なすぎて花粉症ということを忘れていたのです!
そして、3月に旅行でロンドンを訪れた時に、電車で着いた瞬間からムズムズ
目がかゆい、頭痛い、鼻水止まらない、ぼーっとする・・・
風邪かな?と最初は思っていたのですが、ふと花粉症を思い出し、まさにロンドンの花粉にやられたのですえーんえーん
しかも、症状は日本にいる時よりひどく倒れてしまいそうなほど辛かった思いでがありますショボーン

なので、私の個人的な結論から申し上げるとフランスに行く時花粉症はあまり気にしなくて良い!拍手拍手

(春の空気の中、この余裕の表情です!)

 

だが!よくよく調べてみるとフランスにも花粉症となるものがあるようです。

フランスで多い花粉症は、西洋ヒノキ、トネリコ。
その他もブタクサやヒマラヤ杉などもあるみたいですが、私が杉とヒノキの花粉症なので運よく反応しなかっただけかもしれません!

フランス語で花粉は、 pollenです。

私、花粉症ですというセリフは、Je suis allergique au pollen.

海外の方は、あまりマスクをしないので、もし海外で花粉症の症状が出てもあまりお勧めはしませんパー

 

では、abientot!

 


 

 

AD