• 14Mar
    • 三軒茶屋「ラルテ」にて、マスコミ女性の会

      年に2回開催しているマスコミ女性の仲良し会。「え?息子さんの勤めてる店?ピザの名店でやるんじゃなかったの?」「だから~~。息子がピザの名店に勤めてるの!」というわけで、今回は三軒茶屋まで行ってきました。美味しかったわ~~。また食べに行きたい!飲みに行きたい!(ワインも素敵だった~~♪)でも「息子さんに迷惑かかるとイケナイからきょうこちゃんが飲みすぎないように見張ってるね!」って、何人も名乗り出るのはやめてほしいな(笑)

      13
      テーマ:
  • 08Mar
    • 7月と8月の聖母、下絵出来ました。

      7月は早くから構想が固まっていたのですが8月の方がなかなか出来あがらずに、焦りまくっておりました。何とか、2枚。構図もポーズも決まりました!8月は聖母マリア被昇天の月。聖母の被昇天(せいぼのひしょうてん)とはカトリック教会の用語。聖母マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという信仰、あるいはその出来事を記念する祝日(8月15日)のことです。1950年、当時のローマ教皇ピオ12世のエクス・カテドラ宣言によって正式に教義とされました。昇天ではなくて、被昇天、とされているのは元々が天上の存在であるイエス様とちがって、人間であるマリア様なので、神様のお力によって「天にあげられた」と、されているためだそうです。(自分じゃ、あがれないってことですかね。それで天使たちに運ばれてるとか雲に乗って昇る絵とかが多いのかな)そして人生の終わりに・・・ということなので年齢もある程度いっていたでしょうしもちろん、お母様になられて以降の話ですから・・・少女の姿で描くのはいかがなものか。という意見もあるのですが。私は、少女の面差しのマリア様をこの被昇天の月に向日葵と一緒に描きたかったので描いちゃいました。着物の柄は、これから考えます。

      4
      テーマ:
  • 07Mar
    • あれも描かなくちゃ、これも描かなくちゃ。

      下の段の左から、7月の聖母~12月の聖母。下書き制作ちう。実況。7月のスイレンの聖母はポーズ決定ですが8月のひまわりの聖母は、ポーズ大幅に変えるかも。被昇天の月だから、上を向いた形にしたいとは思っています。ツインテ―ル(って言っていいのか?)は変えないつもり。

      3
      テーマ:
  • 24Feb
    • 3月納品の授乳美人、完成。

      私は、フェミニンな絵柄が好きです。カジュアルな服着てらしたモデルさんを前にしても、なぜか、ドレス着たモデルさんの姿が浮かんでくるの。しかも花しょって(少女マンガ出身のせいかな)遠景のお花畑が浮かぶこともあるしアールデコ調の模様や縁取りが浮かぶこともあります。たまに猫さんが登場することもあります。(犬派の依頼主さんの絵なのにです?!)こちらは、同じ水彩画でも白黒印刷にして使います。じつは白黒印刷にする方の仕事に使わせていただこうかなと思いながら、着色しました。こうして見ると・・・作業時間も長いが色々考えている時間がものすごく長い。ぼんやりして失敗が多いわけだ(笑)「絵を描いていて、一番苦労することは何ですか」とインタビュー受けたことがあります。私の答えはこちら。「日常生活」他の絵描きさんも、そんな感じの人多いんじゃないかな。

      5
      テーマ:
  • 14Feb
    • カレンダー。季節の色を確認しながら進行ちう。

      絵ハガキのつもりでしていた作業ですがけっきょくカレンダーに変更。カレンダーの場合はこの花はこの季節、というイメージが崩せません。春の花なのに、11月に載せたり出来ないわけです。でも実際は、ほとんどの花が1年中で回っていたり園芸品種は、露地物の季節より早く流通するため、一般の人が感じる季節感とは結構ずれていることが多い・・・そのへんの現実と一般の人の感覚、バランスをとりながらそして同じ色味が連続しないよう、工夫しながらの作業になります。元になるスケッチがない場合は、撮影しに行ったり切り花を買って来て描いたりもします。だから一日中、頭の中が花でいっぱいなことが多い・・・ボケた頭がなおさらボケて日常生活が大変です。そんな時、つおい味方になるのがこれ。何かと言いますと・・・下絵の縮小コピーです。これで、1年間の流れや強弱濃淡、構図のバランスを想定してから、色を決めることが出来ます。変更や修正もシュミレーション出来ます。電車の中とか何かの待ち時間にも手もとで検討できる。で、書斎に戻ったら、見比べながらの着彩が開始できるわけ。創作は楽しいのですが早くメドをつけないと確定申告が終わってしまう・・・

      9
      テーマ:
  • 13Feb
    • 暖炉のある海辺のレストランと言えば。

      すっかり酒ブログさぼってました。すみません。ラ・マ―レ・ド・チャヤ葉山の海岸に建つレストラン。酒豪の友と行ってきましたよ。シャンパンで乾杯後「グラス?無駄ムダ」「私たちには無駄よね~」と笑いながら白ワインのボトルを。2階でゆ~くりランチをいただいてから1階のカフェバーに降りて暖炉の前でチーズとジントニック。「おお。合うわね。」「合う合う。」バルコニー側の席が空いたのでそちらに移動し、また白ワインを頼むことに。「う~ん。グラス?」「いや、無駄でしょ」「そうね、無駄ムダ」そしてメニューを見ながら酒の肴協議。「私タコ好きなんです!」「私も~~」全会一致で三浦たこのマリネを選出。「好みが似てる~~」「ペースもおんなじ~」「ノンストレスだわ~」「私も~~」酒と食べ物の話。激しく意気投合。雨の葉山海岸。そんなこんなで、女ふたり。飲み続けていたのでありました。

      1
      テーマ:
  • 11Feb
    • 花と聖母のシリーズ、6カ月分並べて微調整。

      花の描き方、統一しました。私は群生した小花系が好きです。そのせいかな?「きょうこちゃんて、草くさした花が好きなのね」と言われたことがあります。そうなの。わさわさと自然に「生えてる」ところを描くのが好きです。でも、植物はお日さまに合わせて動くので急がないと午前と午後では、向きが変わる。雲がかかると陰影違ってくるし日差しの強さも、落ちる影の形も刻々と姿を変える・・・それに風の強い日はメチャそよぐ。この日を逃したら、つぼみが咲いてしまうとか午後にはしぼむなとか明日散りそうとかもうこの日しかない!という時は、けっこう風吹いてても描きますが茎から枝から揺れるので描きにくいったらありゃしない(笑)そしてその植物スケッチをそのまま配置するわけではなくて意匠化?みたなことをしてから画面に入れます。苦しい作業がつづくことが多いのですがどうやって描こうあそこはもう少しこうした方がいいんじゃないか思い切って違う花に変えてみようかそんなことばかり考えているのは楽しいです。

      1
      テーマ:
  • 04Feb
  • 01Feb
    • 3月の聖母、版下制作ちう。

      下が、背景の縁取りだけ描いた絵。上が、花と聖母の着物の柄だけ鉛筆描きの途中。(右に見えるのが、濃淡いろいろ8Bまでの鉛筆)桜は、むつかしい・・・

      2
      テーマ:
  • 28Jan
  • 27Jan
    • 1月の聖母、完成。

      やばい。1月が終わってしまう~。けっきょく、5枚、違う色を塗ってこちらに落ち着きました。とても気に入っています。

      1
      テーマ:
  • 25Jan
    • ふたりの授乳美人

      昨年依頼の授乳美人制作ちう。実は、同じモデルさん。ポーズや表情で違う人に見えます。これから細部に取りかかります。

      4
      テーマ:
  • 19Jan
    • 1月の聖母、8回目の描き直し

      修正は3箇所。イエス様の髪型を横分けに(一番最初の版下と同じ)マリア様の表情(これが一番気に入っています)マリア様の着物の柄。当初は十字架の幾何学模様だったのですが違う柄にしたくて思考錯誤。雪輪や、梅も考えたけれどけっきょくこうなりました。地味すぎても変だし無地ばかりでも変。あまり世俗的な柄でも合わないけれど西洋風ではなく、東洋風(和風)にはしたい。これは十二単ですが江戸の帯付き姿や室町の小袖姿など色々なマリア様を描いているところです。

      1
      テーマ:
  • 17Jan
    • 聖歌隊員募集ポスター用原画

      カトリック雪ノ下教会聖歌隊隊員募集!ポスター用原画、かんせい。ぱちぱちぱち(自分で拍手)塗りたてなので曲がっております。乾かして重し、のせないと。え?重しは、何を使うって?それはもう・・・聖書しかないっしょ(笑)

      1
      テーマ:
  • 16Jan
    • 聖歌隊募集ポスター、作成ちう。

      下絵は6月の聖母ですが、デザインも変えて周りに装飾(百合)をたくさん配置しています。その上に活字がのるように(ポスターだから)印刷のサイズを考えていつもより大きい紙に描いていきます。カトリック雪ノ下聖歌隊のブログはこちら。春の募集に間に合わせたい・・・。

      1
      テーマ:
    • 1月の聖母、彩色開始。

      版下をなんで5回描き直したのかよく考えてみると。花の角度が気に入らなかった↓変えてみた↓バランス上、装飾窓の細部を変えることに↓背景はひとまず満足↓表情が少し違うかもと思い始めた↓手直ししてみた↓やっぱり違うかも↓いや、これも違うかも↓いやいや、いちばん最初のがいいかも↓いちばん最初の表情で、でも少し変えたいかも↓やってみた↓できた!(バンザイ)次の問題は色です・・・。

      3
      テーマ:
  • 15Jan
    • 授乳美人、注文方法

      ●お申込み方法1.メールにて、以下の「注文申込みフォーム」からお申し込みください。2.授乳写真が到着した時点で、こちらから確認のお電話をさせていただきます。(連絡がつかない場合は制作をスタートできず、ご注文をお受けできなくなったり、仕上がりの日程が延びる可能性があります。)3.完成後、「作品を写真撮影した画像」をメールでお送りいたします。仕上がりにご満足いただけましたら、10日以内に以下の「おっぱい基金」の口座にお振込ください。ゆうちょ銀行 普通口座 10260-54530151 ・母乳110番への寄付金の口座です。領収書は特にお出ししていません(振込のレシートをお使いください)が、ご要り用の場合はお知らせください。①額装なし(原画のみ)  … 1万円  *現在こちらは受け付けていません②額装あり(原画と額縁) … 1万5千円(額縁のデザインはお任せください。)4.お振込が確認できしだい、宅配便にて発送いたします。・お振込が確認できない場合は、絵をお送りすることができず、母乳110番のものになってしまいますので、ご注意ください。(使わせていただくことがあります)5.お申込み時期によっては、1カ月以上お待たせすることがあります。お待たせしているうちに赤ちゃんらしい面影で描いて欲しかったのにおとなびてきたり、(子どもの成長は早いですよね!)身長がぐんと伸びたりしますので、思い立った時にお写真を撮っておくことをお薦めします。6.展覧会などで実際に絵を見ることができます。毎年ではありませんが、時々開催しています。2016年、東京での展覧会の様子

      5
      テーマ:
    • 授乳美人、よくある質問

      ●「授乳美人」って、どんな絵?・画材・・・鉛筆と、透明水彩絵の具による作品です。・サイズ・・・127×178mm、2Lサイズ(マット内寸102×152mm)●いつ頃、出来あがりますか?・制作日数は、お写真をお送りいただいてから、約1ヶ月です。(お急ぎの場合は、ご相談ください)注文→写真発送→写真到着確認の電話→制作スタート→約1カ月で完成→作品の写真メール届く→お振込確認→宅配便にて発送→作品到着●どんな写真を送ればいいですか?・ 体のラインがわかる薄着でのお写真が、描きやすいです。(着衣の絵のみお引き受けしています。) ・ 横に置いた荷物や家具などで体の線が途切れて見えないお写真は、描きにくいですが、もし、そのお写真しかない場合はご相談ください。 ・ 歯が見える笑顔よりも、少し微笑んでいる表情のほうが、絵画に向いています。 ・ 授乳中、ママはお子さんを見つめて下を向くために、ママの表情がよく見えない写真がありますがよい雰囲気の絵になる場合もあります。そうしたお写真も候補に入れてお送りください。●どんな人が描いているの?・母乳110番の相談員で代表イラストレーターの竹中恭子(画号、武蔵野つきこ)が描いています。*「授乳美人を描くようになったわけ」●どんな形で届きますか?ラッピングはしてもらえますか?・ガラスが入った額ぶちに入れますので、パッキングしてこわれ物注意の宅配便でお送りしています。ラッピングというほどのことは出来ませんが、白い箱に入っています。・画歴のカードと母乳110番のパンフレット、ご寄付に対するお礼状が同封されています。●プレゼントにしたいのですが、可能ですか?・可能です。申し込みの際の備考欄にプレゼント希望、贈り先様のお名前とご住所をお書きください。注文方法はこちらです。

      テーマ:
    • 授乳美人と母乳110番

      授乳美人をご注文いただくとお振込いただいた金額の約半分(経費を除いた分)が母乳110番の活動資金「おっぱい基金」になります。おっぱい基金相談の電話代などの通信費相談員の研修・育成費相談員の交通費保育ボランティア費事務所の家賃・管理費資料、パンフレットなどの印刷費などに使われています。授乳美人って?注文方法はこちら。よくある質問はこちらです。

      テーマ:
    • 授乳美人は、授乳記念の絵画です

      お子さんに授乳している時の美しさを記念に残してみませんか?写真も素敵ですが絵画の場合、お部屋に飾ったりプレゼントに使ったりしやすい面があります。また、お好きな衣装や背景を使ったり他のご家族と一緒のところを合成したり創作することも可能です。経費をのぞいた金額(半分)が母乳110番への寄付になります。お申込み方法は、こちらをご覧ください。

      テーマ:

竹中恭子の書籍紹介





紙版
おっぱいとだっこ』(PHPプリントオンデマンドに移動します)
竹中恭子 著
村上麻里 監修
発行 PHP研究所(PHPオンデマンド)
税込価格 2.052円

<本の紹介>
ロングセラー母乳育児本といえばこれ。
授乳トラブル解決法、気持ちいい「だっこ」のコツ、離乳食のレシピ……。
初めての出産でも大丈夫、母乳育児の本当のよさを伝える
赤ちゃんとお母さんのための安心の育児書
旧版と新版の違いはこちら

だから、生まれてきた。


だから、生まれてきた。 (Amazonへ移動します)
宇佐美百合子 著
竹中恭子 絵
発行 二見書房
税込価格 1,155円(本体価格 1,100円)

<本の紹介>
赤ちゃんと花の絵が出産祝いにぴったり
ママをいっぱい愛するために。赤ちゃんとママがしあわせになる16のメッセージ。
紹介記事はこちら


電子版
おっぱいとだっこ (Yahoo!へ移動します)
竹中恭子 著
村上麻里 監修
発行 PHP研究所(PHP電子)
価格 1,200円くらい(ストアによって違います)













Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。