2008年04月30日(水) 11時37分38秒

でも、基本的には「優しいヤツ」なの…

テーマ:ヒメウズラの日常記
前回の記事で、結構怖い事を書きましたが 実際多頭飼いの家では 起っているので…
ヒメウズラの見てくれに騙されちゃぁいけないよ。と言うお話でした。
(検索すればいくらでも画像が出てきますよ…あせる)

さて…そうは言っても、ヒメウズラは ストレスのない環境では
他の種の小鳥と同じで 優しいです。
人に馴れていると、飼い主が凹んでいる時は「なあに?げんきないの?」って感じで
顔をのぞき込んだり、甘えたり、くつろいだり。通常より、サービスが良いです。

もちろん、微熱がある時などは「今日のこいつ、あったけぇ~♪」と、思っているだけかも知れませんけどね。

ひまま・ねむいの…
抱っこした時、うとうとするのは ひままと弟のスズPだけ…

ひままんひままん ひ~ま~ま♪(゚∀゚)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月24日(木) 19時25分25秒

彼らが「獣」だと言う事を、忘れてはならない…

テーマ:ヒメウズラのブログ
見た目の愛らしさとは裏腹に、ヒメウズラの性格はえげつない。
集団飼育の場合、異種同部屋飼育の場合も 自分よりでっかい相手にもケンカを売る。
小さい相手には容赦しない…本当はそんな鳥。

だから、複数飼育する場合「1羽1ケージ」用意出来ない場合は それなりのリスクを覚悟して欲しい。
ペア飼いの場合でも、ある日突然片方がボコボコにされる事も 珍しくないのです…
(ヒメウズラはハーレム飼いは稀で、1夫1婦制でOK。複数の雌を奥さんにしても 大概は本命の奥さんを決めてしまう傾向にあります)

DVを働いた仔が、更正する事は稀で 大概は何度でも相手をハゲにします。
(もちろん、ラブラブに戻るペアもありますが…もう その仔の性格次第としか言いようがないのです)

ハゲで済めばいいです…狭い場所にたくさん押し込んだ場合、殺してしまう事すらあります。
人間でも、狭い場所に大人数の生活(家族ならまだしも…)は 大きなストレスです。
しかし 人には理性があります。うずらには、そんなのありません。
ストレスが溜まれば、本能で「減らしにかかる」のかも知れません。

では、どの位の広さなら…と言っても そこそこの小屋でも、羽抜きDVはあるようです。
(ペットショップを何軒か見て回った時、広いケージで床が土のお店でも ハゲの仔を見ました…)

当家のヒメウズラも、今は白妙&茉花が同居しているが あとは1羽ずつ…
やはり 広いケージの仔は、のびのびしている感じです。
一番広い家のスカちゃんは、大きな衣装ケース(約55×40×30cm)です。
彼は滅多にジャンプしないので 高さ30cmで何とかなっています。

一番飼いやすいと感じたのは、メタルラックに作りつけ・天井にスポンジ座布団・ドアは前面…です。
1段 約75×40×60cmを2つに仕切って、1部屋に最大1ペア。
高さが60cmの部屋では 雌がジャンプしても怪我した事ありません…
あ、各部屋に「風呂場」も お忘れ無く…あせる

ウズラ部屋  これは高さ45cmのお部屋です。

床については、こちらの記事 をご覧下さい。

ちなみに、当家は「ハゲ禁止」なので ハゲさせたら別居。
白マカの時に、1度白ちゃんが怪我しましたが すぐに隔離しました。
なので 血みどろの惨状は、経験した事がありません…

でも、知り合いの話で 怖い事件を色々伺っております…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ヒメウズラの怖い話…は嫌だ(-_-;)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年04月12日(土) 16時15分33秒

近親交配の危険性。

テーマ:ヒメウズラのブログ
メインサイトの記事ですが、こちらにもUPいたします。

最近、ヒメウズラも市民権を得てきたのか 飼育されている方が増えてきました。しかし…セキセイインコや文鳥、鶏などは ある程度の近親交配でも 大丈夫な為(それでも、問題は起ると思っていますが…)
ヒメウズラも大丈夫。と、安易にペア組したり、分譲したり と言う現象が見られます。

私が飼育する以前から、大手の掲示板等で「うずら類は、近親交配に弱い」と書かれているのに
根拠がないと思われているのか、軽く受け取られがちです。

良く検索してみるとわかります。複数の掲示板で、ダルちゃん(2005~2006年にヒメウズラの色変わり研究などされた方)が危険な事を指摘しています。
ダルちゃん自身が、色変わり研究や遺伝の研究をしている知り合い等から得た情報なのです。でまかせを言っているのではありません。


●近親交配させるとどうなるか
まず孵化率が低くなります。誕生しても、小さく弱い仔が多く、奇形も出やすくなります。もちろん足の立たない仔も多いです。問題なく誕生しても、10日経たないうちに突然死したり
大人になる以前に亡くなる場合が多いようです。
(近親交配でなくとも、温度不足、温度むら、湿度調整不良で 奇形や弱い仔が生まれますが孵化率等で、明らかに違いはあります)


●血縁がかぶって良い限界は
ダルちゃんのお話では、25%と言われています。祖母・祖父×孫…が可能と考えて良いでしょう。
それも他では血縁でない事が必須となります。
その25%も、その先で近親交配させては台無しです。


!同一のブリーダー(または個人)から、分譲を受ける場合 血統管理されているか確認を!

!特にオークションで入手した個体は、出所が同じ可能性があります。
 遠縁なら問題有りませんが、近親にならないよう 注意して下さい。

~最近の様子~
甘えっ仔・スズP ひまわり・2歳
スズP、相変わらず 私にだけ馴れ馴れ。ひまわり、2歳になりました♪

ペアになっちゃった場合は孵化させないでね!(゚∀゚)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月05日(土) 10時58分24秒

皮付きエサ、ムキエサについて。(私の見解)

テーマ:ヒメウズラのブログ

時々「ウズラは皮を消化できないので、ムキエサが良い」という意見を見かけます。
それを勧めたのは誰か…と言うと、大概は「ペットショップ」なのです。
鳥専門医の多くは、皮付きエサを勧めるし 皮を剥く事もままならない弱った仔以外に
ムキエサを勧めるなど、聞いた事がありません。

皮付きエサとムキエサの大きな違いは、生きたエサか死んだエサ。
皮付きエサは そのまま土に撒くと発芽します。
ムキエサは当然発芽しません。

また栄養価も違い、当然皮付きエサの方が優れています。
一般的な小鳥も、両方与えた場合 皮付きエサを好む鳥がほとんどです。
(うずらなどキジ科の鳥は、丸飲みです。剥いて食べません)

では、なぜ「ムキエサ」を 勧めるのでしょう?
勧めるからには 無意味ではないと思うので、私の考えを述べてみます。
個人の意見ですので、必ずしも 正しいとは限りませんので ご了承願います。

ペットショップなどで、たくさんの鳥の世話をする場合
ごみが多く出て 食べているかどうか、一目で分からない皮付きエサは
管理の面で 不都合が生じ、どうしてもムキエサに頼らざるを得ないと思うのです。

またショップが皮付きエサを与えた場合、買って帰ってから ムキエサを与えると
エサを食べない仔が 出てくるのでは…とも思います。
鳥にも味覚はありますから、美味しくないと思ったら なかなか食べてくれません。

しかし、ムキエサを与えられていた仔が 買って帰って、美味しい皮付きエサを与えられたら
喜んで食べるので それなら、店ではムキエサの方が無難なのかも?と思ったりもします。

もう1つ思うのは、ムキエサは傷むのが早い。
お店では、小分けして売られているし さほど神経質になる事もないのですが
ウズラの場合は「副食」に相当し、それがメインでない為 消費が遅いです。
余程たくさん飼育していない限り、美味しいうちに使い切らないかも知れません。
(お店は業務用のを使っても、すぐ無くなりますからね…)

ウズラの場合、どちらを好むか 実のところ謎です。
しかし「消化しないから…」と言う情報は、全ての環境でひとくくりに出来ないと思います。
自然界のウズラが、剥いた種子を選んで食べるでしょうか?
ウズラを始め、キジ科の鳥には そういった食物を消化する為に器官「砂肝」が備わっています。
ただ、それは 砂やボレーなどを食べないといけないので
お店のウズラや ケージ内に砂場がない家などでは、皮付きエサよりムキエサが良いのかも知れません。

ただ…我が家では ボレーをあまり食べないし。
砂じゃなくて、土を入れているのですが 皮付きエサを消化しない訳ではありません。

去年、コンパニオンバードで うずら特集がされた際も
記事内に「一般的に売られている砂は、内蔵を傷つける恐れがあるので チンチラ用などの細かい砂をお使い下さい」と書かれています。
最近のウズラには、砂肝の為に食べる砂も 普通のではアカンのかい?と
ツッ込みたくなる内容でしたが…実際、大多数の家では 普通の砂で大丈夫な訳です。

8歳以上生きた並ウズラさんが、細かい粒子の砂を使っていたなどと 聞いた覚えもありませんし
ヒメウズラ界で最高齢記録に近い、7歳半まで飼育された環境でも
そのような土で飼育した訳ではなく、普通の砂→後に 土(NNL) を使用されています。
もちろん、与えたシード類も 皮付きです。

もし、どちらか悩まれた場合は ご自身の家の環境を考え
採用されると良いでしょう…
でも、飼育数が1,2羽と 少ない場合は、皮付きエサでないと
食べきる前に 傷んじゃうと思います。何ヶ月も経った白米が美味しくないように…

ちなみに、我が家はキクスイさんの 玄赤ヒエ・玄赤アワ・玄赤キビ・玄白アワ・玄白キビ・カナリーシードを
単品で買ってブレンドしています。赤の方が好きな仔と、白い方が好きな子が居るのです…
ヒエが赤だけなのは、色の違いがあまり無いからとイマイチ不人気だからです…(^^;

(キクスイの赤エサは、着色ではなく そう言う種)


種子は生きている(゚∀゚)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。