あわせて読みたいブログパーツ

track feed カソウケンの科学どき技術どき
出版物・連載・依頼原稿テレビ・ラジオ出演
講演・講師賞歴・メディア紹介歴
■新刊
・ディスカヴァー 「科学との正しい付き合い方 疑うことから始めよう」  4月15日発売
■連載
・東京新聞 / 中日新聞 生活欄「おうちの科学」 毎週日曜日
(2010年4月~)
イミダス(携帯電話版) / 「科学しちゃうぞ!」 隔週火曜日
(2010年7月~)
・技術評論社 理系なおねえさんはアリですか?ー内田麻理香が聞いた理系な女性の理系な人生ー
(2009年8月~)
・JAグループ 家の光協会「ちゃぐりん」 まりか先生のおいしい実験
 (2009年5月~)監修・協力:グループ・コロンブス
・朝日新聞出版 「ジュニアエラ」 月刊図書館(書評)
 (2009年6月~)
■講師
・放送大学 教養学部「生活知と科学知('09)」  分担講師


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-02-25

ブログ,移転します

テーマ:お知らせ
ブログを移転します.移転先はKASOKEN satellite になります. まだ試行錯誤中ですが,よろしくお願いします.
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2011-02-14

Facebookページ作りました

テーマ:お知らせ
最近、Facebookが楽しいです。

そんなわけで、Facebookの自分のページ作りました。

Facebook | 内田麻理香:カソウケン

もし、既にお使いの方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
最近、こちらの更新はしていませんが、たぶんFacebookのほうに移行していくと思います。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2011-01-20

最近のお仕事一覧

テーマ:お知らせ
このところ、更新していなかったのでまとめて。抜けているのもあるかもしれません。

【テレビ出演】フジテレビ「ほこ×たて」  2011/01/17

【執筆】月刊 junior AERA (ジュニアエラ) 2011年 02月号
書評「内田麻理香の私の3冊」

【執筆】WEBRONZA+(朝日新聞) 2010/01/07
メレンゲの泡立ち

【座談会記事】婦人公論 2011年 1/22号
新春特別座談会 日本のエネルギー環境教育

【テレビ出演】フジテレビ「ほこ×たて」 2011/01/04

【テレビ出演】NHK教育「すイエんサー」 2011/01/01
お正月だよ!スペシャル

【インタビュー記事】プレジデントファミリー別冊「頭のいい子のお宅拝見!」 2011年1月号別冊
「頭のいい子の本棚拝見」のコーナー掲載

【講演】東京工業大学・東京大学 地球惑星グローバルCOEセミナー 2010/12/15
「社会への理解を目指す科学技術」

【監修】学研「りすうか」vol.2キッチンの理科
「強い粉」でつくる もちふわナン

【テレビ出演】NHK教育「すイエんサー」 2010/12/07
「必ず失敗するお料理キッチン!!茶わん蒸し」

【インタビュー記事】婦人公論 2010年 12/7号
「家庭も、電気も、目指すは"リサイクル名人"です」

【インタビュー記事】小学館 edu (エデュー) 2010年 12月号
「私が子どもにすすめた本」

【インタビュー記事】四谷大塚「Dream Navi」12月号
「本当に役立つ読書の話」

【執筆】 化学 2010年 12月号
巻頭エッセイ カガクへの視点 「わからない」感覚を理解する

【企画・運営・実行】対決!サイエンス大喜利@サイエンスアゴラ2010  2010/11/21

【ファシリテーター】科学の料理の仕方~メディアの仕掛け人が教える科学の特別レシピ@サイエンスアゴラ2010  2010/11/20

【テレビ出演】日本テレビ「情報ライブ:ミヤネ屋」 2011/11/17
プロテク」科学の力で楽チン台所術

【ラジオ出演】「くにまるジャパン」ラジオ白熱教室 2011/11/12
『キッチンサイエンス』

【インタビュー記事】 プレジデント Family (ファミリー) 2010年 12月号
「文系・理系の選択で親として子供にアドバイスできることは?」

【テレビ出演】フジテレビ 「新・週刊フジテレビ批評」 2010/10/16
テレビは理科離れを止められるか

【講師】キッズサイエンスカフェ in ふくいけんりつとしょかん  2010/10/09
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2011-01-10

あけましておめでとうございます

テーマ:ブログ

内田麻理香オフィシャルブログ「カソウケンの科学どき技術どき」Powered by Ameba

 お正月からかなり過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
こちら、東京・中日新聞で連載ですてきなイラストを毎回描いて下さっている、赤塚千賀子さんイラストの年賀状になります。いつも登場するねこ&内田です。

 昨年は皆様のご協力あってなんとか乗り切ることができました。今年もどうかよろしくお願いします!
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-11-11

「対決!サイエンス大喜利」

テーマ:お知らせ

内田麻理香オフィシャルブログ「カソウケンの科学どき技術どき」Powered by Ameba
11月21日(日)に開催します。
 「科学を伝える言葉は、どのように生まれる?!」 サイエンスコミュニケーションをエンターテインメントにできないか、という思いから生まれた、大喜利形式の「対決」イベント。
 限られた時間の中で、回答者が苦心する様子に、評者が鋭く突っ込みを入れる様子に、そして、御来場の皆様御自身も共に考え、採点して楽しめるイベントを作ってみようという試み、ぜひ、御参加ください。
 というわけで、サイエンスコミュニケーションに関する、少し(かなり?)チャレンジングな自主企画を作りました。以下を見ていただければおわかりの通り、豪華!!登壇者のみなさまにご協力いただけることになりました。

 そして、ご参加して頂ける方も回答者であり、採点者であります。ぜひご参加そして、ともに作っていただければと思います。

申込フォームはこちら になります。

ご参加、お待ちしております。

【企画概要】
対決!サイエンス大喜利

日時:
11月21日(日) 12:45~14:15
場所:
日本科学未来館 7階 会議室2
参加費:
無料
登壇者
  o 評者:
  菊池誠(大阪大学 サイバーメディアセンター教授)
  蛇蔵(コピーライター/漫画家;「日本人の知らない日本語」著者)
  o 回答者:
  + 永山國昭(生理学研究所教授;「サイエンスウィンドウ」編集委員長)
  + 元村有希子(毎日新聞;「理系白書」キャップ)
  + 吉戸智明(筑波大学計算科学研究センター広報室)
主催:
長神 風二(東北大学) 内田 麻理香(サイエンスコミュニケーター/カソウケン)

 うれしいことに、サイエンスアゴラ事務局のフライヤー(pdf) および「多関心層向け特集:アートでコラボ」 で取り上げていただきました。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-11-11

「科学の料理の仕方-メディアの仕掛け人が教える科学の特別レシピ」登壇

テーマ:お知らせ
11月20日(土)に開催されるサイエンスアゴラ2010 で、「科学の料理の仕方-メディアの仕掛け人が教える科学の特別レシピ」というイベントに登壇します。

サイエンスアゴラ2010:多関心層向け特集:アートでコラボ!
 科学雑誌や科学番組など、科学を気軽に楽しめるものには、楽しいと思わせる秘訣や料理の特別レシピがあるはず!
 「飛び出せ!科学くん」を手がけた仕 掛け人や「ためしてガッテン」など科学番組を手がけた仕掛け人、「静岡かがく特捜隊」という新聞の特集記事を手がけた仕掛け人、テレビでもおなじみの「学 研 大人の科学」の仕掛け人湯本さんなど、いろいろなメディアの仕掛け人たちが集まり、科学の料理の仕方を語ります。進行役はテレビでおなじみ「カソウケン」 研究員でサイエンスコミュニケーターの内田麻理香さん。とても豪華な登壇者、必見です!
 科学を楽しむコンテンツはハードルが高いものですが、それを可能にしている各メディアの達人が勢揃いして、その秘密を聞くことができるイベントです。贅沢な内容になると思いますので、ぜひぜひいらしてください。

 詳細および事前申込は以下のサイトになります。

科学の料理の仕方~メディアの仕掛け人が教える科学の特別レシピ
Taste Good? -- Special "Recipes" for Better Communicating Science

【企画詳細】
主催:
サイエンスアゴラ2010企画委員会
概要:
科学を伝達するメディアをプロデュースする仕掛け人やその他の伝え方のプロが、科学が受け手に「伝わる」ために行っている様々な工夫や考え方、相手の心をどうつかむかの手法をディスカッションするトークイベントです。
日時:
11月20日(土) 15:00-17:00
会場:
東京国際交流館 - 国際交流会議場(3階)
パネリスト:
井上智広氏(NHK 科学・環境番組部専任ディレクター)
菅本裕久氏(静岡新聞社「静岡かがく特捜隊」担当)
樋江井彰敏氏 (TBS 「飛び出せ!科学くん」担当プロデューサー)
湯本博文氏(学研 科学創造研究所所長)
ファシリテーター:
内田麻理香氏(カソウケン、サイエンスコミュニケーター)

 「科学が『伝わる』ためには」 をテーマに、それぞれが仕掛けてきたものやそれを仕掛けるための工夫を紹介してもらい、更に、登壇者の科学が『伝わる』ためにモットーとしていることを聞き出します!!
 どんな映像、実演が見られるのかは、乞うご期待!!また、メディアをまたいで「科学が『伝わる』ためには」何が重要なのか皆さん一緒に考えてみましょう。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-09-18

月刊「ジュニアエラ」書評

テーマ:お知らせ
 junior AERA (ジュニアエラ) 2010年 10月号 (朝日新聞出版)の「内田麻理香の私の3冊」のコーナーで、書評が掲載されています。

 今回は「推理小説は科学の心を育てる」としました。

 「探偵と科学」について、シャーロック・ホームズのシリーズでずばりの言葉が書かれています。
探偵するということは、
一個の厳密な科学なのであって
——そうあるべきなので、
つねに冷静な、情に走らぬ態度で
とりあつかわなければならないのだ。
四人の署名 (創元推理文庫 101-6) コナン・ドイル

というわけで、一冊目はこちら。

シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5)
コナン=ドイル
偕成社
売り上げランキング: 94174

 私が小学校の頃からあった版です。小学校の図書館にあって夢中になって、そして全巻自分でも買ってもらったのが懐かしいです。こちら、子どもでも(小学校高学年くらいから?)読みやすいのでオススメ。

サイエンスコナン 七変化する水の不思議 (小学館学習まんがシリーズ)

 こちらはダイレクトに「推理モノ」と「サイエンス」を結びつけた漫画。ガリレオ工房監修です。このシリーズ、大人でも面白いです。


怪人二十面相―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
江戸川 乱歩
ポプラ社
売り上げランキング: 119928

 子ども向けの推理小説といったら、これはおさえておかなければ。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-09-14

東大工学部ナノフォトニクス総合展開オープンセミナー

テーマ:お知らせ
 東大大学院工学系研究科の大津元一教授代表のナノフォトニクス総合展開 (NEDOプロジェクト)のオープンセミナー にて、講演をさせていただきます。

詳細は以下 になります。10月21日(木)です。申込先も以下にあります。よろしくお願いします。
日時:2010年10月21日(木)14:00~17:00
場所:東京大学本郷キャンパス 工学部新2号館3F会議室

トピックス 『ナノフォトニクスの新展開に向けて』
【講演者1】「照射光源を使用しないテラヘルツ近接場イメージング」
梶原 優介 先生東京大学総合文化研究科 産学官連携研究員

【講演者2(特別講演)】
「社会への理解を目指す科学技術」
内田 麻理香 先生サイエンスコミュニケーター

■お申し込み■
下記必要事項を明記の上、 E-mail(event2010_at_nanophotonics.t.u-tokyo.ac.jp)にてお申し込みください
("_at_"は"@"で置き換えてください)。
* [参加希望セミナーの開催日] (必須)
* [氏名] (必須)
* [所属] (必須)
* [電子メールアドレス] (必須)

■お問い合わせ■
その他のお問い合わせにつきましても、
E-mail(event2010_at_nanophotonics.t.u-tokyo.ac.jp)
にてお願いいたします。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-09-07

先端加速器科学技術推進協議会・講演

テーマ:お知らせ
先端加速器科学技術推進協議会 の広報部会でお話をさせていただきました。お題は「目に見えない科学を伝える」です。

この協議会は、最先端の量子加速器開発による科学技術の飛躍と新しい世界の発見を目指して設立された協議会です。先端加速器についてはこちらのページ ご覧下さい。名前を聞いただけで関係ない……とか思ってしまいそうですが、私たちの暮らしを影で支えることから、わくわくする未知のサイエンスを探ることまで、幅広い役割を担っていることがわかります。

 先端加速器科学技術推進協議会 大型プロジェクト研究部会・広報部会・技術部会 合同部会 プログラム

 私がこのような会で話をするのはほんとーにおこがましいのですが、聞いて下さった会員の皆さま、ありがとうございます。先端加速器科学を専門家の立場から世に広めるべく取り組まれている熱心な姿は頭が下がります。有意義な質問も今後の参考になりました。

 また、私の前がインフォバーンの小林弘人氏(ぜひお話を伺いたいと思っていた!)の「イノベーション広報 いかに未知を広報するか?」というご講演でした。1時間あっという間で面白く、勉強になりました。

 科学コミュニケーションだとか科学広報であれこれ悩んでいるものは、既にマーケティングの分野で答えが出されているかも? もしくは重大なヒントがたくさんありそう。目の前のことばかり取り組んでいると、どうしても視野が狭くなりがちで「となりにある」果実に目が向かなくなってしまう。積極的に境界を乗り越えていかないと。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2010-08-30

【追記あり】8月31日(火)NHK教育「すイエんサー」出演

テーマ:お知らせ
 「必ず失敗するお料理キッチン」、今回は、オムライス編です。ナイフで真ん中を切るとトロトロの中身になるオムライスを作るには?

 「必ず失敗する……」シリーズ、今回で何回目かな? と思ってWikipediaを確認してみたら(自分の記憶よりも信用できる)、パイロット版も含めると7回目になるんですね。びっくり。いつもいつもお世話になっております。

すイエんサー「必ず失敗するお料理キッチン!オムライス」
2010/08/31 18:55~19:25 NHK教育
 超トロトロ半熟卵が内側から顔を出すオムライス作りに挑戦!あっと驚くレシピで超簡単にトロトロのオムライスができちゃいます!渡辺徹さんもビックリ!失敗の達人登場!

 大好評シリーズ「必ず失敗するお料理キッチン!」。すイエんサーガールズが今回挑戦するのは「内側から、超トロトロ半熟卵が顔を出すオムライス」。しかし、立ちはだかるのは、あの“失敗の達人”だ! レシピ通り作ったはずが、なぜか表面焦げすぎ、中は固まりすぎの大失敗。レシピのどこに落とし穴が? さらにゲストの渡辺徹さんも“すイエんサー流オムライス”に挑戦。理想のオムライスは、果たして完成するのか?

出演
【ゲスト】俳優…渡辺徹
【講師】家庭科学総合研究所研究員…内田麻理香,老舗洋食店三代目マスター…茂出木浩司
【司会】品川庄司,大島麻衣
【出演】高島牧子
【語り】伊吹吾郎,神田愛花ほか
【追記】
NHK教育のすイエんサー公式ブログのほうに、オムライスのレシピがupされています。お問い合わせが多いのですが、こちらをぜひご覧下さい。
フワフワとろとろ卵のオムライス、レシピです!

すイエんサーガールズ&たいめいけんの三代目シェフ茂出木さんと、私の写真もありますー。
内田麻理香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み