Paris暮らし

Paris暮らし23年。日常のパリとノルマンディーの生活を写真でご紹介しています。

トリオのhpができました。
TRIO HARMONIA→HP

私のhpができました。→HP
NEW !
テーマ:
パリの空港について、まず思ったこと。

飛行機降りた途端に、
警備の警察官が、笑顔で3名で談笑中。
このご時世だけど、
こんな感じで普段はかなりリラックスしているのが
フランス。(とはいえ、警備はちゃんとしている様子でした。)

そういえば、荷物検査の時にも、
フランスからの出国の時、
靴まで脱がされて身体検査までされている人もいれば。
私たちは完全ノーマーク。
ミネラルウォーターの瓶を
捨てるのを忘れてカバンに入っていたというのに、
そのことさえ、何も言われず。(それは、ダメなんじゃ・・・。)

手荷物キャリーの中を、
スキャンしてみていた係員たちが
「演奏家なんですか?これは何の楽器?」と聞かれて
「フルートです。」と答えたら
一人が「ビンゴ!」とガッツポーズ。
他の人たちが「オォ!」と拍手。
みたいな、のんきな光景が・・・・。

日本でそんなに楽しそうに警備してたら、
それだけで怒られるだろうなあ。

本当に、日本では常に上司や客や、社会全体がいろんなことを
見張っているのだなあ。と、思う場面が多々あった。
それが、失敗や犯罪などを減らしていることも事実だろうし。
逆に、ちょっとどうでもいいことに過剰に反応しすぎでは?と
思うことも多い。やるべきことをやってさえいれば、
もう少し、それぞれがその人らしくいてくれてもいいのにな。と、いう気がすることもある。

時に、親切なサービスに感動するし。
時に、何もそんなに何もかも緊張しなくても・・・。
大げさだなあ・・・・。大変そうだなあ。と、思うこともある。

本当にフランスのサービスの悪さに慣れていると、
接客の仕方が違いすぎて、「・・・日本ってすごい!」と
感動することの方が多いですけどね。何でもスムーズで信頼できる。

誰もが、いつでも
人間らしく、自分らしくいる。という点で言えば、
フランス人は常に自分は自分な感じで居られるので、
仕事をしながらも、誰もがその辺は楽だろうな。とも思う。
(サービスをする人が客よりもへりくだるという考え方自体がない。)

***

そして、日本は包装が過剰。
プレゼントを綺麗に包んでもらって嬉しいというのは、
また別の話ですが。

それ以外の普段使いの自分の買い物については、
環境のために、というのをもう少し工夫してもいいような。
なんだか、何もかもが3重くらいに包んでありますよね。
(例えばストッキング1枚にしても)丁寧ではあるけれども。
そこまでしなくてもいいかと。

ちなみに、フランスは、
ビニールのスーパーなどの袋が
完全禁止になりました。

基本的に、スーパーは必ず誰もがエコバッグ持参です。
紙袋は有料で置いていたり。
トウモロコシなどの自然素材でできた袋が有料であったりするので、
困ることもない。

ビニールの袋はエコバッグさえあれば、必要ないわけで。
マルシェなんて、最初から野菜はそのまま
持参したカゴに入れる。(泥付きのものなどは紙袋を使います)

フランス人、すっごく何事もいい加減なのに。
エコに関しては、かなり進んでいるような。
(ゴミの分別とかすごいいい加減だけど・・・)

***

写真は、いかにもフランス!っぽいですが。
日本の時のものです。(笑)
パン屋さんでお買い物。


これは、桜木町!




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。
このボタンをクリックしていただくと順位が上がります。


人気ブログランキングへ

こちらは、別のランキングです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。