まりえの留学日記帳

木米真理恵のポーランド留学生活を気ままに。
時々イタリア。そして日本。どこでもドアが欲しいピアノ弾き。

   ★Dzien dobry! Witam serdecznie★


     演奏依頼、レッスンご希望の方、その他メッセージ等も

          こちらまでご連絡お願い致しますポスト笑ううさぎ

      

          ラブレター mariekiyone☆gmail.com ラブレター

             (☆を@に変えて送信ください)

  母のブログはこちらはーと。パンダ → ぼんやり主婦のワルシャワ滞在記


NEW !
テーマ:
11月14日(月)

前日夜トルンから帰宅し、またまたワルシャワ中央駅から朝7時前の電車に乗って、、



ルッツォを連れて、在欧9年目にしてまさかの初ウィーンへ!エルモ

この国際列車、コンパートメントじゃない車両もあったはずなんですが手違いでコンパートメントに・・・でも途中から相席した人もみんないい人ばかりで、ルッツォも気楽に過ごせましたにゃ


※青いセーターがかぶっただけでペアルックじゃありませんw

電車で国境を越えるのは実は初めて、でも以外とウィーンまで7時間で行けてしまうので、行きは割りと快適でした。

そして何より最安値で買っていたので電車は格安!(゜∀・)

さて、駅からメトロで移動し到着したのがこちら、格安電車からうってかわって5つ星ホテルラブ





2泊だけの滞在、せっかくだからルッツォも過ごしやすい(特に床)良いところに、と思って探したら見つけた新しいホテル。

こんなにミニバー充実されても飲めないよ~(´-ω-`)





アメニティも良かったですきらきら!!

ホテルを出ると、このシュテファン大聖堂!!



そう、シュテファン大聖堂お向かいという立地の、こんなモダンなホテルだったのでした~ぴかーん





まずはお散歩を兼ねて、シュトラウスさんに会いに市立公園へ、、



えーっと、犬だめなの?うう

ってことで交代でルッツォは外で待機させながら見てきたのに、なんか普通にでっかいわんことか公園内散歩してたよ。。笑





ともかく、こちらが金ピカJ.シュトラウスさんおんぷちゃん







ブルックナーさんとシューベルトさんもいましたそお・・・







黄葉してる並木道を歩いて、リングに沿ってまたお散歩。



これがあの楽友協会!!



犬連れだったので、音楽の都とはいえ今回はこういうコンサート関連には触れられませんでしたが、、うん、まぁいい、それはそのうちまた来る猫村2



そのままお散歩を続けると、ん、バッハ…?



あー、ウィーンフィルの建物だったんですねぇ♪





イルミネーションを眺めつつ、次の目的地はここ!





そう、ウィーンに来たら、まずはホテルザッハーでザッハートルテ食べないと!



カフェ入店。観光客多し。笑

だけどお腹も空いていたのでまずはリゾット食べちゃった…これがまた美味しいじゅる・・



そしてザッハートルテ!

甘党ではない私たちはザッハートルテの前評判にビビりつつ、2人で1つをシェアエルモ





ってこれめちゃくちゃ美味しいじゃーーーーーん!ラブ

チョコレートも甘ったるくない良い味で、あんずジャムとかこういう甘酸っぱいのはもともと好きなので、この安っぽくない良くできた味!感がヒット。

この甘さなら平気で食べられる~ぶた



ザッハーのお土産、このくまさんが欲しいところでしたが、お値段がお値段なので(笑)、とっとと妥協してザッハーアヒルならぬ…くま?(もはやアヒルじゃないw)をお買い上げ。



ちなみにルッツォはずっとキャリーに入っていて、最後にちょっと中でジタバタしたのですが、どうやらあのカフェレストランは犬ダメだったらしい・・・sao☆

最後にお店の人に、犬なの?と聞かれたのですが、「ここは犬ダメだけど見てないからね~」と言ってもらってそのまま過ごせたのでした汗

並びにあるちょっと寂しい感じの方のカフェならOKらしい、、うーん悩む



ゲーテさんを通りすぎて歩いていると、、



え!ここでこんなプロジェクションマッピング?!え゛!

でもクリスマスマーケットは準備中でやってないし、、





と思ったらここウィーン自然史博物館は、まだまだクリスマスマーケット準備中でたまたま試点灯したときに通ったらしく(笑)、とっても綺麗なプロジェクションマッピングが見られてラッキーでした♪





新王宮、上にしゃちほこみたいなの乗ってるはて?





ホーフブルク王宮前のミヒャエラープラッツでは小さなクリスマスマーケットキラッ

でも歩き回るのはそろそろ結構寒くなってきた…寒い



通りかかったアンティークショップで見かけたこれ、買いたかったなぁぁあ涙



まだ営業時間内なのにおばちゃんお店閉めて出てきちゃって、、タイミングに恵まれず泣く



アルベルティーナ美術館ではゴッホ展、アムステルダムで見たよ~かお

さて、すっかり夜になり、この寒い中一生懸命歩き(ルッツォを歩かせ←)、セセッションを通り過ぎながら向かった先は、、?♥akn♥



これ、カルマラーメン。





ウィーンでもラーメンを試さずにはいられない悲しいラーメン侍。笑

ただ、音楽の都ウィーンでは意外にも、そして残念ながらまだラーメン文化は発達していないようで、下調べの時点であまり期待せずに来店。

ここ以外の日本食レストランのラーメン、という選択試もありましたが、せっかくならラーメン屋さんとしてやってるお店がいいもんねーエリザベス



見た目は良さそうな醤油ラーメンと、ゆず胡椒ラーメン。



綺麗なラーメンだったんですが、そしてスープも美味しくないわけではなかったのですが、甘めで麺はどちらかというとお蕎麦。

何よりあかんかったのはメンマが缶詰から出したみたいな甘くてとても食べられるものではなかったことkt

トッピングにそれ使っちゃダメでしょー!焦る



というわけでいきなり歩いた1日目も、最後はメトロで帰路。

夜のシュテファン大聖堂はなんだかネオンで光ってるねーきゃはっ

11月15日(火)



2日目もやっぱりホテル目の前のシュテファン大聖堂からスタート!



シュテファン大聖堂の脇には、寒い中たっくさんのお馬さんたちが待機中、、のためとっても芳しい匂いにface





近くにモーツァルトハウスがあったのですが、お部屋にレプリカの展示とのことで、ショップでお土産のお買い物だけしました許して。←

そしてシュテファン大聖堂の中へうさぎ





いやぁ、人が多かったですぇ





ルッツォは外で写真だけチョコ



お昼はシュニッツェルご飯



大きいけど、これは2人で1枚ならイケますしゃきーん(1人1枚頼んでた隣の欧米人カップルはさすがにギブアップしてたけど…)

ちなみにカルトフェルンズッペ(じゃがいものスープ)も好きなのですぺこ





なんて不憫な、、sei



お土産ワインを買って一息。



ウロウロしている間にもう暗くなってしまいましたが、なんとか開いている時間には間に合い、モーツァルトさんにご挨拶にへ





世界で一番美しい図書館らしい国立図書館は入ってみたかったのですが、ルッツォ待たせて一人で急いで見るだけっていうのもなぁ、と思い見送り。

世界で2番目に美しいらしいポルトガルの図書館の方が本当は興味が、、とか言いません、はいaya



今度はデメルでザッハートルテ食べ比べ(`・ω・´)



下調べではデメルの方が人気があるようで、ザッハーは濃厚すぎる、デメルは甘さスッキリ、という印象だったのですが・・・

違う、、デメル甘い、甘ったるい、、キティ

ザッハーはあんずジャムが高級感のある味とバランスで美味しかったのに、デメルはあんずジャムが少ないから味がざっくりしてるのに、その分チョコがじゃりじゃりお砂糖みたいに甘いうあああっ(※注 個人的な感想です)

マロンケーキの方が美味しかったのですが、そんなに甘党じゃない私たちはかなりこのデメルの甘さにやられながらお店をあとに、、ショック

そしてやっとメインの・・・



市庁舎前のクリスマスマーケットへビックリ

なんかもう入り口からすっごーい!規模が違う!!!好





ちょうどこの直前の週末からこの有名なクリスマスマーケットが始まる情報も確認済みで旅程を組んでいたのですが、この時期に来られてよかったーはーと。

クリスマスマーケットはルッツォも平気だもんねにこ





めちゃ綺麗!なるほど





まぁルッツォは低すぎて踏まれそうだったけど、、色んな人に綺麗な犬だねーと言われて写真撮られてたね(´3`)~♪



スケートリンクも広くてコースがあって、これは楽しそう!かお





あぁぁぁクリスマス雑貨もなんて可愛いんだーレベル高いよーうenaきらきら!!



あと10分いたら、奥にある90ユーロの観覧車もあってちっちゃい電車がグルグルまわってる結構なクリスマス飾り?、買うとこだったよ。。←

こんな大きいの持って帰れない、持って帰れないと言い聞かせて踏みとどまったけど、それも何か違う気がするw



マグも何種類かありましたが、私はここのハートマグでプンシュちゅんもじ

味も美味しかったですニコ

とっても満足度の高かったクリスマスマーケット、でもかなり寒かったので、このプンシュで温まりながらまたちょっと歩いて、、



手軽でワインが美味しいお店でウィーン留学中のまゆちゃんとご飯sao☆



久々にゆっくり話せて、そしてウィーンで会えて嬉しかったですテヘッ

その後ホテルに戻り、、



やたら自分で勝手にキャリーに入るのが得意なルッツォ。笑

せっかくこんなホテルだったので、ルッツォ連れてホテルのバーでも一杯飲んでみることにキッズ少年boy



目の前シュテファン大聖堂、ということで、窓側からかなりいっぱいヒー





近くにいたお姉さんたちに可愛がってもらい、お店の人にお水ももらったルッツォ、振り回された旅行だろうけどよかったねーうへー



11月16日(水)

最終日、帰りの電車は夜なので、この日はブラチスラヴァにも行ってみる計画。



まずは駅で荷物をロッカーに預けて、窓口でブラチスラヴァチケットを購入。

電車までの時間、母にはルッツォと待っててもらって、それでも見たかったクリムトのために私は一人でベルヴェデーレ下宮へ走るスティッチ



この日は一日雨で、雨足も強まってしまって観光にはなかなか厳しかったですねshokopon





見たいものをかなりしぼって駆け足でまわりましたが、クリムトのインパクトは強く、あの質感を生で見て知ることができてとても良かったですらぶ②

急いで駅に戻って、またまた電車でブラチスラヴァまで陸路の旅ほし

夜ウィーンに戻り、駅そばのお店で夜ご飯を食べてひよこ



23時前発の夜行に予定通り乗ってウィーンとお別れ、、



したところまでは無事だったのですが、なんだか途中、うとうとしながらちっとも進んでないな、、と思っていたら、ついに途中駅で2時間も停車して待たされることになり、帰りは8時間の予定だったところ、なんと結局3時間も遅れて11時間かかるという、一人だったらたぶん心が折れてるw、なんとも最後に疲れの残る帰路となりました&

犬連れ旅だったので、音楽家的な旅行要素は薄かったと思いますが(笑)、コンサートやベートーヴェンのお墓参りなどなどはきっといつかまたザルツブルクも併せて、暖かい季節に訪れることもあるだろうと(希望的観測w)、あっさり割り切り楽しみました♥akn♥

さて、持ち帰った可愛いお土産たちpika**



そう、覚えてらっしゃる方、いますでしょうか、、?sei



ボンのベートーヴェンハウスでゲットしたベートーヴェンくまのたぶんシリーズで、モーツァルトハウスでゲットしたモーツァルトくまも増えました(・・*)+

少々高くても、絶対にこういうものは買いますw

他の作曲家もあるのかな?・・・


写真の多かった(大変だった…みなさんも頑張って写真読み込んでいただけますように…!←)ウィーン旅行記もおしまいayaやれやれ

次はブラチスラヴァ編っhi*


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて、11月からの日記をちまちま気長に更新していこうと思います。(絶句←

4ヶ月前ともなるとさすがに神経衰弱のような記憶力との闘いになりそうですがw、このコンプリート癖というか、もう性格の問題ですねエルモ

まだまだ暫定留学ブログは続きます・・・


11月13日(日)

日本人会秋の留学生演奏会は2回目のトルン開催。

ワルシャワからみんなで集合して電車に乗ること約2時間半。(速くなりましたねー!)



なぜか駅前には蒸気機関車はて?



他にも駅入り口もなかなかの謎センスはて?





バスに乗って中心へ、、懐かしい街並みはぁと





お決まりのコペルニクスさんとおんぷちゃん

ちなみに私は3年前に同じく留学生演奏会で来ましたが(→ Podroz do Gwiazd - 秋の星空♪)、母は初トルンなので今回はお手伝い要員で一緒に行きましたパンダ







この像の奥に見えるのが会場、Dwor Artusaにゃ





おおおーーー!ピアノの設置が以前と変わったらしく、なんと今回はこの広いホールでの開催でした♪









舞台袖に行こうとちょっと裏手を歩こうと思って気が付いたのですが、前回はこのスペースで後ろのカーテンを閉めて演奏会を開催していたんですね~え゛!









14時開演オンプ





ト音記号シマノフスキ:エチュード op.4-1
リスト:ハンガリー狂詩曲第8番



数年ぶりのシマノフスキ!やっぱりいい曲ですね~うさぎ

キラキラしてて、コペルニクスの街、トルンにいいかななんてキラキラ



たまたまドレスも会場と合わせたような赤でしたaya



音楽と美術のライブコラボもあったりぴかーん



最後はなぜか謎のテンションのカーテンコール♥akn♥

私は前回すでにトルンに泊まって観光もしていたので日帰り希望、ルッツォを朝からお留守番させてたこともあって帰りは早めの電車で時間も迫っていたのでカーテンコール後は慌てて着替えてダッシュ!

なのでみんなとの写真は先に休憩中にカメラ



あいちゃんとaknって楽屋バタバタw



トルンのお客様、トルンまで聴きに来てくださった方、本当にありがとうございましたらぶ②

その後、タクシーが捕まらずかなり焦ることになりましたが、なんとか予定通りの電車に乗って帰れましたsei


長らくお世話になった留学生演奏会、一体これまで何回出たのかなぁと思って数えてみたのですが(笑)、2009年の春以来ウッヂ公演以外出演していたので、なんと11回?!も演奏していたようですうーん

学生理事として自分で企画開催を取りまとめたこともあり、なかなか思い出深い留学生演奏会もこれで最後。

みなさん、大変お世話になりました♥akn♥


そして去年はラストスパートで結構ポーランド国内も旅したなぁ、と満足度がありました(n´・ω・n)

ルブリニエツ、ウォヴィチュ、ザリピエ、ソポト、ヴロツワフ、シフィドニツァ、ボレスワヴィエツ、グダンスク、マルボルク、トルン・・・

ついにアウシュヴィッツ(!)とザコパネは行かなかったけど、それはまた今度、またいつかそお・・・


というわけで、次は翌朝から(笑)のルッツォ連れウィーン電車旅行編ですっhi*


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっとブログが書けるようになってきました~うーん

なんともう1ヶ月も経ってしまいましたが、まずは先月のワルシャワでの完全帰国記念リサイタルから!!


2月12日(日)

当日は録音も頼んでいたので、リハーサル時間にはカルテットとの合わせだけでなく、録音の担当者さんたちとも調整があり、見事におじさんばかりになったステージ上。笑





ドレスだけじゃなくて私服のワンピースもこの日はお気に入りだったんだよ~という写真はぁと







この日ワルシャワフィルハーモニー室内楽ホールの舞台上にあったのは、いつもとは違う、特別にドイツから運んでいただいた(!)素晴らしいShigeru Kawaiのピアノ。

前半ソロのドレスとピアノと一緒に先に記念写真カメラ

わがままを言って無茶なお願いをしてしまい運んでいただいたShigeru Kawaiですが、おかげさまでとても心強く、本番を迎えることができましたらぶ②



私は見られなかったけど、ホール入り口の様子。

そして18時の開演前の会場は、気が付けばお客様でいっぱいにena




(c)Takashi Itozawa



ト音記号プログラム

ショパン:

バラード第3番
4つのマズルカ op.30
ノクターン E-dur op.62-2
ポロネーズ fis-moll op.44
舟歌

休憩

ピアノ協奏曲第1番(伴奏 弦楽四重奏版)

アンコール ノクターン cis-moll 遺作
                     英雄ポロネーズ





さすがに最初のバラ3は、コンサートでは久々なほど緊張していましたが、それくらいここまでの道のりとステージに立つことに重みがあったんだなと思いました。

でも熱心に聴いてくださる客席いっぱいのお客様のおかげで、演奏そのものというか、その演奏している空間に集中することができました!!*

長さがあるようで、弾き始めてしまうとあっという間に次々と進んでいってしまうプログラムに、どこか名残惜しさすら感じながら。。(´・ω・`)







この日のために、というわけではなかったのですが(笑)、一目惚れして買って隠し持っていたドレスをこの機会に着られてよかったです(n´・ω・n)キラキラ

ソロのシリアスさ、だけど積み重ねてきた主張、そんな想いを演出してもらっただけでなく、やはり着物柄のように見えた!という声もあって、ポーランド的なものだけでなく日本人らしさもどこか感じていただけたならとても嬉しいですにゃ

2時間のフルリサイタルは久々でしたが、やっぱりコンサートって始まってしまうと本当にすぐに時間が過ぎてしまう・・・!

直前のリハでもコンチェルトを通していたので、休憩の頃には少し疲れて始めていましたが、そんなことを気にする間もなく早着替え!エルモ



後半はプリマ・ヴィスタ弦楽四重奏団とコンチェルト1番。

ショパンの作品の中で、そしてコンチェルトの中でも、本番での演奏にどこかずっと苦手意識のあったのがこの曲。

大失敗した日もあったし、だけど進歩できたと思う日もあったこの作品。

絶対に一度はワルシャワでちゃんと自分の思うような演奏がしたい、そしてリサイタルの中にいつか組み込みたい!と思っていたので、理想通りのプログラムが実現でき、そして演奏も気持ちも頑張って準備して挑んだ甲斐あって、ぐいぐい自分の演奏ができた本番でした!!







一歩ずつ時間のかかる道のりですが、8年半のポーランド留学(もちろんイモラで学んだことも)を経て、確かにこうしてピアニストとして成長してくることができたんだな、これからもまだまだ変わっていくんだなと思えた瞬間でもありました。







そんな思いが演奏から、そしてステージそのものからみなさんに伝わっていたらいいなぁと思ったのですが、アンコールの英雄ポロネーズが終わった瞬間から、客席がどんどんスタンディングオベーションで埋まっていく様子を目にしたのは、本当に感慨深かったです涙





前の方でその瞬間を撮ってくれていた動画aya笑(音が出ます!)



一番後ろで写真を撮ろうとしたら、わぁ~見えなくなったー!と慌ててカメラを持ち上げた母パンダ



色んなコンサートでアットホームに?ブラボーやスタンディングオベーションをいただいたことは何度もありましたが、こんなホールでのリサイタルで、というのは自分ではちょっと予想しておらず、、

もちろん日本人のお客様もたくさんいらしてくださったのですが、満員になるほどのお客様の多くはやはりポーランド人の方、それも知らないうちにチケット窓口で購入してくださっていた方が多くて、それだけも感激なのに、サッと次々立ち上がってくださったお客様たちに本当にじーんときて、感謝でいっぱいでしたはーと。感動


終演後・・・



お忙しい中駆けつけてくださったPP先生ことパレチニ先生。

私のポーランド留学の全ては先生から始まりました。

今までもこれからもずっと大好きな先生です!



私がよく演奏したルブリニエツでお世話になっていたズビシェクは昨年からなんと出身の(そしてルブリニエツの隣町みたいな?)コシェンチンで市長さん?町長さん?になったのですが、わざわざワルシャワまで、それも素敵なオーダーの記念品を持って来てくれました萌~ッッ

そしてこれは本当にすごいサプライズ、、



なんとフランティとルッツォを預け続けていたペットホテルのおじさんおばさん家族が「kasa(窓口)でチケット買ったんだよ~」と来てくれたのです!

いい人たちすぎてまじ感激泣かないできらきら!!



ピアニスト…とバレリーナのみんなとラブラブ

ポーランド各地、だけでなくヨーロッパから、そして日本からも聴きに来てくださったたくさんの方々、一人一人にご挨拶したかったのですが、終演後はかなり混雑してしまい行き届かないことも多かったかと思いますが、とにかく感謝の気持ちしかありません!

みなさん本当にありがとうございましたV


終演後はお向かいのイタリアンで打ち上げを♪



写真スキルの高すぎるヨーテボリチューリッヒチームaya





少しずつだけどみなさんとお話しもできて、とてもホッとできる時間でしたにー



みなさんからたくさんのお花、プレゼントもいただいて、翌朝起きたら素敵すぎる花束たちのおかげで家の中がお花屋さんの匂いでした花束ラブ


この完全帰国記念リサイタルを開催するにあたりお世話になりました、カワイさん、山本さんをはじめ、素敵な演奏中の写真を撮ってくださったカメラマンの糸澤さん、チケット販売にご協力いただきましたワルシャワのみなさま、そして緊張と気遣いの連続で振り回されながらも最後までやり遂げられた母(笑)、あらためまして心より感謝申し上げます。

不安要素のとても大きい企画でしたが、終えてみれば本当に実現できてよかった!と思える結果だったリサイタルでしたなみだ

こんなに何から何まで自分でやって、ドキドキしなければいけない自主リサイタルは(ワルシャワでは)本当にもうしばらくはいい、、と思いますが(笑)、また色んな形でワルシャワ、ポーランド、そしてヨーロッパでも演奏できるようにこれからも長く頑張っていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますおんぷちゃん




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。