以前、映画館でも観ましたが、最近になりテレビ゙放映していました。ジブリ作品です。


大好きな映画「耳をすませば」に出てくる、地球屋にある猫の置物(人形)、バロン男爵が登場する物語。

高校生のハルがたまたまトラックに轢かれそうになった猫の王子様を助けて、うれしくない恩返しを受けたり、猫の国に無理矢理招待されて、王子様と結婚させられそうになり、それをバロンが助けてくれるというお話。

猫好きな方には好評のようですが、それまでのジブリ作品とは絵が全く違い、子ども向きだとかメッセージ性がないだとか、酷評も多いようです。


結構居心地の良い猫の国で、「このまま猫になってもいいかも~」と、思うたびにハルは本物の猫らしくなっていきます。

それを、バロンが「自分を見失うな!」「君は君の時間を生きるんだ!」とハルに言い、バロンや仲間のムタ(猫)やトト(烏)に助けられ、人間の世界に戻ってきます。


いま体調不良で仕事に行けなくなっている私ですが、毎日ほとんどの時間を横になっていると、仕事をする意味も目標も、生きている意味もわからなくなってきて、「このままずっと、仕事に行かなくても(行けなくても)いいかも。」なんて、思ってしまうこともしばしば。


いままさに、自分を見失っているっていうことなんでしょうか。

「しっかりと自分の時間を生きる」ってどういうこと?と、考えさせられるお話です。

私は結構好きです。よかったら、どうぞ。



猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]/宮崎駿

¥4,935
Amazon.co.jp
AD