岩田達宗さんの演出と素晴らしいキャストで開催されるオペラ普及団体ミャゴラトーリの[小劇場演劇的オペラ]のお知らせです。

 毎回大変好評な公演ですが、回を重ねて今年は4回目で演目はヴェルディの「リゴレット」。

 今回もチラシの絵を描かせていただきました。こちらの公演の絵を描かせていただき、太田公士さんにデザインしていただき大変光栄です!

 毎回ミャゴラトーリの首藤史織さん、演者でありプロヂューサーである大澤恒夫さんの3人で、岩田さんはどのような演出をされるのであろう、その作品に相応しいチラシとはどんな絵が合うのだろう…と、頭を捻り合い意見交換し生み出す絵を太田さんが素晴らしくブラッシュアップしてドレスアップして世に出してくださるのですが、オペラをご存知の方なら大変有名な演目のリゴレットを、このような表現したのは本当に素晴らしいのではないか?と、自負しております。

 関わられた全ての皆さんのお陰で自分でもいいなと思う絵が描けました。


 そんな「岩田リゴレット」を観にぜひ劇場にお運びください。今回は6月4日(日)の1回のみ。2公演でも完売してしまう人気公演。絶賛チケット販売中です。

公演間際になりますとチケットの確保が難しくなっております。

チケットのお求めは早目にして頂けますと助かります。

問い合わせ・チケット申し込み
NPO法人ミャゴラトーリ・首藤
shuto@miagolatori.com
070-5553-1742

 

 

AD

 昨日はコワーキングスペースうなぎのねどこでの水彩画講座に4名の方がお越しくださいました。

 今年に入ってからテーマはフリーで、描きたいものをお持ちいただいたり、その場で決めたりされながら作画していくことになりました。

 時節柄桜を描きたいとリクエストをいただいていましたので、桜の描き方のデモンストレーションをご覧いただき、皆さん桜を描かれました。

 4人4様の素敵な桜のある風景画をご覧くださいませ!

 今回は特別に6月発売のホルベインの新しい水彩紙「ホワイトアイビス」に書いていただき、筆はダヴィンチのコリンスキーなどをモニターで使っていただきました。

 使い心地の良さにご好評いただけました!

 

 

 下の絵はデモンストレーションで描いた、夕焼けの中の桜並木です。

 桜の描き方は一つではないです。どんな桜を表現したいかで様々…私も今後も桜という魅力的な題材を追っていこうと思います!

 

 今日のおまけおやつは桜の葉の塩漬けを練り込んだ桜クッキーにしました♪

 

 うなぎのねどこでの水彩画講座は毎月第3木曜日に開催します。 詳細はMariの講座案内に告知しますので、ご覧になってみてください。

 次回は4月20日木曜日13時からです。

 

 

お問い合わせやお申し込みの方は、

mari7toiawase⭐︎gmail.com(を@に変えてください)

までメールをください。
お申し込みは私からの返信で完了とさせてください。

お待ちしております♪

AD

春爛漫菜の花と桜@彩組

テーマ:

 

 

 昨日の午前中は地元水彩画サークルの彩組でした。

こちらはみなさん思い思いのものをそれぞれのペースで描かれます。 開講中の2時間半ほどで一点描かれる方も居らっしゃれば、何回にも分けて一点を仕上げられる方も居られます。

 描かれるものもお庭のお花から広告の写真が素敵だったからだとか、私の絵の模写、ご用意したテキストから描かれる方と様々です。 

 

 昨日の講座で完成した作品のみですが、みなさんの力作をご覧くださいませ!

  はい、今回ちょっと手順が多めでしてね、時間内に完成されたのはお二方でした…。宿題で来月仕上げてこられるのを楽しみにしています!

 

 下の絵はテキストを作るために描いた作例です。

 

 お陰さまで当彩組はただいまほぼ満席です。

もうひとつの毎月第一金曜日の午後1時30分からの「気楽にスケッチ」はお席がございます。
ご興味のある方は調布市東部公民館(03-3309-4505)までお電話をください。
よろしくお願いします!

 

AD