Fruits of Serendipity

marianneが偶然出会った「幸運の結果」。または、素敵なアレコレ(音楽,映画,本,TV,アート,Web,広告,人)への深夜に綴るラブレター。


テーマ:

土曜日は、銀座アップルストアにて開催された、

月刊インタラ塾 のお話を聞きに行ってきました。


どしゃ降りに近い雨の中、10分前に会場に着くもすでに満員で立ち見(正しくは床に座り見)。

ですが、4時間全部聞いてよかったな~と思える充実の内容で、疲れ<面白い!でした。


簡単ですが、メモから一部をブログに残します。

文字数多くて長くなるので、まずは前半のお二人分を。



■「マキビシでもできるホームページの作り方」

  熊沢新之助さん(株式会社マキビシ


これまで制作されたサイトの一部を紹介しながら、仕事をするときの考え方をお話いただきました。

(以下、サイト名をクリックするとリンクします。)


マキビシコミック

⇒コミック×ゲームの考え方で作られたサイト。画面の動きと絵柄が楽しいです。


ABC LAND

⇒営業が全員女子という不動産屋さんのサイト。

 情報を売るのではなく、人を売るというコンセプトで、営業女子全員のブログを書かせたそう。

 それぞれのブログにリンクする窓口としての会社サイトではありますが、いちいちゲーム風になってます。

 今は会社がなくサイトが見られない(残念)ので、リンク先は広告会議 さんです。


SPACE INVADERS INVADE Yahoo!

⇒去年のYahoo!のエイプリルフールのもの。これ、かなり印象的だったので覚えてました!

 (いいリンク先が見つからず)


DODGE QUEST

DODGE という車のキャンペーンサイト。DODGEという車を知ってもらうためのサイトなのですが、

 これがまたやりすぎ凝りすぎで、面白いサイトです。詳しい説明はこちら にて。


熊沢さんがサイトを作られるときに考えるのは、techとideaとdesignのバランス。

そして、それらが「シンプルであるか?/言葉がなくても伝わるか?/ユーザーからの視点なのか?」。

確かに、熊沢さんの作るサイトは言葉で説明がなくても楽しいサイトばかり。

どこからこんなネタが思いつくの?という質問に関しては、ネタは常にたくさん考えていてリストにしていて

案件が来たときにその中から最適なプランをあててみる、というやり方なのだそう。




■「Webプロモーションサイトが出来るまでの流れ」

 佐分利仁さん(株式会社メタルレッド


先ほどの熊沢さんが作り方なら、佐分利さんからは出来るまでの流れを。

お話が面白くて、感心しながら笑ってしまいました。


まずは簡単にお仕事のご紹介。

LISMO

メディアージュ メッセージ花火


そして、最近のお仕事から、提案の考え方やスケジュール感について話されました。


Vitz シャンブル ア パリ コレクション

⇒若い女性ターゲットのトヨタ車Vitzの、パリの小部屋風特別エディションのキャンペーンサイト。

 車のスペックによる訴求ではなく、「いかに女のコがウキウキするか」という考えでサイトの世界観をつくる。

 内装が可愛くて、椅子のシート選択ができるのがVitzの特徴であるところをドールハウス風に表現。

 可愛い⇒ウキウキ⇒テンションあがる⇒さ、おしゃれに着替えて可愛いVitzに乗ってお出かけしましょう!

 という流れで、Vitzの特徴がよく表され、伝わってきます(そして私も女子だなーと実感しました)。


ここで、「説明できるサイト」であることの重要性についてのお話。

サイト制作者⇒代理店営業⇒クライアント担当者⇒クライアント担当者上司⇒そのまた上司、

と、提案が決定するまでには多くの人を介します。そのような状況でも、

パワーポイントの提案書の段階で誰もが納得できるものであれば、企画は通る!ので、

最初の提案書から、最終クライアントの決裁者を説得することができるものを作ることが重要とのことでした。


感動スコープ「コトバリウム」

⇒Ezweb10周年記念キャンペーンサイト。

 このスケジュールはまさに怒涛。オリエン翌日にプレゼン、企画が通ってから2週間でリリース!

 この佐分利さんの話を聞いたら、そのスケジュールじゃ無理とか言えないわと思いました。。


こんなキツキツになりがちなキャンペーンサイト制作の上で大切なのは、

スピード感」「アイデア品質」「リスク管理・処理」。

困っているクライアントのお願いをいかに実現するか、というのが仕事ではあるけれど、

クライアントの要望をそのままやるのではなく、クライアントの目指すゴールに向かって仕事をすることが

重要で、そのためには説明できる/説得できる企画であることが必須なのです、というお話をされていました。





以上、前半お二人のメモでした。

私のメモでは当日の面白さの3割も伝えることができてないので、みんな来ればよかったのに~。

>うちの会社の人


そして、後半はさらに発見や気づきがありました。

後半の高広さん、関橋さんのお話は近日中にアップ予定です(がんばれ自分)。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

marianneさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。