いつもありがとうございます

まず始めにポチっと応援して頂けると嬉しいです

画面が完全に開くまでお待ち頂けると反映されますぺこり



にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村




おはようございますまり日和-o0020002010784477790.gif



鉄鋼、造船など基幹労連傘下の労働組合は12日、2016年春闘の要求書を経営側に提出し、月額4000円の賃金改善を求めた。自動車や電機を含め、大手企業は3月16日に集中回答日を迎える。過去2年、大手企業は賃金を底上げするベースアップ(ベア)を実現してきたが、中国経済の減速で鉄鋼業界などの業績が悪化しているほか、足元では急激な円高と株安が進行。今春闘では賃上げへの逆風が強まっている。

新日鉄住金では12日午前、同労組連合会の大森唯行会長が佐藤博恒常務執行役員に要求書を提出。大森会長は「中国メーカーの過剰生産で、国内外の鉄鋼市況は大幅に悪化している」と経営環境の厳しさを認めつつ、「組合員の生活を守り、今後の活力発揮につなげる」として賃上げを求めた。

鉄鋼大手は2年に1度の隔年で春闘の労使交渉を行っており、12日は新日鉄住金、JFEスチール、神戸製鋼所の各労組が16、17年度でそれぞれ月額4000円の賃金改善を要求した。実現すれば2年で計8000円の賃上げにつながる。三菱重工業や川崎重工業も、16年度で月額4000円の賃金改善を求めた。

組合要求について、新日鉄住金の佐藤常務執行役員は毎日新聞の取材に対し、「固定的な支出増につながる月例賃金引き上げには慎重に対応すべきだ」と強調。賃上げに消極的な姿勢を示した。

消極姿勢の背景には、鉄鋼業界の業績低迷がある。北米市場での販売が好調な自動車業界とは異なり、鉄鋼メーカーは中国経済の減速の影響をもろに受けている。

生産過剰に悩む中国の鉄鋼メーカーが東南アジアなどへの輸出を加速した結果、世界的に鉄鋼の市況が悪化、新日鉄住金は16年3月期で経常利益を前年同期比55.7%減の2000億円、最終(当期)利益を同34.7%減の1400億円と大幅な減益を見込んでいる。

進藤孝生社長は2月1日の記者会見で「中国の過剰生産で世界の鉄鋼製造業はほとんど赤字。事業環境が厳しくなっている」と強調。年明け以降の株安と連鎖する形で世界経済が減速すれば、さらなる業績低迷の恐れもある。

春闘で安倍政権が経済界に賃上げを強く要請する「官製春闘」は今年が3巡目。政府だけでなく、日銀もデフレ脱却に向けて賃上げの実現を強く求めている。しかし、企業業績の先行き懸念が強まり、春闘での賃上げも不発に終われば個人消費の低迷に直結しかねない。国内景気の動向を占う上でも、今後の大手企業の春闘回答に注目が集まりそうだ。



昨日の市況は…


ダウは313ドル高の15973ドルアップ


昨日の米経済指標の結果は…

◆輸入物価指数(前月比) 結果-1.1%(事前予想-1.5%)
◆輸入物価指数(前年比) 結果-6.2%(事前予想-6.8%)
◆小売売上高(前月比) 結果+0.2%(事前予想+0.1%)
◆小売売上高[除自動車](前月比) 結果+0.1%(事前予想0.0%)
◆企業在庫(前月比) 結果+0.1%(事前予想+0.1%)
◆ミシガン大学消費者信頼感指数 結果90.7(事前予想92.3)

とこんな感じでしたねまり日和-o0020002010598586988.gif




今週は値の荒い相場展開となったけど、今週末は3連休となることから下げも一服ためいき
ドイツ銀の落ち着きもあって欧州株が上昇していることや、原油も反発しておりフォローとなっている模様
この日発表の米小売売上高が個人消費の底堅さを示したことで安心感が広まった格好Wハート


エドガー・ロマックスの投資事業バイスプレジデント、フィリップ・ティッツァー氏は『誰もが買いの好機を探している。今の価格に魅力を感じる投資家が手元資金を投資に回しているのだろう。原油が上昇している。これまで原油高に連動する株高を何度も目にしてきた』と指摘キラキラ




ドル円は113.21-113.23円LOVE
ユーロ円は127.27-127.31円LOVE
ユーロドルは1.1255-1.1257LOVE



NY市場はこのところのリスク回避の動きが一服しており、為替市場もドルの買い戻しが優勢おんぷ
先行き不透明感が払拭されるような好材料は何も出ていないけど、このところの下げで過熱感も高まっており、米3連休を前に市場も一服ためいき


1月の米小売売上高は心強い内容におんぷ
ガソリン価格の下落や寒波の影響で全体の伸びは小幅だったものの、GDPの個人消費支出の算出にも使われるコア小売売上高が前月比0.6%増とプラスに回復しており、一部には第1四半期の米GDP見通しを上方修正する動きもアップ


コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は『米消費者は世界経済を救済できる立場にはないかもしれないが、米経済を比較的良好な状態に維持できる程度には十分まだ力強いかもしれない。データが発表されて、それが引き続き米国の相対的な強さを示唆するならば、ドルの底値を裏付ける根拠が強まり始める可能性もある』と指摘キラキラ






応援してねハート(A)ポチっとね⇒にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ にほんブログ村






過激派組織イスラム国(IS)の支部で、世界で最も残虐なテロ組織の1つボコ・ハラムは日常化した自爆テロをさらに加速ドクロ

先月だけでもナイジェリアの村ダロリで多くの子どもを含む86人が、カメルーンの村ボドでは32人が殺害。。。


アフリカ西部では国際テロ組織アルカイダ系の組織がマリ政府を相手に攻撃を続けていて、先月にはマリの隣国ブルキナファソに勢力を伸ばし高級ホテルを襲撃、東部ではソマリアのアルカイダ系組織アル・シャバブが3週間前にアフリカ連合の軍事基地を制圧し、100人を超えるケニア人兵士を殺害汗


サブサハラと呼ばれるアフリカのサハラ砂漠以南の地域はこれまで、イスラム過激派の影響を比較的受けにくいとみられていたけど、今では世界で最も急速にジハードの前線が拡大する地域にドクロ


現在、アフリカのさまざまな地域で戦闘が繰り広げられていて、これまでは、同じスンニ派組織で同じような目標を持っているにも関わらず、戦術や政策が異なるISとアルカイダが対立関係にあったため、戦闘も別々に行われていたけど、今後はそうはいかないかもしれない可能性?


一方、これらアフリカの過激派組織は中東の支援者や協力者が伝えた専門知識や助言のおかげで高度な作戦を展開しつつあり、インターネットが普及し、海外渡航が容易になった結果、アフリカの組織と中東の支援者は10年前よりはるかに容易に連絡を取り合うことができるようにえ゛!

2011年にリビアのカダフィ政権が倒れたあと、ISやアルカイダの支部はリビアの複数の町を占拠、アフリカの組織はより近い場所にイスラム過激派のとりでを確保あせる


ニジェールなどの近隣諸国ではこうしたイスラム化が急激に進んでいる模様汗

ボコ・ハラムはナイジェリア、カメルーン、チャド、ニジェールで攻撃を行い、広い地域が破壊され、攻撃には最大で1000人もの兵士が参加したり、ナイジェリアの兵器庫から盗まれた戦車が投入されたりすることもあせる








【PR】
↓↓個人投資家向け専用SNS「moneta」事前登録受付中です!↓↓




最後まで読んで頂きありがとうございますまり日和-o0020002010580469056.gif
ポチっと応援して頂けると嬉しいです


にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

AD