mari☆☆

日々の小さな出来事。


テーマ:


ミスチル「GIFT」



1番きれいな色ってなんだろう?
1番ひかってるものってなんだろう?
僕は探していた 最高のGIFTを
君が喜んだ姿をイメージしながら

「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時
ふと謎が解けるといいな
受け取ってくれるかな

長い間 君に渡したくて
強く握り締めていたから
もうグジャグジャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど

「白か黒で答えろ」という難題を突き付けられ
ぶち当たった壁の前で
僕らはまた迷っている
迷ってるけど
白と黒のその間に
無限の色が広がってる
君に似合う色探して
やさしい名前をつけたならほら1番きれいな色
今 君に贈るよ

地平線の先に辿り着いても
新しい地平線が広がるだけ
「もうやめにしようか?」 自分の胸に聞くと
まだ歩き続けたいと
返事が聞こえたよ

知らぬ間に増えていった荷物も
まだなんとか背負っていけるから
君の分まで持つよ
だからそばにいてよ
それだけで心は軽くなる

果てしない旅路の果てで
「選ばれる者」とは誰?
たとえ僕じゃなくたって
それでもまだまだ走っていく
走っていくよ
降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
そのすべてが意味を持って 互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光りを感じれるよ
今 君におくるよ
気に入るかな?
受け取ってよ
君とだから探せたよ
僕の方こそありがとう


1番きれいな色ってなんだろう?
1番ひかってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる
君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で
ほら ひかってるんだよ
ひかり続けんだよ




単純に、この歌が好きです。


この歌で何度泣いたか(笑)


カラオケで熱唱しながら、泣いてみたり。


車で流しながら、涙が溢れたり。


ライブで、生で聴き、感極まったり。


歌とともに、色んなものを少し流させてくれる。


吐き出させてくれる。


自分の心の声を見つけてもらえる。


あぁ、一人じゃないんだと救われる。




「もうやめにしようか?」 自分の胸に聞くと
まだ歩き続けたいと
返事が聞こえたよ



だから、明日も歩こう。


止まりたい気持ちを振り切るのは、辛いけど。


歩きたいと思う気持ちが、少しでもあるなら、まだいけるはず。







AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
天国はまだ遠く  瀬尾まいこ
仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。(amazonさん解説)

読むスピードが、どんどん速くなっております。

一日、1冊ペースで、ぐいぐいスピードが上がっている。


3ヶ月程、前には読書とは無縁だった自分。


興味を持ち出すと、かなり何でもストイックにのめり込む傾向があると、自分で改めて再確認。
まあ、時間があるってのも大いにありますが。



読みやすいですね。

瀬尾さんの本は。


分かりやすい、シンプルな表現で、スッと入ってくる感じです。


で、すごく登場人物も柔らかく、優しいです。


だから、死をテーマにしていつつも、すごく癒され、温かい。


うん。


良かった。


気が滅入って入る時は、最適でした。


気分により、買う前、読む前にすごい吟味します。


気持ちのバランスが不安定な時ほど、私はそんな読む本ですら凄く影響を受けすぎ、その感情で、余計沈む可能性もあり、だから、本選びは凄く神経使い、疲れます(笑)


毎回買う本にも、完璧を求めすぎ、ストイックになってる自分があ~らしいな。と、苦笑いしてしまう。


こういうトコが、自分で自分を疲れさせてるんですが・・・。


情けない。


全て自分の思い描くようには、物事は上手くいかない。


だけど、それが嫌で、受け入れられず。


もがく、嘆く、逃げようとする。


いつまで、どこまで逃げようと、逃げ切れない。


子供が、オモチャ買って!買って!と床に座り込み、ダダッコするみたいに。


子供ならそれもあり。


でも、大人はそうはいかん。


わがまま、人の気持ち、周りへの迷惑、社会で生きていく為の節度。


色んなものが、下手に分かると、自分の欲求を押させてしまわざる得ない。


でも、そうやって色んな事と折り合いをつけながら生きていく。


そうあらなければいけない。


折り合いがつかぬまま、相手を思うと、言いたいことを飲み込み。


でも、それは果たして相手を思いなのか、相手に思われる自分をなのか、色んな思いに心が揺れる。


で、結局、何も言えなくなる。


伝えたい思い。


沢山あるのに、その反応が怖く、全てを自分の中で消化しようとしてしまう。


何を書いてるんだか、訳分からんくなってきましたが(笑)


分からん思いを整理しようとして、書いてるんだと思います。


この数日冷え込みがきついので、皆さんもお風邪などひかないように、温かくです音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

この数日の寒さが、追い討ちをかけてか。


今日は、エライしんどかった・・・。



もう落ちに落ちていく一方。


昨日は実家で過ごしてたけど、今日はまた一人暮らしの家に帰ってきたからか。


で、部屋に居てては益々滅入るんで、人がいる場所に行かねばと。


とりあえず、いつもの非難作として近所のイオンモールのタリーズへ。


で、読書に逃げ込んだ。


本にしばし、心を逃がす。


良かった、本っていう存在が在ってと、しみじみ思った。


今日は早く寝よう・・・・。


次は、寝逃げ・・・。


考えても答え出ない事だと分かっていても、頭がそれで埋め尽くされる・・・。


今日は今日。


明日になればまた、少し楽になってるやろうと信じ。



すみません。


かなりの、ぐったり日記になりまして(x_x;)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
家族の言い訳  森浩美
家族に悩まされ、家族に助けられる。誰の人生だってたくさん痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている。作詞家森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に「大人の純粋さ」を浮かび上がらせた。「ホタルの熱」「おかあちゃんの口紅」はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作。あなたのなかの「いい人」にきっと出会える、まっすぐな人生小説。 (amazonさん解説です)


 先日読んだ、「こちらの事情」が良かったので、引き続き、森浩美さんの作品で。



同じ屋根の下に暮らし、一番近いはずの家族。


でも、お互いに知らない事。


知られたくない事。


分かってるつもりでいてたのに、まったく分かっていなかったお互いの事。


家族。


近いようで、遠い。


遠いようで、近い。


何とも言いがたい距離感。


夫が妻を思う。


妻が夫を思う。


親が子を思う。


子が親を思う。


その気持ちは、空回りしたり、なかなか上手くかみ合わない事もしばしば。



でも、相手を思う気持ちが強いからこそ、その相手のする事にイチイチ気を揉んだり、頭を悩ませたり、嫉妬したり。


う~ん。


難しい。


まあ何はともあれ、自分が帰る居場所があるのはええ事やな。


うん。


心の居場所さえあれば、人は何とかなるものなんだろう。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


mari☆☆-101024_1221441.jpg


ジブリ・イン・ザ・ミックス


ジブリ音楽はほんま、いろんなジャンルでカバーされてますね。


今回は、DJ MIX。


たまにはこんな、ノリノリ系もいいかなと♪


ノリノリでも、どこか切なく、懐かしく。


ジブリの曲ってそんな感じがします。


昔は、ほんまハイテンションで、ノリノリ系ばっか聞いてましたが、最近は、歳のせい?心の疲れのせいか。


音楽にも癒しを求める傾向が。


部屋で、本読みながらかけても、耳につきすぎず、流れるような感じのんが好き。


でも、車で流すのは、少しノリがいい方が好き。


だから、コレは車使用ですね♪


音楽の力。


本の力。


人の力。


毎日色んなもんに、背中を押され、支えられ。


今日もおぼつかない、足取りだけど、まだ前に進みたいと。






・・・。




サムっ。


「ブログは人を詩人にさせる」

                どこかの感傷的な暇人より




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。