Pimsleur Francais 3-4

テーマ:

Pimsleur CD3-4

基本会話:


A: Bonjour monsieur, comment allez-vous?

B: Bien madame, merci.

A: Ah, vous comprenez le francais!

B: Oui un peu, mais pas tres bien.

A: Est-ce vous etes japonais?

B: Oui.

A: Mais, vous comprenez tres bien le francais!


応用会話:

-Je ne suis pas francais(e).

-Vous n'etes pas francais(e), mais vous comprenez le francais.


-Mais oui, mais oui.

-Mais si, vous parlez bien.


Siって何でしょう??スペイン語の「Si」なの?? 色々見てみると、「Que si!」っていうのもあるみたい。それって、まさにスペイン語じゃん。。。


-Je ne parle pas (bien).

-Je parle un peu, mais pas tres bien.


基本会話:

A: Ou est la rue A?

Ou est le boulevard B?

B: C'est ici.


A: Est-ce c'est ici?

B: Non, ce n'est pas ici. C'est la-bas.


テキストないので間違っているかも。。。会話の展開が突然すぎてびっくりしました目

AD

Pimsleur Francais1-2

テーマ:

Pimsleur(ピンズラー学習法)フランス語も試し中。ユーキャンで受講しています。本当はイタリア語がやりたかったんだけど、残念ながらユーキャンには「フランス語」「英語」「韓国語」「中国語」しかありませんでした。


ピンズラーはテキストなどはなく、ひたすらCDで会話を聞き、耳で覚えることをメインとしています。繰り返して実際に口に出すことで、現地で話しかけられた時に反射的に答えられるようになるというのが、一応ピンズラーの大きなメリットらしい。間違っていたらゴメンナサイ。。。適当ですみません!


「文字で見たい!」「文法を勉強したい!」という人には向いていないかもしれません。あくまでも、会話重視なのです。


私はテキストにはそんなにこだわらないけど、自分で聞き取りしてノートに書いたりしています。まだ簡単な内容だから、ね。。。。


CD1-2の内容は:

A: Pardon, Monsieur. Est-ce vous comprenez le francais?

B: Oui, je comprends un peu le francais.

B: Non, je ne comprends pas le francais.

B: Non, je ne comprends pas tres bien.


A: Est-ce vous etes francais(e)?

B: Non, je suis japonais(e).


A: Comment allez-vous?

B: Tres bien, merci.

B: Je vais bien.

B: Je ne vais pas bien.


ざっとこんな感じです。まだまだ超ビギナーレベルです。

上記の会話に出てくる単語が色々なパターンで組み合わされて、何度も繰り返しCDに出てきます。テキストがなくても、CD1-2を最後まで聴けば、これらの会話が理解できて発音できるようになっています。会話レッスンは全部で30レッスンあるのですが、レッスン最後の方になったらどんな会話が出てくるのか楽しみ==。

内容は、ちょっとずつここでも紹介していきたいと思います。

AD

しばらく、語学の勉強用としてブログを使います。スペイン語、英語なども混ぜながら書きたいと思います☆


前置詞はやっかいですよね。

でも、やはり大事。前置詞に強くなると、言語もぐっと上達する気がします☆



<Preposicion> (Espan~ol = Français)

*とりあえずアクセントは入力できないから省く


A = A (~へ/to)

Antes = Avant (~の前に/before)

Con = Avec  (~と/With)

Despues = Apres  (~の後で/After)

En, Dentro = Dans (~の中に、~の間に/in, within)

De = De  (~の/Of)

Desde = Depuis, Des (~から/from)

Durante = Pendant (~の間、~する間/during)

Para = Pour (~のために/For)

Por = Par  (~によって/For)

Sin = Sans  (~なしで/Without)

Salvo = Sauf (~以外/except)

Excepto = Hormis, hors  (~以外/except)

Segun = Selon, suivant  (~によると/according to)

En = En (~の中に、~の間に/in, within)

Entre = Entre (~の間/Between)

Ademas = Outre  (~の他に/in addition to)

Sobre = Sur (~の上に/On, over)

Durante = Durant  (~の間/during) *Pendantとの違いはまだ勉強してません。。。

Delante de = Devant  (~の前に/in front of)

Detras = Derriere  (~の後ろに/behind)

A pesar de = Malgre (~にも関わらず/in spite of)

Entre = Parmi (~の間で)

Hacia = Vers (~の方へ/Toward)



似ているものもあれば、全然違うものもある。

気になるのは、スペイン語1単語に対して、フランス語は2つの単語があるものがあります。

Desde とか Segun とか。 よく使う前置詞なので、使い分けが大変そうです。。。

そして、いかに使い分けるかは、まだ研究中なので今は書くことができません。ううう。。



参考書:

Espanol/Frances "Guia de conversacion"

YALE

(15年以上前にスペインで購入。。。。年期モノ)


☆5月12日→日本語&英語も追加しました。日本語はスペイン語をメインに訳したので、英語・フランス語は使い方によっては間違っているかも?!!ご参考までに。。。。!!

AD

今日が長い言語

テーマ:

新しい言語を勉強しているという話しの中で、複数の友人が言っていたこと。


「今日」という単語が長い言語は、外国人の勉強に向かない。



例えば、日本語では「きょう」、短いです。


スペイン語では「Hoy=オイ」、短いですね。

英語では「Today]、短いですね。

イタリア語では「Oggi=オッジ」、短いですね。


フランス語では。。。。


「Aujourd'hui=オジュードゥイ(カタカナでは表せない。。)」


長い!!!!


実は、私も同じことを考えていたので、苦笑いです。確かに==。


あとあと、「今」という単語が長いのも要注意、という友人も!


日本語では「いま」。

スペイン語では「Ahora=アオーラ」

イタリア語では「Adesso=アデッソ」


そして、フランス語では。。。。


「Maintenant=メンテナン」


友人曰く、「言っている間に、『今』が終わる」。あはは。確かに、確かに。


つまり、よく使う単語なのに長いから、覚えにくくて大変、ということなのかな?

なるほど~。


やっぱり、言語っておもしろいですね☆



マイブーム

テーマ:

ものすごーーく久々です。


最近の私のブームは語学です。なんだか急に、新しい語学を習得したくなって、こうなったら5カ国語マスターを目指して頑張りたいと思います☆ 本当は英語とスペイン語を極めた方がいいのかもしれないけど。。。。まあ、ね。


この1年、いろいろと自分の将来について考えたのだけど、私はやっぱり小さいころから語学と向き合って育ってきたので、私が心から楽しい!と思える勉強は語学だけなんだ、ということに気がついたのです。今更==??なところもあるけど。うふ。


目標は「プラス フランス語&イタリア語」、余裕があればドイツ語も!!と言いたいところだけど、欲張ってはいけませんね。とりあえずは、日常会話レベルを目指します=。


実はフランス語とイタリア語は、スペイン語にかなり似ているので、まったくゼロからはじめるというわけではありません。もちろん、似ているといっても違う言語ですから簡単ではないと思うけど、言い回しや表現、文章の組み立て方はそっくりな部分もたくさん。


テキストやオンライン学習ツール、ピンズラー学習など、いろいろ試していますが、有効な学習法を見つけてみたいと思います。「スペイン語からフランス語を学ぼう」というようなブログもあって、なかなかおもしろい&役に立ちます☆


がんばるぞー。