もしも、ストーリーの第1弾でございます。もう一人のわたしの違う人生。果たして??!!

バルセロナの高校を卒業した私は、スペインにある美容学校に進学。本格的に美容師の道を目指しました。何もかもが新しい生活。家族と離れて、一人きりでバルセロナで、スペイン人たちに混じっての勉強。これは、相当に大変だわ!!

しかししかし。当時つきあっていたJとは離ればなれになることなく、良好な恋人関係を継続。高校の同級生とも離れることなく、彼らの励ましが心の支えになって一生懸命がんばる!

2年後、ロンドンの美容室での見習いの話が舞い込んでくる!(←唐突だけど。。希望よ、希望!)

夢は応援するけど、イギリスには行かないでくれ、という彼。恋愛と夢の狭間で悩む日々。。。


しかし、私は決心する。ロンドンに行こう!行かねば!!

恋愛がすべての人生では、自分のためにはならない!!だって、もしも、私が恋愛を選んだとして、数年後にその関係がうまくいかなかったとしたら、身よりもいないスペインで、一人強く生きていく自信をなくしてしまうかもしれない。でも、手に職があって、自立できる自信があれば、どんな環境でも生きていけると思ったから。。。


ということで、悲しいけれどロンドンでの再スタートに人生を賭けた!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。えーと、それでなんだろう??


うーん。なんか現実味がないねえ。。

でも、一つ分かったよ。

私は、どの道Jとは別れる運命にあったんだ、ということ。あはは。

あのままバルセロナに残って、付き合っていたとしても、必ず別れはきたんだろうなあ。

今はそう確信できるよ。


ちょっと、ストーリーを練り直します。私、思ったんだけど、私の人生はどちらかというと家族の人生に左右されることが多かったので、まずは父の人生から変えたほうがいいかも!?


AD

私はあまり過去を振り返るタイプではありません。「あのとき、ああすればよかった」とか、「あのとき、もし〇〇だったら」なんて、考えることはしません。まあ、逆に過去の良き思い出にはいつまでもしばられて、感傷的になることはあるんだけどね。。。


とにかく!!

「後悔」をしない、というのが私がいつも心に決めているのことなのです。「もしもあのとき〇〇だったら。。。」という振り返りは、ネガティブな感情だと思うし、後悔していても過ぎてしまったことは過ぎてしまったこと。失敗は、繰り返さないためにあるもの。そして、前向きに考えられるように、次はもっともっと良い方向へ行くように、失敗をすることも大切なんだものね。


だけど、ふとね、「もしもあのとき〇〇だったら。。。」って考えていくと、私の人生はどう変わっただろうか??というのをちょっと考えてみたくなったの。だって、おもしろそうじゃない?うん。ワクワクしてきた!自分が歩いてきたかもしれない人生は、無限大にあるんだろうけど、そのうちのいくつかを考えてみよう!!


さて。どこから考えようかな。とりあえず、同じ両親のもと、同じ家族のもとに、生まれたという設定は変えないでおこうかな。それを変えちゃうと、完全に違う人間になっちゃうもんね。あははは。


ではでは。『もしも、ストーリ』、第1弾!!

1977年2月、東京都杉並区で生まれる。

家族構成は、某大手家電メーカーに勤務する父と主婦の母、そしてNY生まれの2歳年上の姉。2年後、父の転勤に伴い、スペイン・テネリフェ島に移住。


。。。。。うーん。あまり幼いところまで遡りすぎても、つまらないなあ。だって、覚えてないし。


ではでは。バルセロナの高校を卒業したところからはじめてみます。


高校3年生。私は進路について悩んでいました。日本の大学へ進学するべきか、スペインの大学へ進学するべきか。。。または、小さいころからの夢であった「スペインに住む日本人のための美容師」を目指すか。


今は大分改善されたと思うけど、スペインの美容院はほんとうにひどい!シャンプーは雑、髪型は超適当に、美容師さんの独断と偏見で切られる!


「前髪は切らないでねー」


ってちゃんとお願いしても、美容師のお姉ちゃんは普通に、


「あら。あなたは短い方が似合うのよ。そっちの方が私も好きだし☆」


とか言いながら、チョキンチョキン、前髪切っちゃうんだから。ほんとよ!

さらには、スペイン人と日本人では髪質も違うので、スペインに滞在していた駐在員の奥様方の間では、美容院でのトラブルが絶えなかったの。言葉の問題もあって、細かい指示を的確にスペイン語で伝えることが難しかったみたいね。だから、よけいにとんでもない髪型になって、みなさん泣いていたわよ。


ということで!私は、あるときから、そんな日本人の奥様たちが快適なビューティーライフを送れるように、スペインで働く日本人美容師になろう!と思っていたの。これは、我ながらいいアイデアだったと思うな。


それでは。第1弾のテーマは、これにします!

「もしもあのとき、私が美容師になることを決意していたとしたら。。。」


続く。。。

AD