まりあ骨董 雑記簿

汐江アコ個人サークル【まりあ骨董】のブログです


テーマ:

あけました。

落ち着いたかどうかはあれですが、そろそろレポを書かないとこのまま書かずに終わりそうなので書きます。簡潔に。

 

 

そんなわけでコミックマーケット92へ参加してきました。

サークル参加はこれで3回目。コスプレはもう何度めだろう。7、8回くらいかな。

前回同様に北海道からの参戦でしたよって。

 

<29日>

29日は移動で終わりました。

28日に仕事納め&接待ボーリングでグロッキーでしたし、

その上雪の影響で飛行機も1時間ちょっと遅れてて、久しぶりにきつかったですね…。

 

前回夏コミは御徒町のマンション型ホテルで3泊4日でしたが、今回は五反田のキャビンホステル。五反田って東京住んでたころ一回も行ったことのない土地でちょっとドキドキしました。

ホテルの周辺スナックとか風俗のお店ばっかりでこわいあんちゃん居たのもありましたがw

 

夜は何食べようかなって夜遅くに色々歩き回って見つけた不思議なお店。

五反田 あか豆

扉小さっ!!

まさに隠れ家的なお店。

こういう出会いは貴重です。一期一会。というわけで、軽く食事とお酒を入れに入店。

image2.JPG

流石に大量に飲むわけにいかないし、飲めばたくさん食べるのが目に見えているのでほんとに軽食。

名物ゆずたまごのTKG(たまごかけごはん)と、数量限定のうに大根。

ゆずの甘みとお米の程よい硬さが絶妙でした。うに大根も美味!

他にも気になるメニューあったけど孤独のグルメはここで終了。

お近く行ったらぜひ行ってみてください。

 

<30日>

ホテルがさむかったです(棒読み

カプセルとかホステルは個室空調使えないから苦しいですよね。

 

30日はコスプレ先行入場。

相変わらずのスナフキンさんでした。

口元と手の甲は年齢が出るからアカンのやで。これ豆な。

 

今回は、以前から一度はやってみたかった鈴木心写真館(プロの写真家さんにコスプレ写真撮ってもらうという企画ブース)に行ってみました。

当然撮影してもらったんですが、その待機列も楽しいもの。

コミケスタッフに「もしかしてスナフキンさんですか!」と言ってもらって色々と話したり、前の人がジャンプしてる瞬間を撮影しようとすっごい奮闘しているのを微笑ましく見つめてたりと。

個人でプロ並みの専属カメコさんがいる人はあんまりかもだけど、本当に個人でやっている人は一度やってみてもいいかも。写真ってすげぇなってなります。

 

撮影後はこの日が創作文芸の日でしたので、その界隈にスナフキンテロしに行きました。

※スナフキンテロとは…スナフキン姿を見たことないサークル主のもとにのそって現れて困惑させる行為。大概みんな生温かい目で迎えてくれる。

今回の一番のリアクション王は森村さんでした。

関係者の皆様、ありがとうございました。すいませんでした。

 

挨拶回りおわったらふ頭公園でぼーっとしてました。

今回も色々と撮影していただいて感謝です。

みなさまの笑いの種になっていれば幸いです。

また、色んな方が遊びに来て下さってありがとうです~。

 

今回もヒロシさん撮影のコミケ動画出演してました。

何気にもう3回連続出ちゃってます。いつもありがとうございます。

 

 

夜は新橋でユッコP忘年会さいきっ会@腹黒屋。

何気にコミケ後に使うのは2回目。ゆりかもめの終着点だし値段手頃だし。

もっと序盤に写真撮れよってハナシでしたね。

でも序盤はみんなガチャ回すので必死だったので…w

(なおしおえさんはSSR浜口あやめ単引きしました)

飲み会代よりもガチャ代のほうがかかる飲み会でした。

 

どうでもいいですが、五反田に戻ってなぜかカレー食べてました。

だからやせないんだよしおえさん。

や、野菜摂取のためだから仕方ないんや…(震え声

 

<31日>

言うまでもなくこの日が一番のメイン。サークル参加。

今回はサクカユッコなのになぜかCute島。PassionじゃなくてCute。

「堀裕子・月宮雅小説本」って書いて、後者を恐らく強く熱望されたんだろうなぁと解釈しました。

その期待にこたえるべく、月宮雅小説本を製作。でも当初は果たして大丈夫かと不安で。

同じく雅Pのニナさんに「新刊書いて下さい置きますから!」ってせっついたら素晴らしい雅本作ってくれて、ほんと感謝しかないです。

 

そのニナさんと合流していざマイスペース。

卓上の設営は最低限にして、極力荷物を減らしたこともあってか、設営はあっさり終了。

今思えばその時間にあいさつ回りしておけばよかったなぁ。でもうちが終わってるだけであって、挨拶先の設営が終わってるわけじゃないしなぁ。毎回迷います。

そんな中チャイナ服のりばさいさん来てくれたりであっという間に開場。

 

とりあえずまず一言。

シャッター近くて寒かった…。

 

今回の卓上。

image7.JPG

ニナさんが一晩で色紙を書いてきてくれました。圧倒的感謝…!

 

やはり配置は大事。

 

最初は雅サークルなのに新刊はユッコで出そうと考えていましたが、雅で出してよかった。

まず売上的な話をすると、Cute島だからCuteアイドルの本があるだろうと参加者は恐らく考えているわけで、夏コミから比べたら驚くほどユッコ本は出ませんでした。

(あくまでも夏コミ準拠)

その分、雅本は予想以上に手に取ってもらえました。

 

次にやはり月宮雅の存在。

正直メジャーな存在ではない雅ですが、それでも応援するプロデューサーは結構いるんだなと思いました。

だからこそ雅本を手に取ってもらい、「雅Pなんです!」「雅本貴重なんでよかったです」等お声を頂けて本当にうれしかったです。

小さな小さな穿孔かもですが、月宮雅という存在をコミックマーケットに残せて、示せてよかった。ほんとコレです。

 

スペースはニナさんもいましたし、途中からもとおさん・小鳩さんに手伝ってもらったので夏コミの時よりは余裕がありました(お二方、ありがとうございました…!)。

おかげさまで色んな場所へお買い物に行けました。ホクホク。

アイマス島はじからはじまで歩いて買い物しましたよ。大散財!

貴重な小説本もたくさん買えたし満足!(大手さんのは後日メロブやとらで買いました)

 

あっという間の数時間でした。

楽しいことって時間が経つのほんと早いですよね…。

 

撤収!

image8.JPG

珍しく終了の館内放送を待たずにスペースを出ました。

明らかに人の流れがなくなったのと、駅が混むのが目に見えていたのもあるんですが、ぶっちゃけると途中から風邪っぽいのどの痛みが出てきて、これは無理せず早々に空港行こうと。

 

飛行機自体は夜の便だったので余裕でしたが、もう疲れ果てて羽田空港のソファに横になって寝てました。

途中から同じく羽田から帰る晴雨さんが合流しましたが、二人して寝転がりながら「疲れた」「マジ疲れた」とまるで内容の会話をしてました。

(晴雨さんは今回きれじさんのスペースでとてつもない奮闘をしていました)

互いにもう気を遣えないほど死んでましたね。

 

そんなこんなで東京ビッグサイトを出て約6時間。ようやく札幌の自宅に帰りつきました。

本当は荷物整理して実家帰ろうかなと思ったんですがやめて正解でした。泥のようにベッドに沈みましたわ。

 

 

というわけでしおえさんの冬コミは無事に終わりました。

風邪も初期症状で抑えられて回復。イベント後は体調を崩すのがユッコPの通説ですが、今回は回避できましたw

 

改めまして、今回スペースに来て下さったかたがたありがとうございました。

手に取ってもらえた本、楽しんでもらえたら幸いです。

さいきっ会の皆様、ありがとうございました(幹事役晴雨さんお疲れ様でした)。

そして最後に今回しおえの声に応えてメシアとして降臨してくれたニナさん、本当にありがとうございました。

 

 

みんな、またどこかで遊ぼうぜぇぇぇぇぇっ!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

新年あけました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

年末29日からの上京、30日コミケコス参加、31日サークル参加のち移動、1日から帰省とめまぐるしい日々でした。

コミケでお手に取ってくださった方々ありがとうございました。

 

ようやく自宅にて一息つけましたので、お知らせを一つしたいと思います。

 

自家通販を開始します。

1次・2次ともに受け付けます。

ラインナップは以下の通り。

なお、ReBirthについては残り一冊です。

先着順となります。

 

申し込み方法は

①Twitter or メール(so2_x_world※yahoo.co.jp)にて希望冊子・冊数を連絡(※をアットマークに直してください)

②しおえから確認の返信

③振込後、発送

となります。

冊数にもよりますが、基本的にはスマートレターを予定しています。

冊数多ければゆうメール予定です。

 

期間は当面設けません。

ただし仕事の都合上、発送が週末になる可能性のみ念頭においていただければと思います。

また都合により自家通販を終える場合もありますので、ご容赦ください。

 

取り急ぎ、お知らせでした~。

冬コミレポはまた後日。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうこれを書く時期になったんですね。

ここ数年mixi時代からこうやって日記を書いて一年を締めくくってます。

 

しかし、今年は公私ともに低飛行な1年でした。

1月はともかく、2月に転勤を言い渡され、4月から新天地。

7年も経理系業務従事してたのに、ある日突然営業やれって結構無茶っすよ…ぐぎゃー。

しかも明らかに全体的に人員不足(しかも最近若手の離職がめちゃ多いのが原因)での異動だし。

慣れましたか?ってよく聴かれますけど、慣れるわけないだろうに。

まぁこの辺にしておきましょう。いくらでも書けちゃうから。うん。

 

ということで、今年は自分のことに必死過ぎて、正直言って同人活動は二の次になりました。

それでもやれる範囲ではやれたと思いますが、全部はできませんでした。せいぜい三分の一くらいですかね。

 

というわけでまとめ。

 

1. 今年作った本

(1)自サークル【まりあ骨董】

 ①1次創作

 ・ロストマン(6月北海道コミティア)

 

 ②2次創作(デレマス)

 

 ・1日1ユッコ365days+α(8月C90) ※表紙:きれじ様

 ・ミヤビナデシコ四変化(8月C90)

 ・月宮雅の偶像論(12月C91)

 ・少女ブライツ(12月C91)※表紙:湖山信太郎様

 

(2)合同誌・アンソロジー

 ①2次創作

 

 ・一回休みの日/アイマス13歳合同3「13Festa!3rd」(3月シンデレラステージ)

 

 

(3)ほか

 ・みやびぃと×××(デレマス/しおえあこWeb個人企画)

  Togetterまとめ

 

 ・300字SSポストカードラリー/10月テキストレボリューションズ3(主催:桂瀬衣緒様)

  「キリコとコハル」

  「Hello and/end goodbye」

 

こうして見ると結構やってる感じがする。

去年が1次2次合わせて7冊新刊出してるわけで、

今年心身の状態を鑑みるとよく出せたなと今は思います。

もっとも、1日1ユッコとロストマン、少女ブライツは加筆あるとはいえまとめ本なので、実質的に1から作ったのは2冊。

ほんとは1次で書きたい作品も、続きを出したいものもあったけどなぁ…。

 

しかし、書けない・出せないことがストレスになっていたとはいえ、10月に突発的にテキレボ参戦したのは今思えば狂気だと思う(翌週のデレマス4th参戦も、数週後のTrefle参戦も含めて冷静に考えれれば狂気すぎる)。

多分当初は

「当日会場にいたら指さして笑ってください」

だったのに

「当日ワンチャンあるかも」

に変わり、

最終的には桂瀬さんとこに雇ってもらったりテキレボ本営のお手伝いしたりとまぁよくここまでやったなぁと。

なんだかんだポストカード作るのも勉強になったし、またいつかテキレボには出たい。

あと北海道のイベントも。

 

2. 作った衣装

 ない

 衣装を作る余裕なんてもうないです。

 スナフキンを着倒します。

 クレイジー書生スタイルはまたいつかコミティアがコスプレ解禁会になったらやります。

 増えた体重は来年落とすか筋肉に変えたいものです。

 

裁縫関係では、夏コミでぷちユッコぐるみを製作しました。

 

手にパワー(磁石)を仕込んでいるので浮かびます。

これ一人作るのに1日かかりました。

3人同時並行で作ったら1日半でした。

何事もまとめることは大事ですね。

 

3. 年始の抱負の結果

去年のまとめを見ると目標を明確に決め手はなかったようです。

ただ、3月テキレボからサークル参加復帰と書かれていました。アイマスオンリーも出たいって書いてましたし。

実際にはそのまとめを書いたときは転勤決まる前でしたし、無理でしたね。

3月テキレボは桂瀬さんとこでお手伝い参加でしたし、サークル参加再開は6月の北ティアまでかかりました。

今年は

・2月北海道エリシアン※委託

・6月北海道コミティア
・8月コミケ

・10月テキレボ※委託

・12月冬コミ

 

まぁ去年が出過ぎなんですよね。

直参6だったもんな…。それプラス合同誌。

やっぱり去年がおかしい。

 

4. 今後の予定

 

未定。出たいし書きたい。

が、現状ではお仕事のからみとぶっちゃけメンタル的なところで何もできない状態ですね。

とりあえず夏コミには申し込もうとは思いますが、それ以外は未定。

あとは北海道文フリとか、コミティアあたり…一般かもですが。

 

去年は活動しすぎて書きたくないって思ったりしてましたが、

今年はその逆で書きたい気持ちが強くなりました。

自分にとって文章を書くことって結構なプライオリティ持っていたんだなとしみじみ。

 

現状未定すぎて何も言えないのが申し訳ないですが、いずれまた。

 

5.最後に

 

今年1年みなさまお世話になりました。

 

創作文芸勢はテキレボの突然参加や打ち上げまで色々と感謝です。私は色々言いますけど、テキレボや創作文芸の空気が大好きなんです。

また来年も遊んでください。

アイマス勢は今年はライブ当日くらいしかお会いできてない人も多いですが、それでも少ない機会で再会して絡んでもらえて非常にうれしいです。

何も考えずに好きなアイマスのことを語れたことは癒しでした。

またどこぞの現場でお会いしましょう!

 

それでは、少し早いですが来年もまりあ骨董、ならびに汐江アコ(しおえあこ)を宜しくお願い致します。

皆様の2017年がよりよいものになりますよう祈念しつつ、失礼します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月のテキレボから始まり、その翌週のSSAでのデレマスLIVE、そして昨日のTrefleのファイナルライブ。

遠征月間でした。1カ月の間、3度も東京に行くとは思いませんでした(SSAは埼玉ですが)。

東京在住だったらなと何度も思いました。正直めちゃくちゃ疲れましたし、金銭面でも相当にガバガバになりまして、ちょっとよろしくない笑

でもすっごい有意義というか、いいお金の使い方したなぁってしみじみしています。

期間中色々とありまして、なんだかあっというまに一か月が過ぎました。

 

そんなわけで、遠征月間最後の締めくくり、Trefleのライブレポをもりもり書いていこうと思います。

(3日に分けて書いてるのでアップダウン激しいかもですがご容赦!)

 

Trefleについては前回5月に書いたライブレポを参照いただけるとありがたいです。

http://ameblo.jp/mari-ako-tto/entry-12161007844.html

夏も終わりにさしかかる頃、突然の活動休止とラストライブ開催が発表されました。

活動休止については色々と思うところがありましたが、それでもTrefleが大好きなしおえさんとては行かないという選択肢はありませんでした。

最後に10人の雄姿を目に焼き付けよう。マネージャーとして送り出してあげよう。

それだけでした。

 

そして迎えた当日。例によって札幌の自宅から遠征スタート。

まず朝起きてびっくりしたのが札幌大雪。

結構な勢いで雪降っていて飛行機が飛ぶのか心配でしたが、何事もなく無事に飛びました。

行きの飛行機は隣がいなかったのですごく居心地良かったです。

とはいえ多少出発遅れましたが。

その間暇だったので、これ買って読んでました。

あかいろ交差点。

Trefleのメンバー、鈴木絵理さんことえりぴょんが発売告知PVでヒロインの大原たまき役で声をあてているのです。

一度ムービーを見てから本を読むと脳内再生余裕です。

オススメ!

 

 

そんなこんなで30分ほど到着遅れたものの無事に東京へ到着。

すぐにラストライブの会場である虎ノ門のニッショーホールへと向かいました。

 

ニッショーホールとTrefle。

そう、3rdライブが開催された場所なのです。

1年半経過してのニッショーホール。帰ってきたなって感じがしました。

個人的には3rdのときはまだ予習も不十分で、メンバーもえりぴょんしか存じ上げてなくて(もともとTrefleを知ったのはえりぴょんがきっかけ)、今思えば申し訳ない限りでしたね。

それがこの1年半でまさかここまで10人にハマるとは思ってもみませんでした。

 

 

会場に着くとすぐに盟友・もとおさんを発見。

もとおさんはえりぴょんへの寄せ書き企画を立てて下さって、本当えりぴょんのために奮闘されていました。

ということでまずはもとおさんの手伝い。

字がへたくそで申し訳ない…。

SSAでも寄せ書きメッセージを集めていらしたんですが、この日も結構来て下さってましたね。

これを開演ちょっと前までやっておりました。

この呼び込み中、衝撃の体験をしましたがそれはそっと心の奥にしまっておきます。

とりあえず主催のもとおさん、秋桜さん、ジャイアンさん、そしてしおえが開演前に崩れました。

 

フラスタ~。

こちらは全体向け。

イラストがほんとかわいらしいですよね。

そして個人向けフラスタ。

ごとりさん。馬は競馬好きなところからですね。

みーなさん。きれいな青色。

いっしー。この生茶パンダ懐かしいなぁ。

かのチーフ。自転車がクール!

かっしー。まさにTrefleカラー。

むねこ。舞台でやったアンネの日記も飾られてました。

ひろちオレンジ。最後のMCでオレンジ色に染まったし、ひろちよかったね。

タノウェイ。落ち着きあるパープル。

かりんちゃん。ほんとかりんちゃんこんな感じでジャンプしてる。

えりぴょん。ランドセルは「ふらいんぐうぃっち」の役からかな。

 

るるきゃんからフラスタが届いていました。

まさかるるきゃんが! と思いつつもそのカリスマ力にちょっと泣きそうになりました。

 

そんなわけでライブ会場へ。

まずはお手紙投函!

今回はTrefleっぽくクローバーの封筒を見つけたので使いました。

 

しおえさんはFC会員枠で申し込んだので最前5列目。しかもどセンター。ありがてぇありがてぇ。

ちなみに夜の部もほぼ同じ席。ありがてぇありがてぇ。

 

そしてついに昼の部がスタート。

セットリストに沿って雑感をば。

1.the one step shining star

しょっぱなからぶっ飛ばしてきた!

この曲のサビ聴いて、誰がアイドルユニットの曲だと思うのってくらい激しい。

ヘドバンが楽しい曲。

「I can do. Trust yourself. It is a chance to begin.

Now is the time the one step shining star.」

ほんとこのフレーズが刺さる。

 

2ndの映像だけどぜひ見てほしい。

http://www.nicovideo.jp/watch/1396847893

このあと出てくるFight!やBlueWater、キズナの物語も出るのでぜひ!

 

あ、あとラストアルバム全曲紹介という動画が公式より公開されているのでレポと併せてみていただけるとうれしいです。

 

2.Butter-Fly

続くアップテンポ。

デジモンの主題歌にして、Trefleのメジャーデビュー曲。

誰もが文句なしに盛り上がれるわけでして。

みなさんのコールも板に付いてきましたね。

L・O・V・E ラブリー○○!

 

 

3.春夏秋冬

しおえさんのTrefle入信曲。

この曲にここ半年は背中を押され続けています。

デレマスではキュートにパッションなえりぴょんがほんとカッコよくなる曲。

 

 

4.BlueWater

そしてまだまだ続くTrefleの行進。

前の3曲に比べればまだおとなしい曲ですが、この曲も休めない。

だってサビは観客もみんな何となく踊るんですもの。

簡単な振り付けで初見でもすぐに覚えられるんです。

踊らにゃそんそん。

 

ということで連続4曲。

アップテンポな流れに早くも会場の空気がアツくなっていました。

そりゃ汗もかきますよ!

 

5.風吹く朝に...

タノウェイ・ひろち・むねこ・かりんちゃん・えりぴょんのTrefleキュート組5人によるユニット。

どアタマからえりぴょんなんだよねこの曲。

しっとりした曲とえりぴょんはデレマスではなかなか見られないわけで、すっごいゾクゾクしました…!

心洗われる曲。

 

6.約束の場所へ

ごとりさんとむねこ。

メンバーの振り付け師も兼ねるごとりさんとそれに負けじとダンサブルだったむねこ。

カッコよかったです。

原曲は完全にはわからなかったけど、どこかで聞いたことあるなって思った。

たぶん後でアレする音の会(という知り合い主催のアニソンDJパーティ)で聴いたんだと思う。

 

7.Over The Future

聴いてください、おーばーざふゅーちゃー。

ライブ行った人はこれだけで思い出し笑いできるかもしれませんね。

ひろち・えりぴょん・かりんちゃんの3人によるカバー。

原曲うろ覚え。たぶん後でアレする(以下略

原曲今聴きながら書いてるんですが、3人の声でもう一回聴きたいなぁ。

 

8.Guitly

かのチーフ・ごとりさん・いっしー・みーなさん・かっしーのTrefleセクシー組の5人。

ごとりさんがダンサブルでセクシーなのは言わずもがなだけど、かっしーを見ているとほんとドキドキした。

かっしーの中にあるセクシーが全部出てたと本気で思う。

あといっしーは表情がもう言い方あれですけどエロかった…。

 

9.桜

はじめてこの曲が披露されたのは昨年末のみるくらりあっと。

およそ1年近くの時を経て、桜は進化し続けていた。そう感じました。

いっしーのラスサビ前の激唱は何度聴いてもビリビリきます。

 

 

10.君の呼ぶ名前

逃げたくない。もう逃げない。

やさしく背中を支えてくれる、押してくれる曲。

浄化されるっていう表現は安っぽいけど、ほんとそれでした。

 

11.いつかの空に

ラストアルバム収録の最新曲そのいち。

これまたアップテンポな曲。ライブ後今一番聞き返している曲ですね。

最初聴いたとき、「これテレ東アニメのOPっぽい」って思ったのは僕だけででしょうか。

 

12.内緒のエンペリーゼ

ラストアルバム収録の最新曲そのに。

歌詞、特に最後はこれからのTrefleのための曲であるし、自分たちマネージャーに向けてのコトバという感じがしていて、この曲が流れてきたら「あぁもう終わるんだなぁ」って感傷的になりました。

曲調的にはこれもアップテンポなので泣いてお別れ、というよりは笑って(或いは泣き笑いながら)お別れって感じですね。

実際舞台上でも10人はそうでした。

 

En1.Sing sing

タオル曲。

なにも考えなくていい。さぁ叫べ、さぁ振れ。

うぉーうぉーうぉーいえーいえーいえー。グルグルグルグル。

余談ですが、いつかの空にはテレ東のアニメOPに思えた一方、この曲は清涼飲料水のCMを思わせる曲だなって。

 

En2.One Time

入信曲が春夏秋冬なら、しおえさんが一番好きな曲と聴かれればこの曲と答えます。

メンバーがTMP3のときのMCで口にしていたコトバを紡ぎあげて作られた曲。

一切の憂いのない黄色い世界に染まりました。

メンバーも昼の部ということで、まだこのときは終わるなんて考えてなかった(まだあと夜の部があるので)のだと思う。表情は晴れやかというか。

 

ということで、昼の部はこれにて終了。

この後昼の部前に買えなかった物販に行きました。

事前に計算してはいましたが、それよりも多く買っちゃった。概ねブロマイド。

いやーでも2000円ごとに一度くじびきできるのですが、ポスター一枚しか当たらないとは思いませんでしたww

それなりの数のくじを引いたんですよ。

「おっまだひとつめですし」「まだまだこれから!」「まだありますよ!」「おっまずはひとつあたりですね」「次は…あっ」「…来い! あっ…」

とまぁ係員のお兄さんの反応はこんな感じでした。徐々に曇っていく表情が脳裏に映ったかと思います。

 

物販で敗戦後、再びもとおさんとともに寄せ書き集めへ。

夜の部のほうがユッコPと多く会えた気がします。

企画お手伝い中はゆっくり話すことができなくて申し訳ありません…!

 

そんなこんなで寄せ書きも盛況のうちに最後の一人のメッセージを集め、終了!

もとおさん、イラストから企画運営まで本当にお疲れ様でした…!

無事にえりぴょんのもとに届いているかしら。

 

夜の部もセットリストに沿って雑感。

1.the one step shining star

昼の部以上にヘドバンしました。

思い残すことのないように精いっぱいぶんぶんと。

 

2.Butter-Fly

3.春夏秋冬

ここまでは昼の部と同じ構成。

予測可能回避不可能。

会場の熱気がまたしてもすぐに最高潮に!

 

4.Fight!

Fightは歌い慣れているのか安定感がすごかったです。

みんなで拳を突き上げるの、一体感があって好きです。

 

5.キズナの物語

チーフ・タノウェイ・ごとりさん・ひろち・いっしー・みーなさんの初期メンバー6人での一曲。

このPV見るたびにタノウェイとみーなさんの変貌ぶりにびっくりする。

一面が青に染まるこのキズナがほんと好きすぎる。

 

 

6.コンディション・グリーン~緊急発進~

初期メンバー6人が歌ったということは次はこれしかない!

コンディショングリーン。かっしー・むねこ・かりんちゃん・えりぴょんの2期メンバー。

舞台を広く楽しく使う4人は見ていて楽しかったです。

 

7.魂のルフラン

いっしーとみーなさんの「ゆいみなみ」でのルフラン。

圧倒的歌唱力にプラス鮮やかなダンス。

このカバーをすることになったのがカラオケ発だとは思えない笑

 

8.経験値上昇中

ちーふ・たのうぇい・かっしーによるカバー。

何となく聴いたことある曲と思ったらこれみなみけだったのかー。

かわいらしいダンスにコール&レスポンスに乗り切れなかったのはちょっと悔いが残るかも。

 

9.桜

ここからラストまでは昼までと同じ。

同じなのにやっぱり「あぁ本当にライブ終わっちゃうんだなぁ」って頭で考えちゃって、昼の部以上に感傷的になりました。

「かっこ悪くても言えばよかったな」

この歌詞が聞こえてきて、とにかくしおえさんは声を出し続けてました。

「好きだー!」「ありがとう!」と。

 

10.君の呼ぶ名前

桜で作られた世界観そのままにこのバラード曲。

どアタマえりぴょんも感情がこもっていた気がします。

もうただただ浄化。尊いとかそういう単語では言い表せない何かがありました。

 

11.いつかの空に

今歌詞カード見つつ曲を聴きつつ書いてますが、

Trefleとマネージャーたちの曲でもあるなぁと感じています。

「君はずっとそばにいてくれた」

「君はずっとココにいてくれた」

Trefleが終わっても私たちマネージャーはずっとそばにいるしTrefleもずっと居るよって聞こえてきます。

 

余談ですが、黄色のサイリウム3本振ってたおかげか、えりぴょんが明らかにこちらを見て手を振ってくれたことをここに報告しておきます。

 

12.内緒のエンペリーゼ

そういえばエンペリーゼってどういう意味なんだろうとヤフーで調べたら作曲者ZYUN氏の造語っぽい。

ので、勝手に「約束」なんて解釈してます。

ということで、「必ず逢いに来るからね」というエンペリーゼをしおえさんは胸にこれからもTrefleのマネージャーであり続けようと思います。

 

En1.Sing sing

何も考えるな! 叫べ回せ!

あれ昼の雑感も同じこと言ってたような…。

でも実際そんな感じ。何もかも忘れてとにかく全員で楽しむことだけを考えていたと思います。

曲の最後、最前列勢のサプライズ横断幕にはほんとびっくりした。

何びっくりしたって、その横断幕は客席側からじゃ見えないけど、それを見たTrefleの面々の表情にびっくりしました。

まさかのサプライズに本気で驚き、笑い、中には涙をこぼすメンバーもいました。

 

ラストMCはみんな思いの丈を込めて話していましたね。

ひろちはいきなり「謝らないといけないことがあります!」って泣きながら言って何かと思ったら「今日は絶対に泣かないって決めてたのに…!」とのこと。

バカ言うな今日は泣いたっていいんだって。といいつつもらい泣きするしおえさん。

かっしーもぼろぼろ泣いててさらに追い打ち。

かりんちゃんはしょっぱなからボロボロでむしろ面白かった。泣き笑いってああいうことだなぁ。

そしてこんなときでも笑いをとろうとするみーなさん。

「最後も笑顔のほうがいいじゃん」って貴女は神か。

 

初期メンバーも2期メンバーも最初は色んな不安があったんだなってコメントから十分すぎるほどににじみ出ていました。

ダンスははじめて、まだ声のお仕事もはじめたばかり、ラジオなんてやったことがない。

そんなある意味でゼロから作り上げたTrefle。

だからこそラストの曲が一層心にザクザクくるのです。

ということでTrefleラストナンバーはこちら。

 

En2.One Time

本当にラスト。

笑顔で彼女たちを送りださないと思いつつ、しおえさん途中で耐えられず号泣。

みーなさんが舞台上で珍しく声を詰まらせてたのがさらに追い打ち。

終始泣きながら、それでも笑いながら手を振っていました。

 

「ゼロから作りだす不思議な世界 色んな想いを結んで束ねて」

アニメ、ナレーション、舞台。

色んなところからやってきた小さなクローバーたち。

日々前に進み続けて、小さかった彼女たちのセカイは今やこんなにも大きくそして彩りあるものへと進化していました。

きっと色んな事がメンバー個人個人にもあったのだと思います。

それでも歩みを止めず、ここまで来たからこそ見られた世界だったのかなぁと今は思います。

 

「ありがとう ありふれた言葉 少しの言葉だけ 忘れない いつもいつでもずっと届けたくて」

いつも言っていますが礼を言うのはこっちのほうだーーーー!!!!ありがとう!!!

 

 

 

ということで、最高のステージでした。

 

終演後すぐに秋桜さんが駆けつけてくれましたが、しおえさんボロ泣きしすぎてて「あー」とか「うー」とか言えてなくて絶対困惑してたに違いない笑

 

お外でなんとなくユッコP集まってたら全員が憔悴しきっててちょっとほっこりしました。

そしてみんな「あー」とか「最高…」とかしか言えない語彙力の低いオタクになってました笑

 

終演後は秋桜さんもとおさんジャイアンさんとでTrefle感想戦打ち上げ行きました。

虎ノ門って大衆向け居酒屋ないと思ってたけど意外とあるんですね。

色々お話しできてよかったです!その節はありがとうございました!<お三方

 

 

そんなわけで。

およそ1年半に渡り追いかけ続けたガールズユニット・Trefleはこの日、本当に最後を迎えました。

最初はえりぴょんが目的だったけど、最終的にはユニット全体が目的になっていて、Trefleのすごさを身をもって体感しました。

たぶんこれからもずっとしおえさんはTrefleのマネージャーって言うんだと思います。

それほどまでにしおえさんの生活の中にTrefleが入っているわけで。

なんだか何を言いたいのかわからなくなってきましたが、とにかく言いたいのはTrefleを追い続けてきて本当によかったなっていうこと。

 

これからもずっとTrefleとともに。

「必ず逢いに来るからね」

 

長文、失礼しました!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

続きまして2日目。

ちなみに前日は終電で秋葉原に戻ってきて、色んな人とTwitterで感想戦してて結局寝たの3時くらいでした。


朝はそんなに急ぐこともないのでゆったりとマックで一息。

いやちょっとコミティア案件があってそれのネタ出しをしてたんですが。

隣でアイドルか何かのスカウトか面接してたのが気になって進まないの何の。

終わったからよかったけど。あっこの話題全然本筋と関係ないね!おしまい!


くれよんさんにおつかい頼まれて秋葉原のでらなんなん(サイリウム屋さん)行って目的のもの買おうと思ってたら、買う予定のないUO10本入りを手にしてました。

うん…ちょっとしおえさんテンションあがってた


そんなこんなでSSAへ。

今日はまったり。そう考えていた時期が僕にもありました。



image3.JPG
昨日圧巻のパフォーマンスをしたえりぴょんとユッコにありがとうを伝えたいという想いの元、

もとおさんが一晩で考えてやってくれました。

というわけで2日目も企画のお手伝いしていました。

感謝の寄せ書き!

もちろんTrefleえりぴょんの寄せ書きも併せて募集してました!


実際、2日目にえりぴょん出演するわけじゃないからそんなに集まらないかも、って思っていたんですけど、実際には色紙1枚じゃ収まらなくなるほどの盛況ぶりでした。

最終的に2枚目びっしり。



いろんな方が遊びに来てくれました。


117さんのユッコチャリ。デレステで出た最新SSR。



裏面は特訓後。ほんと痛チャリってカッコいい。

そして神々しいというか、下手に手を触れられない。



ありがとう色紙と一緒に

Trefleえりぴょん色紙も一緒にやっていたんですけど、こちらも色んな人に書いていただけて…。

デレマスでこれだけ集まったんなら当日はどれだけ集まるんだろうとちょっと楽しみではあります。


涙目コジさんに手伝ってもらって会場中をぐるぐる回って書いて下さる方を募集したら結構いました。

本当にありがたいお話です。

やっぱり昨日の幸子召喚効果は大きいんでしょうねぇ…。


そして完成品はこちら。
image2.JPG
すべての参加者に感謝したいです。

そして主催のもとおさん、唐突にイラストをお願いしたきれじさんには最大級の敬礼を!


英語圏の方にも参加頂けました。

付け焼刃の英語で何とか通じてよかったです。

だんだんと外国人Pも増えてるようだし、多少の英語はできるようになりたいなぁ。

P専用のよく使う実用的英会話集誰か作ってくださいw



さてさて、そんなこんなしてたらもう開場も始まり、開演まであとわずか。

プレゼントセットに色紙や自分個人が書いたお手紙を投函して会場へGO。


しおえさん、同志のみんなでゆっくりと進むあの時間が実は結構好きだったりします。

会場の入り口がみんな違うので、一人、また一人とそれぞれの席へと旅立っていく。

そして「楽しみましょう」「そちらもご武運を!」的な会話。

なんというか、個人的胸アツでした。



会場入ってからは前日に撮り切れなかったフラスタ撮りながら進んでました。




えりぴょん・ユッコ関連のものを抜粋しています。




というわけで、ここからはLIVEパート。

前日、同行者のひこさんとサプライズはどうなるのかということを話していました。

・サプライズなんて起こさなくてもフルメンバー揃ってるから力押しで十分すぎる

・早見さんは金曜にライブやってるからいくらなんでも無理だろう。来てほしいけど。

・だちゃーんは読めない。でも出るタイミング的にどこってなっちゃう。

など、色々お話してました。

また前日の打ち上げの際もその辺のことを話していました。

いったいどうなるのか。誰もがわくわくしながらこの日を待っていました。


ご覧ください。

(セットリストはこちら から引用しております)


346 Castle

1.Star!!/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

開始にふさわしいブチ上げ曲。

運命のドアが開く!!

文句のつけようのない始まりでした。

考えればこの曲を初めて聞いてからもう2年近く経つんだなぁ。


2.Shine!!/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

そして新たな光に会いに行こう。

前日のGOINと同様に思うところのあったアニデレ曲の一つ。

1日目と同じことをいうと、去年と今年とでは感じ方が全然違った。

聴けば聴くほど、冒頭の歌詞が染みるような感じでした。


3.STORY/松井恵理子&福原綾香&大橋彩香&原紗友里&渕上舞

デレステで配信されていたとき、まさに別件でバタバタしてて全くプレイできてなくてこの日が初見という。

これは後日衣装と合わせてじっくり見返さないとだなー。


4.LET’S GO HAPPY!!/凸レーション(黒沢ともよ&松嵜麗&山本希望)

スタンド席からでも3人が凸のフォーメーションになっていたのがわかりました。

もよちーほんとよく動く。みりあだよあれほんと。


5.Happy×2 Days/CANDY ISLAND(大空直美&五十嵐裕美&大坪由佳)

「なんでやねん!」

「いりません!」

去年はこれが心の底から言えてなかった。

今年は? もちろん言えました。全力で!


6.Memories/LOVE LAIKA(洲崎綾&上坂すみれ&内田真礼)

アァァァァァァァァァァァァァラブライカついに揃い踏み!!!!

それだけで十分幸せ…!圧倒的幸せ…!

CPでダントツに好きなのはLOVELAIKAだったりします。

(デレステ、自分でもMASTERクリアできる数少ないのもありますが笑)


で、スタンド席だからステージ上のポップアップの変化にすぐ気付くんですよ。

2番終わったところで穴が開いたんですよ。

蘭子来るな、と思って心の準備だけはしていましたが、圧倒的ラブランコの前にはしおえは無力でした…。

ラブライカ、尊すぎ…。

これ、早くBDで見たい。

アリーナ席から、蘭子がすっと現れるその場面を見てみたい。


7.-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律/Rosenburg Engel(内田真礼)

ラブライカと同じくらいCPで大好きなLEGNE。

1stのころはまだデレマス曲も全部わかってなくて、参加もしてなかったため(今思えばよくその状態でMASTER OF IDOL WORLD2014行ってたなぁ…)、今回が初・内田真礼でした。

前日のBloddyFesta等々で完全に首痛腰痛でしたが、この曲流れた瞬間また振りましたよ、首。

もちろん初蘭子を見るために抑え目にしていましたが。

ほんと控え目に言って最高。

傍にいてくれてありがとう? こっちがありがとう!


なお、曲途中でしおえの身体のどこかからヤバい音がしましたが、気のせいということにしました。


8.私色ギフト/凸レーション with 城ヶ崎美嘉(佳村はるか&山本希望&松嵜麗&黒沢ともよ)

オリジナルメンバーでの曲でしたね。

LEGNEで消耗した体力精神力を回復させてくれました。楽しい曲だなぁ。


9.Heart Voice/CANDY ISLAND with 安部菜々(大空直美&五十嵐裕美&大坪由佳&三宅麻理恵)

この曲絶対歌うの難しいよね。って思いながら聴いてた。

曲調、静と動がメロ・サビではっきりしてる曲好きなんですよね。この曲はほんとそれ。

デレステでやったら絶対面白いだろうなぁ。


10.Nebula Sky/上坂すみれ

アーニャ!アーニャ!!アーニャ!!!

しおえの心はずっとこれでした。

バラードロックという表現が正しいのか、こういう曲調も好き。

それをやさしく歌い上げるすみぺ。

もうただただ見つめるだけでした。

大人びているとはいえアーニャはまだ少女と言うべき年齢。

少しでも美波やみんなに近づこう、追いつこうと自分なりに頑張るアーニャの姿が想起されました。


11.Wonder goes on!!/*(Asterisk) with なつなな(青木瑠璃子&高森奈津美&安野希世乃&三宅麻理恵)

4人でエアギター。いやギター多すぎだろってツッコミは無粋ですね。

だりなつはともかく、他の組み合わせはアニメがなければたぶん自分じゃ想像しなかっただろうなぁって曲聴きながらしみじみ思っていました。


12.できたてEvo! Revo! Generation!/new generations(大橋彩香&原紗友里&福原綾香)

ちょこ、れい、とー!

これまた自分なりに思うところのあった曲。

でもやっぱり好きになってた。すいません、昨日からこういう感想ばかりで。

とにかく、歌詞から引用するなら

「歌おう!」

でした。


13.Rockin’ Emotion/安野希世乃

きよのん、どこまで進化するのあなた・・・。

しおえは舞台上に木村夏樹をしっかりと見つけました。

最後の背中で語る姿はただただロック。ロックに言葉はいらねぇでやがりますね。


14.ØωØver!! -Heart Beat Version-/*(Asterisk)(青木瑠璃子&高森奈津美)

舞台上に残ったきよのん。

何をするのかと思ったらまたもエアギターでじゃじゃーん!!その前に足をドン!としたとき、その足音が聞こえたような気がしました。

しかもまさか最初のだりーパートを歌うなんてなんてプレゼントだよもう!!!!

でも最後は「二人に託すぜ」って去るきよのんほんと夏樹。

このバージョンを生で聴けて、ほんとにほんとにうれしかったです。


15.Trancing Pulse/Triad Primus(松井恵理子&福原綾香&渕上舞)

2ndぶりのトラプリ!

しかもこの曲を3人勢ぞろいでってのはもう何よりも感謝。

去年は渕上さんいなくてシルエット演出(これも感動して泣いちまったけど)だったけど、今年は揃い踏み。

中でもまつえりさんの声の張り上げが半端じゃなかった。

「私だってやれるんだ!やってやるんだ!」っていう神谷奈緒の姿が見えました。

ほんとまつえりさん奈緒だよもう。


16.こいかぜ/早見沙織

トラプリの興奮が冷めやらぬ中、何やら会場が荘厳な雰囲気に。

それもそのはず、まさかのあの楽曲が…!

先に上でしおえは書きました。流石に無理だろう、と。


…何か夢かと思いました。

前日の打ち上げでも、同行者・ひこさんとも「もし万一来たら崩れる人多数でしょうね」なんて言って話してたんですよ。


すいません、しおえも崩れました。


いや、そりゃ来るかも、来てくれるかもって淡い予想はしていました。

だからフツーは「ほらやっぱり来た!」っていう反応かなーって。

でも現実は全然違くて。

ステージ上に高垣楓がいる。歌っている。歌姫が降臨している。

頭の中がぐっちゃぐっちゃになりながら、ただただ泣いていました。


誰かに話した気もしますが、すっごい防御力高い装備してたのに、防御無視の攻撃されたような、予測可能回避不可能というべきか、そんな感覚でした。

最後のバックコーラスから終わりまではもうタオルで口元覆って、嗚咽で周りの迷惑にならぬように必死でした。

早見さん、来てくれて本当に本当にありがとう…ございました…!


17.Nocturne/東山奈央&早見沙織

いや、早見さん来るとは思っても、諸々のスケジュール考えて(2日前にソロライブツアーやってた)こいかぜ一曲だけだろって思ってたら、まさかのノクターン。

しかもさらにまさかの東山さんもサプライズ登場しての!!!

なんというか、マウントになった上に勝敗ついてるのにタコ殴りにされているような、オーバーキルを味わった感じです。

運営はPたちを殺しにかかっている。そう感じました(もちろん褒め言葉


18.この空の下/LOVE LAIKA with Rosenburg Engel(洲崎綾&内田真礼&上坂すみれ)

ラブランコ再び。

ようやくここで落ち着けた感じがしました。

ごめん、動揺しすぎてあんまり覚えてない。

BDでちゃんと見返そう…。


19.心もよう/青木瑠璃子&五十嵐裕美&上坂すみれ&内田真礼&大空直美&大坪由佳&黒沢ともよ&洲崎綾&高森奈津美&渕上舞&松井恵理子&松嵜麗&三宅麻理恵&安野希世乃&山本希望&佳村はるか

この人数で心もようって最初はびっくりしましたが、最後ですべて合点がいきました。

ここはあまり語りません。実際に映像で見てほしいです。


20.流れ星キセキ/new generations(福原綾香&大橋彩香&原紗友里)

あいだにGOINのインストを挟んだ後に流れ星。

「もう迷わない」

このフレーズを歌うはっしーが好きです。

あのとき、ぼくたちは流星になりました。


21.M@GIC ☆/大橋彩香&福原綾香&原紗友里&青木瑠璃子&五十嵐裕美&上坂すみれ&内田真礼&大空直美&大坪由佳&黒沢ともよ&洲崎綾&高森奈津美&松嵜麗&山本希望

デレマス全体曲の中でも独特のリズム・曲調の曲。

好きです。好きなんです。

コールも一風違うし、楽しい。

去年と違った気持ちで聴けた一曲でした。


22.夢色ハーモニー/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

アニデレ全体曲で、放送当時からブレずに好きな希有な曲。

「笑ってるよ!」 

何回聞いてもジンと来る歌詞の一節です。

今年も聴けてよかった。


Future Castle

23.Yes! Party Time!!/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

新曲!

なんでみんなそんなにコール完璧なの?ww

といいつつしおえも盛り上がってましたが。

本家の待ち受けプリンスの系統のナンバー。ノリノリでした!


24.SUPERLOVE☆/山本希望

予習不足。

ごめん、のじょ……。

これ映像化の時にあのVJ入ってくれないかな。可愛かったんだよな…。

めっちゃ好きっす!


25.NUDIE★/佳村はるか

TOKIMEKIとはがらりと変わって、セクシーさと美しさを兼ねた一曲(と勝手にしおえは感じている)

ジャンプ禁止じゃなかったら飛んでた。

美嘉の新境地を見た気がします。

そしてほんとるるきゃんは美嘉と一緒に成長しているなぁって感じました。


26.おかしな国のおかし屋さん/大坪由佳&上坂すみれ

大坪社長なにしてんすかwww

去年は曲中にパン食べて、今年は神戸でマシュマロ、豚まん。

そして今回はレモンタルト!しかも自作!大坪社長ほんともう好き…。


余談ですが、すみぺ視点のVRほんと見てみたい。大坪社長の顔の圧を見たい。


27.Sparkling Girl/青木瑠璃子

だりーなはこういう曲が好きなんだなってものが溢れた一曲。

スタイルの良さもあるけど、ほんとるーりぃライブ映えするよなぁ…。


28.ニャンと☆スペクタクル/高森奈津美

曲が可愛いということよりも、あの早口フレーズを言えたことに会場中が「おおおおおおお!!!!!」ってなってて、ある意味で会場の一体感を感じました。

なつ姉はほんと高いハードルを次々と越えてくるなぁ。


29.ステップ!/原紗友里

ニュージェネの先陣を切ったのはリーダー・未央。

ほんと元気という字をそのまま曲にした感じ。

せーいっぱい! めーいっぱい!


30.AnemoneStar/福原綾香

事前からこれは聴いてみたいと思っていた一曲。

るーりぃ今年も猛る。

凛はほんとこういう曲が似合う。

余談ですが、ふーりんの歌うときのあの青一色の世界がしおえ大好きです。


31.はにかみdays/大橋彩香

これもまたはっしーと卯月の新境地を魅せた曲だなぁと思いました。

聴きたかったもの、これも。いやそりゃ確かにアニデレの日と言っても過言じゃないからS(mile)ing聴きたい気持ちもあったけど、ある意味でこの日はアニデレ勢にとってもアニメが終わって、また新しい扉を開くという意味でBrandNewでもある(と勝手にしおえは思っている)ので、これでよかったなぁと思っています。


32.EVERMORE/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

 前日に続き、アニバーサリーソング。

ただただ聴くだけでした。

早く家でも聴きたい!


アンコール

33.GOIN’!!!/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

前日のレポで書いたけど、ほんと自分Goin好きになったなぁ…。


34.夕映えプレゼント/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

これ聴くと終わりがもう目の前、って感じるのはしおえだけじゃないはず。いやそりゃED曲だからそうなんだけど。

夢みたいにきれいで泣けちゃう。

ほんとこれ。

語彙力がもうないぞ、すいません!


35.お願い!シンデレラ/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

予測可能回避不可能。

ただただ別れを惜しみつつ、未来への期待を込めて声を張り上げるだけでした。

ありがとう、ただただありがとう…!




というわけで、以上セトリと一緒に雑感を述べてみました。

偏っててすいません。


課金城とユッコ。


image4.PNG
おつかれさまでした。


この日は素直に宿に帰って、夜遅くまでTwitterで感想戦してました。気がつけば3時近く。なにしてんのしおえさん。


帰りの電車では結構水色のバッグ(今回のショッパー)やら、ライブTシャツ着ている人いましたが、徐々に少なくなっていくことに一抹の寂しさを感じていました。


でも宿帰ったらあんきらいたからちょっとほっこりしました。



image3.JPG


改めまして。

出演されたアイドルの皆様、

スタッフの皆様、

お疲れ様でした、ありがとうございました。


何度も言って申し訳なさもありますが、

さいきっ会や企画でご一緒したPの皆様、

打ち上げで一緒した皆様、

会場でお会いしたPの皆様

そして何よりも同行させて下さったひこ様、

本当に本当にありがとうございました…!


一生の思い出になりました。


テキレボと併せていったいこの2週間でどんだけのお金をつかってるのか、計算するのも怖いですが、

来なかったらめちゃくちゃ後悔していたなと思います。


奈緒みたいなことを言います。

「みんな、大好きだーーーーーー!!!!!」


長文なのに最後まで読んでくださってありがとうございました。





またどこかの会場で遊ぼうぜぇぇぇぇぇぇぇッ!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。