お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

富山・石川でお墓の購入を考えてる方
関東や都市部、その他の地域で墓地を購入しようとしてる方、
お墓の営業マンならではのアドバイスをいたします。
気軽にお問い合わせしてください。


テーマ:

お墓の営業マン・宮崎の記事のご案内とまとめ


このブログの記事はこれからお墓を購入する人のために、「失敗しないお墓の建て方」を伝えるために書きました。
項目別にまとめましたので、見出しをクリックすると読みたい記事のまとめページに飛びます。

お墓の営業マ ン・宮崎の自己紹介と考え方
初めての方へ (2017年1月17日改訂)
お勧めの記事一覧
富山県・石川県 の皆様へ、良い石材店を教えます。
リンクについて・・・第一石材さんと石の坊さんを追加いたしました。

お墓の価格について記事一覧

お墓の価格についての記事です。
不明瞭なお墓の価格を分かりやすく説明してあります。


墓石価格の疑問の記事一覧です。



見積書について の記事一覧です。

一般消費者では分かりにくい墓石見積書について書いています。


石材店についての記事一覧

石材店に関する記事をまとめました。
石材店選びのポイントなどを説明してあります。

良い石材店を選ぶ記事一覧




お墓に使う石種 のまとめ

お墓に使用する石についての記事です。
良い石、悪い石など、今までの体験などから記事を書いています。

才数に関する記 事一覧です。


石材店がお客さんに言いたくない才数に関する記事を書いています。

石の等級に関する記事の一覧です。

石材店がお客さんに伝えない石の等級とは?


墓地についての 記事一覧

これからお墓を建てようと思われてる方にとってはいちばん重要なのが墓地選びで す。
「指定業者制度」などについて書いています。

富山県の墓地の記事一覧



霊園見学の記事一覧





お墓の構造とデ ザインについて

最近はデザイン墓も建てられるようになってきました。
デザインも重要ですが構造が一番大事なのです。
写真も多数ありますので是非ご覧になってください。

耐震施工・工法、地震についての記事一覧



お墓の施行例の記事一覧


お墓の構造の記事一覧です。




お墓に関しての よくある質問一覧


こちらには消費者の方々がお墓に関しての疑問などに対する答えを書いてありま す。

ノウハウ的なことの記事一覧




お墓全般の記事 一覧


お墓に関する記事の一覧です。

お墓を建てる流 れ、準備から魂入れまで

お墓を建てるまでの流れを墓地選びから開眼供養までの説明です。

石川県のお墓の記事一覧



富山県のお墓の記事一覧


富山県のお墓についての記事です。

富山県でお墓を建てる記事一覧




良いお墓を建てるために、記事一覧




お墓の修理についての記事一覧



お墓の彫刻文字についての記事一覧

検索項目の上位にランクされる彫刻文字についての記事です。
洋墓の文字の写真などがあります。


お墓の種類の記事一覧

富山の笠墓、関東や石川の段墓、墓相のお墓などの記事です。
写真が多数ありますので参考にしてください。

問題ある施工、トラブルなど

エフロや構造について施工に問題があった事を書いています。


お墓参りについて


お墓参り・ロー ソク
お墓参り・ロー ソク 2


墓・石材等雑話の記事一覧

具体的な説明などではなく、石材業界の事、私が思っていることなどを書きました。

お墓とインター ネット記事一覧



石材店に断りを入れる記事一覧



お客様の声・お 客様からの相談


いままで相談された方々とのやりとりを書いています。
相談内容の多くは複数の石材店との比較などが多いため、其の内容を書いてしまうと人物や石材店が特定されてしまう場合が多いので中々記事にはできません。
それでも記事にすることを了承していただいた場合だけですが、貴重な意見として取り上げています。

墓石営業に関する記事の一覧です。


墓石営業について色々書いてます。


仏事全般の記事 一覧


開眼供養や葬儀など、お墓以外の事について書いてあります。


アメンバー限定記事の一覧



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これからお墓を建てようと考えてる皆さんへ


富山で墓石営業をしていた宮崎と申します。 していたと過去形になっておりますが、全く営業をしていないってわけでもなく場合によっては営業もしています。

しかしお客様と話をしているとお墓の知識は無く、これでは石材店の言うがままになってしまうと感じました。
同時に他の石材店で建てた人の信じられないような話などを聞き、消費者サイドにたったアドバイザーが必要ではないかと思いました。
それがこのようなブログを書いてる理由です。


お墓の営業マン・宮崎からのアドバイス


良い石材店選びのポイント
  • インターネット、新聞チラシなど、とにかく情報を集める
  • お墓の紹介サイトは情報収集に徹し、石材店は自分の足で探す
  • 石材店を数社まわって自分にあった石材店を見つける
  • 設計図と見積書は数社からとって比較する事
  • 見積書に大幅値引きがあってもそれは単なる数字のマジック
  • 競合した場合に大幅な値引きを後から提示する石材店は要注意
  • 見積書を一番後から出そうとする石材店も要注意
  • 設計図にはすべて寸法を入れてあること
  • 見積書に才数が書いてある石材店は正直な石材店
  • 基礎工事の詳しい説明、見積もりがあれば尚良し
  • お墓の施工は「ボンド」が必然で「セメント工法」であれば別の石材店に行ったほうがいい
  • 耐震構造を別途工事にして高額料金を取る石材店は要注意
  • 雨天の日には絶対に施工しない石材店を選ぶ
  • 中国やインド、海外からの輸入石に自社で勝手に名前をつけてる石材店はその時点でアウト!
いかがでしょうか? インターネットで調べた「良い石材店」という定義と全く違ってませんか?
老舗であるとか、施工例を見せるとか(上手くできた施工例しか見せてくれないから)などは関係ないのです。
唯一信じれるのは「親身になって相談にのってくれる」、これだけです。

契約時の注意点
  • 契約時に急に価格を吊り上げる石材店があります
  • 設計図も見積書も出さない石材店は言語道断
  • 施工が失敗した時にすべて責任をとってくれるかどうかを確認
  • 保証書を必ず作ってもらいましょう
  • 保証項目について詳しく説明を聞き、出来るなら文章化してもらいましょう
  • 無料のアフターと有料のアフターの内容を聞いておくように
これからお墓を建てようと思ってる人は、お墓の施工が失敗するなどとは思ってもいないことでしょう。
しかしどんなに注意していても施工に失敗することがあります。

特に気をつけてほしいのは「文字彫刻」です。
一度彫ったら修理は不可能です。
文字の打ち合わせは十分すぎるくらいやったほうがいいです。

ボンドを使用しての施工は大切ですし、必ず晴天の日に施工してもらうようにしてください。
年間、数百ものお墓を建てる大きな、有名な石材店であれば雨天の日にも施工する場合もあるかと思いますが、みなさんは晴れた日に施工するように頼んでみたら良いでしょう。
雨の日に建てられるのは何も知らない人たちですので。

このブログもかなりの記事数になりました。
みなさんが知りたい情報は「サイトマップ」から進んでみてください。

またサイドバーの検索ボックスから探す方法もありますので、この記事を読んでみてください。
お墓のことで知りたいことがあったら検索してください。

このブログを見られた方が良いお墓を建てられるように一生懸命情報発信し、時には相談にも乗ります。

良いお墓を建ててくださいね。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

相互リンクは高庵寺様と大北石材さんだけです

 

高庵寺HP

大北石材

ブログ開設当初からのお付き合いです。

 

相互リンクなので他の石材店さんから申し込みが無かったのが増えなかった理由です。

 

 

 

第一石材さんと石の坊さんを追加させていただいた理由

 

リンクに追加した条件なんですが、、、

過去に相談者を紹介し,満足してお墓を建てられた経験が2回以上ある!!!

この条件にあてはまるのは

(株)第一石材

合同会社石の坊

両社しかないのです。

 

相談者から大変満足しましたと言う連絡が2回あれば無条件でリンクに追加するつもりです。

過去に相談者を紹介して満足していただいた事があったんですが二回めの時に他社より数十万円高い見積もりが出され急遽別の石材店を紹介しその石材店と契約された事が何回かありました。

 

1回目の紹介で満足されても2回目の相談者の時に不満が出ればそれは、、、

 

なので2回以上満足してもらわなければリンクを張ることはいたしません!(ドクターXふうに、ww)

 

第一石材さんの場合は納得できる建墓を重視され、石の坊さんはさらに価格面でも消費者を満足させていらっしゃるので両社は無条件であてはまります。

 

このブログのブックマークには石材店数社あるんですがいつの日かリンクさせてもらうようになる石材店の方々でございます。

 

 

 

正直なところリンクは厳しい条件だと思います。

 

  • 耐震対策として過剰な金額を言ってくる
  • 石に勝手に名前をつけている
  • 設計図に寸法が入っていない
  • 見積価格を大幅に下げる(少しの値引きは致し方ないでしょうね)
  • 雨の日にお墓を建てる
  • 何から何まで説明が不十分
  • 消費者にウソの情報を伝える(加工方法、産地など)

上記項目にあてはまる石材店は一般的に良くないと判断できます。

少なくともネットで調べられた消費者には正しい道へと案内してあげたいので条件を厳しくすればダメな石材店に行って時間を無駄にすることもないでしょう。

断るのも面倒くさいですからね。

 

第一石材さんは構造を重視していらっしゃるので信頼棺を選べは通常価格よりも高くなります。(石をたくさん使う構造なので)

今も中国工場に行っていらっしゃいます。(2017年1月15日現在)

激安販売はされませんがお客様が納得できる建墓を目指していらっしゃいます。

 

石の坊さんは激安販売なのですが通常価格で販売できるものを自社利益を減らして安く販売されており、そればかりではなく国産高級石にも対応できます。

 

両社のような優秀な石材店がどんどんリンクに増えたらいいなと思います。

 

 

言い忘れました富山県と石川県の場合は、、、

提携石材店さんとその他複数の石材店さんです。(地元の石材店にしかいかない地域があるのでどうしてもその地区の中から選ばなくてはならないのです)

地元なので名前を出すといろんな方向から攻撃がくるんです。

大きな石材店さんがあつまってネガティブキャンペーンみたいな事を金の力でやられたら困るのでおとなしくしています。

気になる方は相談フォームかメールアドレスに連絡してください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

墓石購入予定者のほとんどが気にするのは価格


「いくらかかっても良いですから最高のお墓を建てて下さい!」
と言われたことは一回もありません。
「納得できるお墓を建てたいのである程度の予算は考えてる」
と言われる人は少ないですがいらっしゃいます。
ほとんどの方は「お墓っていくらするんですか?」が開口一番の言葉でその大半の方が出来るだけ安くお墓を建てたいと思っているんじゃないかと思います。

 

 

 

墓石価格はどうやって決められているんでしょうか?

 

墓石価格を決められる条件として考えられるのは石材店の経営方針と仕入れ方法です。

そして経費削減の為に何をしているのか、それば墓石販売価格に反映するのです。

 

星仕入れ価格を知らない営業マンの場合(大きな石材店の場合)

 

勤務してる石材店から仕入れ価格を聞かされてる墓石営業マンはほとんどいません。

安く販売させない為と利益が大きいと独立しようかなと考える営業マンが出て来たら困るからです。

 

通常は「G623は才単価○○○○○円を割ってはいけない、アーバングレーは才単価○○○○○円を割ってはいけない」という指令が出ます。(各石材店で違います)

下限は決められますが上限はありません。

高く販売すればするほど会社から褒められます。(安く販売したら怒られます、笑)

 

お客様の顔色を見ながら出来るだけ高く販売するのが墓石営業マンであります。

 

 

星個人経営的な石材店の場合(仕入れ価格を把握してる)

 

これは各石材店によって大きく異なるんです。

利益率を考え細かく計算された見積もりを出す石材店もあれば、どんぶり勘定の石材店もあります。

時に、どんぶり勘定の石材店がとても優秀であることもあるので侮れません。

(利益を○○万円と決めて販売価格を決める場合もあって、時にはかなり安くなることもあります。)

もちろんどんぶり勘定でボッタくり石材店もありますよ。

 

 

 

次に考えるのは墓石はどこで加工されているのか?、です。

  • 丁場の石材店の加工
  • 自社での加工
  • 高い中国での加工
  • 安い中国での加工

国産石で考えてみましょう。

世の中の多くは生産と販売が専門化されて分類されているのですが墓石の場合は生産から販売まで一貫したスタイルは消費者に好まれるようです。

「自社加工です」とか「国内加工です」と言えば好印象を受けるのが消費者です。

 

特に「自社加工」という言葉に消費者は弱いです。

消費者は上手な職人と下手な職人が存在する事を意識していません。

美味しい料理を作る料理人と不味い料理しか作れない料理人が存在するのと同じなんですがなぜか自社加工と聞くと良いものが出来上がると思ってしまうのです。

 

本当に良いお墓を提供するためには?(5)国内加工ならではの職人技「天目取り」

 

(株)第一石材の能島社長のコラムなんですが、なぜ高くなるのかを詳しく書かれています。

私たちは「石目をあわせる」と言っています。

石目をあわせたら歩留まりが悪くなって石をたくさん使う結果になるので価格はあがるんです。

 

それでこのコラムで注意してもらいたいのは

 

 

 

この方法は、墓石が最も美しく見える石の取り方なのですが、
 原石にロスが生じる上、高い技術力と手間も掛かる
ので、
中国加工はもちろんのこと、石材産地の加工工場でも
 「天目取り」で墓石をつくる工場はそう多くはありません。

日本石材三大加工地の一つで有名な香川県の庵治・牟礼は、
 200件ほどの加工工場が軒を連ねる一大加工産地ですが、
全ての工場が天目取りで墓石をつくっているわけではありません。

 むしろ、天目取りをしない工場の方が多いかも知れません。

 しかし、最高の出来栄えの国内加工を望まれるならば、 大島石の墓石も天山石の墓石もやはり天目取りでしょう。

 

 

国内加工の中には石目を合わせないで加工する業者もあると言われています。

これを意識してください。

となると自社加工の場合はどうなんでしょうか?

 

富山の場合は

原石を仕入れて加工する、

ある程度加工されたものを仕入れて自社で仕上げる(いくつか工程はありますが)

というやり方があるんですがお墓が大きいので原石を仕入れて加工するのはかなりのリスクがあります。(というか富山のお墓を作れるような大きな原石はなかなか採石されないし割高になる)

お墓が大きいし石目を合わせるにはかなり歩留まりが悪くなるし、ダマとか出たら大変だし。

自社加工するメリットはあんまりないと思います。

また国内加工の場合はとても販売できない価格になってしまうので、これも希望する人はかなり少ないです。

競合した場合に競り合って価格が安くなる場合もあるんですがそれは稀な例です。

 

8寸和墓くらいの地域なら墓石本体の部分だけを国内加工、自社加工は可能であると思います。
私としては水切りはついてて欲しいんですが。

 

 

注意しなくてはならないのは「自社加工」と言っておきながら全く自社で加工していない石材店が存在しているということです。

裏をとったわけではありませんが、中国で加工しても自社加工と言ってるんですかね?

中国で加工したって国産の石なわけですから。

 

丁場の石材店であってもこっそり複雑な加工は中国に、、、、、、以下自粛。。

 

 

丁場の石材店でも上手な石材店もあれば下手な石材店もある。

自社加工も同じ。

 

しかし中国工場の場合は加工料が高ければ基本的に加工は上手です。

そして石も良いものを使ってます。(本当に良い石は中国には渡りませんけど)

安い中国工場は自社の実力を知ってのことなのか安い石しか輸入しないそうです。

 

ある丁場の石材店さんは製品レベルではない石ばかり買っていく中国工場があると言われ、問題ある石でもある事をすれば問題がなくなると言われました。

ワックスかな?薬品かな?ガスバーナーかな?

し~らない!

 

 

 

 

経費によるもの

  • TVCM、ネット広告などの広告宣伝費
  • 展示場
  • 自社工場
  • 職人の給料

経費をかけなければ墓石は安く販売できます。

もし新しく石材店をやろうと思えば上記4点をしなければ販売価格はかなり下げられます。

しかしそれには「営業力」が必要ですけど。

 

関東の大手の石材店は営業だけで施工は基礎も建て上げも丸投げです。

ゼネコンみたいなもんです。

仕事をとってきて下請けに丸投げ。

職人は社員として雇用するよりも下請けとして使った方が最終的には安あがってしまうのです。

 

広告宣伝費もけっこうかかります。

 

展示場を作れば展示墓も事務所も必要だし事務員さんも必要です。

これがなければかなり安くなります。

 

工場も新しく設備を、、、って倒れますよ。

国内加工か上手な中国工場にまかせればいいわけです。

 

 

 

 

このほかに価格を左右するものには「構造」と「石の等級」です。

 

どちらにしろ石材店がウソを言ってたら比較も何もできません。

さすがに産地偽装はないかもしれませんが国産石の加工を中国でやりながら国内加工だと言う営業マンはいると思うし、最悪なのは中国加工での販売価格よりも高く販売される事です。

 

本当に凄い加工の力をもった職人には勝てませんが中国の良い工場は自社加工で下手な石材店よりはるかに上手です。

下手な国内、自社加工と上手な中国加工のどっちがいいんですか!?っていう話になりますよね。

 

みなさん、どっちを選びますか?

 

 

 

 

紹介料

 

墓石価格をHPに載せられない理由の一つが「紹介料の上乗せ」です。

(一番の理由はライバル石材店に才単価がバレてしまうから)

 

とにかく紹介されたらそこには「紹介料」が発生します。

契約ってそんなに簡単に取れるものではないですし紹介されたらけっこう高確率で成約につながるので石材店にとってはとてもありがたいのです。

 

さらに紹介者を信じてる人が多いので見積価格を高めに出せて値引きも少なくて済むのが紹介された場合なのです。

 

石材店にとってはとてもありがたいんです、紹介は。

 

紹介者としては、

寺院、葬儀社、仏壇店、J○、知人友人、親戚、その他、

です。

 

紹介料はまちまちですね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

言いたいのは提案が無いってことなんですけどね

 

鎌倉新書さんのHPの石材店選びのポイントの最初に書いてあるのは、 「話をじっくり聞いて、相談にのってくれるところかどうか」 です。

 

補足として一方的な営業したり専門用語で丸め込もうとしたりすることに注意しましょうと書いてあります。

 

これについてちゃんと実行してる石材店ってどのくらいあるんでしょうか?

私の元に寄せられる相談から判断したら「ほとんど無い!」、です。

 

もちろん、私に相談する方々はなんらか石材店に不満や疑問を持ってる場合が多いので石材店に対してネガティブに思ってる人が多いのは確かです。

 

 

 

良い石材店だと思ってたんですが・・・

 

ある石材店さんにお客様(相談者)を紹介したんですが、かなり高い見積もりを出された事がありました。(高い安いの判断は才数計算と才単価で判断しています。)

別の石材店を紹介したところ数十万円安かったです。

 

こういう時に紹介料をもらっていないことが効力を発揮します。

「高いですね、止めた方がいいでしょう」、言えるんです。

(石材店さんにとっては厳しい言い方かもしれませんが、、)

 

いろいろ交流してても一度出された見積書ひとつで私は信用できなくなってしまうのです。

なので私がお付き合いできる石材店が少ないのです。

 

石材店のHP見たりいろいろ交流して良い石材店だなと判断してもお客様を紹介したら、、、ダメだった。。。

本当に良い石材店ってどう判断したらいいんでしょうか?

プロである私でさえも他地域では良い石材店を選ぶことができません。

設計図と見積もりを見て初めて判断することが可能になります。

 

しかしほとんどの方が設計図を見る能力はありません。

設計図を見てすぐにおかしい個所を拾い上げることができる人はほとんどいないのです。

 

さらに問題が二つあります。

「施工技術」と「使用してる石の等級」です。

これはその地域の同業者しか分からないのです。

 

例えば香川県の石材店とか山形県の石材店とか私はどの石材店が良いのか判断できないのです。(その地区で交流してる石材店さんがありませんから)

設計図と見積書を見て判断するしかないのです。

施工技術と使用する石のことは分からないんですよ。

 

しかし基本的にちゃんと寸法が入った設計図で見積書もちゃんとしていれば他のこともなんとか水準以上である場合が多いです。

なので設計図と見積書を見て判断すればまず間違いはないと考えております。

 

 

 

提案が無く自社の考えを押し付ける石材店は多いですね

 

最近は相談者にいろいろアドバイスをした後に「きっと出来ない!」と言われるでしょうねと伝えるんですが期待を裏切らず返ってくる答えは「出来ません!」です。

(大爆)

加工は中国なのに・・・

 

芝石を一枚石に

納骨室天板を一枚石に、

さらに水切りをつける、

なんで出来ないのでしょう!?

富山や石川では当たり前ですよ。

 

 

また設計図がおかしいんです。

気が付かないのかな、石材店さんは!?

 

私に相談される方は、、、やっぱ構造を重視したいと考えてる人が多いんです。

関西以外でも納骨室に雨水が入って当たり前だという地域はあるしその地区の石材店は建て方を変えようとしないんですよね。

提案が無く今までのお墓の建て方を勧めるだけで消費者の要望ってぜんぜん理解してないんです。

 

親身になって話を聞いて、、、、、、くれてないですよね。(笑)

消費者の要望を聞かない石材店がポータルサイトに登録してあったりして、ww

 


創業○○年とか○代目とか。。

老舗の和菓子屋とかなら創業○○年、○代目って効果があると思いますが(消費者は味を知ってるから)石材店がそれを強調してた場合は私は何が違うんだろうと思うのです。

 

創業○○年とか○代目の石材店は他の石材店とは違う構造ですか、他とは違った石を使っているんですか???

同じやないですか。www

創業○○年とか○代目の効果がないんじゃないでしょうか。

(中には後継ぎががんばってる石材店もありますけど)

 

その老舗の石材店から良く聞く言葉が、

「今までやってきて何も問題はありません」、です。

 

消費者の要望を全く聞く気が無いんです。

それが「親身になって話を聞いてあげる」、

ってことなんですかね!??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。