お墓の値段はいくら? 富山のお墓の営業マン・宮崎が正しいお墓の建て方を教えます。(富山良いお墓研究所)

富山・石川でお墓の購入を考えてる方
関東や都市部、その他の地域で墓地を購入しようとしてる方、
お墓の営業マンならではのアドバイスをいたします。
気軽にお問い合わせしてください。


テーマ:

(株)第一石材さんのブログより・・2

 

勝手にシリーズ化してしまった(株)第一石材さんのマイベストプロ神戸のコラムについて勝手に解説しちゃうよ!!mシリーズ第二弾です。

 

これであと10もブログの記事が書けると思って便乗しました。

というのはウソで納骨室に雨水が入らないお墓の構造を関西地区で初めて取り入れられた(株)第一石材さんの考え方に共鳴しているから世間の人にもっともっと知って欲しいというのが理由です。

 

 

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (2)「こんなもの?」それで良いのか?

 

 

 

能島社長のコラム第二弾です。

 

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (2)「こんなもの?」それで良いのか?

 

コラム一つ一つの内容が濃いので一つずつ解説(勝手に)しています。

 

 

  ところが、私ども第一石材が店舗を構える兵庫県神戸市はもとより、 大阪、京都など関西地方の墓石カロート(納骨室)は墓石の下にあり、 墓地の地面と繋がっているという構造のお墓が一般的なのです。

 

中略

 

これは「大地の自然から生まれ大地の自然に還る」という考えのもと、 墓石下部のカロート内と大地の土とが繋がった所にお骨を納めるのです。

 

地域によって、若干の構造の違いはあるかと思いますが、 全国的に見ても、このタイプのカロートの墓石が一般的かと思います。

 

そして、雨が降ったり、お墓参りの際に水を掛けたりするたびに、 どうしてもカロート内に水が入ってしまう構造になっているのです。

 

 

 

実はこれは正解なのです!!!

 

納骨室に雨水が入っても何も問題がないのです。

お骨は土にかえるのであって納骨は地中であるのが正解で富山のお墓や地上カロートまどは本来の教えとは違うものなのです。

 

富山の寺院のご住職さん達も分かっていることなんですよ。

 

雨水が納骨室に入るのは何も問題がなく石材店もそれが当たり前だと思っているんです。

 

しかし実際に納骨室が水浸し、あるいは水が溜まっているのを見た人は決して良い気持ちにはなれないのです。

「やっぱり水が溜まるのは、、、嫌です」

という想いから納骨室の中に雨水が入らないような構造が考えられたのです。

 

 

 

お墓をおつくりさせて頂く石材店の立場としては、 水が入ることを決して良いことだとは思っておりません。

 

しかし、何十年も前から「お墓の構造はこんなもの?」という、 悪しき固定概念から、特に防水対策を施すこともありませんでした。

 

お施主様自身も、自分のお墓に水が入るなんて思ってもいないでしょう。

 

 

能島社長、またまた間違ってるじゃないですかあ。

 

 

 

(誤)お墓をおつくりさせて頂く石材店の立場としては、 水が入ることを決して良いことだとは思っておりません。

(正)お墓をおつくりさせて頂く第一石材の立場としては、 水が入ることを決して良いことだとは思っておりません。

 

です!(笑)

 

 

他の石材店は雨水が入っても何の問題もないと考えており、納骨室に雨水が入らないようにしたいと考えてるのは関西地区では能島社長だけではないでしょうか。

 

「どうしたら納骨室に雨水が侵入しないようにできるのか?」

という考えが無かったら特許申請にまで至る構造は出来なかったと思います。

 

 

 

 

お墓にお骨を納めた後には、カロートの入り口を目地止めします。

しかし、目地は永久ではありませんし、その他の箇所からも水は入ります。

 

中略

 

しかし、仮に水が溜まらないとしても、ご先祖様が眠る場所に、 上からポタポタと水が入ってくることには変わりありません。

 

雨漏りのする家に住んでいるのと同じです。

 

中略

 

最終的には、お墓に入った水は抜けるかも分かりませんが、 一時はカロート内に水が溜まった状態になっていることも考えられます。

 

カロート内に水が溜まると、骨壺にて納骨をしていても、 骨壺がひっくり返り、中のお骨が外に散乱してしまいます。

 

実際、このような状態を、私自身、目にしたこともあります。

 

 

皆さん、長年雨水にさらされたお骨の匂いを嗅いだ事がありますか?

 

おそらくほとんどの方は無いと答えられるでしょう。

 

なんとも言えない独特の匂いがします。

雨水にさらされたお骨のほとんどは黒くカビています。

時には骨瓶が割れて遺骨が散乱していることもあります。

 

皆さんにその写真を見せてあげたいほどです。

あれ見ればどんな人だって納骨室に雨水が入ってしまう構造は嫌だと思うでしょう。

 

東京の寺院墓地に行ったときにカロートが開けられてるお墓がありました。

おそらくこれから納骨だなと思って中を見たら上下二段の地下カロートで下には水が溜まっており骨瓶はすべて濡れていました。

 

当たり前ですよ、そういう構造なんですから。

 

ノロで固められた納骨室の蓋を開けるのは数年から数十年後です。

あなたのお墓には雨水がたまっていませんか???

 

 

続く・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(株)第一石材店さんのコラムより


ブログを書き始めた頃、カロート内に水が入っても気にしない地域があるとは思いもしませんでした。

さらにそういう地域が一つや二つでない、多くの地域があることもわかりました。

 

それゆえ、私のアドバイスもなかなか石材店は理解してくれませんでした。

 

能島社長は納骨室に水が入らない構造を考えて特許出願されました。

私は商標登録もした方が良いとお伝えしました。

 

シリーズでコラムを書かれているので一つ一つ勝手に解説していこうと思います。

 

 

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (1)実は墓石の中は水浸し!?

 

 

 

関西初! 納骨室に水が入らないお墓 (1)実は墓石の中は水浸し!?

 

全部で11あるコラムの内容はどれも消費者に読んでもらいたいし簡単にまとめる事も出来ないので一つずつ勝手に解説いたします。

 

 

 

 

 

「お墓はどこの石材店で建てても同じ!違うのは値段だけ」

 

 

一般消費者の中には、この様に思っておられる方が意外と多いのです。

 

 

能島社長、最初から間違ってるじゃないですか。

 

 

(誤)「お墓はどこの石材店で建てても同じ!違うのは値段だけ」

(正)「お墓はどこの石材店で建てても同じ!値段もたいして変わらないだろう」

 

です!(笑)

 

 

値段が違うことがわかるのはある程度調べてからでないと分からないのです。(笑)

 

 

 

「お墓はどこの石材店で建てても同じ!」

 

 

この考え方は、半分は正解でしょう。

 

従来からの和型墓石に関しては、全国地域ごとに形や構造が異なります。

 

 

私どもの関西地方でも、「神戸型」「大阪型」「京都型」とあり、

付属品等の形や配置が微妙に違いますが基本的には同じです。

 

そして、構造的な部分も地域ごとにほぼ同じなのです。

 

 

 

関西地方でのお墓の構造の事を書かれています。

しかしながら関西でのお墓の構造は大した差がなく香焚きの作り方などが違うだけで大きな差はありません。

 

納骨室の地下カロートと丘カロートの大きな違いはないのです。

 

神戸型や大阪型といっても納骨室に水が入るのは同じなんだから。

 

 

 

 

しかし、大切な家族やご先祖様のお骨が眠るお墓の中が、

 

 

皆さまの見えない所で、水浸しになっているとしたらどうしますか?

 

 

関東など、納骨室の蓋にノロなどで蓋があかないようにしていますが

この場合は納骨室の中がどうなってるのかを確認できるのは次の納骨ですから数年後~数十年後になりますが消費者はさほど気にしてはいません。

しかし中が水浸しになってたらどうなんでしょう?

 

「えっ?親父が死んでから15年も経つのにずっと水浸しだったんかよ!?」

と驚かれる場合も実際にあるんです。

 

水浸しになってる納骨室を見た家族はどう思うのでしょうか???

 

続きます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すいません、ちょっと体調崩してブログの更新はしてませんでした。
また相談メールにもお答えできてなかったのもありまして、、遅くなりましたがこれから返信いたします。

親身になって相談に乗ってくれてますか?


良い石材店を選ぶという条件の一番最初に書いてあるのが、
「親身になって相談に乗ってくれる」、という項目です。

既にお墓を建ててしまった方々に聞きます。
「本当に親身になって相談に乗ってくれましたか?」

私はお墓をここ数年内にお墓を建てた人に話をいくつも聞きましたが、「あの石材店は本当に良かったので親戚や友人がお墓を建てる時に紹介してあげたいです!」と言われた方は一人もいらっしゃいませんでした。

本家から「○○だけは止めておけ!」と言われた方はいらっしゃいました。
本家さんが○○で建てて、かなりがっかりされたからです。

私の知人の営業マンもお客様のとこに行ったら、「おたくは高いって有名だよ、親戚がおたくで建てたんだけど絶対にやめておいたほうが良いって言ってた」と門前払いされた事もあるそうです。まあ、そこの石材店は確かに高いとみんな知ってますけどね。


売上達成が第一でお客のことなどにかまっていられない


三か月~半年くらい売り上げが少なかったら大抵は肩たたきの対象です。
売り上げを上げるためには
  • なるべく高い価格で契約する
  • 数をこなす

↑↑↑このどちらかか、その両方です。
高い墓石を簡単に契約してくれたら墓石営業マンにとっては一番良いわけです。

個人経営的石材店の場合はピンからキリまでありまして、殿様商売的な場合とより良いものを提供したいと考えてる石材店に分かれますが残念ながら後者は少ないんです。
だから一般消費者は良い石材店を選べないのです。

雇われ営業マンは確かに最初は「お客様のために良いお墓を建ててあげたい」と思って営業するんですが、いつのまにか売り上げ至上主義の営業マンになってしまいます。

自分が石材店を経営してるのなら、「お客様のために良いお墓を建ててあげたい」と思わなければ将来は生き残っていけないでしょう。
地元客にボッタくり価格で販売してたら今の若い世代は「おかしいな」と思ってネットですぐに検索します。
元々地元石材店に世話になんかなってないんで関係ありませんからね。


なるべく高い金額で契約する


毎月トップの成績をあげる営業マンの多くは高い金額で契約をとってきます。
というか見積もり価格が最初から安かったり、最初の見積もり価格から大きく値引きする墓石営業マンは売り上げが上がりません。

やっぱりお客様の状況や懐具合がわかってくるとボッタくり価格で契約なんてできないですよ。
しかしながらトップ営業マンと呼ばれる人たちは関係ないんですよ、売り上げ以外のことには。

墓石価格を釣り上げるには
  • より高い石を勧める
  • より良い構造のお墓を進める(才数があがる)

墓石価格=才数×才単価
ですから
価格の高い石を勧めて構造の良いお墓を進めればいいのです。

普通はこれです。

しかしながらトップ営業マンの中にはめっちゃ高い才単価で契約してくる人もいます。
ある営業マンは通常より15000円も才単価が高くて驚きました。
お墓が40才なら60万円も高くなることになりますよね。

でもその営業マンは会社からの評価は良いのです。

とにかく中国石よりインドの石か国産石を勧め、構造も良いものを勧めれば才数もあがり結果的に価格は高くなります。

ここで問題になるのが、
  • ただただ価格を釣り上げたいのか?
  • 本当に親身になって考えてくれているのか?

です。

難しい問題ですよね。
あなたは墓石営業マンが親身になってこういう提案をしてくれてるか、価格を釣り上げようとしているのか?、判断できますか?

多くの場合は価格を釣り上げる為です。
ですが、一部の営業マンは本当に良いものを提供したいと思っているのです。

その違いは実は設計図と見積書を見れば私のようなプロならば簡単に見抜けるんです。

価格を釣り上げようとする場合は設計図の一部がおかしいんですよ、もっと良い改良点があるんです。

みなさんは大変でしょうね、多くの場合は設計図を見ても良いのか悪いのかわからないからです。


数をこなす


と上司は言います。(笑)

「その客に何時までかかってるんだ、契約もらったんだろ、すぐに次の客に行きなさい!」


そうなんです、売り上げを上げるには多くのお客様から契約をもらわないといけないんです、

「仕事取りすぎ」
「雨の日にも建ててるよ」
「基礎して一週間も経ってないのに建ててるよ」
と、石材関係者は噂します。

一年に何回か、「このお客様には絶対に良いお墓を建ててあげたい」と思うことがあります。
お客様のお墓への想いを聞いてると、、、
物凄く気合が入るんです。

言っちゃいましたが私も人間です。
雇われ営業マン時代は全部のお客様に対して親身になってあげたかと聞かれれば答えは「NO」です。
仕事量が多すぎるので、、、応対できんのです。

しかし今は数も少なくなっておりますので十分に応対できますし、お客様の親身になって考えてあげられてるという自覚もあります。

ある石材店の営業マンが
「うちの○○さん、お墓建てる時にずっと朝から張り付いて、あれじゃ売り上げなんか上がんないよ」
と言ってました。

後日(数年後)に、「○○さん、どうしたんですか?」と聞いたら
「もう辞めちゃったよ」と笑ってました。

○○さん、お客さんの親身になっていたのかどうかは分かりませんが、、、
普通はお墓が建つ日は絶対に墓地に行って職人と綿密な打ち合わせするでしょ。

でも本当に多くの仕事を抱えてたらお墓が建つ日に立ち会いも出来ないのです。


それと文字彫刻なんですが、
皆さんは文字彫刻はどう思ってますか?

私はお墓に行って見学するときは
  • 使用してる石
  • お墓の構造
  • 彫刻文字

この三つは必ず見ます。


文字彫刻については第一石材さんが完璧です。
有名な書道家の方に書いてもらってオリジナルな文字を彫刻されます。

これ、めっちゃ大変なんです。

毛筆で書かれた文字の筆の後を消してパソコンに入力させます。
時間もお金もかかります。
第一石材さんにはいくらかかるのか聞いてませんが、お礼を含めて10万円以上はかかると思います。

でも第一石材さんの建てられた和墓の文字は本当に素晴らしいです!
みなさん、そういうとこ見てますか?

実はオリジナルの書体を彫刻するには、お客様のところに原寸の見本を持って確認してもらわないといけないんです。
これ、かなり時間と労力がいるんです。

数をこなす場合は一番避けなければならないんです。
自社から持参した文字見本で決めてくれりゃいいのに、、と墓石営業マンは思うのですよ。

私は必ず、
「身内に達筆な方はいらしゃいますか?」
と聞いてました。

いると答えられたら、竿石と同じ大きさの紙とどのように書くといいのかを伝え、それから会社に帰って担当者に伝え(石幸の江川さんは自分でやってますね)、原寸と同じ大きさの文字にしてお客様のところへ届けるんです。

はっきり言って事務的に会社からの文字見本で決めてもらったほうがラクなんです。

数をこなそうと思ってる営業マンは絶対にやりませんから。



提案は同じでも営業マンの心理、本当はどう思っているのかをお客様自身が判断しなくちゃいけません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

複数の石材店を訪問して見積もりを取るもう一つの理由


既成概念から抜けられない無知的な場合。
見積もり価格が上がってしまうので提案しない場合。
将来の修理なども考えて意図的に構造を重視しない場合。

いずれにせよ良い石材店を選ぶには選択肢がなければならないのは同じなので、今回は違った視点で考えてみたいと思います。


既成概念から抜けられない無知的な場合


構造に関して無頓着でデザイン的にもシンプルで新しい事は何も取り入れないという石材店のことです。

納骨室には雨水が入って当たり前。
芝石は四つ合わせで当たり前。
水切など最初からつける事は考えていない。

こういう石材店を訪問するのは時間の無駄です。
時間の無駄なんですけど知ってるのは同業者だけで一般消費者は知らないんです。
外柵などにも工夫が全く見られず、設計図も寸法も入っていない見取り図のようなものしか出してこない。

こういう石材店に行ったとしても、何だかおかしいと思わないんですよ消費者は。
地元の石材店であった場合はそのまま契約してしまうケースも多いです。


見積もり価格が上がってしまうので提案しない場合


消費者が複数石材店から見積もりを取ってると感じられた時に墓石営業マンは無理して構造が良い、良い石を使う提案はしないで価格を重視いたします。

の無知な石材店は論外として、なぜ墓石営業マンや石材店は良い提案はしないのでしょうか?
  • 競合してるので価格だけで負けたくない
  • 早く契約を終わらせたい(一人の客に時間をとられたくない)
多くの消費者は価格ばかりを気にするからです。

展示場を訪れたお客さんの第一声は「墓っていくらぐらいすんの?」、です。
こういうふうに言われたら墓石営業マンは会話の中からおおよそのお客さんの予算を割出してそこから逆算して設計図を作り見積もりを作るのです。


毎月ノルマがある営業マンは一人のお客さんに時間を取られるわけにはいきません。
上司にも怒られます。
「いつまでかかってんの!?早く次の客にいかないと売り上げはあげれないよ!」、ってな感じです。

墓石ポータルサイトや大きな有名な石材店のHPに、良い石材店の条件と最初に書かれてるのが、「親身になって相談にのってくれる」、ですが墓石営業マンや石材店は本当に親身になって相談にのってくれるんでしょうか?


「お墓は建ってからが本当のお付き合いです」とか
「親身になって相談にのってくれる」、と
HPに書いてある石材店が「嘘八百」だという報告はたくさん私の元に届いております。


富山県呉西地区において舞台は基礎石一枚盤が最高です。
巻き石の舞台より数十万円高くなります。
これをきちんと説明すれば10人に1人くらいは、「素晴らしいですね、それでは基礎石一枚盤でお願いします」と理解される事もあるんです。

実際にお墓が建ってから「基礎石一枚盤にすればよかった」と少々後悔されたお客様は過去に何人かいらっしゃいます。

より良い提案を受けられなかったわけです、理由は価格のことばかりを最初に言うからです。
営業マンから「価格ばかりを気にする客だ」と決めつけられてしまったわけです。

もっとじっくり話をしていたらお客さんの希望にそったお墓が建ったんではないでしょうか?

仕事を事務的に進めて早く次の客にとりかかりたいという営業マンの本音を読み取ることはあなたにできますか?


将来の修理なども考えて意図的に構造を重視しない場合。


もうずいぶん前になりますが富山でくり抜き型の納骨室を作った石材店に対して、「自分で自分の首を絞めるようなもんだ」と石川県の石材店はバカにしていたと聞きました。

完璧な構造のお墓を建てたら、数十年後の修理がなくなるからとバカ扱いをされたわけです。
しかし石川県でもお墓の構造はかなり良くなっております。

極端な例を言いますが、
芝石を四つ合わせにしてセメント工法だった場合、そりゃ修理は必要になりますよ。

施工が万全でない場合や基礎が良くないなど、将来不安を感じる要素はいくらでもあります。


芝石なんかでも、
「洋墓はできますが和墓は出来ません」とか
何をアホな事を言ってんの?と思います。

そういう訳のわからない事を言われた相談者はけっこういらっしゃいます。
(考えてみれば、何かしら困った事があったので私に相談されたので当たり前と言えば当たり前ですが)


分かっていながら良い提案をしない、それは将来の修理までも考えているからです。

あなたは設計図を見ておかしなところを指摘できますか?



墓石営業マンや石材店がどのように思って言っていることなのかを判断しなくてはならないのです。

消費者にとっては正確な情報を与えられず、事務的に進められる事がいちばん嫌ではありませんか?

応対ばかり良くて腹黒い営業マンはいくらでもいますからね。
何でも簡単に決めるのは良くないと思いますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。