読書の秋

テーマ:

ももえる@小1。

意外と読書家らしい。

(漫画を読書と言うかはさておき・・・)


新しい本を入手すると、わき目も振らずに読んでいる。
母としては、次の日の用意や宿題を終わらせてから読んでほしいが、真っ直ぐ本へ向かってしまう。
宿題の音読も、新しく入荷した絵本を音読していたりする。

 

1年以上前から、学研の秘密シリーズ「からだのひみつ」を買ってやる約束をしていたのだが(あまりにも気に入りすぎて図書室から連続で借りてきて迷惑すぎる状態だったため)、ようやくヤフオクで落札した。
折角なので、秘密シリーズをまとめ買いしたところ、今は秘密シリーズまとめ読みしている。


うちの弟は日本の歴史を漫画でほぼ丸暗記していて、大学入試前の私が小学生の弟に歴史を教わるという恐ろしい状態だった。年号から背景まで何でも知っていた。
私は「漫画ことわざ辞典」が気に入っていてひたすら読み漁っていたため、国語でことわざの勉強したことなかった。


というわけで、
学習漫画は興味を持ちさえすれば、入試を突破できると経験上知っているので、頭の容量無限の子供の間に読み漁って脳に貯めておけ・・・と思っていたりする。

 

漫画は漫画なので、節度を持って読んでほしいとも思ったりするが、それはまだまだ難しいようで、喧嘩が絶えない。
でも、すぐに飽きるおもちゃより良かったような気もするな。

 

入試の役に立つほど読み込んでくれると、ちょっとは報われるかな?

 

AD