運動会@小1女子 ③結果

テーマ:

ももえるの運動会。


最近の小学校って、順位づけしないところもあると聞いていたけれど、
ももえるの小学校は超シビアだった。
応援合戦など採点競技もあるが、競争は明確に順位毎に点数が決まっていて貼り出される。

 

応援合戦も徒競走も玉入れも優勝目指して頑張った。


しかし、客観的に見てもももえるのいる赤組は弱かった・・・。
最後のリレーでようやく勝ててすっきりしたけれど、
それまでがどうにもこうにも・・・
先生、もうちょっと考えてチーム組んでやれよ・・・と思ってしまうレベル。


で、シビアに点数つけられた結果・・・ダントツ負け。
わが子のチームが負けると何となく悔しい親心。


そして、それ以上に悔しい子供心。
帰り迎えに行くと、「あ、ママ」と駆け寄ってきた瞬間、号泣。
え。。。そこまで泣く。。。??
というレベルでオイオイ泣く。
みると、隣の少年も泣いている。


そうだね。
悔しいよね。
がんばったもんね。
来年は勝てるようにがんばろうね。


・・・次の運動会は半年後!!
それまでに、走る練習するぞーーーっ!

AD

運動会@小1女子 ①出発

テーマ:

ももえる小学校初めての運動会。


事前にくれた家族へのお手紙の内容は、
「ダンスと玉入れがんばる」だった。


徒競走は眼中にないらしい。
足が速くはないももえるの正直な気持ちなんだろう。
がんばらないわけではないけど、上手にできないって思っているんだろうな。
「精一杯頑張ればいいんだよ」と諭してはみたものの、
「だって勝てないもん!」と半泣きだった。


家で踊ったり応援練習をしたり、学校の帰り道に走る練習をしてみたり。


そうしてやってきた運動会。
前日から「緊張する~」と言いながら、ワクワクした顔をしていた。


さすが本番に強いももえる。
当日もワクワク出かけて行った。
ももえるが元気に出かけていくのを見送りながら、
「ちゃえるも、ももえるの爪の垢もらえばいいのに・・・」と無駄なことを思ってしまう母であった。

AD

学力診断テスト

テーマ:

ももえる@1年生

 

進研ゼミをやっている。
タッチパッドで楽しい仕掛けがあるので、そこそこ真面目にやっている。

 

勉強というより、ゲーム感覚だが、それで学力がつくならいいのかな。
紙にして毎月「やりなさいっ!!!」って言わなきゃいけないなら、タッチパッドで自主的にやってくれる方がいいなと思っている。

やった結果はスマホに送られてくるので、大体の進み具合や点数なんかもわかる。
まぁ成績も悪くない。


先日送られてきた年に数回の学力診断テスト。
「7点」
10点満点・・・?
いや、でも平均点が97点って書いてある。
えええ!?小学校1年生で7点ってあんた・・・!?


・・・なんかやらかしたんだろうな・・・orz

 

 


ももえるに聞いてみる。
「タッチパッドの学力診断テスト返ってきたみたいだけど持って来て?」
「うん。」
「7点ってなってるけど・・・どうしちゃったの?問題むずかしかったの?」
「んー。問題がなかったんだよねー。
問題が出てこないのに、やらされたから、これかなーって書いたの。」
「誰にやらされたの?」
「タッチパッド」
「つまり、問題見ないで適当に2かなーって答えを書いたってこと?」
「適当じゃないよ!!!」
「でも、問題見てないんだよね?」
「だって、問題出てこなかったんだもん!ちゃんと考えて書いたの!」
「・・・問題は紙で届いていたよ?」
「え?そうなの?」
「そうなんだよ・・・。紙の問題を見て、タッチパッドに答えを書くんだよ。
問題でなくておかしいなーって思ったら、ちゃんとパパかママに言うようにしてね。」
「うん。わかったー。」


学力的にはそんなに劣っていないとは思っていたが、
別のところが劣っていた・・・orz
自主性をほめるべきなんだろうか・・・?

 

 

進研ゼミさん!
「冊子を用意しましょう」から表示してやってください(涙

AD

1年生2回目の授業参観

テーマ:

ももえる@1年生
授業参観。


4月入ったばっかりの頃よりは落ち着いていた。
ふにゃふにゃくねくねしている時もあるし、靴をまともにはいていなかったりもするが、比較的座っていた。
手を上げて発言もしていたし、それなりに実技もこなしていたように見えるし、まぁなんとか授業についていっているようではあった。
むしろちゃんとできている方に入っているんじゃないかと思う。


ちょっと安心した。


手を出したいことも、口を出したいこともいっぱいあったんだけどね。



それより、連れて行ったちゃえるが・・・
先生「○○な人」
ちゃ「あい!!!!!!!!!」←1年生よりでかい声
うわ・・・。
そそくさと教室を出る私。


校内を散歩し、そろそろ終わりの時間だからとちゃえるを連れて戻ると・・・
みんな席から立ってレク的なことをしていたのを見て、キラキラしながら混ざりに行くちゃえる。
いやーーーっ。ど真ん中ーっ。お前は混ざらなくていいーーー。
引きはがしに行くのも恥ずかしい。


やっと引きはがして、後ろに戻ると、またもやダッシュ!
ねぇねのお友達にぴったりくっついて離れないちゃえる。
いやいやいやいや。
授業中だから離れて。
がっちりくっついて離れない。

すっぽんか?なんなのーーーーっ!?


心労でぐったり。


ちゃんとやっているももえるより、
危なっかしいちゃえるばっかり記憶に残った、授業参観であった。


お友達の作り方@小1

テーマ:

入学式以降、着実にお友達を作っている様子のももえる。
それだけが心配だったので、本当に良かったと胸をなでおろしている。
友達さえできりゃ、後はどうにでもなるだろうと思っている私。
学校が楽しいことが一番!


「今日ね~○○ちゃんとお友達になったんだよ~」なんて話してくれるももえるに聞いてみた。
「ももえるはお友達をどうやって作るの?」

素朴な疑問。
私としては、なんとなく誰かと仲良くなっていくことはあっても、
今日から明確に友達ってないなーと思ったので、聞いてみたくなったのだ。


ももえるは、
「○○ちゃんに、『お友達になって』って言って、
○○ちゃんが『いいよ』って言ってくれたから、
お友達になったの」
と教えてくれた。



なんかかわいらしくてほっこりする♪
素敵なお友達のなり方だなー。


パパの誕生会

テーマ:

ももえる@小1。


パパの誕生会の日がやってきた。
我が家ではちょっとおいしいご飯やお酒をふるまってパーティーする。
#昔は家事免除やプレゼントなどもあったが、子供が増えるにしたがって削減され、今ではおいしいご飯のみとなっている。


そんな前提で「誕生日パーティー」と言っていたら、ももえるが「飾り付けしなきゃ!」と言い出した。
おぉ。さすが小学生。
そうだよね。パーティーは飾り付けが必要だよね。
というわけで、ももえるに飾りを作ってもらうことにした。


すると、「私、プログラム書くね!」と言い出した。
はぁ?
ざっと考えるに・・・
乾杯→会食→終わり
プログラムいるの??


「まず~、始めのあいさつで~、次に乾杯のあいさつ!」
挨拶ばっかりだね。披露宴っすか?


「プレゼント渡して、お手紙さがしもしよう!」
なんすか?それは?
「お手紙を隠しておいて、探してもらうの。」
ほぅほぅ。ゆっくり酔いどれになれないわけですな。


「あとは、何したらいい??プログラムには9個書かないといけないの!」
ええっ!?私に聞くの?9個も??

「乾杯したら会食したらどうかなー?おなかすいているし。
あとは・・・歌でも歌う?」
「いいねー。あ、おわりのあいさつも入れないと!」
あいさつ好きだね。。。


「じゃ、あいさつの後はお片付け!」
「えー!お片付けはパーティーじゃないからダメ!」
「えーーー。もう何も思いつかないよー。ももえる、なんか出し物しなよー。」
「むりー、ママなんかやってよ。」


話し合いの結果、プログラム完成。
誕生日の歌が2曲あるので、二つに分けてなんとか9個うめた。

1.はじめのあいさつ
2.かんぱいのあいさつ
3.かいしょく
4.たんじょうびのうた①
5.たんじょうびのうた②
6.プレゼント
7.おてがみさがし
8.おてがみよみ
9.おわりのあいさつ

ももえるに、プログラムを書いておくこと。
お手紙探しのお手紙を書いておくこと。
飾りを作っておくことを言い渡し、保育園の保護者会へ出かけた。


2時間後。
帰宅。
「どう?ももえる、できた?」
プログラムが終盤。お手紙も途中。

おいおい。どうすんだよっ。
2時間何してたんだよっ。
自分でやると決めたならやっておけよ。

なんとか、プログラムとお手紙をかかせ、
お手紙をハートに折り最低限の物は完成させ、
私は料理へ・・・。


案の定、ちっともできない飾り。
できた分だけ飾っとけば?
ということで、パーティー開始。

司会はももえる。
おもちゃのマイクを持ってウレシ恥ずかしで、楽しそう。
こんなこともできるようになったんだなぁ・・・。



この日、くろえるは生涯で一番幸せそうな顔をしていた。
友達と遊んで楽しいとか、おいしいもの食べてうれしいとか、
そういうのとはまた違う、ももえるとちゃえるに囲まれて、
愛おしくて幸せな時間を過ごしたんだと思う。


子供が大きくなるって、幸せなことだなぁ。。。
親冥利に尽きるよねぇ。。。
よかったねぇ。くろえる。


宿題

テーマ:

一番恐れていた宿題を持って帰ってくるようになった。

学童保育で宿題の時間を取ってくれるということだったが・・・。



1日目
え?おうちでやりたかったからやってこなかったよ♪


げ????
学童の説明で散々スタッフに宿題やらせてくれるのか尋ねて、
「1年生のうちは習慣にするためにやらせます」との回答をもらったのに、
やってこなかったと???

宿題に21時までかかりへろへろりん。
こってりと「宿題は学童でやってくること」と言い聞かせる。



数日後
初めて小学校→学童→スイミング→帰宅というスケジュールをこなす。
学童で宿題終わらなかったとのたまうももえる。
そんな日は急いでやれよっ!これしきのプリントに何時間かかるんじゃ。
と思うも、とりあえず口には出さずに飲み込み、宿題をやるように促せる。

案の定、スイミング疲れで眠くなるももえる。

当たり前だ。



その日は間の悪いことに、前にやった宿題のお直しがやってきて、宿題の量が倍!
眠さでやる気はマイナス!
風呂はシャワーで済ませ、ご飯食べる暇もなく、邪魔するちゃえるは椅子に閉じ込め、とにかく宿題。
しかし、この量とこのレベル・・・終わる気がしない。

迷路のような線をなぞるというものだったのだが、少しでもはみ出したら×らしい。
大体きれいにかけていたのだが、すこーしはみ出しているところがあり、やり直しとなっていた。
線をはみ出さずになぞるって大人でも難しいと思うのだが・・・。

そして、難易度高の「あ」の練習。なかなかきれいには書けない。
今までなら、適当に終わらせていたのだが、予想以上にお直しのレベルが高いので適当に終わらることができず、難航する羽目に・・・


涙が落ちた後を消しゴムで消して、プリントがやぶれるという定番のアクシデントもあり散々。
終わったのが22時!


正直、疲れている子供を10時まで起こして宿題をやらせても、

次の日眠くて授業に集中できなかったら意味がないわけで、私も迷った。
9時くらいに、「もうやめて明日叱られて来い!」「連絡帳に事情書いて期限のばしてもらえ!」と思ったのだが、本人がやっていかないといけないと先生が言ったと言って聞かないし、宿題をやらなくてもいいと教えるのもなんか違うし、くろえると相談したけど「やり始めたら最後までやらせるのも大切!」と言うし、迷いつつも続行した結果が10時。

はーー。恐ろしい。



翌日、ももえるが10時までかかったことを先生に言ったら、
「宿題をやることよりも寝ることが大事。都合があってできなかったら土日にやればいい。」と言われたらしい。


先生がそう言うなら・・・と胸をなでおろしたのだが・・・
「今日の宿題やってない。だって遊びたかったんだもん。」

・・・このばかっ!!!
あっという間に油断しやがってっ!!!


お前はちびまる子ちゃんかっ!!



宿題の苦悩は続く・・・。

小1の城

テーマ:

ももえる@小1

 

学習机をどうしようかという話になり

まだ使わないけど、物を置くスペースは必要だよねーと悩み

机とベッドが一体型になったものをどかーんと買った。

(くろえるが探してきた)

 

部屋の半分は洗濯物干場と化しているため、残りの部屋の半分を最大に使って、ももえるの城を作ったわけだ。

 

ももえる大喜び。

 

城を作ろうということで、片づけなんかもさせて、

私一人で寝る~とウキウキで一人で寝て、

勉強も部屋にこもってやっていて、

なかなかめでたい展開になったなと思っていたが、

2日目にして「さみしいから一緒に寝ていい?」と戻ってきた。

 

早かった・・・(涙

もしもし・・・うふふ

テーマ:

ももえる@小学校1年生



ももえるも小1だし、公衆電話の使い方を教えなければなぁと思っていた。

何か起きた時に親に連絡できないと困ることもあるかもしれないし。



というわけで、近所の公衆電話で電話の使い方を教えて、私の携帯が鳴るところまでを一緒に確認した。



その後、

「ランドセルを忘れたからおうちに戻ってきてほしい」ということをお母さんに電話で伝える

という設定を与え、私は公衆電話から出た。



1回目

電話に出た途端、私の携帯のアラームが鳴る(最悪のタイミング)。

「ちょっとまってね」と言ってアラームを止めた頃には電話が切れていた。

失敗。


2回目

もう10円しかないんだからね!

ちゃんと伝えるんだよ!

と、自分のミスは棚に上げてももえるを激励し、公衆電話から出る。

電話が鳴る

私「もしもし?」

ももえる「もしもし」

私「だぁれ?」

ももえる「もしもし・・・うふふ♪」

ガチャン。ツーツー。



・・・おいおい。痴漢かよ。


なんで電話を切ったのか聞くと

「なんか急に恥ずかしくなっちゃって♪」だそうな・・・。



携帯電話でばあちゃん等と話していたから、会話は大丈夫だろうと思っていたが・・・

電話の壁は意外と高かった。

母ゆずりの社交性と・・・

テーマ:

ももえる@1年生



おともだちできるかな~?と不安がっていたももえる



保育園2日目。

「今日ねー

お友達10人できたよーー!」


お。すごいじゃん。

まずまずの滑り出しのようで何より♪

さすが、私の子♪




「えっとねー

ゆなちゃんと~

さくらちゃんと~


・・・あれ?さくらちゃんだっけ?


・・・んー。さくらちゃんじゃなかった。


・・・忘れちゃった♪」


名前覚えたの一人。

さすが、私の子。そんなところまで似るなよーっ。