サプライズ☆装花プレゼント!

テーマ:


最近忙しくてブログがなかなかアップできてないしろえるです。
フィギュアスケートのビデオも撮ったけど、見れるのはいつになることやら・・・(^▽^;)

がんばれ、荒川選手!(←荒川ファンなの♪)




メイン装花


実はまだ続く装花の話。




テーブル装花はパカッと二つに分かれるようになっていて希望者にプレゼント。
屋根の下についている、白いお花のレーンも取り外しできてブレスレッドにできるようになっていた。
ツワモノはその下のエンジェルアイスまでももお持ち帰り。

(騒いでいたら会場の方が持って帰っていいと言ってくれたらしい。さすが私の友達だ・・・。)

卓上装花


ここまではよくあるゲストへ装花をプレゼントするお話・・・。

サプライズでもなんでもないのだが、サプライズは結婚式の余韻も忘れかけた頃にやってきた・・・。




1ヵ月後・・・。
yaiちゃんから「渡したいものがある」と連絡が・・・。



yaiちゃんは二次会の幹事長を勤め上げ、様々なものを手作りしてくれた超功労者。
毎回金メダル級の技を見せる彼女からのお誘い。
「何くれるんだろうワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」とちょっと期待しつつ会うことに。





そこでプレゼントされたのが・・・
プレゼントしたはずの卓上装花の押し花。




予想だにしなかった展開に (=゜ρ゜=)ボヘーーってなってしまった。
まさかこんな素敵になって返ってくるとは思いもしなかったよ!



こういうことを思いつくというアイディアがすごい
思いついただけじゃなく実行に移してしまうことが更にすごい
実行に移した上に素敵に作り上げてしまうところに正にすごい


すごいの3乗。


帽子何枚かぶってても足りないくらい脱帽。



押し花

うふ♪素敵じゃない?( ̄∀ ̄*)イヒッ



本人に聞いたところによると、

バラを分解して押し花にして組み立てたらしい。

なんでそんなことができるのかは毎度のことながら謎。


こうして、宝物が1個増えた。
色あせずにずっときれいでいてくれるといいな♪





ブーケも全部プレゼントしちゃったので手元には何も残ってなかったのだけど、
思いがけない装花のプレゼントでほんっとにほんっとにほんっとにうれしかったです。
近くに結婚するお友達がいたらこういうプレゼントはいかが?


AD

新郎が首ったけの卓上装花(?)

テーマ:


くろえるが首ったけになってしまった卓上装花。
過去記事はこちらをご覧ください→卓上装花




てこでも動かず、3ヶ月かけて嫌がる私を攻め落としたという根性の一品。



打ち合わせ中いつも遠い目をしていたくろえるが、
目をキラキラさせながら打ち合わせに参加した装花セット。



男の子ゴコロをわしづかみにしたその装花とは・・・?






ジャン!

卓上装花

こんなの。



この家・・・
屋根の部分に電球が仕込まれていて、光るのだ。。。




くろえるってば、花よりこの電球に首ったけだったのだ(^▽^;)

花より団子ならぬ、花より電気だったのだ・・・。



打ち合わせも・・・
くろえる「もっと光らせることってできないんですかね?
この下の部分に電球を仕込むとか・・・?
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」
担当さん「電源の関係上ちょっと難しいかと・・・。」


くろえる「うーーーんーーー。もっと光らせたい!
テーブルの下に電球を仕込んでテーブルごと光らせることはできないんですか?
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」
担当さん「できる会場もあるのですが、くろえるさんの会場ではできないんですよ・・・」


くろえる「んーーーーっ、残念。そこまで考えてなかった。
なんかいい方法ないかな?ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク
あっ!この屋根の下の部分を光らせることはできないんですか?」
担当さん「それは可能かも・・・ちょっと聞いてきますね(退席)」



しろえる「なんでそんなに光らせたいわけ・・・?(;一_一)」
くろえる「楽しいじゃん!光るんだよ?ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」


担当さん「ここのお皿に光るキューブを仕込んで、ゼリーで見えないようにして、お色直しの入場の時に水を入れると光るようにすることはできます!」
くろえる「(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」


しろえる「びっくりバルーンでぱーっと明るく登場するんだよねぇ?
で、その後部屋をまた暗くしてそういうきれい系のテーブル回りをするわけ?
なんか統一感なくて変じゃないの?」
くろえる「他に光らせるところないかな?ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク」←まるで聞いてない



しろえる「・・・・・・・。
気の済むようにしたまえ・・・(σ‐ ̄)ホジホジ」



くろえる・・・オモチャの打ち合わせに満足するまで約1時間半。
ようやく本題のお花にまで話が及んだ。


くろえる「お花どうしようか?」
しろえる「南国系の赤」
くろえる「南国系の赤で(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ」




こうして装花の打ち合わせという名目の、くろえるのオモチャ打ち合わせが終了したのだった。




そして、くろえるはその日1日ずっとワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワクしたままだった。

しろえる「で・・・なんでそんなにうれしそうなわけ?」
くろえる「男の子だから(o ̄∀ ̄)ノ”」


AD

愛されブーケにまつわる感動秘話

テーマ:

こだわりにこだわったブーケトス。
※ことの流れをご存じない方は、どうぞこちらを下から順番に読んでみてください・・・
→フラワー




紆余曲折の末、
トス用ブーケを投げ、受け取った人には帰りに本物ブーケをプレゼントすることにした。
その場でプレゼントしても良かったのだが、
お食事するのには邪魔になりそうだったので、ブーケスタンドに立てておいて帰りに渡すことにした。



お陰でトスによりブーケが壊れる心配はなくなったが、
やっぱりトスしたブーケが地面に落っこちるのは避けたい・・・。


前日の夜、くろえるを相手にブーケトスの練習。
「これでできることは全部やった・・・。
あとは、がんばって受け取ってくれ・・・。」との気持ちで当日を迎える。



期待と不安でいっぱいのブーケトス。
思ったより女の子たちまでの距離が遠い。
ドキドキしながらトス!


振り返るとちょうどくろえるの従妹の南ちゃん(仮名)が受け取ってくれたところだった。
落っこちなくて良かった・・・と心底ほっとした。


ブーケをプレゼントした南ちゃんはとっても喜んでくれたのだが、
話はここでめでたく終わらないのが私たち。



このブーケを強烈にほしがる新たな敵(?)が出現した。
それは姪っ子(^▽^;)


この姪っ子は、披露宴が終わってママが帰ると言っても、
「しろえるちゃんが出てくるまで帰らない」と言い張り、ずーっと待っててくれたほど熱烈な私のファンだった。


その姪っ子はママが止めているにも関わらず、ずーっと南ちゃんにおねだりし続け、
心優しい南ちゃんは根負けして姪っ子にブーケをプレゼント。
姪っ子は大喜び。



披露宴終了後、私が着替えて出てくるのを待っていてくれた姪っ子は
大興奮のまま「しろえるちゃん、すっごくきれいだったよ」「私もお嫁さんになれるかな?」「またあそぼうね」等と褒め称えてくれた。
そして、満足して帰っていった・・・。
ブーケを忘れて・・・。



姪っ子が帰り、しばらくしてからブーケが置いてあることに気づいた私たち。
南ちゃんが既に帰った後だったので、南ちゃんのパパが持って帰るものだとばかり思っていた。
南ちゃんパパに言うと、「それは姪っ子に上げたやつだ」と言う。


しろえる 「Σ(- -ノ)ノ エェ!?
姪っ子はさっき帰っちゃったよ???」
南ちゃんパパ「Σ(- -ノ)ノ エェ!?
でも、俺はこれから実家に婆さんを送りに行くから南とは会わないよ。」
くろえる 「Σ(- -ノ)ノ エェ!?
でももう姪っ子は帰っちゃったし、持ち主は南ちゃんだから持って帰ってよ。」



取り残されたブーケ・・・
たぶん、普通ありえない・・・il||li _| ̄|○ il||l
痛い・・・痛すぎるよ・・・ママン・・・。



ちょっとへこたれそうになった時、南ちゃんパパが言った。
「わかったよ。
明日これでじいさんのところに挨拶してくるよ」


くろえるを超かわいがってくれたじいさんは数年前に亡くなっている。
こうして、南ちゃんパパは、

「じいさんの墓」=「える家先祖代々の墓」に私のブーケを手向けてくれたのだった。



あまりにもステキなブーケだったからじいさんも欲しくなっちゃったのか、
孫の結婚がうれしくて呼び寄せたのかわからないけど、
こんなうれしいことってないよなーと思って涙が出るほど感激した。
おじいちゃんはもとより、ご先祖様もきっとよろこんでくれたことだろう。



余談だが、両親への花束贈呈で義母さんに贈った花束は、える家の母方のお墓へ備えられたらしい。




ドタバタな結婚式だったが、裏には素敵な感動秘話が隠されていたのだった。


AD

愛されブーケ

テーマ:


挙式で使った愛されブーケ。




実は当日までブーケのお花が確定していなかった・・・。



私が希望したお花はこの季節まだ出回ってはいないため、

入手できるかどうかわからないと言われていたのだ。
第二希望も・・・第三希望も・・・( ̄Д ̄;;


そのため、第四希望まで決めてフローリストさんに託し、

市場やお花と相談して一番良いものを使っていただくということにした。




当日、フローリストさんにもお会いできることを楽しみにしていたのだが、
私が着替えをしている間に来られたそうでお会いできなかった。
残念。。。




でも、置いていってくださったブーケは

とてもステキにできていて、

とても暖かく、

とってもいい香りがして、

幸せいっぱいな気持ちになれた。


くろえるのブートニアもぴったりだった。

色々苦労してくださったんだろうなぁと思ってありがたかった。



いろんなことがあったけど、このフローリストさんに出会えてよかったなーって改めて思ったよ。

(いろんなこと その1その2



こちらがブーケの写真。

ブーケ

写真サイズを縮小したらなんだか黄みがかっちゃったんだけど、

実物はもっと白かったんだよぅ~。


ラブ☆ブーケ

テーマ:


元ヤン風フローリストに気分を害されたが、そんなことでめげてたら1ヶ月前の花嫁は務まらない。
「ハイ次!」とばかりにモリモリお花屋さん検索に励む。



色々なデザインのお花を見るも、やっぱり同じに見えるし、
ちょっと気に入らなくても言えば直してくれるだろうと思っていた。
大抵オーダーメイドだしね。



決定的な決め手がなく、PCの前で悶々と1日フラワーショップ検索作業に勤しむ。
私は一応社会人のはずなのだが、仕事なんかしている場合ではなかったので、
わき目もふらず、頭痛がするほどブーケを探していた(ホントごめんなさい・・・)。



そして、目に付いたひとつのサイト。



そのサイトに飾られているお花のひとつひとつが、優しく自分を包み込んでゆく気がした・・・。
「早くしなきゃ!」とカリカリしていた自分の心がときほぐされていく・・・。
とってもやさしく暖かいブーケたち。



そのブーケを見ていたら、
こんなにきれいにしてもらったブーケを投げたいだなんて、なんてひどいこと考えていたんだろう・・・と思った。


お花だって生きているんだ・・・ってことを思い出したのだ。
情けない話だが、お花が生きているなんてすっかり忘れていたように思う。
がんばって咲いたお花が自分のためにブーケになってくれるというのに・・・。
こんなに大切に美しくブーケにしてもらったお花を、放り投げるだなんてひどすぎる・・・
・・・という気持ちが自然と湧き上がってきた。



それまで本当にたくさんのサイトを見てきたけど、
そんな気持ちになったのは初めてで、ものすごい衝撃を受けた。
そして、そんなとても大切なことを思い出させてくれたこのブーケを持つことができたら幸せだと思った。




そしてサイトを読んでいき、今度は別の衝撃を受ける。


「お受けできるのは、お式当日まで1ヶ月程度日にちがある方」

もう2週間とちょっとしかない・・・il||li _| ̄|○ il||l


「心を込めてじっくりとおつくりしたいので、お受けできるのは1日お1組のみにさせて頂いております。」

1日1組って・・・!?
本当にお花も花嫁さんも大切にしてくれるフローリストさんだから、あんなに暖かいブーケが作れるのね・・・。
しかし、今は秋の結婚シーズン・・・さすがに、こんな時期に空いているわけないよね・・・il||li _| ̄|○ il||l





こんな素敵なサイトに出会えただけでも感謝しないとね・・・。





探し始めたの遅かったんだししょうがないよね・・・。





・・・と思ったのだが、問い合わせてみるだけは問い合わせてみようかな('▽'*)ニパッ♪
と思い直し、いそいそとメールしてみた。




そうしたら、なんとOKのお返事が!!!
私の結婚式の日は、別の予定があったためオフにしてあったのだが、それが延期になったため空いているという。



信じられない・・・・・・・
・・・・・・・奇跡が・・・起こった!!!!!!!




ま、まさに運命!!!!!!!←ひさしぶりーヾ(〃^∇^)ノわぁい♪




そして、ブーケは心底惚れたそのフローリストさんにお願いすることを決めた。





あれだけこだわったブーケトスはどうするのか?



やります。



ただし、アートフラワーでトス用ブーケ準備するつもり。
トス用ブーケを受け取った子に、生花ブーケをプレゼントします。

(アートフラワーも優しく受け取ってあげてね♪)



絶対、絶対、もらった子は幸せになれると思います。
そういうブーケになると思います。





・・・で、見たいでしょ?そのサイト♪

ちゃんと許可いただきましたv( ̄ー ̄)v

アトリエ イングさんです。

ing



私は最近、仕事に疲れるとここのブーケを眺めては、ほっこりしてます(*^▽^*)
うっかり日に何度も通って、アクセスカウンタをムダに上げたりもしてます( ̄∀ ̄*)イヒッ
ブーケをストーキング♪


まだフラワーアーティストさんにはお会いしていないのですが、もーどっきどきです。

緊張してしゃべれないかも~~~~~~(≧∇≦)キャー♪


元ヤン風フローリストさんとの出会い

テーマ:

実はまだ続いていたブーケバトル。
一時は決着したかに見えたのだが、式場で頼むとどうしてもお値段倍増になってしまうため、

町のお花屋さんを検討し始めた私。



安くてよいものを・・・と思うものの、HPを渡り歩いても大体同じに見える。
例えば、バラのラウンド・・・といえば、全部バラのラウンドだし、
ユーチャリスのキャスケード・・・といえば、全部ユーチャリスのキャスケードなのだ。
多少、羽が入っていたり、宝石が入っていたりと個性を出しているお店もあるけど、
別にそんなの求めていないのでシロウトにはやっぱりみんな同じに見える。



となると、やっぱり気になるのはお値段!


というわけで、
安いお店を探し、打ち合わせに行ってみた。



雑然とした雰囲気の事務所に通される。
(ここ・・・??)



「元ヤンですか?」という様相の女の人が出てくる。
(これがフローリスト??)



その元ヤン風フローリストに、ブーケの相談に乗ってもらうのだが、
なんというか・・・対応に愛が感じられない・・・。



そして、ブーケをトスしたいと言ったら、小ばかにした表情で
「花屋としてはお勧めできませんねー」
「そんなことができるという花屋は現場を知らない人間ですよ(くすっ)」
という対応。。。



極めつけに
「ブーケというのは、お花の部分を下にして落ちるんですよ。
ほら、飛び降り自殺する人も頭を下にして落ちるじゃないですか。
あれと同じ原理です(笑)」





・・・・・・・・・・・・。



ウケ狙いですか・・・?
残念ながら、飛び降り自殺なんて存じ上げません。
大切なブーケを飛び降り自殺に例えるあなたの感性も理解できません。



あなたの言っていることは全部正しいのかもしれないけど、
ぶっちゃけ、あんた嫌い
あなたに作ってもらったブーケなんか持ちたくない。




というわけで、一応見積もりだけもらってとっとと帰ってきました。

(一応見積もりもらってくるあたりから小心者っぷりが伺えます)




世の中には色んなフローリストさんがいるんですね。
おかげで「安ければいいや」なんて考えはすっかり吹き飛びました。



おかげでとっても素敵な出会いがありましたし♪
そういう意味では感謝です。
この話はまた後日('-'*)フフ



★あと15日★

卓上装花

テーマ:

今日は、 boozeさん家 から出張に来ていただいたキャラと共にお送りしたいと思います!

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

|д゚)・・・サラワレタ。。。



今日は卓上装花の打ち合わせ。



くろえるは、打ち合わせが嫌いらしい。
仕事でも打ち合わせは嫌いなようだ。
そんな彼はいつも、魂の抜けたような顔で打ち合わせに参加 (=゜ρ゜=)ボヘーー

見た目は起きていながら、魂だけ寝るという高等技術を使いながら参加しているところが侮れない。


|д゚)・・・サボルタメノ シンカ。。。




そんな彼が・・・
卓上装花の打ち合わせでは違った!!!
もう、目を輝かせてキラキラしている。


私を押しのけてまで写真に見入っている!


そんなに、お花が好きな男なのか?




答えはNO!!!


|д゚)・・・ヤッパリ・・・?





彼が心を奪われていたものは・・・。


そう、装花と一緒にテーブルに飾ったりする「おもちゃ」ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪



|д゚)・・・ココロハ ショウネンダネ。。。



目はおもちゃに釘付け。
今にも「ねぇ、ママこれ買って!!((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク」と言い出しそうな雰囲気。




そんなくろえるには、
ウェディングフェアーで一目ぼれした装花セットがあった。


最初は反対していた私も、ブライダルフェアから3ヶ月間かけて洗脳され、
「まぁいいか・・・(=゜ω゜)ボー」という気になっていた。



|д゚)・・・ネバラレマケ オオイヨネ。。。




私は当日、一応最後の勝負を挑む気だったが、くろえるはその装花セットからてこでも動かない。



「好きなようにするがいいさ・・・(* ̄ ̄ー ̄ ̄)フッ」




いつもはくろえるが言う一言を、私が言う羽目になった・・・。
ちょっとくろえるの気持ちがわかった日曜の午後・・・。



|д゚)・・・ショウネンニハ カテナイヨネ。。。


くろえるの望みの「おもちゃ」を取り入れ、
2人で雰囲気とかお花の色とか好みとかを決めて、卓上装花決定♪
どんな風に仕上がるんだろう((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))



|д゚)・・・オモチャノ ハナ・・・?

ブーケ

テーマ:


挙式に使ったブーケでブーケトス♪
で、ブーケは憧れのキャスケードヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
当たり前じゃん!


って、
ふつーに思っていたところ、


プランナーさんに
「そ、それは・・・・・・・・(^▽^;)」
って言われてしまった。



(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?



「重いんですよ~、キャスケード。
あんなの投げられて受け取れる女の子はいませんし、
受け取ってもぐちゃぐちゃになってしまいますよ。」



ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! ~~ピヨピヨ



そうだったのかー。
みんながわざわざ、トス用のブーケを用意するのはそういう意味があったのか。
てっきり、挙式用のブーケをあげちゃうのがもったいないからなのかと思ってたよぅ~( ̄Д ̄;;



じゃぁ、トス用ブーケ準備する・・・?
やっぱり、ブーケトスは挙式で使ったブーケだから意味があると思うんだ!
だから、トス用ブーケは(>_< )イヤッ( >_<)イヤッ



じゃぁ、トスはやめてリボンプルズとかにすれば・・・?
どうせなら、青空の下で投げたいんだもん ヤン!!ヾ(≧∇≦*)三(*≧∇≦)ツ ヤン!!



では、お色直しで使ったブーケを投げるとか?
だって、挙式で使ったブーケだから意味があると思ってるんだもん“o(>ω< )o”ヤダヤダ!!“o( >ω<)o”



では、キャスケード諦めるしかないですね。
.・゜゜・⊂((〃/⊥\.〃))⊃・゜゜・.ウワーン!!



じゃぁ、お花屋さんに相談してみてください。
はい。。。。(( T_T)トボトボ



わがままか?
わがままか?
わたしはわがままか?(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・



確かに、キャスケードが飛んでいるの見たことないかも・・・。




落とし穴の底でしばし思案・・・。
なんかいい方法無いものか・・・(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・



造花にしたら投げられるのかなぁ~?
でも、やっぱり投げるなら生花でしょ~。

滑車をつけて、吊るすとか・・・?
行き先1個じゃん・・・。投げたことにならないし・・・。


風船をつけて浮力で・・・?
いくつ風船つける気ですか・・・。


ブーケ引換券を投げるとか・・・?
いや、だからブーケを投げたいんだってば・・・。




てか、キャスケードじゃなきゃ投げれるのか?
キャスケードじゃなきゃ重くないのか?
キャスケードじゃなきゃ投げてもぐちゃぐちゃにならないのか?


うぉぉ~~~~~~~~(ノ≧ρ≦)ノ




もうちっと、

ブーケのお勉強をせねばならぬらしい・・・
|出口| λ............トボトボ



みなさんはどうしているのでしょうか?

良い案お持ちの方教えてください(*- -)(*_ _)ペコリ