美味オーストラリアの秘訣

テーマ:


さてさて、美味オーストラリアシリーズ第三弾。
お待ちかね、くろえる&しろえる流 おいしいレストランの選び方。



これは簡単。




「現地の人に聞く!」




威張って書くほどのことでもござんせん(^▽^;)






「え~~でも、英語が・・・。」
「それができたら苦労しないよ・・・。」



ノンノン!!
問題ないのですよ、それが。



そんなおバカな日本人のための救世主が存在するのだ!
その名は「日本語デスク」!!!




新婚旅行で泊まるような良さめなホテルには
「日本語デスク」があり、現地に精通した日本人が常駐しているのだ。



イタリア語デスクやフランス語デスクや中国語デスクやスペイン語デスクや韓国語デスクはないのに
日本語デスクだけ存在するという現状を考えると、
ちょっとオハズカシイ気持ちにもなるのだが、せっかく存在するので最大限活用させてもらう。



「おいしいシーフードのお店探しているのですが、
現地の人も行くようなお店でいいところありますか?」


軽やかに日本語で聞く。
すると、軽やかに日本語でレストランを紹介してくれる。
場合によっては日本語メニューくれたり、地図をくれたりとサービス満点♪


紹介してもらったお店で満足できたら、すかさず予約してもらう。
普通のレストランは予約を取らなくても入れるらしいが、そこは新婚旅行。
せっかくなので予約してもらう♪


なんと日本語デスクは無料で予約もしてくれるのだ。
すばらしすぎ・・・(T▽T)ダァー
まさに、飯屋・・・じゃなくてメシヤ。


これでばっちりv( ̄ー ̄)v

予約した時間に店に行き名前を告げれば「ごあんな~い」となるわけです♪



ちなみに、オーストラリア英語で「予約」は「Booking」と言うらしい。

「reserve」でも通じるけど、「Booking」の方が主流なんだって。
最初何のことかさっぱりだったよ(^▽^;)




私たちがこの手で紹介してもらったお店は「マンゴスチン」というシーフード&ステーキレストラン。
超有名な「カニーズ」の隣と言えばきっとわかるはず。


ここはあまりにもおいしくてうっかり2回も食べに行ってしまったくらいなのだ。
1回目はシーフード食べに。
2回目はステーキ食べに。


ここのシーフードは絶品♪
思わず牡蠣をおかわりしたのはここ☆

アツアツのガーリックトーストもお肉もウマウマ♪

次にケアンズ行くことがあればきっとまた行ってしまうに違いない。



もう一軒お勧めなのは「ダンディーズ」。
ここは有名なオーストラリア料理専門店。
ガイドブックとかにも載っている有名店だけどうまかった・・・そして、楽しかった♪


カンガルー、クロコダイル、バッファロー、エミュ、バラマンディー、ラクダなどなどオーストラリアを堪能できるようなメニューがたくさん☆

そして・・・デザートがとんでもなくうまい・・・。


ここは、旅の途中で仲良くなった新婚旅行中のご夫婦と一緒に行った。
「変なもの食べるには人数が多いほうが楽しいよねー」と意気投合し、

ご一緒することになったのだが、どれもこれもおいしくて大満足。
色々なものを少しずつ食べれて2倍楽しめた。



「うちの泊まるホテルには日本語デスクがないんですぅ~」

心配無用!

JTBなどの旅行会社のデスクもあり、特別メニューを用意していたりするので、そこを利用するという手もある。


更には、ケアンズは日本人観光客が多く、おみやげShopも大抵日本人がいる。
また、現地の人でも日本語ぺらぺらな人も少なくない。
おみやげShopの店員さんと仲良くなっておいしい店を聞き出すという手もある。


店さえ決めれば、

あとは「Excuse me」と[This one, Please」さえ知っていればオーダーできるので、

オーストラリアの海の恵みと大地の恵みを満喫だ!

いざ!オーストラリアへ!!GoGo!!





うわ~~~、

こんなん書いてたら、また行きたくなっちゃったよぅぅ~(@Д@;


AD

否美味オーストラリア!!

テーマ:

誤解を招くような発言だったので訂正しました。

観光客相手の店がダメなんじゃなくて、日本人観光客しかいないような店は・・・って意味です。

日本人観光客しかいない=リピーターがいないってことだとしろえるは考えたわけです。


ちなみに、下記の店ですが「うまいっ!!」と言っている人もいます。

隣に座っていたおねぇさんたちは盛り上がってました。

味覚は個人差がありますし、選んだメニューにも寄りますし。。。ね。


---

店さえ選べば・・・の話。

前回記事はこちら



前回記事でほんのり予告してあったが、
食いしん坊万歳の私といえどすべての食事がうまかったというわけではない。
沈黙したまま食事を終えたことも何度か・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・



一番悲しかったのは、ケアンズ初日・・・。

くろえるが日本で予習していた石焼ステーキの店へ。



くろえるはレストランしか予習しなかったのだが、
その彼が小踊りしながらクーポン券や所在地などを入念にチェックしていた店だ。

否が応でも期待は最高潮。

予約していなかったため2時間待ちとなるもお構いなし。

ステーキのためなら何事もいとわないのがくろえるだ。



やっとのことで着席しメニューを開く。

くろえるなんぞは期待のあまりステーキを2皿も注文すると言い出し、
「あほじゃないの。おめーはカップラーメンでも食ってろ!」

と言いたくなる自分を押しとどめ、
この旅行中だけは悔いの残らないように食べさせてやろうと心で号泣しながらしぶしぶ許可。



そしてやってきた前菜。シーフードたっぷりサラダ((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))
「いただきまーす♪パクッ(* ̄0 ̄)●ゞ」
「・・・。」
「・・・。」
「・・・イマイチじゃね・・・?」
「・・・まぁ肉屋だからな・・・。」
「・・・・・そか・・・・・・。」



そして、しばらくして運ばれてきた分厚いステーキ!!
うぉぉぉ~~~キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー

「いただきまーす♪♪♪パクッ(* ̄0 ̄)●ゞ」
「・・・。」
「・・・。」
「・・・(-"-;)」
「・・・(-""-;)」
「・・・うまいの・・・これ・・・?」
「・・・・・・“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!」

「。。。。(( T_T)トボトボ」



高い金を出し、3人前ものステーキを眉間にしわを寄せながら消費した恨み・・・。
忘れてなるものか・・・(-"-;)

(それでもしっかり食べたけど・・・)



とあるシーフード&ステーキ専門店。
観光客専門店らしく、客はほとんど日本人。
確かにここほど分厚いステーキにお目にかかったことはなかったけどね・・・
肉もシーフードも・・・・・・。



この日は、「やっぱ日本人観光客しかいないような店はだめだよなぁ( -д-) 、ペッ」
という誰でも知っているレストラン選びの教訓を再認識し、とぼとぼと帰ってきたのだった。




くろえる&しろえる流

おいしいレストラン&レストランの選び方はまた次回( ̄ー ̄)v


AD

美味オーストラリア!

テーマ:


予想以上にオーストラリアの旅行レポを求める声が多かったので、オーストラリアの話。



オーストラリアをたった一言で形容するなら「美味かった」
食いしん坊万歳ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ♪



ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
他にも色々あるだろう・・・




オーストラリアうまーい♪
オーストラリアでりしゃーす♪
オーストラリア食い倒れー♪
オーストラリアーさいこー♪
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ



というわけで、食レポいってみよーヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!



海辺にいた期間が長かったので

なんと言ってもシーフードが最高***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪


えびなんてもうプリプリ!!
牡蠣もプルプルクリーミー!
バラマンディーという魚も白身なのにすっごい味わい深くて、こんなにうまい魚知らないってくらいうまい!
イカも信じられないくらい美味!!


オーストラリアへ行ったら、まずシーフードレストランに入り、
「シーフード プラッター(シーフードの盛り合わせ)」を頼むべし!
そして、何がうまいか(季節や好みによって違うはず)を見極め、次回からはうまいものにアタックすべし!


私らはえびにはまりまくり。
もう、海老えびエビ!海老まくり。


さらには、牡蠣。
くろえるは牡蠣嫌いだったくせに、この旅で牡蠣に目覚め、
最後は私から奪って食ってたくらいの一品!
半ダース頼んだのに食べたりなくて、

おかわりして結局1ダース食べて、
それでもまだ足りないって言ってたくらい牡蠣もうまかった♪



次に、肉!
「誰だ?オージービーフがまずいって言ったのは?
そんなこと言う人はよっぽどおいしくない店に入ったのね。かわいそ~。」
ってくらいうまかった!

(確かに霜降りではないが、うまいぞーーーっ!)


その他、クロコダイルとかカンガルーとかバッファローとか日本じゃお目にかかれない肉も色々ある。
一通り食べたけど、私はカンガルーがお気に入り♪
ジューシーでくせがなくてホントにうまい。


「カンガルーを食べるなんてかわいそう?」
そんなこと言う人は食べなくてよろしい!あたしが食べてあげます!<( ̄^ ̄)>
くろえるはバッファローとかも気に入ってたけど、
肉類も盛り合わせがあるので一度頼んで試してみるといいでしょう。



そして、驚きのうまさなのがスイーツ!!
海外ってご飯がおいしくてもデザートが甘すぎたり、
奇妙な味が混ざってたりしておいしく食べられなかったりしません?
オーストラリアのスイーツはすてきだー。
甘すぎず変な味もせずホントとろけるうまさ!
レストランのデザートも、街角のアイスクリームもみんなうまーいヾ(〃^∇^)ノわぁい♪



そして忘れちゃいけない酒!
酒もうまいー(●⌒∇⌒●) わーい

世界有数のワイン王国のオーストラリア。
そりゃ普通にうまいワインが出てくるって♪


そしてビールもうまい!
オーストラリアNo1は、Crown Lager(クラウンラガー)というビール。
これはコクがあってうまみがあって、No1にふさわしいビールだと思った。
個人的には、魚介類にはワインよりクラウンラガーの方が良かったかなー。


これを頼むと店員さんは必ずうれしそうに「Good Choice!!」とか「No1 Beer」とか言ってくれるのだ。
オーストラリアへ行ったら必ずこれは呑むべし!
あとJAMES BOAG'S PREMIUM(ジェイムス ボッグズ プレミアム)というビールはさわやかで香りが良くて、砂漠(エアーズロック)ではこればっかり飲んでたかな。



というわけで、オーストラリアは『店さえ選べば』何でもうまいのだ。
海原雄山@美味しんぼで「オーストラリアの自然は豊かで気前が良い」と言っていたが本当にそうだ。
旅行中、何度この言葉を実感したことか・・・。



オーストラリアおいしーo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ




『店さえ選べば』・・・ についてはまた次回。


AD

やっと新婚旅行手配したよぅ~!



春から検討していたはずなのに・・・。
決めるの遅すぎ・・・。
そして、もたもたしている間に泊まりたかったホテルが満員になってた・・・。
バカモノ・・・( ┰_┰) シクシク




で・も!!!




一番泊まりたかったところは、ちゃんと押さえたヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


じゃーん!
オーストラリア
グレートバリアリーフに浮かぶは「オーフィアス島」うふ♪(* ̄ー ̄)v



もう、うっとり、はにゃ~んなこの島。
なんと15歳未満は泊まれない上に、少人数しか泊まれない!
『大人のための隠れ家リゾート』(≧∇≦)キャー♪
この言葉にくらっときて決定。



ケアンズからオーフィアス島への移動は、「水上飛行機!!」
なんかよくわからないけど、かっちょえー♪乗ってみたーい♪


島の名前の由来もロマンチックで
島の形が、ギリシャ神話のオーフィアスが持っていた竪琴に似ているからオーフィアス島。
オルフェウス等とも言うみたい。


ロマンチックは食えないけど、食えるのはお食事!
ここのシェフは色々な賞をとっているような方で、お料理も抜群みたい。
朝食は、自分の食べたいものを言えばつくってくれるらしい。
英語で言えるかという問題はさておき、気分は姫ですわよ。おほほほ~。


その他、アイスクリームなども24時間食べ放題!!
(が、どのサイトを見てもご飯がおいしすぎて、おなかがいっぱいで食べられなかったと書いてある)


結婚を決めてから約1年の昼寝すらままならない禁欲生活・・・。
思いっきり遊んでやるー。
のんびりしてやるー。

(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー(煩悩)



前半はここに泊まってのんびりした後、ケアンズのホテルに移動。
エアーズロックに登ったり、お土産買ったり、観光したり、銃を撃ったりした後、日本へ帰国。



日本でも散々ツアー探したんだけど見つからなかったので、手配旅行。
私にとってはじめての手配旅行が新婚旅行( ̄Д ̄;;
くろえるにとっては、実に20年くらいブランクのある海外旅行・・・( ̄Д ̄;;
どっかでハプニングがあるだろうってことは容易に想像つくけど、それもまた旅の醍醐味・・・

・・・と笑っていられるうちが花。
無事に帰ってこれりゃいいが・・・( ̄ー ̄;



なぜオーストラリアかというと、
ほどよく近くて、
ほどよくシーズンで、
ほどよく日本語が通じそうで、
ほどよくご飯がおいしそうで、
ほどよくバカンスを楽しめそうだから♪



なにはともあれ、ゆっくりのんびりうにゃ~っとできるといいなぁ~。
そして、無事に帰ってこれますように。。。
その前に、無事に出発できますように。。。



あっ!ビザとらなきゃ。

ビザビザビザビザビザビザ・・・