キャベツの芯②

テーマ:

貧乏大食いのえる家。


キャベツの芯を何とか食べさせようと、過去には、千切りに混ぜたり、味噌汁にしたりいろいろやってたんだ。

 

しかし、くろえるはそれが嫌だったみたいで、キャベツの芯クッキングしていた私に
「たのむ!入れないでくれ!芯の甘みが嫌なんだ!金払ってもいいから入れないで!」と懇願したので、そこまで嫌なものを押し付けなくても・・・と思い、キャベツの芯クッキングは中断していた。


しかし、キャベツの芯を気に入ってしまったうちの子たち。
これはキャベツの芯にも光が当たるのでは・・・と淡い期待。

余所の家に聞かれたら、「んま~~~~、キャベツの芯しか食べさせてないなんて虐待!」とか言われかねない・・・。

 

いや、ちがうんですよー。
「キャベツの芯しか」ではなく、「キャベツの芯も」なんですよー。
キャベツの葉っぱ部分より、芯の方が気に入っているように見えるのは秘密だ。

 

ある日、チーズフォンデュをすることにした。
そんなおしゃれな食べ物がうちの食卓に上ることはまずない。
もちろん、いただきものだwww

 

チーズフォンデュと言えば、ブロッコリ、ニンジン、ジャガイモ、フランスパン、エビ、ウィンナーというところだろうか?
ブロッコリーを買いに行くと、小さくて高い。却下。
となると・・・もう少し野菜が欲しくなるのが人情と言うもので・・・
どうしようかな~と悩みながら、お弁当の仕込みをしていると、ふと目に着いたのがキャベツの芯。
人参とかと一緒に茹でちゃったら意外とおいしいんでは・・・?
閃いてゆでてみる。

 

興味津々でキャベツの芯にチーズをつけてパクリ。
ん!これは!おいしい!!!
「ねーねー、キャベツの芯めっちゃおいしいんだけど!一番おいしいかも!食べてみ!」

 

「食べる~♪」
食いついたももえる。
「ん!!おいしい!!」
「でしょ~~♪」

 

すっかりはまったももえるは、キャベツの芯をパクパク。
「これが一番おいしい♪」
それは私も同意だ。
触感も良いし、甘くてジューシーでおいしい。

意外と、キャベツの芯って料理の仕方によってはおいしいのかも・・・。

 

しかし・・・

「好きな食べ物なぁに?」に

「キャベツの芯」と答えられるのは困るんだなぁ。

忘れられる程度においしく料理・・・って難易度高すぎない!?

AD

キャベツの芯

テーマ:

夕飯の支度をしていたところ、ももえるとちゃえるがキッチンにやってきた。

「おなかすいた―。つまみ食いしていい?」

 

えーーー。
その時の私はキャベツを切っていたのが、つまみぐいするほどの量はない。
他に出ているものと言えば、生肉に生きのこ・・・。生食無理。

 

困った私は、「これなら・・・」と捨てるつもりだった、キャベツの芯を指さす。
半分撃退のための嫌がらせだったのだが・・・。

 

「え?いいのー♪♪♪たべるーー♪♪♪」
食いつくももえる。
真似っこちゃえるも「たべるー♪」

2人して生キャベツの芯をポリポリ。

 

「んまーい♪もう一個食べていい?」
え?うまいの??
「・・・まぁいいけど・・・。」
2人で代わる代わるキッチンへやって来て、キャベツの芯を食べまくって行った。

 

ももえる曰く「この甘くてちょっとピリッとした感じがいいんだよね~~~」
何ともツウなご意見で・・・。

 

食いしん坊万歳!

 

AD

マス

テーマ:

こないだ、マス釣りに行ってきたんですがね・・・。


ちゃえるがマスの塩焼きがものすごく気に入ったようで、丸々一匹食べちゃったんですわ~。

それも、小骨のないところだけむしってあげたんだけど、もっとよこせとアピールするので、

細かいところから、顔の部分から、こまごまとむしってあげたんですわ。



で、そのあと、ももえるの魚の取り残しをむしってあげていたら、

ぱちぱちと拍手するちゃえる。



いやー、ちがうんだよ。

君のじゃないよー、ねぇねのだよー。

と言うも通じてなくてわくわくし続けている。



んー。泣くな、こりゃ・・・。

覚悟を決めて皿をももえるへ・・・。



ほらきた。

そらきた。

大泣き。

号泣。


俺にもくれーーーっ。



・・・って気持ちはわかるけどさー

さすがに1歳のくせに魚一尾は食いすぎだと思うのに、

さらに追加するわけにもいかないじゃん!



そんなわけで、大ご機嫌だった夕飯タイムは、号泣と共に終わったのだった。

(最後泣きすぎて、おかしなことになってた・・・)



ってなわけで、

今日の夕飯もマスだ!!

AD

食事の文句に対する逆襲

テーマ:

がんばって作っている夕食に対して、「うますぎる!」と文句言われた件。

(詳しくは、前日のブログで)

どーにかして、逆襲してやりたいと思ってしばらく悶々としていたのだが、うまい方法が見つからずにいた・・・。


昨日の夕飯

・鶏の照り焼き

・もやしとニラのナムル

・具だくさん味噌汁(しめじ、筍の水煮、キャベツ、卵)

・ごはん

※お好みにより、ご飯+海苔+鶏照り焼きで、鶏照丼にしてお召し上がりください



鶏照りは生協の冷凍だし、ナムルはちょっとゆでて調味料と混ぜるだけだし、それなりに手抜きしたものの、パッと見立派なご飯で、逆襲には程遠い。

が、ここで大問題発生!


ナムル、ちょー、うまいのwww

味王がドーンしそうなくらいのうまさ。



こりゃやべぇ。

またやっちまった。

私の料理の腕ってば、普通に作ろうとしてもダメなのね・・・。

才能って怖いわ・・・

(本当は、クックパッドのレシピ通りに作っただけw)



くろえるの帰りが遅かったので、ももえると先に夕食を食べたのだが、ももえるも気に入ってモリモリ。

私も気に入ってモリモリ。

私は私で、平日は飲まないでおこうと思っていたのに、思わずビールを開けてしまってプッハー。


もやし1袋+ニラ1袋で作ったのが、あれよ、あれよと言う間になくなっていくナムルちゃん。

くろえるの分残しておいてあげないといけないけど、もっと食べたい!

そこで、少なめにくろえるの皿に取り分け、あとはももえると山分けw

くろえるの皿に取り分けている時点で、「それももえるちゃんのー、ももえるちゃんの分がなくなっちゃうー」と怒っていたももえるにもたっぷりとよそってやる。


そこへくろえるが帰宅。

風呂から上がり、食卓へ。

「ね、ね。このナムル食べてみ?めっちゃうまいよ。」

「ん~~?あ、ほんとだうまい。」


ふふふふ。かかったな!

ここから逆襲開始。

「でっしょ~~~~

ごめんね~料理うまくて。

ほんっとごめんね~~~~。まずく作ろうと思ったんだけどさ~~~。ダメみたいで~~~。

だからね!私とももえるでたくさん食べておいた。

くろえるが食べ過ぎないようにと思って!

やさしいでしょぉ~~~~~~~~~」


微妙な顔で、「うんまぁ~」といっているくろえる。

逆襲成功?


結局、ももえるがそこまでたくさんは食べれなくてパパにあげたので、くろえるもたくさん食べてしまったので意味はなかったのだけど。

うまかったもやしナムルのレシピはこちら。

http://cookpad.com/recipe/772157


うちは、豆板醤抜きで冷やさずに食べた(ももえる対策)。

ちょっとごま油が多かったかなと思ったけど、おいしかったー。

しばらくはまりそうだな。

食事に対する文句

テーマ:

引き続き、くろえるの飯ネタ。



食べるの大好きくろえると、成長期ももえるのために、一汁三菜を目標に(あくまでも目標)、帰宅後の少ない時間をやりくりして食事の支度をしている私。


その私に対して出た前代未聞の文句を聞いてくれ。



「しろえるの作る飯はうますぎる!(怒)
食いすぎて困る!!
もっとまずくていい!!」



嫁の飯がまずくて困っているという話は聞くが、うますぎて困ると怒られてもね・・・。
毎日がんばっているのに怒られるって、ありえなくね?


そりゃね、
ももえるとくろえるの両方が喜ぶように献立考えるし、
やっぱり長く一緒に暮らしているとくろえる好みの味付けになるわけで、そりゃそこそこうまくて当然だと思うんだよね。
日々研究を重ねているのに、怒られるって何よ?


褒めてもらえなかったので、絶賛やる気なくし中。

やる気なくしたところで、ももえるがいるのでそんなに手抜きできないところが悔しい。

ももえるいなかったら、ご飯+お茶漬けの元とか、カップラーメンとか、手抜き技駆使するのにな・・・ちっ。


味覚の変化

テーマ:

久々に育児じゃない話。


このブログを長く読んでいる人なら知っていると思うが、肉大好きくろえる。
くろえるにご飯を作らせると、3食分の肉を全部炒めて終了とか、
イタリアン食べに行って肉以外は頼まないという暴挙に出たりとか、
焼肉屋で「俺は肉を食いに来たんじゃ!肉以外食わん!」という謎の名言を残したりとか、
スーパーに行くたびに、ステーキを買わせようとしたりとか、
肉ネタは事欠かない。


そのくろえるが!!!!!!!!!!!!


野菜たっぷり冷しゃぶを食べて
「この野菜おいしいね~~。明日も野菜たっぷり食べたいなー。」
と・・・。


え?野菜?
野菜っすか?野菜をおいしいと言ったのか???


正直、地球が滅亡するのかと思ったw



食卓に肉が登場しなくても文句を言わないばかりか、豆腐うめーとか言っている。
お前、いつの間にか別人とすり替わっただろう!?吐け!!吐くんだ!!

春のご飯

テーマ:

久しぶりに育児以外の話。


今日の夕食。

・たけのこご飯

・菜の花の辛し和え

・筑前煮(たけのこ入り、ごぼう入れ忘れ・・・)

・味噌汁


春だな~~~~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ




ちなみに、1週間前のご飯。

・たけのこご飯

・菜の花の辛し和え

・土佐煮

・味噌汁



ほとんど代わり映えしない・・・( ̄ー ̄;



たけのこご飯は一度作ったらくろえるが気に入り、毎日毎日リクエストしてきてうるさい。

菜の花の辛し和えは去年作ったらくろえるが気に入り・・・(略

土佐煮は去年・・・(略



たけのこはちゃんと皮付きのの買って来てゆでてます。

やっぱり旬なだけあっておいしい♪


新鮮なたけのこは、下ごしらえして、

切ってマヨネーズで食べてもおいしい♪

田舎のおばあちゃんに教えてもらいました。

たけのこと言えば、たけのこご飯か煮物か、てんぷらくらいしか頭になかったのでかなり新鮮でした!

ぜひお試しあれ!!

旦那のダイエットメニュー!?

テーマ:


「俺!ダイエットする!!」
もう聞き飽きた宣言がくろえるから飛び出た。


内心「またですか・・・」と思ったが、ちょうど良い機会だったので、
くろえるの作った夕食を指差しながら言った。

「じゃぁさぁ~、この男の一品料理的な夕飯はやめようよ。
 野菜もたっぷり入れてバランスよく食べないと。」


「ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!? 面倒くさい。。。」


「痩せたいんでしょ?
 味噌汁とか付け合わせとか簡単なものでいいからプラスして、摂取カロリー抑えないと。」


「むぅん。。。(-"-;)」


次に食事当番が回ってきたくろえる。
フライパンを2個使い、鍋も使って頑張っていた。


<くろえる流ダイエットメニュー>
・鶏肉と玉ねぎの卵とじ(親子丼の具みたいな感じ)
   →タマゴ4個も使ってボリューミーなご飯のお供
・春菊と鶏肉の炒め物
  →どう見てもメインディッシュ
・味噌汁
・ご飯
・キャベツサラダ ←見るに見かねて作ってやった



そして、夕食後。
「うあー、腹いっぱい!食いすぎた!
 やっぱりおかずたくさんあるとご飯食いすぎる~~~。」

「そりゃそうだろうよ・・・[壁]д=) ジー
 だれがメインディッシュ2個作れと言ったよ?
 サラダとかおひたしとかカロリーが低くて
 お腹がいっぱいになるようなものを追加しろって言ったの!」

「えーーーーヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?」



頼む・・・。

ちょっとでいいから栄養学を勉強してくれ。。。…llllll(-_-;)llllll



果たしてくろえるにちゃんとしたダイエットメニュー作れる日は来るのだろうか?
ぜひとも頑張ってほしいが・・・orz


いいにおい

テーマ:


くろえるが風邪引いた。
遊びに行って帰ってくると必ず体調不良を催すくろえる。
一生懸命遊びすぎなんじゃないだろうか・・・?



くろえる流風邪の治療方法、

それは「肉を食べること」



肉を食べさせないと
風邪が治らないのも、
足が痛いのも、
空気が乾燥しているのも、
ポストが赤いのも、
カラスが黒いのも、
すべて私のせいになるのだ。



というわけで、昨日のメニューは近くの肉屋の特売狙いで、スペアリブに決定した。


スペアリブをたれに漬け込み、オーブントースターで焼く。
両面をこんがり焼けたところでかぶりつく。
肉大好きくろえるの大好物である。



思う存分スペアリブを食し、早めに就寝。




ベッドに入ると・・・
「しろえる、いい匂いする♪」
「ん、なんの匂い?」
「肉の匂い( ̄▽ ̄) ニヤ」
「ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?、肉の匂いついちゃったのかなぁ~?やだなー。」
「( ̄●● ̄)クンクン...いい匂い~~(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)」



ガブッ


「いてーーーーーーーーーーーっ!!!

 なにすんねん!!!」
「余りにもいい匂いで我慢できなくて(* ̄。 ̄*)ウットリ」




おでこ食われた。。。


平成の米騒動

テーマ:

昨日、休日出勤だったくろえるのため、マグロ買ってあげた。
100g100円という激安価格だったため、我慢できなかったせいでもある。
こうして、昨日の夕飯はくろえるの好物、マグロのお刺身となったのである。



昨日は夕方から、夕飯の支度と今週分のお弁当の仕込をしていた。

【夕飯】
・鶏つくねと大根とくるま麩の煮物
・まぐろ
+残り物の大根とエリンギのシチュー


【お弁当仕込み】
・レンコンとサトイモの焼きびたし
・ぬた
・小松菜の生姜和え



これだけのものをオラオラと台所で扱ってたわけですよ。


そんな状態で、お釜に残っていたご飯をちらりと見て、1.5合はあるなと思ったわけ。
くろえるの夕飯はこれで足りるよな?うーん、足りるのかな?
まぁ足りるかぁ・・・ということで、翌朝の分(お弁当+朝ごはん)として米を3合研いでおいたわけです。



帰宅したくろえるくん。激怒。。。
米が少ない!
こめー、こめー。
なんでこんなに夕飯おいしそうなのに、米が少ないんだーーーうがーうがーーー。
しろえるはいつも同じ失敗をする。最悪だ。

もう、怒りっぱなし。



私は、米は炊いたら炊いただけ食べてしまいたい(持ち越したくない)タイプ。
くろえるは米が好きなだけ食べられないのはストレスだから多めに炊くというタイプ。
この手の争いは恒常的に発生するのだ。



余りにも怒るので、翌日分として仕込んだ3合の米も炊いたのだが、
米が炊き上がるまで残っていたご飯も食べたくないという頑固さ。
一気にがーっと食べられないとストレスがたまるんだそうな。


「ゆっくり食べれば?」と言ったらまた激怒ですよ。
「ゆっくり食う飯のどこがうまいんだーーーっ!」だそうで。


「じゃぁ、酒でも飲みながらちびちびやる?」
「米が食いたいんじゃーーーーーーっ!」
もう取り付く島なし。



そして、翌日のお弁当を気にせずがっちり食べるために、
更に5.5合の米を研ぎ(うちは炊飯器2台あるんです・・・)
3合炊きの炊飯器が炊き上がるのを待ちながら、怒ったりしょんぼりしたりしていた。



そして、3合炊きの米が炊き上がる直前に、
残っていたご飯を3分かからず食い上げ、
炊き立てご飯は熱いと文句を言いながらお代わりして食べていた。



もはや何も口が出せない迫力である。
正直、呆然と見ていた感じ。
ご飯が炊けずにお預けをくらったことによるストレスを晴らすかのように、食うわ食うわ・・・。





そして、最後に一言。
「あー、途中でちょびちょび食べていたせいでたくさん食えなかった!」


・・・あの・・・十分だと思いますが・・・。




そして今日の朝・・・。


「俺、今日からダイエットする!」
「・・・。昨日の夜からやればよかったんじゃ・・・( ̄o ̄;)ボソッ」
「あっ!そうだね。なんでやらなかったんだろう?」


・・・私が聞きたいです・・・。