まつげパーマデビュー

テーマ:

まつげパーマ行ってみた。
調べれば調べるほど「なんて恐ろしい・・・」という 事件 と遭遇してひよっていたのだが、
ネットを駆使して信用できそうなお店を探して行ってみることにした。



店員さんに、どれくらいのカールにするか聞かれるも、

「ナチュラル」がどの程度のカールを指すのかさっぱりわからなかったため、
2週間後の結婚式のためにかけるという旨を伝え、店員さんと相談。
結果、「ちょっと強めのナチュラル」でかけてもらうことに(やっぱりわからない表現・・・)。



目をつぶっていたので詳しいことはわからないが、
ロットに巻くときや、パーマ液をつけるときにちょっとまつげが引っ張られる感じがするだけで、
後はおとなしく寝ていれば出来上がり。


まつげパーマの恐ろしさについて聞いてみたところ、
「うちのパーマ液はクリーム状なので目に入ったりはしませんよ」とのこと。


また、気に入らなかったらパーマを落としたり、
直したりすることができるというので安心して寝ていられた。


出来上がりもきれいにカールできていたし、かぶれたり痛かったりということは全然なかった。



ただ一点・・・。
最後にマスカラをつけて仕上げを確認したのだが・・・・・・
アタシはその時すっぴんだった。



お陰で、すっぴんに目だけばっちりという酔狂な顔に・・・。

そして、その顔のまま電車に乗って帰ってくることに・・・( ̄Д ̄;;



まつげパーマへ行く時は、
化粧してから行くか、化粧品を持っていくのが良いでしょう・・・il||li _| ̄|○ il||l



私が行ったまつげパーマのお店はこちら。


アトリエKT2
ネットで調べたところリピーターも多く、まつげパーマ発祥の店と言われている老舗のようです。



★結婚式まであと10日★

アワワ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))アワワ

AD

ブーケ相談

テーマ:


「キャスケードをトスしたいの~~~~~!!」という両立しなさそうな希望を持ち、
式場でブーケ相談してきました。

(→こちら




たくさんの写真の中から好きなブーケを選んだのだけど、
自分ではキャスケードだと思っていたのに、実際はオーバルという形だった。





勉強不足万歳!





そして、そのままトスしたいという旨を伝えると、
「投げれないことはないですよ・・・。
落ちたり、受け取ったりした時に折れないという保障はできませんが・・・。」
との回答・・・。




うっ。



折れたらやじゃん。
そんなぐちゃぐちゃのブーケなんてほしくないやいっ。



ごねると、お花の周りに弾力性のある葉物を入れて、ガードできるようにしてくれるという♪
更に、フローリストさんからブーケトスの極意も教わってきた(●⌒∇⌒●) わーい



ブーケって、投げるほうにも受け取るほうにもコツがあるらしい。


落とすのはどんなブーケでも言語道断。
トスに適したブーケだって地面に落ちたらそりゃ曲がったり折れたりよれたりする。
よく考えれば当たり前だ。
したがって、ブーケを受け取る方は意地でも落とさないように、
バレーボール選手並みのレシーブ力が必要なのだ。



そして、次に受け取り方。
ブーケを両手で挟むような受け取り方をするのはNG!
挟んだらお花がぐちゃっとなってしまうため、
下から両手でやさしく受け止めるの(ちょうだいのポーズ)がBESTらしい!



さらに、投げ方!
投げるほうも、受け取る人たちがいるところまでチャント投げる遠投力が必要。
また、全然違う方向に投げても受け取れないから、まっすぐ投げること。
そして、ふわっとやさしく投げること。
ブーケはバランスが悪いし重さもあるので投げにくいけど、
それをみんなのいるところまでふわっと放物線を描くようにまっすぐ飛ばす
(カーブとか回転とかかからないように!)技術が必要なのだ。



ブーケは500gくらいあるので、
水を半分くらい入れた安定の悪い状態のペットボトルを後ろに投げる練習をするべし
というところに落ち着きました。



夜、ペットボトルでキャッチボールする変な2人組を見かけたら、きっとあたしたちです(^▽^;)



たまにはためになる、「うにゃ~っと結婚」
これからブーケを投げるあなたも、ブーケがほしいあなたも必読です!




ちなみに、私はノーコンの上、緊張したり舞いあがったりしやすいタチなので、
ブーケが落ちそうになったら、くろえるにすかさず受け止めてもらうという契約を結んでいます。


くろえるが次にお嫁に行っちゃわないように、女性のみなさんはがんばって受け止めてくださいね!


AD

まつげパーマ

テーマ:

わが人生に登場する予定のなかった「まつげパーマ」。
不安がぬぐえない一品だったため、ちょっと調べてみました。



・施術としては、まつげにロットを巻いてパーマ液をつける。
髪の毛と変わらない感じ?
施術時間は1~2時間。
丁寧なお店はまぶたにパーマ液がかからないようにしてくれる。
まぶたにパーマ液がかかるのはヤバイ店の証拠。


・まつげは2ヶ月くらいで全部生え変わるので、パーマも2ヶ月持てば良いほう。
最後の方は、パーマなまつげとパーマじゃないまつげが混在するみたい。


・パーマ液にかぶれて目が腫れることがある
ほとんどが2~3日で腫れがひくけど、結婚式直前にやるのは危険!!!
腫れがひかないようなら皮膚科へ!!


・パーマ液の種類によっては失明することもある。
ちゃんとしたお店を選ばないととんでもない目にあう。


・まつげパーマ専門店に行く方がよい
ネイルサロンで「まつげパーマをはじめました!」みたいなところは、危険度は高そう。


・まつげパーマは意外と歴史は長い
25年前からまつげパーマやっている老舗なんてのもありました。


・上手なお店でやると痛くない
へたくそなお店でやると痛い上に美しく仕上がらないみたい。
折れたり、倒れたり、逆まつげみたいになったり、びっくりした目になったり・・・。
おそろしい・・・。


・相場としては2000円~5000円くらい(上まつげだけ)。


・初回は持ちが悪いらしい(3週間程度?)
やっているうちに、どんどん持ちがよくなる(個人差・技術差あり)


・まつげが切れたりした時は、まつげ用のトリートメントも売っている
DHCの「アイラッシュトニック」などなど。



Bestを言うなら、3ヶ月前くらいに一度信用のおけるお店でかけてみて、
うまくいったら1~3週間前にもう一度かけてみる・・・って感じかなぁ?



3ヶ月も時間がない人は、口コミなどを利用してなるべく信用の置けるお店を探して、
2週間くらい前にかける・・・でしょうか?



ってか、失明ってなによ?失明って・・・・・・・彡(-_-;)彡ヒューヒュー



ちなみに・・・行くつもりはなかったけど、
半年くらい前にもらったまつげパーマのちらしの連絡先にメールしてみたところ、
「いろんなお店でのトラブルが多かったため、パーマ液が取り寄せができなくなってしまいました」
との回答・・・。
あの時うかつに手を出さなくてよかった・・・・・・・・・・・。



しかし、今、パーマ液の取り寄せが出来ているところって何を使っているんでしょうね?
資格もないのに、パーマ液が確保できる店と出来ない店の違いってなんなんでしょ?
うむむむ・・・。


おそらく、うまいところに行けば問題なくやってもらえるんでしょうけどね。
やっぱりちょっとした不安は残りますね。




まつげパーマ経験者の方がいらっしゃったら、コメントください(*- -)(*_ _)ペコリ

(首都圏でお勧めなお店があったら教えてください・・・)

今のところ、老舗に行こうかと思ったりしてます・・・。



AD

ヘアメイクリハーサル★メイク編

テーマ:

多少なりともイメージ作りしてから臨んだヘアとは違い、

予習するにもさっぱりわからなかったのがメイク・・・。

普段、化粧には無頓着に生きているため、
雑誌を見ても「このモデルさんきれい♪」くらいしか思わない。


このモデルさんのメイクを自分に施すと・・・?*~&%$#”!*?


想像がつかない・・・il||li _| ̄|○ il||l




というわけで、
メイクさんにお任せしてみて、そこから考えようという結論に達したヽ(^◇^*)/ ワーイ



メイクさんはメイクさんなだけあって、ばっちりメイクの長身の美人だった。
私は美人にはめっぽう弱いので、名刺渡されただけでドキドキ・・・。



こんな美人なお方に、わたくしなんぞが化粧してもらうだなんて・・・めっそうもない・・・
と、始まる前からちょっと逃げ腰・・・(^▽^;)



「どういう顔になりたいですか?」
「イメージはありますか?」
「お顔で気にしている部分はありますか?」

などとやさしく質問してくださるのだが、
もうどきまぎしているので、あわわわわわ((ヽ(゜〇゜;)オロオロ(;゜〇゜)ノ))という感じである。



気にしている部分なんて、ほぼまるっきり「全部」である。
できることなら、あなたくらいの美人に生まれたかったです・・・
こんな美しい人を前にして、自分の欠点を自分で申告しなければならぬとは、神も罪なことをなさる・・・。



「あ、え・・・と・・・
こ、こがおにしてください・・・とか・・・ですか・・・?」


「あ、え・・・と・・・
くまができやすいので、めのしたのくまを・・・・」


歯切れの悪い回答にも優しくうなずき「かしこまりました」と言ってくれるメイクさん。


そして、筆などをくるくる動かしメイクしてゆく・・・。



メイクさん曰く
式の時(つまり最初のメイク)は、普段と似たような色使いが良いとのことだったので、
普段使う色を中心に組み立てていき、全体的に違和感なく仕上がった。


そこから、眉毛をちょっと薄めてもらうなど、細かい補正をしてもらい完成。




そして、次はお色直し用のメイク。

「なりたいイメージありますか~?
カッコいいとか、かわいいとか・・・?」


「あ・・・う・・・
か、かっこいいで・・・」


「では、ブラウンとかゴールドとか使ってみましょうか~?」


「は、はい・・・おねがいします・・・」


相変わらずだらしない私。



前のメイクを軽く落とし、次のメイクを施してゆく。
またもや、筆をくるくる動かしメイク。


完成したメイクを見ると・・・、
ブラウンやゴールドにより、目元が暗めになっていて、

私がやると疲れているように見える・・・気がする・・・。



「目元ちょっと暗くないですか・・・?」


「そうですね~。ではちょっと明るくしてみましょうか?」

そして、筆がくるくる。



目を開けると、確かに明るくなってるけど、もう一声って感じ。


「う~~~ん~~~~???」

困っていると、もう一度筆をくるくる。



「ちょっとイメージ違っちゃうかもしれませんけど、どうですか~?」



はうっ!
いい!これ!!
***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪



目の上にうす~いピンクをのせたとのこと。
借りた手鏡で見てみると、確かにパールの入った薄いピンクがついている。


まさか、ピンクが似合うとはねぇ・・・さすがメイクさん。ぷろだわぁ・・・。



やっぱり、30過ぎると「かわいらしく!」というのは本当だなーとまたもや身をもって体験したのであった。



そして、友達にも、ブログでも泣く宣言をされている私としては
「泣いても平気なメイク!」
を実現してもらわないことには未来はない!


メイクさんに言うと、
マスカラはウォータープルーフなので泣いても大丈夫だが
まつげのカールが落ちやすい人は、カールが落ちてしまうことがあるので、まつげパーマをお勧めする
といわれた・・・。



つけまつげでも良いが、自分のまつげのカールだけ落ちてしまうと、
まつげが二段になってかっこ悪いから、まつげパーマの方が良いんだって。



まつげパーマ・・・il||li _| ̄|○ il||l
新たなアイテム登場。

結婚式っていやおうなしに自分の世界が広げられる感じがする。

まつげパーマね、まつげパーマ!

ここまで来たら、まつげパーマでも何でもやったるわー!



そして、目の下が乾燥しているためコンシーラーが浮きやすいとのこと。
保湿よ!保湿っ!!
まだ足りないなんて贅沢な肌ねっ!
ともかく保湿よーーーーーーーーっ!



というわけで、
美花嫁への道はまだもうちょっとあるみたいだ。。。


ρ(⌒-⌒。)ノ イッテミヨー♪


ヘアメイクリハーサル☆ヘア編

テーマ:

ヘアスタイルは、事前に予習して入念に考えて本を持参して万全の体制・・・
と言いたい所だが
リハーサル1週間前と前日に先輩花嫁Mちゃんからもらった本をめくって、
「うん!(^^)これだ!」と決めた一品・・・。
(だって、忙しくて・・・(^▽^;))



担当の方に本を見せると、慣れた手つきで仕上げてくれた。
が、本と何か違う・・・(; ̄ー ̄)...ン??



怪訝に思い、そう言うと・・・
「あ、そうでしたか!レトロな感じだったのでちょっとアレンジしちゃいました。
やり直しますね~。」



レトロ・・・!?
レトロなのか、これ・・・!?
かわいいと思うんだけどなぁ・・・と待つこと数分。



写真どおりに出来上がったヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


写真どおりなんだけど・・・


あたしがやるとイメージが妊婦・・・(; ̄ー ̄)...?



なんというか・・・
おだやかでとてもやさしそうでかわいい髪形なのだが・・・
言ってみれば聖母マリアではあっても、花嫁ではないのだ。



ためしに飾りをつけてみると、ちょっと花嫁らしくなるものの、
なんか求めているものとは違う・・・?????



ヘアメイクさんに
「なんか妊婦っぽくないですか・・・?」
と聞いてみた。


「そうですねぇ・・・。
人によってはアップにすると老けて見える人や、
水商売の方ように見える人などいらっしゃいますが、
新婦様の場合は、もうちょっと毛先を遊ばせる方が若々しく見えていいと思いますよ。」

とのお言葉・・・。


ふむ・・・
やっぱりミソジを過ぎると若々しくなのだねぇ・・・。
tomoさんのブログ の言葉を実感としてかみ締める。



2人で雑誌をめくりつつ、次の髪型を作ってみる。

「・・・( ̄  ̄;) うーん。。。
なんかやりすぎっていうか・・・
式だからもうちょっと落ち着いた髪形の方がいいかと・・・」


「・・・( ̄  ̄;) うーん。。。
ここらへんのもわっとした感じがあまり好きではないかと・・・」


「・・・( ̄  ̄;) うーん。。。
ちょっと幼すぎるというか、かわいすぎるというか・・・」


「・・・( ̄  ̄;) うーん。。。
なんか、顔がでかく見えるような気が・・・」


しまいには、だんだん訳がわからなくなってきてしまい、
「・・・( ̄  ̄;) うーん
なんかよくわかんないけど嫌・・・」
というヘアメイクさん泣かせの境地に陥る・・・il||li _| ̄|○ il||l



その調子で約2時間・・・。
待たせているくろえるのことや、このまま決まらなかった時のことを思うと、
不安いっぱいになってくるのだが、
ここで妥協したのでは何のためにリハーサルをやっているかわからない。
「あ、もう、なんでもいいです・・・」と言いたくなる自分をぐっとこらえてリハーサルを続ける。



ヘアメイクさんも私も、もはや泣きたいような気持ちになり、
「次回持ち越しにしようか・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・」
という雰囲気が漂い始める・・・。



その頃には、ヘアメイクさんは思いつくまま手を動かして、
次々と髪型を作ってくれていたのだが、
「もう、これでダメだったら次回にしよう」
と言った最後の髪型が、シンプルなんだけど、意外とうまくはまった♪
あんなに悩んでたのに、こんなにシンプルなところに治まるとは・・・(^▽^;)


やっと笑みを取り戻す私。
それを見て美容師さんもほっとしたよう。


散々待たされたくろえるは、もはや怒るでもなく
「いつものこと・・・」と仏のような心境になっていた(多少のお小言は言っていたが・・・)。
あと30分待たせていたら、きっと成仏してしまっていたことだろう。


ロッテンマイヤー事件(前編後編 )の時は「近寄るな」と言った彼だったが、
そのヘアスタイルは気に入ってくれたみたいで
「なかなかいいんじゃない?」と彼流の最大限(!?)の褒め言葉をくれたので一安心・・・。



その後、披露宴、お色直しと順調にリハーサルは進んでいき、めでたくリハーサル終了。



これで、一つ課題をクリアしたヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


・・・と思ったが!!!
・・・・・・お色直しでつけたかったアクセサリがタッチの差で売切れてしまった・・・。
そのアクセサリの写真を持って行き、そのイメージにあわせて髪型を作ってもらったのに・・・。


入荷時期は未定だという・・・。
似たようなのを探さなきゃ・・・あうあう( ┰_┰) シクシク



まだ、ヘアスタイルへの苦闘は続くらしい。
結婚式シーズンは売り切れ続出で大変だわぁ・・・。

やっぱり、何事も「早め!早め!」です・・・。

(もうすでに1ヶ月切っているけど・・・)

あと、ヘアメイクリハーサルは必須です!

お金うんぬんの話じゃないです・・・。

あれが、結婚式当日だったらと思うと、恐ろしすぎます。




で・・・
うかつなことに、ヘアスタイルがちゃんと写っている写真を撮ってくるの忘れたので、
ヘアスタイルは結婚式レポまで秘密です( ̄▽ ̄) ニヤ


顔ぞりリハーサル

テーマ:


顔ぞりリハーサル


以前、前撮りをした時に本職の床屋さんに顔ぞりをしてもらった私。
(→顔ぞりの話はこちら



4000円で顔ぞりしてもらった話をくろえるにしたら・・・




怒られた・・・(^▽^;)





くろえる「エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
4000円!?4000円もかけてヒゲそってもらったの!?あほじゃないの?」
しろえる「ん?顔と背中だよ?うなじとかもきれいにしてもらったし、エステもしてもらったよ?」
くろえる「ヒゲに4000円・・・ヒゲに4000円・・・たかがヒゲ剃りに4000円・・・」
しろえる「ヾ( ̄o ̄;)あの・・・」




「あほかーーーーーーーっ!!!!
そんなもん、俺がそってやるわーーーーーーーっ!
無駄遣いしやがってーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!」




普段、エステに行こうが何をしようが、
「むしろ行ってちょっとはきれいになって来い( ̄^ ̄) 」というくろえるが、
このときばかりは怒りモード。



毎日自分で剃っているひげに4000円ものお金をかけたのが納得いかなかったらしい。




女にとって見れば顔ぞりなんて一大事だが、
男にとって見れば日常茶飯事・・・というか、日常に溶け込んでいる普通の行い。
無理もない反応なのだろうか・・・?




しろえる「いやー、でもさー、背中とかうなじとかもだよー?あんた剃れんの?」
くろえる「当たり前じゃーーーーっ!俺様をだれだと思っている!!!
そんじょそこらの床屋よりよっぽどうまいわっ!!」
しろえる「いやいや・・・相手はプロだよ?シロートが何を言うか!」
くろえる「なめんなー。俺だって何十年も毎日ヒゲ剃っているんだ!俺がプロだーーーーーーーーーっ!」



ますますエキサイティングしてゆくくろえる。
収集がつかない・・・(^▽^;)


しろえる「んじゃー、本番で剃ってもらっていきなり変なことになったら困るから、
練習でやってみてうまくいったら採用ね。」



というわけで、くろえるに顔ぞりしてもらうことになった。



使ったのは、くろえるが毎日の髭剃りに使っているT字カミソリの新品の刃と洗顔フォーム。
洗顔フォームで顔を剃るのはよくないと聞いたことがあるが、
実際毎日それで剃っているくろえるは聞く耳持たず。



カミソリもレディース用を使えと言ったのだが
「そんな軟弱なもの使えるかーーーーーーっ!」と即却下された(^▽^;)
プロにはプロの道具があるらしい・・・。



「いいから座れっ!」
「…o(;-_-;)oドキドキ」



男のヒゲ用カミソリであたしの柔肌を剃って大丈夫なのだろうか・・・と不安第一弾が襲ってくる。
眉毛なくなったらどうしよう・・・と不安第二段も襲ってくる。
お肌が傷物になったらどうしよう・・・と不安第三弾も襲ってくる。



いくら愛と信頼の旦那様とは言え、
シロートが刃物を持っている以上、怖いものは怖い・・・。



くろえるが私の顔の上にカミソリの刃を滑らせて行く・・・。



バックミュージックは、くろえるのくちぶえの「ノマノマイェイ」。



真剣味が足りないことこの上なしだが、そこそこ丁寧には剃ってくれている雰囲気は伺える。
少なくとも、あたしが自分で剃るよりはうまい。
眉毛もなくなったりせず無事に顔剃りが終わり、うなじ、せなかと剃ってもらう・・・。



くろえる「はい、おわり!」


しろえる「(; ̄ー ̄)...ン?」



しろえる「うなじ・・・右しか剃ってなくない?」
くろえる「ん?面倒になったからもういいかなーと思って♪」


しろえる「どあほーーーーーーーーっ!全部ちゃんとやってよーーーーーーっ!」


くろえる「え~~~~~~~~~、わがままだなぁ、もう。」
しろえる「(こいつわ・・・(-"-;) これだから油断できないんだ・・・)」



うなじをきれいにして、今度こそ終了。
終了後のエステもどきは自分でやって、4000円の節約♪



で、肝心の仕上がりはというと・・・


床屋のカミソリより切れないのが幸いしたのか、
床屋でやってもらった時よりカミソリ負けしなかった。


ちゃんと顔もつるっとして、ワントーン明るくなってて、いい感じに仕上がったとは思う。
ちょっとうなじの剃りが甘い気はするけど、まぁまぁ合格・・・かな。



(* ̄- ̄)ふ~ん
これで4000円浮くのか・・・( ̄▽ ̄) ニヤ



さすがに本番は本職に・・・という気持ちはあるけど、
時間がなかったらこれで済ませちゃうかも(笑)




もはや遠慮のなくなったじいさん&ばあさんのような間柄になっているからこそできる(!?)この節約術。
あなたもどうですか?
(ピュアな気持ちでお嫁に行くあなたには勧められません・・・( ̄▽ ̄) ニヤ)


干し嫁 VS スキンケア

テーマ:


無事(?)出張から生還しました。



朝ホテルを出てタクシーでオフィスへ行き、夜中にタクシーで帰って来るという生活。
その間、ほとんど休憩もなくずーーーっと事務所かマシン室。
睡眠時間は4~5時間。



お日様の光にあたったのは、最終日にお昼ごはんを食べるために外へ出たのが最初・・・。
「太陽ってあったかい・・・
自然の風ってこんなに気持ちよいんだ・・・」
名古屋の都会の真ん中で・自然のすばらしさを再認識しました・・・( ┰_┰) シクシク



さて、皆様からお知恵を拝借したスキンケアですが、早速実践してみました!


使ったものは、SK-Ⅱのマスクと、目元用美容液、リップクリーム。
あとは、お風呂のお湯。



ホントに、SK-Ⅱのマスクはすごい!
使った次の日は、お肌ぷりっとしてました。
やっぱり美白もできている気がする(疲れすぎて顔色悪いだけじゃないことを祈る!)。



それに、疲れは目元・口元に出るので、目元用美容液とリップクリームを併用してみました。
これも多少なりとも乾燥を防げて良かったかと。



後はホテルでの乾燥対策のお風呂のお湯。
入浴後、お風呂に熱いお湯を張り直して、お風呂のドアを開けて就寝。
マシン室でやられた喉も回復し、お肌がぱりぱりになることもなく、割と快適に過ごせました。


髪を乾かす気力がなくてそのまま寝たのですが、それも湿度補給に役立ったのかも・・・( ̄Д ̄;;
(髪には最悪だけど・・・)



眠いには眠いし、
疲れは顔に出ていますが、
お肌がぼろぼろになってゆく悲しさを味合わなくて良かっただけずいぶんと気分は楽。

干し嫁ってほどひどいことにはならずにすみましたー。



ちょっとのことで違うもんなんですねー。
今までが無頓着すぎたのかな・・・(^▽^;)



みなさん、貴重な情報ありがとうございましたー。
お風呂でのSK-Ⅱパックもやってみようっと♪



でも、やっぱり3日でへろへろに疲れたようで、おなかに湿疹まで出ちゃいました。びっくり。

そして、今日出勤したら顔を見ただけの同僚に

「相当大変だったみたいですね」って言われました。

体は正直・・・( ┰_┰) シクシク



今週末、お友達の結婚式があるので、それまでにはこのぐったり疲れた顔を何とかしたいっ!

人の結婚式に、「ぬぼ~~~っ」って顔で行っちゃったら失礼ですもんね。

次はパワーを回復させる何かを教えてください・・・ペコリ(o_ _)o))




なにより、睡眠時間があればいいだけなんだろうけど・・・。


SK-Ⅱ

テーマ:

みなさまのアドバイスに従い(ありがとうございます!)

ドラッグストアに行き、SK-Ⅱのマスクを持ってレジに突進してきました!




でも、ちょっとだけ「。。゛(ノ><)ノ ヒィ 」って思いました。



で、早速使ってみました。



マスクを取った後、心なしか肌が白くなったような・・・うふ♪(* ̄ー ̄)v




くろえるに「ねーねー、色白くなってない?」って聞いたら、

「ん~~~~~~??どこが??」って言われたけど。



あいつは、違いのわからない男だし、いいんだもんねー。




これで出張乗り切れるかなー?



引き続き、お勧めのスキンケア情報があったら教えてくださいませ。


干し嫁

テーマ:

出張がまわってきた・・・il||li _| ̄|○ il||l



この時期になんてことを・・・。



嫌過ぎる。
あまりにも嫌だ。
そんなところに行かされるくらいなら、むしろクビにしてくれってくらい嫌だ。




なぜそこまで嫌か・・・。


私が出張で行くところと言えば・・・環境が劣悪なのだ。
これから花嫁になろうとしているミソジの行くところではないのだ。




どう最悪か・・・・


まず、どんな季節でもマシン様のためにエアコンがガンガンかかっていて人間様は寒い。
そして、エアコンの風に吹かれて1日過ごすことになるため、干からびる。


マシン様のために人間様は飲み物を飲むことすらできない。
したがって干からびる。


マシン様のために人間様の睡眠時間は削られる。
したがって干からびる。


そして、なぜか深夜まで帰れなくなるため、夕飯を食べ損ねる。
下手したら朝ごはんも食べ損ねる。
つまり、1日1食。
当然干からびる。


ホテルって妙に乾燥している気がする。
極めつけに干からびる。




そこに入るときにはいくらピチピチでも、
出るときにはカラカラのヨレヨレにならないと出て来れないのだ。
前に出張した時は、お肌もぼろぼろ&目の下クマクマは当然として、
たった一週間でドライアイにまでなったという・・・いわくつきの場所・・・。


ミソジをなめんな。そんな簡単に元に戻ると思うなよ(゚д゚)!!



なぜゆえに、現代日本にこれだけ干からびる要素ばっかり集まった場所が存在するのだろうか・・・。

ありえない、ありえない・・・。
あな恐ろし。恐怖の館・・・。

そんなところが出張先なのだ。



出来ることなら生涯二度と行きたくなかった・・・il||li _| ̄|○ il||l
せめて結婚式前には絶対行きたくなかった・・・il||li _| ̄|○ il||l




あれほど呼ぶなと念を押しておいたにも関わらず、なんたること(-"-;)
私のここ3ヶ月のスキンケアの努力は軽く3日で無駄になるのだ・・・(ノ_-;)ハア…





ちっきしょぉぉぉおおおおおおおおおーーーーーっ!!!!!!!!






エステ探そう・・・。
心と体を癒すために・・・。
首都圏でお勧めエステあったら教えてください。


そして、出張先でもできるスキンケアを・・・。




はう~~~~~~~~~ (;_ _)O パタ...



(すべて、実話です・・・。そんな私に愛の手を・・・・・・・・・・・・・・・・・・。)

顔が選んだ新郎の衣装

テーマ:

新婦の衣装選びは予想以上に難航し、くろえるは愚か、本来楽しいはずの私まで疲弊していた。


くろえるはドレスがすべて「白のひらひらしたカーテン」に見えるらしく、まるで違いのわからない男であった。ネスカフェゴールドブレンドのCMからオファーが来ることはないだろう。



そして、なんとか新婦の衣装が決まり、やっと新郎の衣装選び。


男物なのだから、見分けがつかないということはないだろう。
さぁ、着たいものを着るがいい!じゃんじゃん試着するがいい!!
щ(゜ロ゜щ) カモーン



担当者が、男性用のアルバムを持ってきてくれる。
くろえるがおもむろにアルバムを開く。






1・2・3・・・( ̄  ̄ )ノ” ⌒* ポイッ!






(; ̄ー ̄)...ン?ドウシタ?



「なんでもいい。しろえるが選んで。」



Σ(- -ノ)ノ エェ!?



見馴れないタキシードたちは、それはそれで同じに見えたらしい・・・(^▽^;)




私は事前に仕入れておいた知識から、
「こういう長めの奴がいいんじゃないかな~」とほんのりアドバイスしてみる。




すると
「じゃ、一番長い奴持ってきて」




えーと・・・(6 ̄  ̄)ポリポリ
ちょっと長すぎかと・・・・・・( ̄ー ̄;




そんなこんなで、程よく長い衣装を数点選んで着てみる。



白を着る →( ̄- ̄)フーン
シルバーを着る →( ̄- ̄)フーン
黒を着る →( ̄▽ ̄) ニパ



わかりやすい顔だなぁ・・・( ̄ー ̄;




普段着ない色を着ればいいのに!
着馴れればなじんでくるから!もう一回着てみなよ!



リトライ!




白を着る →( ̄- ̄)フーン
シルバーを着る →( ̄- ̄)フーン
黒を着る →( ̄▽ ̄) ニパ




どうしても黒がいいらしい・・・ _| ̄|○




くろえるは、担当者の「いいと思うものを着ると顔がかわりますよね。」とのフォローに大きくうなずき、そのまま決定したのだった。




こんなにわかりやすい顔のくせに、
私をだます時だけはしれっとポーカーフェイスをやってのけるから侮れない。