ジューンブライドと巫女

テーマ:


ジューンブライド。
6月に結婚した花嫁は幸せになるという西洋の言い伝え。
東洋の果てにある日本の巫女には関係ない・・・。




・・・と思いきや、6月も神前式は多い。




が・・・




・・・うちのボロ式場で神前式やるには6月は暑かった( ̄▽ ̄;)!!ガーン




西洋の気候は知らないが、
ウェディングドレスは、基本的に下着+ドレスしかつけないし、露出も多い。
6月に肩出しは普通の服装として問題はないはず!



それに対して、着物は白無垢にしろ、内掛けにしろ、大量に重ね着する。

普通に考えて、6月にそんなにたくさんの服を着ているのはおばあちゃんくらいであろう。
巷の着物暦でも、6月1日から9月30日には夏服になるのだ。




亜熱帯日本の6月は夏だー!
暑いーーーーーーーーーーーーーーー!!




巫女服は、3枚だったが、それでも暑かった。
いくら薄手の着物でも巫女よりもたくさん着ている花嫁さんはもっと暑かっただろう。


幸い、汗だらだらになってしまう花嫁さんはみたことなかったが、

口の悪い巫女しろえるは
「ふっ、西洋にかぶれおって!ここは日本じゃ!」
と思っていた。



私が想うに、
6月なんていう季節は、
嫁入り前の健康な娘としては、肌襦袢くらいでちょうどよいが、
そんな姿で人前に出たら、たちまち警察か救急車を呼ばれてしまう。
ゆかたでも良いが、真っ白のゆかたを着たら、頭に三角巾をつけられ墓に直行させられてしまいそうだ。



ちょっとアレンジするだけで、えらい違いだ・・・。
というわけで、6月に和婚はするまい・・・と固く誓っていた。




しかし・・・。
しろえるはこの教訓を全く生かさず、6月よりももっと暑い8月に白無垢を着た。
・・・そう、前撮りで・・・。
我ながら、愚かにもほどがある。

教訓を生かさない女!しろえるv( ̄ー ̄)v



しかし、私の心配をよそに、
時代は進化していたのだ(ΦωΦ)ふふふ・・・・



快適な温度に保たれた館内では、白無垢や色内掛けで大笑いしても汗をかくようなことはなかった。


クールビズ真っ青の行為で、地球環境には申し訳なかったと思う・・・。


だが、暑さや汗という問題はなく、快適に撮影できた。




というわけで、教訓変更。

「ジューンブライドの白無垢はありえない」

↓↓↓
「冷房がへっぽこではない会場に限り、ジューンブライドの白無垢はイケる」



ジューンブライドの和婚を狙う方は、

会場選びのチェック項目に「冷房設備」を挙げておくことをお勧めする。
そして、真っ昼間にうっかり外に出るようなイベントは考えないほうが良いような気がする。
(9月も同様・・・)


AD

新婦の禁忌

テーマ:


結婚式場の巫女というのは、バイトのくせに、
「司会進行」から「三々九度」や「舞」等の結びに関わる重要な儀式を執り行い、
更には式の間の花嫁さんの介添までやってしまうという、
本物でないことが申し訳なくなるくらい大活躍な仕事である。



前回は新郎について書いたので、
今度は新婦について書いてみる⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ



新婦たるものは、白無垢を着てしまった時点で行動は大幅に抑止される。
確かに、頭を揺らせばかつらが心配だし、
あの衣装を着て、大またでざくざく歩けるものではない。



というわけで、普段どんなにおてんば娘でも、
白無垢を着れば女度が3ランクくらいアップすると言っても過言ではないと思う(*^^)v


「しろえるにうってつけだ」というくろえるの声は聞こえないこととして・・・
トリャア≡(:D)┿━<☆(/+O+)/ウワア






新婦について・・・・・・・



ぶっちゃけ、
何もしなくても、その存在だけで誰もが美しいので何も言うことはございません・・・。










が・・・・・・・・・・









その美しさを破るたった一つのタブーがある。





たった一つの禁忌。













それは・・・・・・・



















「顔を触ること」である。







例え、涙が出ようが、酒をこぼそうが、
顔にハエが止まろうが、蚊に刺されようが、
新郎がこけようが、酒に酔ってつぶれようが、
絶対に顔を触ってはいけません。





白無垢メイクというのは、
白い肌に赤い紅をすっとさして出来上がるもの。



ぽってりと紅が引かれた唇を手でこすったらどういうことになるか・・・・・。



お分かりですね?







妖怪のようになってしまいます・・・il||li _| ̄|○ il||l







晴れの日の花嫁姿が○○・・・・・・・。
想像だにしたくない・・・・・・・・・・・llllll(-_-;)llllll





実際に、一度だけありました。



最初はとってもかわいらしい花嫁さんだったのに、
途中でふと見ると口紅がビヨーンってなってて・・・。



エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
わが目を疑いました。ほんとに。



何とかしてあげたかったんだけど、ティッシュやハンカチなどは持ってなかったし、
手にしているのは三々九度用の酒だけ・・・。



なんかないか?とは思うものの、そこは神殿。
見事に何もない。


しかも、素人が手を出して余計に崩れたらこまるし・・・




Σ(・o・;) ハッ!
困ったときの介添さーん!!!



・・・いつもいる場所にいない!!!
なんでやねん!!!



ど、どうすりゃいいんだ・・・(T-T )( T-T)おろおろ



花嫁さんはうすうす感づいているらしく、しきりに口元を触るんだけど、
それがどんどん被害を広めてゆく~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ


下手なことを言って余計に動揺させてもいけないし、
式をとめるわけにもいかないし・・・。




巫女、三々九度しながら大パニック オロオロ(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)オロオロ




結局は、終盤くらいに誰かが気づいて直してくれたのですが、
巫女は心臓が痛くなりました。
(それからしばらくは、ティッシュ持ち歩くようにしてました。)


このブログを書いてただけで、思い出して心臓が痛くなってきたくらい。

こんなにいたたまれないことは世にないと思います・・・。




美容や衣装も頑張ってきて、完璧な花嫁になった当日をぶち壊さないために・・・


絶対に

絶対に

絶対に

顔をさわってはいけません
(当時より口紅も高性能になっているかもしれませんが、触らないほうが無難です)




その場だけならまだしも、
写真やDVDに残ってしまったら・・・。
もう、写真館を焼き討ちにするしかない。



多分、洋装メイクも同じですよね。



顔に触れるときは、

ハンカチかガーゼで軽く押さえるにとどめてください。


AD

新郎の真価が問われるとき

テーマ:

結婚式場の巫女というのは、バイトのくせに、
「司会進行」から「三々九度」や「舞」等の結びに関わる重要な儀式を執り行い、
更には式の間の花嫁さんの介添までやってしまうという、
本物でないことが申し訳なくなるくらい大活躍な仕事である。



というわけで、私に結ばれたカップルは数知れず。
今も仲良くやっていてくれることを心の底から願いたい・・・。
m(_ _;)m こんなあたしでゴメン!!




さてさて、神前式の式次第やマニュアルなどは色々なところで出ているのでそちらにお任せすることにして、
マニュアルには書かれていない巫女から見た結婚式について書いてみる。




巫女なんてものは、数多の結婚式を執り行っているため、
いちいち感動したりはしないのだが、やっぱり終わった後には、
「いい式だったね(*^-^*)」から
「なんであんな男と結婚するわけ?(゜Д゜) ハア??」 ←超失礼・・・。
に至るまで様々な感想を持つ。



たった20分程度の式の間に、
新郎新婦の人間性ってのは出るものなんですねー。





そこで!

独断と偏見による、神前式における新郎の最重要ポイント!!!





それは




















「移動」だと思う。







たかが歩くだけと思うなかれ。


これがなかなか、
イイ男っぷりから、駄目男っぷりまで様々な人間性をかもし出す。





「誓いの言葉」や、「玉串奉典」などのために
神前の前方と自分の席を往復するのだが、
この時が新郎の評価を決める最重要ポイントと言っても過言ではない(と私は思っている)。



この時に、
白無垢の新婦を待ってやれない男は「ダメ男」の烙印を押される。




実際に、機動力のある新郎が一人でとっとと行ってしまい、
新婦は白無垢を引きずりながらまだ道中ということが多々ある。
(道中とは言っても、2m程度10歩くらいの距離しかない)



女は3歩下がって・・・という目で見ても、下がりすぎであることは誰の目にも明らか。



待ってやれよ・・・(-"-;)
花嫁は移動が大変なんだぞ・・・(-"-;)
お前だけ先に行ってどうする・・・(-"-;)
と巫女は思う。




ということは、後ろでじっと見ている親族(特に、新婦側の両親)も同じ事を思う・・・。




ということは、新郎は一族が揃っている中で、
「俺は気が利かない愚か者です(/・ω・)/ ブイィィィィィ...」

もしくは
「嫁のことを一生大切にすると誓ったのは口だけでした(/・ω・)/ ブイィィィィィ...」
と暴露しているようなものである。



それだけならまだしも・・・
嫁がまだ歩いているのに、自分だけさっさと座ってしまう男までいる( ̄▽ ̄;)!!ガーン



こういう男は、
「俺は、嫁が困っててもへっちゃらだぜ、ベィビーヽ(゜▽、゜)ノ ウヘヘヘ」
もしくは
「俺は、緊張しすぎて自分のことしか考えられない超小心者さ!ヽ(゜▽、゜)ノ ウヘヘヘ」
というのを暴露しているようなものである。



いずれにせよ、ろくなことはない。



この時点で、100点満点中800万点くらい減点である。




普段はどんなにやさしくても、
そういう場面で駄目男っぷりを暴露してしまっては、
「カス」の烙印を押されてもしょうがない。





がんばれ、新郎!



ではどうすればよいか?



やっぱり、新婦に合わせてゆっくり歩いてあげる。←当たり前
そして、新婦が座るときにそっと手を添えてあげる。←とっても素敵




もしうっかり嫁を置いてきてしまった場合は、
気づいた時点で待ってあげましょう。



花嫁というものは、
例え、走り幅跳びの選手だろうと、
普段、米俵を担いで歩いていようと、
一旦、白無垢を着てしまうと、足腰の悪いおばあちゃんくらいの機動力しかなくなるもの。



さくさく動ける新郎が普段どおり行動したのでは距離は広まるばかり。


常に、「二人で一緒に行動する」ということを頭に入れて行動してあげてくださいね☆



それが、あなたの男前度をUPさせるし、

参列者みんなが幸せな気持ちになれることと思います!





あ、でも、

当日だけ慣れないことをしようとしても無理なので、

毎日やさしくしてあげると良いと思います('-'*)フフ


AD

巫女の目

テーマ:


風邪で会社を休んでブログめぐりをしてました。
寝ろよ・・・・・・(大汗)



で、思ったこと・・・。



やっぱり役立つ職業の人のブログはいいなー。
デザイナーさんとかプランナーさんとかカメラマンさんとか・・・。
読んでて「なるほどー」って思えるもんなー。


私は、こんなきらびやかな世界とは無縁の仕事だしなー。
役立つことなんて書けないよなーーー(´・ω・`)ションボリ




。。。。。。。。ヽ(・ o ・)ノ ハッ!



あたしってば、3年も結婚式場の巫女やってたじゃん。
おぉ!!新しい!!
====( ̄∇+ ̄)⇒キター



これで、お役立ちな事が書けるーーーーっ!
わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪



というわけで新シリーズ発足!



題して「巫女の目」です。

お楽しみにー♪