かばってくれるの?

テーマ:

ちゃえる@2歳9か月。

 

最近文句の多いももえるに、一方的に責められている私。
面倒くさいので、「へーへーそうでっか~」とほぼ聞き流していたのだが、

傍から見れば一方的に責められているように見えただろう。

 

すると、そばにいたちゃえるが

「あ"-------!!!」

とももえるに一喝

 

何事?と思っていると、

私を抱きしめて、ほっぺたをぺたっとくっつけてきた。


ん?
なに??
もしかして、かばってくれてんの?


なんかすごくうれしい♪

この年になってかばってもらえるなんてなかなかないもんね。

しかも、かわいい息子にかばわれちゃったよ。
 

息子ラブになっていくママさんたちの気持ちがわかるわぁ~。

AD

親離れ?

ちゃえる@2歳8か月
ももえる@7歳


もも「テレビ見たいから先にお風呂入るね!」
ちゃ「ねぇねとお風呂はいっていい?」
私「ももえるはいいけど、ちゃえるは危ないからダメ―っ!」

 

なのに、二人でさっさと風呂に入って行った・・・orz

ダメって言ったのに、自分で服を脱げるようになるとすぐこれだ・・・。


ちゃえるだけで風呂に入れておくのはまだ心配なので、大急ぎで風呂準備をする。
風呂場の前へ行くと、二人の楽しそうな声。

よかった。生きてた。


子供たちの声を聞きながら洗濯の準備をして、準備OK!
私も風呂へ。

 

すると・・・
もも「あ、ちゃえるは自分で洗ってたけど、洗えてない部分もあったから、後で洗いなおしてあげて!」
しろ「はーい」
もも「じゃ、私はあがるねー。バイバイ」
ちゃ「ちゃえるもあがるねー。」
しろ「え”?」

 

・・・ちゃんと洗えてないって言ってたが・・・
この状態で引き留めても泣いて洗わせてもらえないだろうし、
1日くらいちゃんと洗ってなくてもまぁいいか。

 

お湯に入ってるし、大体きれいになっているだろう。

というわけで、二人が嵐のように去って行き、風呂にぽつーん。
なんだこれ?ちょっとさみしいぞ?

 

しんみりしていると、
「ママ―何着ればいいの?」
・・・。

しんみり撤回。


着替えを出してやり、ちゃんと着るんだよと念を押し再び風呂へ。

平日にのんびり風呂に入れるなんて久しぶり~
幸せ~~~♪


「3人で入るなんて風呂が狭い!!のんびりしたい!!」
・・・なんてぼやいていても、数年後には一人で入ることになるのかなー。
ちょっとうれしいような、さみしいような複雑な気持ちだなー。


風呂から上がりリビングへ行くと・・・
ももえるはパジャマに着替えてテレビ見ながら踊ってた。
ちゃえるは、半裸でミニカーに夢中になってた。


服着てから遊べーーーっ!>ちゃえる
弟が半裸で遊んでいたら注意しろーーーっ!>ももえる


うーん。
のんびり風呂に入っている場合ではなかった。
もうしばらく、のんびりはお預けのようだけど、着実に子供たちは親離れしていっているんだなー。

AD

ライバル?

ちゃえる@2歳8か月
ももえる@7歳

 

結構な年の差がある二人。
ちゃえるはももえるに敵うわけがない。


・・・が、全く屈服しない2歳児。
ねぇねごときが怖いわけないとでも言うかのような態度。


くろえるは、実姉に完全服従だったし、
私は実弟を完全服従させていた。


年の離れた姉は弟を服従させるものだと思っていたが・・・
どうやら我が家は違うらしい。


ももえるは優しいんだよね~。
喧嘩しても負けて泣かされる始末。
絶対手を出したりしないしね(いや、たまに少し出ていたりするかも)。
そんなわけで、どんどん増長してゆくちゃえる。

 

だが、どうしても勝てない壁はあるようで、

保育園からの帰り道は、なぜか二人で走っていき、

ももえるにあっという間に追い抜かれるたびに泣き崩れている。

がんばって走るの速くなれ!

母ちゃんは応援しているぞ!

(ももえるも、簡単に負けないように!!)

AD

ごめんなさいの価値

テーマ:


ちゃえる@2歳8か月。


ちゃえるが「ごめんなさい」を完璧に習得した。
叱られたと思った瞬間「ごめんなさい。」

素早く対応し、被害を最小限に食い止める要領の良さは、さすが2番目である。


ももえるはなかなか「ごめんなさい」が言えなくて、
被害を最大限に増幅させていたもんだが、
その分「ごめんなさい」はかなり重みがあった。


ちゃえるの「ごめんなさい」は、軽い・・・。
ちゃんとごめんなさい言えるのは良いことなのだけど、
どうにもこうにも軽い。
本当に反省しているのか疑ってしまうほどの軽さだ。

 


そんな二人を見つつ、
ごめんなさいのテクニックは奥が深いな・・・と学習している母であった。

読書の秋

テーマ:

ももえる@小1。

意外と読書家らしい。

(漫画を読書と言うかはさておき・・・)


新しい本を入手すると、わき目も振らずに読んでいる。
母としては、次の日の用意や宿題を終わらせてから読んでほしいが、真っ直ぐ本へ向かってしまう。
宿題の音読も、新しく入荷した絵本を音読していたりする。

 

1年以上前から、学研の秘密シリーズ「からだのひみつ」を買ってやる約束をしていたのだが(あまりにも気に入りすぎて図書室から連続で借りてきて迷惑すぎる状態だったため)、ようやくヤフオクで落札した。
折角なので、秘密シリーズをまとめ買いしたところ、今は秘密シリーズまとめ読みしている。


うちの弟は日本の歴史を漫画でほぼ丸暗記していて、大学入試前の私が小学生の弟に歴史を教わるという恐ろしい状態だった。年号から背景まで何でも知っていた。
私は「漫画ことわざ辞典」が気に入っていてひたすら読み漁っていたため、国語でことわざの勉強したことなかった。


というわけで、
学習漫画は興味を持ちさえすれば、入試を突破できると経験上知っているので、頭の容量無限の子供の間に読み漁って脳に貯めておけ・・・と思っていたりする。

 

漫画は漫画なので、節度を持って読んでほしいとも思ったりするが、それはまだまだ難しいようで、喧嘩が絶えない。
でも、すぐに飽きるおもちゃより良かったような気もするな。

 

入試の役に立つほど読み込んでくれると、ちょっとは報われるかな?

 

PPAP

テーマ:

ちゃえる@2歳8か月。

 

巷で人気のPPAP(ぺんぱいなっぽーあっぽーぺん)。


ちゃえるにかかると
「あっぽれん」だ。

 

「あっぽーぺんだよ?」とももえるが教えている。

時々「あっぽーぺん」になるようだが、大部分は「あっぽれん」だ。

でも、楽しそうにいつも「あっぽれん!」を連呼している。
 

我が家も絶賛PPAPブーム。

なまえ

テーマ:


ちゃえる@2歳8か月。

 

ずっと、自分の名前の最後1文字を自分の呼称として使っていたちゃえる。
「しょうま」なら「ま、それ食べたい」
「かずや」なら「や、ぶーぶ乗るの」

って感じだ。

 

 

11月27日・・・突然、自分を名前で呼び始めた。

 

おおお。
とうとう言えるようになったか!

 

すかさず「あーなたのお名前は?」と聞いてみると、
「ま、です」になっていた。
すぐに定着するわけではないのね。残念。

 

 

そんなで、ちゃえる。
やっと自分の名前が言えるようになりそう。
(苗字はまだ)

みかん星人

テーマ:

ちゃえる@みかん好き


果物で一番好きそうだ。

毎食後みかんをほしがるので、Sサイズのを用意しておいてあげていた。
それが丁度なくなった。

 

おなかの調子もあまり良くないのでしばらく買わないでおこうと思っていたのだが・・・
「みかんは?」
「ちゃえるが全部食べちゃったからないよ」
「みかん買ってね!」
「うん・・・(やだな・・・)」
「ちゃんとみかん買ってね!」
念を押され続けている。

 

「ちゃんと」とか言っちゃうようになったんだなー。
「みかん」は「みたん」なんだけどね。

 

現在、みかん攻撃をかわすべく、日々奮闘中。

授業参観の乱入者

テーマ:

ももえるの授業参観。
ちゃえるを連れて行って後ろでおとなしく見ていた。


ももえるの仲良しの女の子(ちゃえるとも馴染みの仲)が前に出て係の仕事をしていたところ、
ちゃえるダッシュ!
その子にアタック!

 

 

追いかけたものの間に合わず・・・orz
強制退場と相成りました・・・。


寝ている時期の子供を連れて行くのは可能でも、
寝てくれない時期の子供を連れて行くのは無理だよーと悟った出来事でした。

寝起きの感動

テーマ:

今朝、足元で充電していたスマホの目覚ましが鳴り、もそもそ起きだす私。
うぅ、眠い。

 

その音で起きるちゃえる。
私の足の裏を触って「あしー♪」と朝から喜んでいる。

朝からご機嫌麗しいようでうらやましい。


すると、ちゃえるが足に抱き着いて
「ママ・・・ママ大好き・・・で、ありがとう!」
お礼言われた!!


なんだかすごくうれしくなって、
朝からほっこり幸せな気持ちになったのであった。

 

 

ちゃえる、かわいすぎるぞーーーっカナヘイ花

だいすきだーーっカナヘイハートカナヘイハート