おねだり

テーマ:

ちゃえる@2歳


ほしいものがあるとき、「くーだーさい」とお願いする。
実際は「てゅ~だ~た~い」に近い発音だ。



牛乳下さいは
「にゅーにゅー、てゅーだーた~い」
である。



はっきりいって、かわいいwww
なんといっても敬語なのがそそられる。


「牛乳!」とえらそうに言われるとカチンと来たりするが、
「てゅーだーた~い」だとニッコリしてしまう。
ましてやこの舌足らずな発音。


女心をくすぐる技を心得ているちゃえるであった。

AD

野菜嫌い対処法

テーマ:

保育園でママさんの悩みを聞いていると

「野菜を食べてくれない」が多くて驚いた。



ちゃえるなんか、野菜から食べるけどなぁ・・・



私が野菜を食べさせるためにやったこと。


1.離乳食で野菜

ちゃえるは大根が好きだったので、大根はしょっちゅう煮てた。

トマトも好きだったから、トマト煮込みもよく作ってた。

季節の野菜はなるべく食べさせるようにした。

味覚の基礎を作る時期だからという話を聞いたので、フレッシュ野菜(当然まとめて下ごしらえして冷凍!)は常備していたかな。


2.嫌いになりかけたら・・・

そのうち特定の野菜を食べなくなったりする。

その時の対処法


じいちゃんが育てた野菜を収穫して食べる・・・ももえるはこれできゅうりを克服


保育園で育てている食材を出す・・・ちゃえるはこれでピーマンを克服


トマトを食べなかったももえるに、マイクロトマトを買ってきて、小さくてかわいいね!すごいおいしそうだね!等と盛大に前ふりをして食べさせる。

徐々にトマトのサイズを大きくしていき、今では大きいトマトもペロリ♪


トマトを食べなかったちゃえるに、イチゴとミニトマトを同じ皿に入れて渡す。

大好きなイチゴを食べて~、似たようなミニトマトも騙されて(?)食べてた。

これは、皿を2枚出すのが面倒だったためのぐうたらによる偶然なのだが、意外とあっさり騙されてくれた。年齢を重ねると騙されなくなるので、だますならちびっこのうちだ!


嫌がったらさっさと下げて、忘れたころにつまみ食いさせる

お皿に乗っている野菜はおいしくなくても、つまみ食いってなぜかおいしいんだよね。

嫌がったらさっさとあきらめ、忘れたころにゆでたて(or切り立て)をつまみ食い。

つまみ食いしているうちに味になれるらしく、お皿の野菜も食べるようになるw

初めての野菜は、まずはつまみ食いさせておくとスムーズ。


ある程度大きくなると、その野菜のすごいところを教えると食べるようになったりする。

「これにはビタミンCっていう栄養がたくさん入っているから、お肌がきれいになって、美人になれるんだよ~。お姫様になれちゃうね!すごーい」などとテンション高く伝えると、意外と効果があったりしてw



あと・・・

大人であるくろえるもそうだけど、味のない野菜より、味のつけた野菜の方が食べる。

その場でドレッシングをかけて食べる方式より、

ドレッシングをかけてしばらく置いて味がなじんだ野菜の方が食べる。

ナムルにしたり等、きっちり味をつけると益々食べる。



最初は野菜本来の味ではない!

塩分が!!

などのご批判はあるかも知れないが、

最初食べるようになれば、そのうち生野菜をかじるように成長はしていくので、大丈夫じゃないかなーと思う。



ちなみに息子ちゃえる。

朝ごはん用に切っておいたきゅうり2本、ほぼ全部一人で食べたし、

つまみ食いでキャベツのシン食べてた・・・。

あげるものなかったのでキャベツのシン渡したら気に入ったらしい。


なかなか野菜を食べてくれなかった時期もあるが、

最近は肉より野菜を先に食べるような草食男子に成長した。

・・・肉も食べてね?


 

ある程度食べる子じゃないと使えない手かもしれないけれど、ご参考までに!

 

AD

ピーマンとナス

テーマ:

ちゃえる@2歳4か月


最近、保育園で育てているピーマンがお気に入り。
毎日ピーマンを見て、触って、「ぴーまん」を連呼。
そうだねー、ピーマンだねー。


その横にある茄子も触って、「ぴーまん」。
残念!それは茄子だ。
毎日「それはなすだよー」と教えているのに、一向に脳には到達していないらしく、彼の中では「ぴーまん」のまま。


料理していても材料を見て「ぴーまん?」と聞いてくる。
残念、それはキャベツだ。
彼の中の「ピーマン」の定義をぜひ教えてほしい。



そしてとうとうやってきた収穫日。
大きい茄子を収穫して、ウキウキしながら給食室へ。
途中で会った先生に「何持っているの?」と聞かれ、元気に「ぴーまん!」と答えるちゃえる。

先生方にさわやかな(?) 笑いをお届けw


保育園での食育活動のおかげでピーマン好きになった。
それまではどうもピーマンは苦手だったが、
炒め物の中のピーマンを指さして「これピーマンだよ」と教えると、ピーマンだけとってモリモリ。
もっとピーマンをくれと催促。

あぁ、ありがたや。
ももえるもこれでピーマン好きになったもんな。
育てるってすごいな、偉大だな。


ちなみに我が家のピザトーストは、これでもかというほどピーマンがのっている。

みんなのご要望にお応えしていたら、ピーマンの量がどんどん増えていき、ピーマン山盛りw

「ピーマン好き!」と言うと大人はほめてくれるので、ますますピーマンが好きになっていくという好循環なのだ。

AD

アイスクリーム七面相

テーマ:

ちゃえる@2歳。



ちゃえるは、アイスクリーム食べるらしい。

ももえるは、冷たいから嫌と最近になるまで食べなかったが、ちゃえるはクレクレだ。




「アイス食べる?」と聞くと

「たべるー」とわくわくニコニコ。



「あーん」と言うと

これでもかという程の大きいお口。



アイスを口に入れると、

もぐもぐ・・・

眉間に皺が寄ってものすごく迷惑そうな顔になる。

冷たいんだね。



アイスがお口の中で溶けてくると、

にぱーーっと笑顔。

おいしかったんだね。



そして、完全にお口からなくなると、

次をくれとおねだり。



「もうおしまいね」と言うと、

いやだー、もっとー、もっとーの懇願顔。



そして、もうもらえないことを理解すると

大泣き。




最後は泣いて終わるアイスクリームタイム。

そう滅多にあげない上に、少しだけなので、よけいにそうなるのだろう・・・。

だが、2歳にはまだアイスたっぷりは早いと思うのだよ。さすがに。



ちゃえるのアイスクリーム食べながら迷惑そうになる顔がかわいくて好き♪

1年生2回目の授業参観

テーマ:

ももえる@1年生
授業参観。


4月入ったばっかりの頃よりは落ち着いていた。
ふにゃふにゃくねくねしている時もあるし、靴をまともにはいていなかったりもするが、比較的座っていた。
手を上げて発言もしていたし、それなりに実技もこなしていたように見えるし、まぁなんとか授業についていっているようではあった。
むしろちゃんとできている方に入っているんじゃないかと思う。


ちょっと安心した。


手を出したいことも、口を出したいこともいっぱいあったんだけどね。



それより、連れて行ったちゃえるが・・・
先生「○○な人」
ちゃ「あい!!!!!!!!!」←1年生よりでかい声
うわ・・・。
そそくさと教室を出る私。


校内を散歩し、そろそろ終わりの時間だからとちゃえるを連れて戻ると・・・
みんな席から立ってレク的なことをしていたのを見て、キラキラしながら混ざりに行くちゃえる。
いやーーーっ。ど真ん中ーっ。お前は混ざらなくていいーーー。
引きはがしに行くのも恥ずかしい。


やっと引きはがして、後ろに戻ると、またもやダッシュ!
ねぇねのお友達にぴったりくっついて離れないちゃえる。
いやいやいやいや。
授業中だから離れて。
がっちりくっついて離れない。

すっぽんか?なんなのーーーーっ!?


心労でぐったり。


ちゃんとやっているももえるより、
危なっかしいちゃえるばっかり記憶に残った、授業参観であった。