おまつりのお小遣い@5歳

テーマ:

ももえる@5歳


去年に引き続き、お祭りでお金の使い方のお勉強。
去年は初めてだったのにも関わらず、完璧な振る舞いを見せたももえる。
さて今年は?
去年の様子はこちら→
http://ameblo.jp/mar555/entry-11930399027.html


今年もお財布に100円玉5枚入れ、ご飯以外は自分で買うことをお約束。
すると、くろえるが「500円までならパパがおもちゃ買ってあげるよ~」と神の一言。
いきなりハードルが下がる。

今年は大混雑だったので、くろえるは商店街の外で飲んだくれながらちゃえるの子守、
私とももえるで食料調達&お買いものとなった。


まずは食料調達!


商店街のおいしいものゾーンに突入。
入ってすぐにバナナジュースのお店。ミキサーでフレッシュバナナ使って作っていた。
ももえる躊躇なく購入。100円也。
さすが、おもちゃ買ってもらえるとわかっていると強気だ。。。

バナナジュースを飲みながら食料を調達し、くろえるたちの待つ場所へ戻る。
そこで、一口残っていたジュースをくろえるへプレゼント。
おもちゃを買ってもらえる感謝からか、もう要らなくなったのかは深く追及はするまい。


腹ごしらえをして、再度突入!
・・・と思いきや、はぐれて出店していたヨーヨー釣りに魅かれる。
ヨーヨーつれず、ひょうたん型のを1個もらう。100円也。


さて、今度こそ!と意気込み突入。
次に見つけたのは、お菓子の出るガチャガチャ。
私はガチャガチャは一切させない。
お金の無駄だと思っているから。
しかし、今日は特別。
「やっていい?」と聞くももえるに、「自分のお金でやるならいいよ」と答える。
ももえる嬉しそうに、金平糖の出るガチャガチャを回す・・・回らないので二人で回す。
小さな紙コップに色とりどりの金平糖をGET。100円也。


どんどん歩いていくと、スーパーボールすくいを発見。
毎年恒例、スーパーボールすくいに挑戦。
今年は紙が薄くてすぐに破れてしまった。
1個も取れなかったが、サービスで2個もらってご満悦。100円也。


商店街も中ほどまで来ると、光るおもちゃが売っていた。
ももえるはここでパパカードを切ることにしたようだ。
あれこれ迷いながら、ピンクの光るカチューシャを選択。
頭につけてウキウキ。300円也。


商店街も終盤に差し掛かり、お店も人も少なくなってきたところで、「リンゴジュース最後の1本だよー」というおじさんの声。
1本50円とのこと。
「じゃぁ2本買う」
まさか2本買うとは思っていなかったのでちょっとびっくり。
100円玉1個だったから2本買わないと!と思ったのかもしれない。
50円が二つで100円ということが理解できていたのは素晴らしい。
リンゴジュースとオレンジジュースを選び袋に入れてもらう。100円也。

ついでに横に売っていた光るうちわ。値段を聞くと50円。
2本買い、1本はちゃえるのお土産に、1本はももえるにあげる。


これで500円終了。
そこそこバランスよく上手につかえたのではないでしょうか。


なんて思っていると、
「ねーねー。
お小遣いちょうだい♪」
「は?ダメだよ。お小遣いのお替りはないって言ったでしょ?
決まったお金で遊ぶからいいんだよ。」
「えーーーケチーーー。もっとお小遣いほしいーーー。」


・・・去年はあんなに完璧だったのに、1年でずいぶん図々しくなったもんだな、オイ。
ぶつくさ文句言われたので、光るカチューシャとうちわを褒めちぎって、話をそらす私。
「光の国のお姫様なの~♪」と上機嫌になるももえる。
ふっふっふ、まだまだちょろいぜ。


くろえるの待つ地点へ戻る途中、保育園のお友達に会ったので、一緒に遊び始める。
そうするうちにどんどんお友達が増えていき、ちょっとした保育園化。
みんなでお祭りの戦利品を見せ合ったり、お菓子を食べたりしていた。


今年は、宝探しの景品が豪華だったようで、大きなおもちゃを持っている子を何人も見かけた。
お友達の中には1発であてた子も、4回やってダメだった子もいた。
1発であてた子は、数字の書いてある豆が見えたからそれを取ったらしい。
今までそういったギャンブル系の物には手を出さなかったももえるだが、
豪華景品を持っている子を見てしまったとなると・・・?来年はどうなる?
こうご期待!



AD