ストロー失敗

テーマ:

ちゃえる@10ヶ月。


そろそろストローの練習でもするかなーと、紙パックジュースを買ってきた。

ももえるの時は、紙パックジュースをちょっと押してジュースを出してやったら、後は上手に飲んで、あっという間にストローマスターしたんだよなー。


しまじろうの野菜ジュースを買ってきた。

味がお気に召さなかったらしく、嫌がられて終わった。


りんごジュースを買ってきた。

味は気に入ったらしいが、吸えばよいということはわからなかったらしい。

あれ?ももえるは一発だったのになぁ。


出してやるとおいしく飲む。

もっとくれとせがむ。

これはすごい!とウキウキする。

ストローをうばっていく。

ストローをかんでご満悦。


・・・おしまい。



あっれーーー?

ももえるは一発ry



ももえるより発達早いと思っていたが、すべてがそうとは限らないようだ。


AD

昇ると降りるをマスター

テーマ:

ちゃえる@10ヶ月。



昇るを覚えた。

椅子に登ったりおもちゃ箱に登ったり、段ボール箱に登ったり。


ももえるは昇れても降りられなかったが、ちゃえるは同時に降りるもマスター。

降りられないなんてこともない。

が、落ちることはある。

危なくて仕方ないことには変わりない。



欲しいものを追いかけて、

一心不乱に手をのばしながら、台になるものを昇っていく様は正にハンター。

さすが男の子だなー。

AD

負けん気

テーマ:

ちゃえる@10ヶ月。

絶賛自我発達中。


つい2ヶ月前まではされるがままだったのになー。


そんなちゃえる。

ママに叱られる。

「だめでしょ。」←優しい

「あーーーっ!」←反抗

大きな声で反抗的な音を発する。

生意気な。



おねえちゃんともやっている。

「こらーーーーーーーーーーーーっ!!だめーーーーーーーーーっ!!」

「ああああああああああああああああ!!」

負けない。


言葉が話せるようになったらどうなることか。


AD

ご機嫌取り

テーマ:

ももえる@5歳。


ある日、おもちゃのピアノ&マイクでリサイタルを開いていた。
そのうち飽きたらしく、ピアノのスピーカー部分にマイクを近づけてハウリングを起こして遊び始めた。
うるさいっ!


ももえるに何度もやめるように言ったがやめない。
むかーーーっ。


最後通告
「ももえるっ!うるさいからやめてって言ってるでしょ!
次にやったらマイク取り上げるからねっ!!!」


で、次に始めたのが、スピーカーにマイクを近づけてハウリングさせないようにする遊び。
喧嘩売ってんのか?
そんなことしてたらいつかハウリングするだろうに。


案の定、ハウリングを起こす。
メラメラしていた私はすぐさまマイクを取り上げる。
「うわーん。返してーーっ。ごめんなさーい。もうしないからーーー。」
「さっき、もうしないと言ったのにやっちゃったんでしょ?次も同じでしょ。
お約束守れない子はマイク使えないよっ!」
「うわーん。返してーーーっ。」


泣きながら言い訳やら謝罪やら改善策やら言っていたが、
私が一切折れる気がないことがわかると、けろっと涙を止めた。
「面白いお話してあげる。」

・・・はい?


面食らっていると、桃太郎がおならをした話が始まった。
「おもしろい?」
・・・正直に言えば面白くないが、ももえるとしてはおならは鉄板ネタなので面白いつもりなのだろう。


次に浦島太郎の話が始まった。
途中で笑いを取ろうとしながら、なんとか終了。


「おもしろかった?」
「うん、まぁね。」
「ところで、マイクは?」
「返さないよ。」
「2個もお話してあげたのにーーーーーーーっ!!」と大泣きAGAIN!


なるほど。
面白い話をして、その報酬としてマイクを返してもらおうという作戦だったのか。
考えたなーwww


面白かったので、次やったらもう返さないことを条件にマイクを返してやった。
話は面白くなかったが、行動が面白いももえるだった。

頭も使い様

テーマ:

ももえる@5歳。


変化球な頭脳の使い方もするようになった。
最近衝撃的だったことふたつ。


1.名前が・・・
ももえるの名前をひらがなで書くと、ももえる的に難しい字がひとつある。
「あいこ」だと「あ」だけ難しくて書けないという感じだ。
しばらく、1文字だけ書いてなかったりしていたのだが、最近進化した。


「アいこ」


書けない字だけカタカナ。
うん、まぁね・・・賢い・・・かな・・・汗
でも、難しいひらがなも練習してくれた方がいいかなー。



2.ゲームが・・・


お友達の家にあった魚釣りゲーム。
スイッチを入れると魚が口をあけたり閉じたりして、
口が開いている間に釣り針を入れて、口を閉じた時に釣るというもの。


うまくできなかったももえるなりに考えたらしい。
狙いの魚が口をあけるとスイッチを切る。
口の中に釣り針を入れるとスイッチを入れる。
釣れる。


友達のママが、「手を使っちゃう子とかは見たけど、スイッチ切っちゃう子は初めてだわ~」と笑ってた。
ゲーム製作者の意図をまるで無視しているが、確実に釣れるこの方法。

なんかずるくないっすか・・・?


こんな頭の使い方もするようになったんだなぁ・・・。

冬合宿

年末年始、実家に帰省ついでに、妹の家に泊まってきた。


妹の家には、ももえるより1.5歳年下の女の子と、ちゃえるより3ヶ月年下の男の子がいる。


つまり、5歳、3歳、0歳×2の子供が一同に会し・・・、冬合宿!!!

カオス!!!

大人の人手が足りない!!!

大人は大変だった。



ももえるは、おいしい回転寿司に大満足し、

雪遊びを堪能し、

遊び相手がいる生活を満喫した。


ちゃえるは・・・

バンボから脱出し、

椅子から脱出し、

バウンサーから脱出できるようになった。

縄抜けの修行してきたんすか・・・orz

そして、ハイハイができるようになり、つたい歩きがスムーズになり、歯が生えた。



かわいい子には旅をさせよ。

まさにそのとおりで、旅に行く度にももえるは成長してきた。

しかし、ちゃえるはちょっと成長しすぎな気がするのは気のせいか?

おかげでますます手がかかるように進化!!

ちゃえるの離乳食記~進めちゃえ!~

テーマ:

ちゃえる@10ヶ月。


何でも良く食べる良い子。


5倍粥には不満顔。

ドロドロしたペースト状の離乳食にはお怒り。

ボリュームがないと泣き崩れる。



つまり、ある程度噛みごたえがあって、量が必要なのだ。

なんかさ?

完了期に移行しちゃっていいんじゃない?

・・・って気分になりまして。


いままで、少しずつ水分を減らしてきて5倍粥にまでしたのに、一気に軟飯に変更してみた。

不評だった。

米の飯好きなくせに、軟飯は固いらしい。


ブロッコリーもそのまま渡してみた。

拒否された。

ブロッコリーの茎をやわらかくゆでておいたのは好評だった。


みかんの薄皮むかずに渡してみた。

薄皮が固いものだったこともあり、歯が立たなかった。


大人と同じ固さの大根(ちょっと固かった)あげてみた。

べーされた。


・・・ダメでした。

出たばっかりの前歯2本では歯が立たなかったようで、不評でした。

最近、離乳食拒否されたことなかったので、

「あー、この子も食べられないものは拒否するのねー」と妙に納得し、

レトルトの離乳食を出したら、大好評で完食した。

今まで食いまくっていたのは、おいしかったからなのねー。


ちゃえるの離乳食記~餃子デビュー~

テーマ:

西原理恵子氏の漫画で、

餃子やコロッケなんて離乳食じゃんって内容があり、とても感動した私。


昨日の夕飯は餃子だった。

ってことで、ちゃえるの夕飯も餃子にしてみた。

ちなみに、餃子はパルシステムの市販品w

材料をチェックする。

ニラ・・・しょうが・・・離乳食にあまり聞かない材料・・・。

ももえるも大好きだよね。うん。


餃子を輪切りにして与えてみる。

皮も具もおいしいらしく、上機嫌。

やっぱ、おいしいよね~~~。


そこで、ほっぺに軽く手を当てる「おいしい」のゼスチャーを教えてみる。

「おいしおいしだよねー」

ちゃえる、耳の上当りからほっぺまで豪快にべしべししながら、おいしいアピール。


うあ。

あなたの手はかぼちゃまみれですけど。

あなた風呂入ったばっかりですけど。

髪も顔もかぼちゃが塗りたくられたように変身。

妖怪かぼちゃヌリヌリ。

余計なこと教えなきゃよかったよ。軽く落ち込む私。


そんなわけで、おいしく餃子を食べたちゃえる。

もう離乳食やめていいっすか?

ちゃえるの離乳食記~妖怪食パンクレクレ~

テーマ:

ちゃえる@10ヶ月。


離乳食食いまくりの10ヶ月。


離乳食作るのに、「カサ増し」を考える日々。

足りないと泣き崩れるので、どうにかしてボリュームを増やさないといけないのだ。

ほぼ大根、人参、かぼちゃ等を投入してしのいでいる。

10ヶ月にしてエンゲル係数を圧迫しているちゃえる。

将来が思いやられる。


ある朝、ちゃえるの横で食パンを食べ始めた私。

ちゃえる、食パンを発見するとすごい勢いでやってきて口に手をのばす。

やめてくれー。

ちょっとちぎってあげると、もしゃもしゃ食べ始める。

食パンを手に持ったまま次を取りに来るちゃえる。

お育ちが知れますよ?


結局、食パン半分ほど両手に握り締め食い散らかす・・・。

私の朝ごはん・・・。


仕方ないので食パンの袋を持ってくると、目は釘付け。

食パンクレクレって顔に書いてある。


で、私から食パンを奪い、両手にくちゃくちゃになった食パンを握り締め、もみしだき・・・

食パンはだんだんパンくずになってゆき、それをおいしそうに食べつつ、次を要求しに来つつ・・・

なんだかもう・・・な状況に。


結局食パン1枚くらい食べちゃったよ。

朝ごはんそれでいいっすか?


食パン1枚くらい食べ終わると満足しておもちゃのところへはっていった。

パンくず撒き散らしながら・・・

きゃーやめてーーーっ。

慌てて追いかける私。

妖怪パンくずまき散らし参上!!ぎゃーーーっ。