寝返りマスター

テーマ:

ちゃえる@4ヶ月。


7月7日 急に寝返りに挑戦しだした。ころっと回っていたが下の手が抜けず戻っていった。
7月9日 夜中人知れず寝返りに成功。大びっくり。たった2日でマスター!!起床後も勝手に寝返ってふにゃふにゃ言っていた。
7月14日 寝返りがどんどんスムーズに。成功率も上がってきた。寝返りから戻るそぶりも??
7月17日 午前中、寝返り戻りもマスター。ころころ転がって、ちゃえるの足元にいた私のところまでやってきて膝の上に頭を乗せてにっこりスマイル。夜寝る時、お姉ちゃんを寝かしつけていたら、転がってきて背中にぺた。



生後4ヶ月になった途端に寝返りに挑戦し、1週間ちょっとで寝返り&戻りまでマスター。
早い・・・。
ちなみに、首はまだすわっていない模様(汗



ももえるは、えいっと足で蹴って回っていたが、
ちゃえるは、大して力を入れる風でもなくコロンと回る。
生まれつきの才能ってこういうものなんだろうなぁ(苦労せず上手にできてしまうという点で)なんて思った。

AD

父子の絆

テーマ:


ちゃえる@4ヶ月。


ママは早々に「俺様専属世話係」として認められたようだが、どうもパパはまだ微妙だ。
パパ曰く「おもちゃだと思ってんじゃない?」とのことだ。


一番困るのが、パパに抱かれて泣くこと。
機嫌の良い状態で渡してもしばらくすると泣く。
「お前じゃない~~~助けて~~」って顔で私を見る。
いや、そんな顔で見られても・・・
あんたを抱いているのはパパだよぅ~~。



くろえるでも抱っこ紐だと大丈夫。
他のパパさんだとニコニコ抱かれていたり、寝かせられたりするので、ママ以外は却下という訳でもない。
しかーし、くろえるの手で抱っこされていると怒る謎。

くろえるは暑いからだと言うけれど、暑かったら抱っこ紐はもっとダメだと思うんだなー。


子育てして4年。
くろえるもすっかり泣かれ慣れしているので、ちゃえるが泣き喚こうが全然平気。
大泣きするちゃえるを抱いたまま無になっていたりするから困る。
本人は、色々やってダメだったからあきらめているということなんだけど、ももえるの時の頑張りをもう少し見せて欲しいなーと思う。言うと「俺だってがんばってる!!」と怒られそうなんだけどさ。


ちゃえるも少しずつパパを覚えていっている途中なんだろう。
がんばれ、二人とも。
父子の絆は一朝一夕では出来上がらないんだなー。


AD

スイマーバ

テーマ:


ちゃえる@4ヶ月。


1ヶ月くらいでスイマーバデビューしたちゃえる。
それからほぼ毎日風呂で遊んでいる。



最初はぷかーっと浮いていただけだった。
ぷかーも、無重力風で見ているだけで癒される感じ。
この頃は、うっかりジャンプして揺れると怖がって大泣きしていた。


4ヶ月になった今、最初はぷかー。
そのうち足を動かして移動。
更にはジャンプジャンプで大興奮。


ほっぺが上に持ち上げられてむにむにしているのがかわいい。
楽しいらしく、上機嫌で風呂に入ってくれるのも良い。
風呂嫌いを解消したのはスイマーバのおかげ。
かなりいい買い物だったなー。

AD

姉弟の関係

テーマ:

ももえる@4歳。


弟大好きだ。

「ちゃえる~~~おねえちゃんだよ~~~」と話しかけていたり、歌ってみたり踊ってみたり抱いてみたり。
二人が楽しそうにしている姿は癒される。


しかし、泣き声にすっかり慣れてしまったももえるは、気が向かないときはちゃえるがどんなに泣いていようが聞こえないらしい。
最初は右往左往してて、代わる代わるおもちゃを持っていっていて、それもまたかわいかったのだけど・・・残念。


ママが取られても弟が嫌いにならないのはよかったなーと思う。


ちゃえるもお姉ちゃんが大好きらしく、よく話しかけている。

子供同士通じ合って言葉がわかるのかと思っていたが、そうでもないらしいが・・・。

たそがれ泣き

テーマ:


ちゃえる@3ヶ月。


3ヶ月コリックとも言われるたそがれ泣きについて、今回はちゃえる目線でお届けします。


俺様、ちゃえる。
そろそろ3ヶ月だ。
夕方に泣いてやるというあれをやってみようと思う。


お昼寝から目覚め夕方。
ぼんやりしている間に、乳がやってくる。
とりあえず飲む。
これはうまいし、あったかくてふかふかしているから俺様のお気に入りの一品だ。
満足。


一服していると、専属世話係がバタバタし始める。
暇なので泣こうかなーと思い始めた頃、抱っこ紐を装着してやってくる世話係。
おぉ。お散歩か?
「お姉ちゃんのお迎えに行こうね~」と言いながら俺を抱っこ紐に入れる。
これも気持ちよい。外も好きだ。
思わずニコニコしてしまう俺。
保育園に行くと、つつき回されたり、大声にびっくりして泣くこともあるけど、大体楽しいから良しとする。


家に帰ってくると抱っこ紐から出される。
おお?ここか?このタイミングか??
よし、泣いてやろう!と身構えると、「お風呂だよー」と連れて行かれる。
洗われるのは嫌いだが、お風呂でぷかぷかしているのは気持ちよい。
スイマーバとやらをつけられぷかぷか。飽きたらジャンプ。
ジャンプしていると世話係りがニコニコしてくれる。
嬉しいのでもっと俺様のすごさをアピールしてやる。


風呂から出て服を着せられると、腹が減って喉が渇いていることに気づく。
おーい。俺様は腹減りだぞーー!!
泣く。本気で泣く。
まったくもう、待たせやがって・・・。


次は世話係りがまたバタバタし始める。
色々なものを出して料理とやらをしているらしい。
動いているのを見ているのは楽しい。
時々微笑みかけてくれると、俺様も笑顔で応えるぜ。


そして、ご飯の時間。
俺様はすることがないので、見ているだけだ。
この時間に泣くとものすごく嫌な顔をされるような気がするし、隣にいてくれるので我慢する。
飽きると抱っこをせがむ。
この時間はみんな座っているのでのんびり抱っこしてもらえるチャンスでもある。
(なのに、なかなか抱っこしてもらえないのはなぜだ!?)


そうこうしているうちに、なんだか。。。
気分が悪い。。。目がくっついてきて。。。もわもわする感じ。。。?
泣くとベッドに連れて行かれて、おっぱいが出てくる。
飲んでいると・・・。気がつくと朝。なんかさっぱりした気分!!



はっ!たそがれ泣けてないうちに朝になっている!!
明日こそがんばるぜ!!

舌癒着症の診察

テーマ:

さて、舌癒着症シリーズ第2弾。

山西耳鼻咽喉科での診察。



母乳を飲んでいる時の血中の酸素濃度(?)を測定する。

足の小指に機械をつけて母乳を飲ませて測定。

数字が上下しているのがわかる。


しばらく飲ませて終了。

先生が来てそのデータを見て、説明してくれる。

「普通は母乳飲んでいても99~100の間を推移するんですよ。

この子80台まで下がっているので結構ひどいですね。」


Oh。。。
おっぱい飲んでいる間に息苦しくなるなんてかわいそうに。
そりゃ疲れて寝るよねぇ。


次に鼻からカメラを入れて器官の動きを見る。
ちゃえるぎゃん泣き。

舌にひっぱられて気道がふさがっている様子を見せてもらう。
始めて見たものなので、へーとしか言いようがないのだが、確かに開きが平べったくなっているのがわかる。


そして診察終了。

・酸素濃度的にも、カメラでの確認的にも重症(3段階レベル中のMAX3度)
・自由診療なので手術を勧めることはできない。
・ご主人と話し合って決めてください。


・・・とのことだった。
小児科医師会として認めてない症例なだけあって、先生も微妙な立ち位置なんだろうなーってことが良くわかる説明だった。


で、くろえると相談の結果、手術をすることに決めた。
悩むこともなく即決だった。

母乳のことだけならミルクを使うという選択肢もあるのだが、一生苦しいのはかわいそうだからね。

しまじろうと僕

テーマ:

ちゃえる@3ヶ月。


リビングのハイローチェアがちゃえるの居場所。
退院して帰ってきてすぐに、泣いているちゃえるのために、ももえるが「しまじろうの起き上がりこぼし」を枕元に置いてくれた。
それから100日。


しまじろうはちゃえるの良い相棒となっている。


しまじろうに話しかける。彼は聞き上手だ。
手をのばしてパンチすると「リンゴロ」いい音がする。
持ち上げようとしてみたり、なんだか色々楽しく遊んでいる。


ニギニギなんかもあるのだけど、今のところしまじろうが一番のお気に入りのようだ。

さすがこどもちゃれんじ。優秀だな。

ベビーサイン?

テーマ:

ちゃえる@3ヶ月


ベビーサインでも習ってみようかなぁと思っていたのだけど、習うまでもなくなんとなく主張がわかるようになってきた。


まず、「抱け」を表現するようになった。
腰の辺りをぐっと持ち上げる。
「ほら、抱いてくれ!抱け!抱くんだーーーっ!」と言わんばかり。
抱いてやろうと手をのばすと、期待に満ちた表情で見てくる。かわいい。
抱いてやらないと泣く。あ、やっぱり?


おっぱいの時は、スカスカ泣く。
最近は、ご要望にお応えしておっぱいの体制で抱くと、嬉しすぎて興奮。
興奮しすぎてのけぞっておっぱいから遠のくちゃえる。
おーい、どこへいくのー?

おかげで母の手首は腱鞘炎寸前。


オムツは難しい。
「ふにゃふにゃ文句言っているなーなんだ??」と思っていると、オムツだったりもする。
オムツを交換して欲しい気分の時にオムツ交換をすると、「それだよ!それ!」という顔でにこーっと笑ってくれる。
オムツが濡れていても他に要求がある時は、オムツ交換中に怒って蹴りまくりでもっと泣く。
多分、オムツの優先度はかなり低い。紙おむつが優秀だからか?
でもウンチの時はもう少し主張しても良いと思うぞ?


眠いは本気泣き。
オムツと同様のふにゃふにゃ泣きから始まるけど、程なくして本気泣きになる。
はいはい、寝ましょうねー。
っていうか、泣く前に自力で寝てもいいんですよーー。
でも、ちゃえるは飲むもの飲んだらスカッと寝ることが多いので楽チン。
はい、おやすみ~~~。


もっと要求が出てくるのはこの後なんだよねぇ。
あぁ、もうこのままでいいんだけど・・・なんて思う母であった。



一人目は成長が嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。

二人目は成長するとどんどん面倒くさくなることがわかっているし、もう二度とこのかわいいのに会えないのがわかっているので、今のままでいいやって思ってしまうんだなー。