産まれた日のこと(後日談)

テーマ:

第二子出産でドタバタ劇を演じた私。


①助産師さんの話

数日後(?)、ちゃえるクンを取り上げてくれた助産師さんに会った。

笑いながら、大変だったのよ~~なんて話してくれた。


モニターで見ていたら、自動ドアが変な動きをしていた。

これはまずいかもと思っていたら、現れた私はソファーで突っ伏している。

大急ぎで車椅子を探したら、いつもの場所にない!!


でも、そんなもの探している場合じゃない。

旦那さんと二人なら抱えられるはず!と3階から階段を駆け下りてエントランスに行ってみるといない!

再度階段を駆け上っていくとちょうどエレベーターが開いて私らが現れたらしい。

すごいスピードだ。


助産師仲間からは

「あんたが走り回っている姿の方が見たかった」なんて言われたわよ~と笑っていた。



私から見たらほとんど役に立っていなかったくろえるだが、

助産師さんからはすごくほめられていた。



②破水

産んだ後、

「ところでしろえるさん。いつ破水したの?」と聞かれた。

「へ?破水なんてしてませんが??」と答えると、

「破水していましたよ?触ったら膜がなくて直接頭だったし。」

「ええ!?」

「やだ、本当に気づいてなかったの?」

「・・・。」


私・・・二人出産したけど、

一人目は最後まで破水しなくて助産師さんに破水してもらい、

二人目は知らないうちに破水した。

破水知らないまま出産を終えてしまった。

ちょっとショック。



AD

産まれた日のこと

テーマ:

第2子を出産しました。


名前は「ちゃえる」くん、男の子です。


またB型でした。

予想してたけど。



陣痛が来たのは、3月6日午前2時27分。


その日なぜか1時過ぎに目が覚めて眠れなくなった私。

布団の中でごろごろしていたところ、お腹の中で「ぽこん、ぽこん」と2つ音が鳴った。


なんだろう・・・?と思っていたら腹痛。

もしや陣痛・・・?


「えーー、夜中はいやー、寝たら明日になってたりしないかなー。」

と淡い期待を抱きながらもう一度目をつぶる。


5分後。

いてて・・・。


トイレに行くと少し出血。

うーむ。やっぱり陣痛か?

でも、5分??

経産婦は陣痛間隔が10分~15分になったら病院に来るように言われていたけど、いきなり5分間隔っておかしいよねぇ・・・?

陣痛じゃないのかも。


やっぱり寝よう。。。


再度布団に戻る。

そして、5分後。

いてて・・・。


やっぱり陣痛なんだろうか?

トイレに行きたくなり行ってみると下痢。

んー。お腹が下って腹痛なのかなー?


こんなことを繰り返しながら約30分。


こんな時間に旦那をたたき起こして病院に行って、単なる下痢だったら一生バカにされるよなー。

もう少し様子をみよ・・・いでででで・・・・・・・・・・。

いたいっ!

いたーーーーーーーーーい!!


やっぱりこれ陣痛じゃん。

なんでいきなり5分間隔?

おかしいいいいいいいいいいい。


くろえるを起こす。

「なんで今?」

開口一番、文句言われる。

そんなん私が聞きたい。


病院に電話する。

今すぐ来てといわれる。

そりゃそうだ。


急いで支度をする。

この時点で既に3分間隔に短縮。

やばい。本当にやばい。

着替えている間に陣痛加速。

痛い。


靴下を忘れたことに気がつく。

が、階段を上って取りに行くのはもはや無理。

くろえるに頼む。


戻ってきたくろえる。

「ん?これタイツだった。」

・・・は?

タイツ?

タイツなんて2枚くらいしか持ってないのに大量にある靴下と間違える訳ないだろ。

絶対勘違いだ。

「みせて。」

・・・タイツだし。

「タイツじゃん!!!!!!!!!」

「だからタイツだって言ってんだろ!!!!!!!!!」

この期に及んで役にたたねぇ。


そして待っている間に2分間隔。

くろえるに靴下をはかせてもらってなんとか階段を下りる。

玄関に車をまわしてもらっている間に1分間隔。

やばい。。。痛い。。。


車の中でもだえ苦しむ。

病院に着いた頃には、陣痛の間隔は1分を切ってしまい、車から降りるタイミングを見失う。

しかし、ここで産むわけにもいかない。

根性で車から降りる。


自動ドアにスリッパが挟まっていて、ドアが変な動きをしている。

あぁ、閉まってしまわないようにくろえるがはさんだのか。

頭良いな。

ちょっとだけ見直す。


エレベーターが開くまでの間、ソファーでいきみ逃し。

痛いーーーーーーーっ。

くろえるが、「立ったら楽だって言ってたっけ?」と言ってくる。

どあほう。

前回のお産のとき、立って陣痛を加速させたことを言っているのだろう。

今加速させてどうする。1分間隔になって既にピンチだっつーの。

予習くらいしておけドアホ。

・・・と言いたかったが痛すぎて言えず。

静かに「使えないカウンタ」がインクリメントされるのみ。


わずかな合間を見て、エレベーターへ駆け込む。

エレベーターの中でも陣痛は容赦なくやってきて、もはや立っていられない。

手すりにつかまって崩れていたら

エレベーターが開いて、あわてた様子の助産師さん。

「なんでこんなんなってんの!?」

「ゆっくり息して!!」


股を持ち上げられながら分娩室に担ぎ込まれる。

こんな体制で支えられるのって多分一生に1回だ・・・とか考えつつ、分娩台へ。


てきぱきと準備が整えられていくが、その間にも容赦なくやってくるMAX陣痛。

どう逃しても、自然と力が入ってしまう。

「まだ準備できてないから力いれちゃだめ!!」

「ゆっくり息して!」

「手は胸の上!!」

無茶言うなーーー


「まだシーツ敷けてないから、産んじゃだめ!

赤ちゃんきれいなところで産んであげたいでしょ?」

うぉぉぉおおお。

母ちゃんがんばる。



陣痛中は少しのことでも気に障るもの。

陣痛室は暑い。

私はタートルネックを着ていたのだが、首が汗ばむ感覚がものすごく気に入らず、

陣痛の合間にタートルネックを脱ぎ捨てる。


パジャマ着せてもらえるものだと思っていたが、助産師さんはそれどころではない。

自分もそれどころではない。

結果・・・ブラキャミ1枚で続行。。。



やっと準備が整ったらしく、

助産師さんから「いきんでいいよ」とのお言葉が。

1回試しにいきんでみる。


なんだかもうすぐそこにいる・・・。

「もう出そうですか?」

「うん。頭が見えたり隠れたりしているよ。」

そんな気がしたよ・・・。


次1回で決めてやる。

なぜか妙な気合が入る私。

波が来る。

うぉりゃーーーーー。

「頭でたよー。力抜いて。」

無茶いうなーーー。

出したい、出したい。出したいんじゃーーー。

「だめっ!お願い!力入れないで!」

うぉーん。

どうしても入ってしまう力。

たすけてーーー。


と思っている間に、ずるんという感触とバシャっという音。

あぁ。産まれた。。。


ほっとしながら赤ちゃんの方をみてみる。

産声が聞こえる。

「赤ちゃんだ。。。

よかった。。。」

我ながら変な感想だがそう思った。



私は胎盤を出してもらったり、後の処置をしてもらったりして、

赤ちゃんは聴診器を当てられたり身体を測られたりして、

私の手元にやってきた。


ちっちゃい。

あったかい。

きもちいい。

やわやわだ。


写真を撮ってと言ったところ、立ち会いはしたもののまるで出番のなかったくろえるが

「その格好でいいの?」と一言。

その時になってやっと自分がキャミ・・・と言うか下着1枚だったことに気づく。

良くない。。。


やっとパジャマを着せてもらって記念撮影。


おっぱいを吸わせてみたりするがお互いに全然。

経産婦なので、産んだ瞬間にあふれ出るものかと思っていたがそういうわけでもなかった。

赤ちゃんもお疲れのようで、興味を示してくれず。

形だけやってみておしまい。


くろえるも「落としそう・・・」とか言いつつ抱っこしていた。



始めの陣痛がやってきてから2時間弱、病院についてから20分、本気でいきんだの2回で産まれたちゃえるクンだった。




AD