年少の運動会

テーマ:


ももえる@3歳10か月。


先日の保育園の運動会。

普段はダラダラグダグダの娘。。。
保育参観に行けば、私にまとわりついてほとんど何もしない。。。
運動神経は少し残念なレベル。。。
しかも最近は反抗期からかヒステリーも加わって面倒くさいことこの上ない。。。
「早く!!!」「いい加減にして!!!」と言わない日がないほど・・・毎日怒ってばっかりで、親バカ?何それ状態の日々だったのですが・・・


すごいのよ、うちの娘。


かけっこでは1等賞。
鉄棒でも技をびしっと決め、
お遊戯は満面の笑みでばっちり(クラスで一番うまかった!!)
やる気のない子の手をひっぱってあげたり、お世話までしてるんですよ。


いやびっくり。
ほんとびっくり。
知らないうちに子供って成長しているんですね。


掛けっこはもっと速い子がいたとは思うのだけど、スタート合図への集中力で飛び出し、そのまま1位。
できるようになったと聞いていた鉄棒も「ほんとか・・・?先生が手伝ってんじゃないのか・・・?」と半信半疑だったのだけど、一人でちゃんとやっていました。
お遊戯中もクラスの半分くらいはぼへーっとしていたり、やったりやらなかったりのグダグダ状態の中、雰囲気に飲まれることもなく振付完璧で、笑顔で踊って、キメポーズも超かわいく決めてました。
あまりにもかわいくて失神しそうになりました。


あれ以来毎日我が家ではビデオ鑑賞会が開かれています。
興奮のあまり、ビデオがぶれているのが本当にもったいない!
もう一度見たいっ!!
くろえるは夜中一人で晩酌しながらビデオ見ていたらしいです。


私が「あのかわいさを見たら全世界から犯罪がなくなると思ったよ~。
でもさー、一晩寝てよく考えると、かわいすぎて犯罪に巻き込まれるんじゃないかと心配になったわー。」と言ったら
「親バカ・・・www」と小ばかにしくさってましたが、くろえるも十分親バカでした。

AD

荒くれ者

テーマ:

ももえる@4歳。


4歳のお誕生日を迎えて、お姉ちゃんになることを期待する親に対し・・・。


急に反抗期勃発
追加で赤ちゃん返り。


手のかかる荒くれ者になってしまった。。。


・言葉遣いが崩壊し、どこぞのヤンキーのように。。。
・なんだかいつもお怒りモード。
・保育園でもおトイレの失敗を立て続けにし、山のような洗濯物を持って帰る羽目に。
雨なのに靴まで。どうすんねん。


帰り際、心配してくれた先生と少し話した内容。箇条書き。
・おなかに赤ちゃんがいるので赤ちゃん返りは仕方ない
うちの子もトイレの失敗するようになった。そういうところに出るんだね。
・産まれるまではもう何もかもやってあげるくらいの気持ちで諦めて。
甘えさせても今までできたことができなくなるわけじゃないから。
そのうち憑き物が落ちたかのように、自分でやるようになるから大丈夫。
・いっぱい抱きしめてあげて。保育園でも気にしてみておくから。


「4歳になったし、お姉ちゃんになるんだから!」という私の期待が裏目に出てしまったのかなと反省。
今の状態のももえるをまず受け入れるようにしてみたところ、少しずつ荒くれ者モードから脱出・・・。
育児は育自という言葉が脳内にふと浮かび、すごく納得してしまった今日この頃。

AD

お弁当の洗礼③

テーマ:

(過去記事です)


ももえる@3歳11か月。


遠足当日。
その日は台風・・・orz
どう見ても遠足行かないけど、お弁当は持参。

どうせならお外で楽しく食べさせてあげたかったなぁと思う親心。


まっくろくろすけおにぎりにてこずりつつも、何とかお弁当を完成させた頃、ももえるが起きてきた。
お弁当を見て「わぁ~~~~~~~~~ドキドキ
喜んでくれた。
「ママ、すごくがんばったねぇ~~~」
なんか上から目線で褒められた。
ついでに、頭もなでられた。


喜んでくれてよかった。
第一のハードルを乗り越えたことにホッとする私。


その日、保育園は台風により自由登園という形式をとっていたが、ももえるは登園。
園内で遠足ごっこをしたらしい。

迎えに行くと、お弁当を前に、ニコニコのももえるの写真が掲示されていた。
頑張った甲斐があったなー。

お弁当は全部残さず食べてあり、またもやホッ。
先生の話によるとちょっと苦戦していたが最後まで食べたとのこと。
あぁ、よかったー。


まっくろくろすけおにぎりも喜んでくれて、
後日、ご飯におにぎりの元を混ぜていたら、「あー、まっくろくろすけおにぎりのだ!」とおにぎりの元まできっちり覚えていた。

そして、「まっくろくろすけにして~~」とまたもやおねだりw
うれしかったんだなー。
ママもうれしくなった。


すっごく大変だったけどママレベルも1あがったかな。

AD

お弁当の洗礼②

テーマ:

(過去記事です)


ももえる@3歳11か月。


突然のお弁当持参指令に大わらわ。
先生に聞いたところ、給食費からおやつとデザート(みかん)が出るとのこと。
ということなら、デザートは要らないんだな・・・。


半泣きな私に、「だいじょうぶですよ~。もーまじめだなぁ~~~。
こどもたちは、お母さんが作ってくれたってことでうれしいんですから~。」
と励ましつつ、
「おにぎりとか、ちょいちょいとお口に入れられるものの方が良いですね~。
ピックとかに刺して食べやすくしてあげるといいですね~。
いつもと雰囲気が違ってなかなか食べられない子が多いので、食べやすいものがいいですよ~。
キャラ弁作れって言っているわけじゃないですからー。普通のでいいですって。」


普通が分からなくて困っているのに、普通でいいって言われてもね。。。
普通で・・・食べやすくて・・・ももえるが好きなもので・・・
やっぱハードル高いし(涙


それ以来、昼休みはお弁当の検索。
料理上手なママ友にアイディアもらいつつ、何とか弁当のイメージを固めた。


●かわいさアピール&わくわくアピール
・ハートの卵巻き
・まっくろくろすけおにぎり
・たこさんウィンナー
●彩り
・ブロッコリ
・ミニトマト
・きゅうり

切っただけ・・・焼いただけ・・・の超簡単メニューがほとんどw
まっくろくろすけおにぎりは、海苔をはったおにぎりに、スライスチーズと海苔で目玉をつけただけの、初心者な私でも作れる簡単キャラ弁。
ももえる、トトロ好きだし。
まっくろくろすけも好きだし。



余談だが、料理苦手なママ友は、遠足のお知らせを見て足元から崩れ落ちたと言っていたw
何人もの先生に毎日のように質問しながら、ハートの卵焼きの練習したりして頑張っていたようだ。
ベテランママさんは余裕の顔だったが、やっぱり新米ママにとって初めてのお弁当のハードルは高いと思うな。

お弁当の洗礼①

テーマ:

(過去記事です)


ももえる@3歳11か月。


昨日保育園から来週の遠足のお知らせが来ました。
運動会ですらお弁当が要らないので、油断してました・・・。
お弁当持参の一言を見て、目玉飛び出ました。


・・・とうとう来たか・・・お弁当の洗礼・・・。
平日の朝、早起きして幼児用のかわいい弁当を作れと・・・orz
先生そりゃないぜ・・・と思いながら、同じクラスのママさんにラインで「みたー?」と話を振ったところ、
「キャラ弁つくろーっと♪」と超ノリノリ。
キャラ弁なんて選択肢にすらなかったので、再び目玉ぽーん。
そういや、このママさん料理上手で有名だったんだった。
振る相手間違った・・・orz

というわけで、只今ネットを見ながらお弁当の作り方を修行中。
お母さんという職業は、ある日突然スーパーなスキルが当たり前のように必要になるから困る。

おうちでかくれんぼ

テーマ:

(アップし損ねていた分なので、すでに4歳ですが3歳の記事)


ももえる@3歳11ヶ月。
あと1ヶ月で誕生日だ。


くろえるに用事があって、ゲーム中のくろえるのベッドでゴロゴロしながら話していた。


すると、ももえるが「ママー?」と探しに来たので、
毛布を被って「かくれんぼしているよー。探してー。」
と言うと、「わかった!」と部屋を出て行った。


声の方向を追うという機能はついていないらしい。


かなり遠くまで行った音がしたので、くろえるが呼び戻していた。
部屋に入ってきて、毛布をめくって「みーつけたーキャッキャ」大喜び。
その後、「ももえるちゃんも隠れるー」と毛布に入ってきた。
どうやら、パパに探してもらいたいらしい。
パパ横でゲームしてますが・・・?
会話も聞いてますが・・・?


せっかくなので乗ってみる。
一緒に隠れて「もういいよー。パパ探してー。」
バレバレながらもパパも乗ってくる。
「どこかなー?」と言いながら毛布の中に手を突っ込んでこちょこちょ。
ももえるは、「ぐ・・・ぐは・・・」と変な声を立てながらも笑いをこらえている様子。


パパが「ももえるちゃん!」と呼んでみる。
「イヤー」と返事。


うっかり「ハイ」と返事しなかったことは評価したいが、返事してしまう時点でバレているということは気づかない3歳児に大爆笑。

3歳児とお腹の赤ちゃん②

テーマ:


ももえる@3歳11ヶ月。
しろえる@妊娠6ヶ月。



さんざん、「うちにも赤ちゃんほしいねぇ~~~」と言っていたももえる。
「弟が良い?妹が良い?」と聞くと「妹!!」と即答。
妹は女の子だから一緒に遊べるからいいんだって。
弟は男の子だからダメなんだと。


さてどっちかな~~~~?


今のところ、エコーでもまだちゃんと見えないので不明。
しかし、医者は「んーーー、男の子かなーーー?まだわかんないけど、男の子っぽいなーーー」と言っていた。

横で聞いていたももえる。

その日以降
「男の子がいい!」と言うようになった。


「・・・無理してやしないかい?」とちょっと心配になるんだなー。


赤ちゃんが産まれるのを楽しみな気持ちも確実にあると思う。
うれしそうに
「ももえるちゃん、おねえちゃんになるの。
赤ちゃんが泣いたらね、ママーって呼びに行くの。」
よくわかってる。
保育園で教わるんだろうか?


「いないいないばぁもしてあげるの。ご本も読んであげるの。」
一緒に遊ぶのも楽しみにしている。
その気持ちに嘘はないと思う。


「赤ちゃん産まれたら、ママ半分子になるけど大丈夫?」
「パパはダメだけど、赤ちゃんならいい!」←パパ気の毒に・・・。


でもなんか・・・
「赤ちゃん大事にしてね」という私の気持ちを押し付けてしまっていて、
それを感じ取っていい子になっているのではないかと思ってしまったりもするのだ。



うまく言えないのだけど・・・


自分が兄弟ができた時のことあんまり覚えていないのでなんともだけど、やっぱりうれしいだけじゃなかった気がする。
「お姉ちゃんでしょ!」って言われるの嫌だったし、
「妹or弟ちゃんばっかりズルい!」って思ってたし。
妹や弟は好きだけど嫌いで、嫌いだけど好きだったなー。
複雑な姉心をすこーしだけ覚えているだけに、複雑なんだろうなーって思っちゃうんだよね。


第二子産まれる時の上の子のケアってどうしたらいいのかな?


3歳児とお腹の赤ちゃん

テーマ:


ももえる@3歳11ヶ月。
しろえる@妊娠6ヶ月。
待望の赤ちゃんを授かって数ヶ月。


くつろぎタイムの一コマ
「赤ちゃん今何しているかなー?」
「うーん、今は静かだから寝ているかな?」
「指しゃぶりながらぼーっとしているんじゃない?」←前に私がそう言ったのが気に入ったらしい


「なんで指しゃぶっているのかなー?」
「産まれてきてからの練習しているんだよー。ももえるもやったでしょ?」
「んー知らない。」


行ってきますの前の一コマ
「ママのことずっとずっと愛しているからね。」
「はいはい。ありがとう。ママもももえるのこと愛しているからね。
保育園でいっぱい遊んでおいで」
「うん。。。(涙目)
赤ちゃんのことも愛しているからね。。。
(お腹にチュ)
いってきまーしゅ」


お風呂上がりの一コマ
「ママなんでお腹にぬりぬりしているの?」
「お腹に赤ちゃんがいて大きくなるから、マッサージしているんだよ」
「ももえるちゃんのお腹にも赤ちゃんいるから塗る!!」
「・・・あらそう。じゃぁ一緒にマッサージしようかー。」
「ももえるちゃんの赤ちゃんも大きくなったでしょ~」



このように表面上、可愛がってくれてはいる。
だが反面、確実に赤ちゃん返りもしてくれている。
色々あるんだろうなー。


ある日なんて、保育園から帰ってきてから3時間の間に、3回おもらししたもんな。
今はほとんどパンツで失敗もなくなっていただけにかなり驚いた。
続くようならちょっと考えないとなーと思ったのだけど、
お膝に乗せて、抱きしめて大好きの魔法をかけたら治った・・・。


でも、おねしょはほぼ100%になったな。
夏くらいは30~50%くらいだったんだけどな。
寒いからか?


あと、おっぱい触りたがる&飲みたがる。
でなくてもまねっこだけでも飲みたいらしい。
「イヤン。やめてーエッチー」と逃げても食いついてくる。


まぁ、色々あるんだろうな。


産まれてからも「大好き」って言ってほしいけど、今よりもっと大変そうだしなー。
どうなることやら。

4歳の誕生日プレゼント

テーマ:

ももえる@4歳になりましたー。
おめでとーーー。


3歳の誕生日プレゼントは、包丁セットでした。
1年かけて、随分キュウリを切るのは上手になりましたw
切るだけじゃなくて、台所の色々なお手伝いもしてくれるようになりました。
料理に興味を持たせるいいプレゼントだったなーと我ながら思いますw



さて4歳。
本人はおもちゃを欲しがっているけど・・・
3歳の時みたいに実になるプレゼントがいいなぁ・・・と考えること数か月。
今年のプレゼントは「タンス」にしました。


大きくなっても大事にするというお約束で、好きなのを選ばせてあげました。
選んだのは、ミッキー。
私がネットで探している間に一目ぼれしたらしい。
「うーんと、これで中学生まで使うんだよ?
(高校になったらバイトして好きにすれば良いと思う)
ずーっと大きくなって、お姉ちゃんになってもミッキーで良いの?」と諭しつつ、
もう少しシンプルなのも選んであげたのですが、強固に聞き入れないのでご要望通りミッキーにしました。


で、届いたものをパパに組み立ててもらって、拭き掃除は一緒に。
「ももえるちゃんだけのタンスだもんねー。
もちろん、お掃除も自分でやるでしょ?」
「うん!!!」
ばっちり乗せておきましたw


今までのタンスからのお引越しも一緒に・・・やってたんだけど、
「ももえるちゃんだけのタンスだから、ももえるちゃんが全部やるの!!!」と拒否。
最初は一緒にやったけど、やり方がわかってからは一人で洋服をしまってました。


「もぅ~、ポポちゃん(お人形)はすぐに散らかすよねー。」と
誰も散らかしてないのに、ママ気取りで洋服をたたんでお片付けしてました。


お着替えも、寝る時のオムツもタンスから出して一人で着替えています。
保育園の用意や洗濯物の片付けもこれをきっかけに教えちゃおうっと~♪
うひひ♪
今年のプレゼントもなかなかのようです。



・・・飽きるまでかもしれないけど、
楽しみながら生活力を身に着けていけるのは良いことだと思うんだ~~。
「やりなさい!」だとやりたくなくなっちゃうけど、
「ももえるちゃんだけのタンスだから、ももえるちゃんが全部やる!」だと楽しいもんね。

TDLで誕生祝い

テーマ:

ももえる@明日で4歳。


ずーっとずーっと「ニズニーランド行きたい。」と言い続けていたももえる。
ニズニーランドは、ももえる語で「ディズニーランド」である。


ディズニーじゃない遊園地も超楽しんでいたのだけど、やっぱりディズニーランドは別格らしい。
そのくせ乗りたがるアトラクションは、どこの遊園地にもあるメリーゴーランドだったり、ティーカップだったり。
ディズニーらしいアトラクションは「暗いから怖い」という理由でほぼ全部却下なのだ。
あんなに高い入場料を払う意味がまるでわからない・・・と母は思ってしまう。


が、そんなに行きたいなら、入場料がかからない3歳のうちに・・・という邪な気持ちと、
ディズニーランドで誕生日を祝ってもらったらすっごく喜びそうという母親的な気持ちと、
ハロウィンのカボチャが怖いのでハロウィンが終わるまで行けないというももえる的心情と、
前回行こうと計画した日に、全員で風邪をひいて一家全滅してしまったという事情と、
お腹の赤ちゃんが産まれてしまったら、しばらくは行けなくなるので安定期な今のうちにという家族の都合とを織り交ぜた結果、
誕生日直前にTDL行きを決行することにした。



一言で自分@妊婦だけの感想を述べるなら・・・
子持ちの妊婦にはおすすめしない・・・(涙
子持ちでなければ自分のペースで好きなことができるので楽しめると思う。
しかし、子持ち、しかも誕生祝いとなると全てが子供中心。

腰痛い。ももえるが選ぶアトラクションつらい。

仕方ないのでパレード待ちするも、腰は痛いわ、寒くて風邪引くわ、暇だわ。
なんであんなに高いチケットを買って、1時間半もぼけーっと座っていないといけないのか。
暇つぶししているうちに携帯の充電もなくなって、ますます暇で暇で・・・。
無料で配っているMAPをを隅から隅まで読んでみたり、夜のパレード用に持って来ていた光るオモチャをいじって一人で遊んでみたり、悲しい暇つぶしをする羽目に。
それも終わり、世のお父さんは頑張ってるなーとか、横のカップルの女はしゃいでんなーとか人間観察。
もちろん、くろえるもいつもは場所取りしてくれるので感謝しつつも、ひ・ま・す・ぎ。



私のつまらない愚痴はさておき・・・


当のももえる。
インパークした途端、クリスマス色に彩られたパークに魅了され、歓喜の叫びをあげながら大喜び。
Birthdayシールをもらって貼っていると、キャストの方が「おめでとう!」と言ってくれるのに照れながらも大喜び。
キャラクターズグリーティングのミニーちゃんに大歓声。
プーさんに抱きついたり、ハグしてもらったりして、満面の笑み。
ティーカップでは、マイクで「ももえるちゃんお誕生日おめでとう」と言ってもらえたらしく、次の日になっても興奮気味に語っていた。
キラキラのお目目でパレードを見たり、ダンサーの人にタッチしてもらったり。
1日、ハイテンションここに極まれりという状況で楽しんでいた。
自分が全然楽しめなくても、連れてきた甲斐があったなと思えたので良かった。



TDLの誕生日サービス。
お名前を書いたシールを貼ってくれて、それを見つけたキャストが「おめでとう」と言ってくれるだけのものだが、
子供たちにとってはまたとない幸せな記憶になるようだ。
もうすぐ4歳。
5歳の誕生日は無理だろうけど、6歳の誕生日には、また家族4人で来たいね。