あかちゃんの話

テーマ:

ももえる@3歳8か月。

赤ちゃん@9w。

・・・の時の話。


ももえるにお腹の赤ちゃんの話をしてあげた。
本を開いて、今は2cmくらいで、お手手もできてきて・・・なんていう話を、
「ハイ」「ハイ」と聞くももえる。
ももえるが私の話に「ハイ」なんて答えることが今まであっただろうか・・・と思うほど従順でかわいらしく聞いていた。

そして、下腹をなでながら「ここらへんにいるんだよ」と教えてあげたら、なでながら話しかけていて、こねくり回したくなるほどかわいかった。


しかし、話のネタがほとんど思いつかない3歳児。あっという間にネタが尽き、私からの助言を受けつつ話しかけるがそれもすぐにネタが尽き・・・。

困った私が「お歌うたってあげたら?」という提案をしたところ、普段はなかなか照れて歌ってくれないももえるだが、「うーん、キッチン戦隊クックルンにしよーっと」と言って、クックルンを歌ってくれた。


「ももえるちゃんね、
赤ちゃんのこと守ってあげるってお約束したの。」
と、小さな声で、でもきっぱりと言い切ったももえるがステキに見えた。

赤ちゃんも幸せだね。

元気に大きくなってね。
お姉ちゃんもパパも、ママも待っているからね。

AD

エスパーか?

テーマ:


ももえる@3歳8か月の時の話。


妊娠2ヶ月の時。


お風呂に入りながら
「ママのおなか大きくなったね。赤ちゃんが産まれるんじゃない?」とさらっと言ってのける。
びっくりする私。


2ヶ月で人に指摘されるほど腹が出ているということにもびっくりだが、
まだももえるには言ってなかったのにさらっと赤ちゃん発言したことにびっくりした。
その時は適当に交わしたのだが・・・。


数日後
「ママのおっぱいも大きくなったね。
おっぱいから赤ちゃんでてくるんじゃない?」

確かに胸も大きくなった。
おっぱいから赤ちゃん産まれたら怖いけど、よく見ているなーと感心。


それからも、どうもばれているような発言が続く。
今までは「うちにも赤ちゃんが産まれたらいいねぇ~」と言っていたのに、
「赤ちゃん産まれたら、ももえるちゃんお姉ちゃんになるんだー」とドヤ顔していたり、
パパに「バブちゃんってこーんな小さいんだよね?」と確認していたり。

パパなんか、私が既にカミングアウトしたもんだと思ったらしく、
「そうだねー、こーんな小さいんだよー。ももえるちゃんも赤ちゃんの時はこーんな小さかったんだよー」などとあっさり釣られる始末。



もう数週間、もう少し安定するまでは黙っておこうかと思ったのだけど、
すっかりばれているみたいだったので、超音波の写真を見せて赤ちゃんのお話をした。

なぜか照れて、なぜか品の無い「ゲハハハ」みたいな笑いをしながら喜ぶももえる。


「ももえるちゃん、ママのお腹に赤ちゃんがいるって知ってたの?」と聞くと
さらに照れて理由も何も教えてはくれなかった。



一応、保育園では話さないように口止めはしたけど、黙っていられるかなー?


そして、つわりも始まっていたので、
赤ちゃんがおなかにいると気持ち悪くなったりすること。
ももえるはお姉ちゃんだからお母さんのことを助けてほしいことをお願いした。
神妙な顔で聞いていたももえるだったが、
相変わらず「食べさせてー」な甘えっこのままだった(涙



#というわけで、妊娠5か月になりました。
ちなみに、保育園ではちゃんと黙っていたようです。えらい!

AD

口げんか

テーマ:

ももえる@3歳9か月。


お約束を破る。
母、怒る。


「お約束したでしょ?お約束守れなくていいの!?」
「そんなに怒るママは嫌いー」
「フン、嫌いで結構。お約束破るももえるなんてイヤだもん。」←一応嫌いと言わない程度には気を使っている
「うあーん、イヤって言われるとさみしいーーー」

・・・じゃぁ自分が言わなきゃいいのに。


「ママがそんなんだから、
ももえるちゃんは、パパのご飯しかおいしいって言わないもん。
ママのご飯はおいしいって言わないから!!!!!」
「フン!じゃぁ、そんな子にはご飯作らないよ。
ももえるは今日ご飯は抜きね。」
「うわーーーーーーーん!!ご飯いるーーーーーーーーー!!」

・・・大ダメージ与えるつもりだったんだろうなぁ・・・。


「お約束破ったらママも針千本で鬼に食べられるんだからねっ!」
「いいけど・・・
ママが鬼に食べられたら、もうももえるちゃんのお世話できなくなっちゃうなぁ。ママがいなくても頑張れる?」
「がんばれないからダメーーー。」

・・・愛い奴w

AD

愛の告白

テーマ:

ももえる@3歳10か月



朝、保育園に行く時、走って戻ってきて私の膝の上に乗り、

「ママ!ママ!ずっと愛しているから!」と愛を語り、

抱っこして甘えてから保育園に行った。



嬉しいけど、

愛しているなんてどこで覚えてきたのだろう・・・?




咳き込んでソファーでくたばっていたら、

「ママ!ももえるちゃんが守ってあげるから大丈夫よ。大丈夫だからね。

絶対守ってあげるからね。」と勇ましく励ましてくれた。



気持ちはうれしいけど、

それは、男の子に女の子が言われてときめく言葉な気がするよ・・。



しかし、直後、

「ママ!おしっこ!おトイレついて来て!」

「えーーー。守ってくれるんでしょ?ママしんどいから一人で行ってきてよ。」

「ダメっ!!絶対着いて来てくれないとダメ!!」


・・・口だけかよ・・・(涙)