小鳥さん?

テーマ:

ももえる@3歳1か月。



クリスマスに血迷って丸鶏を買ってしまったしろえる。

パルシステムで浮かれてぽちってしまったが、一晩寝て「やっぱり3人で食べるには大きすぎるからキャンセルしよう」と思ったものの、そのまま忘れていて注文が確定になってしまった。



届いたのは1.1Kgと小さめながら、やっぱり大きい丸どり。



「使用する24時間前に冷蔵庫に移してください」と書いてあったため、クリスマスパーティーの前日の夜に冷蔵庫に入れてみた。

朝になっても、まだ真っ白に凍っている。霜すら溶けていない。

夜までそのまま置いても溶ける気がしなかったので、室温で解凍することにした。

暖房のついている部屋はさすがに嫌だったので、寒い階段に鎮座。



起きてきたくろえるが鶏を発見し

「階段に鶏がいるーーーwwww」と喜んでいた(?)。



それを聞いたももえる

「階段に小鳥さんがいるの?」


さすが3歳。メルヘンな発想だ。

鳥は鳥でも、鶏肉なのだ。

しかもでかくてとても小鳥さんと言えるような代物ではない。


しかし、こどもの純真な心を傷つけるのもどうかと思う。

返事に悩んで、

「えーと・・・大きい鳥さんなんだよね~」


「えー、こわいー」

泣かれる始末。


「いや、あのーーー、鳥さんじゃなくて、鶏肉さんなんだよー。」

しどろもどろ。


「こわいーーー」

鶏肉は怖くないだろ。おい。



ていうか、よーく考えてみてくれ。

部屋の中に突然「鶏肉」が現れるのと、「小鳥さん」が現れるの、どっちがこわい?

「鶏肉」は動かないし、食べられるし、出生がわからなくて食べたくなかったら捨てることだって容易だが、

「小鳥さん」は動くし、どうしていいかわかんないし、フンとかするし、持ち主に返すにしても捕まえるのに苦労するし・・・。



小鳥さんの方がよっぽど怖いと思うぞ!!




で、その小鳥ならぬ丸鶏は夕方までに何とか解凍されてくれたものの、

ついてきたレシピに、「1日調味液につけておく」と書いてあったため、クリスマスパーティーには間に合わなかったが、1日つけておいたおかげで胸肉もふわふわでおいしかった。


やっぱり、小鳥より鶏肉よね~~~~~~♪


AD

クリスマスケーキ騒動

テーマ:

ももえる@3歳1か月。


サンタクロースに、サンタクロースの乗ったケーキを頼んだももえる。

ケーキのカタログを見ながら、イチゴがのってて、サンタクロースが笑っているケーキを一生懸命探して、サンタクロースにお手紙を書いた。



あれから1か月。

X'masは平日なので、のんびりケーキで喜んでいる暇はないので、相手が3歳で日付感覚がないことをいいことに1日フライング。

23日の夜にプレゼントを仕込み、24日の朝プレゼントを開けるようにした。



ケーキを枕元に置くわけにもいかないし、食べる日にケーキを買った方がおいしいので、サンタクロースからはケーキの引換券をプレゼント・・・という演出にしてみた。

まぁ、3歳児に引換券のありがたみなんかあるわけもなく、感動は今一つであった。



引換券を持ってパパとケーキをもらいに行って帰ってきたももえる。

「ケーキもらえたの~」とわくわくだ。

箱の上から中のケーキが見えたので、ももえるに見せてやると

「ももえるちゃんのケーキのサンタクロースが笑ってない・・・」

確かに、そこにいるのは間抜け面のサンタクロース。


しまった・・・と思っている間に、目からは大粒の涙がぽろぽろ。

うわぁぁ~~~~~~、泣かれてしまった~~~~。

そういえば、笑っている顔のサンタクロースって言ってたね。あわわわ。


「・・・そう!きっと食べるころにはサンタクロース笑ってくれるよ!」

「本当に?」

「ほんと、ほんと!!今はまだ食べる時間じゃないから笑ってないんだよ!」

「そっか・・・じゃぁ後で笑ってくれる?」

「うん!きっと!!」



いやさぁ・・・

私も、「ケーキの飾りくらい」って言おうとしたんだけどさ。

ももえるからしてみたら、サンタクロースに頼んだ、サンタクロースのケーキなわけよ。

それが笑ってないって、ちょっとしたホラーじゃない?

傷つくよね?サンタクロースに笑顔のサンタクロースをお願いしたのに、変な顔のサンタクロースをよこされたって。

楽しいクリスマスが一瞬にして台無しになれるほどの破壊力あるような気がした訳よ。



そこで、寒空の下チャリンコとばして、スーパーめぐり。

笑顔のサンタクロースのケーキの飾りを探して3件。

どこにも売ってないし。

普通売ってるよねぇ?なんで今日に限って売ってないわけ?

そこで目についた製菓用の赤ペン。

チョコペンの類似品のジェルペン。


それを購入して家に帰り、くろえるに「あんたこういうの得意でしょ?ももえる泣かせたんだからなんとかしてよね!」と偉そうに脅して口元を補正してもらった。



やれやれ。

まぁなんとか笑っているように見えなくもない。



待望のおやつの時間。

ももえるの反応にドキドキだが、気取られないように精一杯盛り上がって見せる私。

「じゃーん!あ!サンタクロース笑ってるね!!よかったねー、ももえる!!!」

白々しい芝居にも力が入るってもんだ。



「ほんとだ!お口笑ってるね。

・・・目が笑ってない・・・」



ひ、ひぃ~~~~~~

目は真ん丸のつぶらな瞳。

これはどうにもならんだろ。


くろえるがすかさず、

「サンタクロースは、ふぉっふぉっふぉ~って笑うだろ?

だからこういう目なんだよ」


「そ、そうだよ!

ふぉっふぉっふぉ~だからね!

ふぉっふぉっふぉ~~~」


「きゃははは~~」

サンタクロースの笑いにつられて笑うももえる。



「それに、サンタクロース笑ってるよ!!」

「ほんとだ!サンタクロースは笑ってもこういうお顔なんだよ!」


・・・とかなんとか、ご機嫌取りつつ洗脳をして、

「ほんとだー、サンタクロース笑ってるねー」と言わしめた。



あー、よかった。

一時はどうなることかと思った。。。



ケーキはおいしかったけど、大変だった。



全国のケーキ屋さん。

お忙しいこととは思いますが、

ケーキの上のサンタクロースは笑顔でお願いします。

このように面倒くさい純真な子もいますので・・・。


AD

順応力

テーマ:

ももえる@3歳。



日々たくましく成長中のももえる。


去年の今頃は、人見知り&場所見知り真っ最中だったような気がする。

実家に行っても、しばらくは親から離れず、ジジババすら拒否することもざら。

新しい場所にはなかなか順応しなかったような気がする。



それが、いつの間にかたくましくなっていた。

実家は「ただいまー」と元気にあいさつして入る。



初めての保育園(病児保育や一時保育)なんかも、落ち着いて楽しく1日過ごしてくる。

一時保育園の先生なんかびっくりしていたくらい。

病児保育では泣いている小さい子を慰めたりしていたらしい。



なんか・・・健気・・・。

帰ってくると楽しかったという割には、甘えっ子になるので、無理に我慢してたりするのかも・・・と思う。

反面、ギャン泣きしたり嫌がったりするわけではないので安心して預けられるようになったのも事実。



1年でずいぶん成長したな・・・と感心しながら、数時間ぶりに会った娘を抱きしめて癒されるしろえるだった。


AD

X'masの計画

テーマ:

もう12月!!

あっという間に1年の最後の月。


びっくりだ。

あー、びっくりだ。


というわけで、もうすぐやってくるクリスマス。

さて、3歳のももえるとどうやって楽しもうか。



まず、ももえるが心を奪われたのがクリスマスケーキ。

サンタクロースの乗ったケーキがほしいんだそうな。

ケーキのパンフレットをいくつか持ってきて見せてたら、結構豪勢なクリスマスケーキを欲しがっていた。

まぁ、派手だから欲しくなる気持ちはわかる。

予算はないが。



次にサンタクロース。

「良い子にしていたらサンタクロースがプレゼント持ってきてくれるんだよ~」という何気ない一言から、発展し、一通りサンタクロースのお話をした後のももえるの疑問。


「サンタクロースってずーっと、ももえるちゃんのおうちにいるの?」

「サンタクロースは世界中の良い子の子供たちにプレゼントをあげるから、ももえるちゃんのところに来てもすぐに次のおうちに行かないといけないんだよ。」


「ふーん。

でも、ももえるちゃんのおうちにいてほしい!!」


(やはり、世界中じゃ通じなかったか・・・では、具体的に!)


「でもねー、Aちゃんのおうちにも~、Bちゃんのおうちにも~、Cちゃんのおうちにもいくんだよ?

それから、Dちゃんのおうちも~、Eちゃんのおうちも~、Fちゃんのおうちも行くしー、

すみれ組さんだけじゃなくて、もも組さんも、ばら組さんも、さくら組さんのおうちにも行くんだよ?」

「すっごいねー。ゆり組さんは?」

「もちろんいくよー。

それに、おばあちゃんちの家の側の子の家にも行くしー、すっごくたくさんの子たちの家に行くんだよ」


「すっごいねーーー!!!」


「すごいでしょー。

ももえるちゃんは何がほしい?」


「ええとねーー!

サンタクロースのケーキ!」


「・・・サンタクロースに、サンタクロースのケーキもらうの?」


「うん!!」



ふむ・・・・・・・・・・。

その発想はなかったw

ケーキとプレゼントは別だと思っていたが・・・



・・・そういう手もある・・・な・・・(ニヤリ



枕元には、お手紙。冷蔵庫にはケーキ。

枕元にはケーキの引換券。引換券を持ってお店に行ってケーキをもらう。



ももえるの望みどおりの少しお高いケーキでも可能になるし・・・。



週末になっても気持ちがぶれないようだったら、サンタクロースにお手紙書いてケーキ案採用しちゃおうかな~~~。



はさみの失敗

テーマ:

ももえる@3歳。



数か月前、保育園から

「おうちでもはさみの練習をしてください」と言われたので、

アンパンマンのプラスチックのハサミを買った。



切れない・・・




洋服とか手とか切ってしまわないようにということで、小さいうちは切れない方が良いのかと思ったが・・・

いくらなんでも、切れな過ぎ。

切ろうとしている紙すら切れない。

本当にお前はハサミとしてやる気があるのかと、小一時間問い詰めたくなるレベル。




大人ですら切りにくいものを、子供が使いこなせるわけがないと思うんだ・・・

完全に失敗した。

次はちゃんと切れるハサミを買ってくるよ。。。

あぁ、ムダ金・・・orz



ハサミの教訓があったので、包丁は良く切れるのを買った。

結果、ハサミより、包丁の方が上達している気がする。



習字の先生も

「「弘法筆を選ばず」って言うけど、そんなのウソ。

弘法こそちゃんとした筆を選ぶ」

って言ってたもんね。



子供こそ、ちゃんとした道具を選んであげないとダメなんだなと学習した。

この悔しさをバネに、子供用のまがい物はもう買わないようにするーーーーーーーーーーっ!!!