きれいなお姉さんは好きですか

テーマ:

ももえる@2歳8か月in沖縄


ホテルには、室内プール、室外プール、ビーチとあったのだが、ももえるが気に入ったのは室内プールだった。
室外プールは水が冷たい&混んでいる
海はコワイ&滑り台が急
というわけで、お気に召さず、
水が暖かくて、比較的すいていて、滑り台がちょうどよい室内プールメインで遊んでいた。


あ、
「沖縄まで来る必要ないじゃん」という突込みはなしでお願いします。


ちなみに、一番最初に首ったけになったのが、ビーチに置いてあったエアスライダーだった。
それこそまったく沖縄に来る意味も、海に来る意味もない代物だったため、
せめて水を楽しんでくれたなら満足なんです。はい。


左右の腕に浮き具をつけて、
公園の滑り台程度の滑り台を滑って水にドボーン。
大喜びで無限ループ。


パパとママは交代で見守り、空いている方は適当に泳いでいた。
ももえるが産まれる前は、くろえると仲良くシュノーケルしていたものだが、まだももえるを連れては行けないし、放置していくわけにもいかないので、一人ぼっちで遊ぶ。
ちょっとさみしい。
早く一緒に遊べるようになると良いね。


数日経つと滑り台にも満足しあまり行かなくなって水中で遊びだした。
水中で横回転ができるようになり、「ももえるちゃん、くるくるできるのー」と得意げに見せてくれた。
また、水の中でジタバタ足を動かして行きたい方向に行けるようにもなった。


そこまでできるなら、実は泳げるのではないかと思い、救命胴衣を着けて泳がせてみることにした。
「キックキック!」と声をかけてバタ足を促しても知らんぷりのももえる。

やはり無理か・・・。



そこへ、きれいなお姉さんが声をかけてくれた。
「かわいいですね」
途端にももえる、超やる気!
バタ足でガンガン先に進みかっこいいところをアピール。



(; ゚д゚)
・・・できるんじゃん!!!!!!!!!!




きれいなお姉さん効果で泳げるようになった日・・・。
きれいなお姉さんは偉大だ。

AD

パパの信頼回復 in美ら海水族館

テーマ:


ももえる@2歳8か月in沖縄



パパに抱かれながら、「この子嫌い」と言うももえる。
「そんなこと言っちゃダメでしょ?」
「パパかわいそうでしょ?」
「嫌いって言われたら悲しいでしょ?」
「パパはももえるのこと大好きだよ?」
「パパにぷーさん買ってもらったでしょ?」
などなど、数限りなくアプローチしてもダメ。


「パパ嫌い」ですらなく、「この子嫌い」である。
パパとすら呼びたくないのかと、恐恐とする。
2歳にして女の子は厄介なものだ。


そんな状態のまま数日過ごした後、出かけた美ら海水族館。
そして水族館を出たところにあるお土産コーナー。
行く前からお土産買う気満々だったくろえるが、ももえるに聞く。
「何欲しい?」


ももえるが選んだのはジンベイザメのぬいぐるみ。
しかも少し大き目。
もう少し小さいのにしたら?と言っても頑として譲らない。
家にはぷーさんをはじめとするぬいぐるみたちがいるので、他のものを薦めてみるがダメ。


ももえるは、こういうの決めるのが早い。
そしてぶれない。
諦めてジンベイザメを購入するくろえる。


「よかったね!パパが買ってくれたんだよね!やさしいパパで良かったね!!」
またとない回復ポイントなので、パパあげまくりで協力する私。



で、その後、ももえるはどうなったかと言うと・・・
「この子嫌いって言わないもん」だそうなwwwwww
それに従い、「パパすきー、ママすきー」も聞こえるようになりホッと一安心。
それにしても、女の子ってゲンキンだわーーー。



美ら海水族館自体は
・暗いところコワイ=1/3くらいスルー
・大きい魚コワイ=メインの大水槽で調子出ない
・イルカショーでずぶ濡れになった泣いた
というわけで、全体的にまだ早かったみたい。
入口にあるヒトデ等がさわれるコーナーが一番楽しめていたみたようで、美ら海水族館行く必要もなかった感じ。

ぶっちゃけ、普通の飲食店にちょっと置いてある水槽の方が十分楽しんでいたような気がしないでもない・・・。

それでも、ジンベイさんの餌付けは「うわぁぁ~~」と歓声を上げてみていたので、それなりによかったと思うことにしよう。



あと・・・
お土産の価値観についてくろえると話してみた。
くろえるは2歳の思い出は記憶に残らないだろうから、モノとして残してあげたいと考えているそうだ。
それを見て、記憶も蘇ったら素敵かもしれない。
なるほどと思った。
・・・私は我慢を教える係なので買わないがw

AD

沢登りツアー

テーマ:
in沖縄3日目

沢登りツアーに参加してみた。
2歳児が参加可能ということだったのでなめていたら、本気の沢登りだった。

ガイドさんに、「ここから川に入ります。」と言われてびっくり。
砂浜で波が足にかかるだけで怒るももえるに何と言おう…ザブン!ええええ!?
0.5秒後には飛び込んでいたももえるに一同びっくり。

ガイドさんにワイルドだねぇ~と誉められ、先陣を切ってザブザブ歩いていく。川の中を歩くのが楽しくて仕方がない様子。

途中途中で虫や植物の説明をしてくれるので止まって聞こうとすると、手を引っ張って先へ行く。

ももえるは川の中は全部歩き、最後の滝へ出る遊歩道のほんのちょっとだけは抱っこで制覇。
所要時間40分。

まさか、40分も川を歩いてのぼることができるとは思っていなかった。
なめてた。ゴメン。

ももえるの手を引いて歩いた私は緊張もありどっと疲れたが(私が転んだらももえるも危ないので)、ももえるは「遊んだー」と満足そう。


しかし、滝壺での遊びタイムになると、「かえる~」一転して気弱に…。
どちらかと言えば逆かと思ってた(汗)


「まだ2歳だし無理だよねぇ」と思えば嬉々としてやってのけるし、「これくらいいけるだろう」と思えば全然駄目だったり。
2年も母ちゃんやっているのに、未だにツボがわからん。


そんな私のボヤキはさておき、沢登りをクリアし「またお姉さんになっちゃった♪」と満足そうなももえるの笑顔がまぶしい、幸せな時間。

挑戦して良かった。


沢登りの詳細は、「うみゆくい」でググってね♪
AD

カレーのお礼

テーマ:
in沖縄

カレーを食べながら
「これ誰か作ったの?」
「ホテルの人が作ってくれたんだよー」
「おいしいねー♪おいしく作ってくれて良かったねぇ♪」
ご機嫌なももえる

レストラン出るときに、会う従業員みんなに、
「ごっしょさまでったー」と愛想を振り撒いていた。

ちゃんと挨拶ができる子になってくれて良かったよー

水ぼうそう4~ママやってらんないよな~

テーマ:

ももえる@2歳7か月。



水ぼうそうで闘病中、義父に助っ人に来てもらった。
義父が声をかけても「ままーままー」のももえる。
義父がお世話してくれようとしても、敬語できっぱり「ママにやってもらいますっ!」と拒否するももえる。



頼むからもう少し義父の顔たててやってくれよぅぅ~~と思い
「ももえる~、おじいちゃんところ行ってきなよー」などと声をかけるも、
「ママがいいんだもんっ!」ですっぱり拒否され、成すすべなし。
闘病中の2歳児にそこまで求めるのは酷だろうから、それ以上は言わずに好きにさせておいた。


だが、悔しそうな義父。
「これがなきゃ母親なんてやってられないよなー」
とちょっとした負け惜しみ。
くろえるもそれに同調し、
2人に何度も何度も同じことを言われて、ちょっとイラ。



実際、「ママママ」とまとわりつかれなければやっていられないかと言われると、そうではない。
まとわりつかずにいてくれた方が家事も捗るし、イライラも少ない。


普通に子育てしていれば、ママが一番だろうし、そういう母親でありたいとは思うが、
「ママが一番だけど、パパとかおじいちゃんとかも大好き」
というのと、
「ママが一番で、それ以外は好きじゃない」
というのでは、前者の方が良いと思っている。


後者のようになるのは、あまり健全な家庭の形をしていないような気がしてしまうし、
色んな人と関わって、大好きな人がたくさんいる方が人生楽しいと思う。
そして、ママが失敗こいたときのダメージが少ない・・・ような気がする。


そんな立場になってないから、そういうことが言えると思われそうだが、
普通の子は、保育園に親が迎えに来ると「ままーーー」と寄ってきて即座に帰るが、
ももえるは「紙芝居みるー」「もっと遊ぶ―」「かえらないー」など、ママ一番でないことも多々。
だからといって、やってられないと思うわけではないし、嫌いになったりする訳でもない。
(早く帰ろうよ~時間がないんだよ~~~とは思うが)



病気の状態でママを求めてしまうのは仕方ないのないことではあるため、ももえるを責めるつもりはないが、私が望んでももえるを独占しているような言い方はしないでいただきたい。

・・・って思った。


軽くスルーしておいたが、ちょっともやもやしたのでブログで発散。

水ぼうそう3~ジジのやきもち~

テーマ:

ももえる@2歳7か月。


水ぼうそう4日目。




ママがいる間はママべったりなももえる。

じいちゃんがどれだけ声をかけてくれても、「ママがいいのー」。


これに対して、いい年こいた義父がやきもちを焼く。




たとえば、ももえるがママにくっついてじゃれている時に

「ママにはこれから会社に行ってもらおうか?」

「・・・ままーやだー会社いかないでー(泣」

ぼろ泣き。


義父をにらむ私。

「大丈夫だよ。今日は会社行かないからね。ももえるとお約束したからちゃんとおうちにいるからね」


やさしくももえるに言ってどうにか泣き止ませる。


そして、ゴメンという顔をしている義父に、

「おとーさんっ!!!

なんでそんないじわる言うんですか!!!!!!!!!

泣かしてどうするんですかっ!!」


嫁に怒られ、しょんぼりしながら散歩に出かける舅。


ジジ曰く「ママやパパがいるとおじいちゃんのところに来てくれないからさみしい。

(だからさっさと仕事に行け)」と。



わかるけどさーーーっ。

余計なこと言わなきゃいいのに・・・

いじめたって逆効果でしょーーーーっ!

小学生男子か!?





薬飲んで、薬塗って、いっぱい寝て、いっぱいご飯食べ、

元気を取り戻して、水疱も減ってきたので一安心の4日目。



水ぼうそう2~ハンストママ要求~

テーマ:

ももえる@2歳7か月。



水ぼうそう発症中。

3日目。



さすがに、夏休み1週間前に病欠1週間とか無理なので、義父に来てもらった。

義父と二人っきりになり、最初はお利口さんにDVDを見ていたらしいが、突然さみしくなったらしく義父にかじりついて「ままー」と泣いたらしい。

そのまま20分後・・・寝たそうだ。


珍しく午前中に寝たということで、病気の疲れやら気疲れやらいろいろあったんだろうと思う。


そして起きて義父がうどんを作ってくれたのだが・・・

「ママに食べさせてもらう!」と一貫して拒否。

電話で説得してみたが、しょんぼりしてしまうだけで効果なし。

仕方がないので、お菓子でもゼリーでもいいから適当に与えてもらって薬を飲ませてもらうようお願いした。



が、、、、、、、、

この時点で母しろえる。

我慢できなくなり早退。

ついでに次の日も休みを取ることに。



まだ2歳だし、悲しい気持ちのままじゃ病気はよくならないし、ご飯も食べないんじゃ元気になれない。

仕事は忙しい時期ではなかったので、諦めて休ませてもらうことにした。



一日千秋の思いで電車を乗り継ぎ帰宅。

「ままー」と抱きついてくるももえる。

それっきり離れない。

やっぱりさみしかったよねぇ・・・。


ひとしきり甘えて落ち着いた後、「うどん食べる?」と聞いてみると、「たべるー」との回答。

「ママが食べさせて!」と言うので、1本口に運んでやったら、あとは自分でやることにしたらしく、フォークを操り完食。


うどんを1本食べさせてもらうことがそんなに重要だったのか・・・ももえるよ・・・。

わかるような気もするが・・・少し遠い気持ちになった・・・。



水疱がどんどん増えてきて、不安になる3日目。


水ぼうそう

テーマ:

ももえる@2歳7か月。



夏の旅行1週間前。

水ぼうそうにかかりました・・・orz



思い起こせばGW1週間前に溶連菌感染症やってたなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

病み上がりでギリギリ帰省したんだよなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回もギリギリ。

医者曰く

「あと2~3日遅かったら旅行はキャンセルでしたね。

予防接種もしているので、旅行は大丈夫でしょう。」



病気で旅行がキャンセルにならないのは不幸中の幸いだが・・・。

なんで、いつもこう直前なのか。

ももえるとしては、一番心配してもらえる時期だから・・・?

わざとか?わざと!!



・・・とか、思ってしまう。




さてさて、今回の水ぼうそう。

実は、私やってない。

つまり、感染のリスクあり。


大人になってからの水ぼうそうは重症化しやすいって言うし、下手したら入院沙汰だし、正直感染したくない。

一応、医者に聞いてみるが、「予防接種してあるなら他にできることはないです」という回答。


くろえるは水ぼうそう済みということなので、くろえるが看病するのが一番良いはず。

しかーし、そこはママ大好き2歳児。

ママがいるのに、パパで我慢できるわけもなく。

かといって、ママが行方をくらませるわけにもいかず。


ググってみる。

「空気感染や接触感染でうつります。感染力は比較的強いので、濃厚な接触があれば、70-90%程度は感染すると言われています。」


ぎょぇ~~~~~~~~~。

感染率高っ!

濃厚な接触って、毎日抱き合って寝ているとか?

超だめじゃん。


「発疹の出る1~2日前からすべての発疹がかさぶたをかぶるまでが、感染期間といわれています。」


あれ?もう手遅れ・・・?



くろえるはくろえるで、胃腸風邪をやらかして具合悪い・・・と言っているし、

ももえるはももえるで、ママ病だし、

しろえるはしろえるで、マスクして寝ても朝には取ってるし。



なんかもう、どう考えても濃厚接触しないでいるって無理ーーっ!

というわけで、私の免疫力に期待するしかない状況。

頑張りきれなかったら・・・2~3週間後に入院・・・かもな。



うちの弟や妹が水ぼうそうやった時に、母が私を近くにおいて、感染させようとしたけど感染しなかったらしい。

その免疫力が今もあることを信じるっ!!


パパ嫌い、再び

テーマ:

ももえる@2歳8か月。



また、「パパ嫌い・・・」が始まった。

今度は、「ママはパパのこと好きだよー」「パパやさしいじゃん」などとアプローチしても全然ダメ。


理由を聞いてみると、

原因は「髭」とのことだったwwwwwwwwww


くろえるは、現在あごひげをのばしており、娘的にはそれが気に入らない・・・らしいwww


あぁ、私も父親の髭はいやだったわー

(私の父親の場合、休みの日限定の無精ひげだったがw)



そこで、ももえるに聞いてみた。

「パパのおひげがなくなったら、パパのことすきなの?」

「ううん。嫌い」

あれ?ダメなの?



それ以上は上手に話してくれなかったので、原因はわからない。

「パパこわいの?」と聞くと

「こわいの」

とは答えていたが。



ぶっちゃけ、

私よりパパの方がやさしいし、丁寧なんだけどねぇ~~~~。

(ももえる限定)


風呂場で頭を洗うのなんか、私は超適当な上にじゃんじゃんお湯ぶっかけるし、しかも考え事していたりすると予告するのすら忘れて、ももえるに怒られることもしばしば。

パパは、やさしく声をかけてから、シャワーかけてあげたりしているし、頭洗うのもやさしく丁寧。


絶対パパにやってもらった方がいいのに~~と我ながら思う。


それに、「パパ怖い」発言以来、ももえるに対するくろえるがさらにやさしくなりまして・・・www

いいことなんだけどね。

がんばっているなー、パパ。

パパ業も楽じゃない。



それでもももえるの心の氷は溶けていないようで・・・。

困ったもんだ。



ただねぇ~~~

今回はなんとなく心当たりがありまして。

その場で言ってももえるの心に残ってしまったら嫌なので、言わずにいたのだけど・・・・・・・・。



くろえるってば、あぁ見えて短気さんなんですわぁ~~~。

ももえるに対してだけはやさしいけど、私や実親に対しての扱いひどいんだよねぇ。

(あ、もちろん、友達や仕事場の人にはふつうデスヨ)



「あぁん!?」←やくざか?

「~~っていってんだろーが!!」

などなど・・・こども聞いたら怖いよねぇ~。



こないだも急に切れて、わめいた揚句に壁ドンしてたし。

そういうのは、子供の前では我慢しなって前に言ったんだけどねぇ。

頭に血が上るとダメみたいで。

頭に血を昇らせてしまうことを言う私も悪いんだけどさぁ~~~。

自分が怒られているのではなくても、こどもは怖がるよねぇ~。



しかも、「ももえるが大好きなママ」に対して怒ってるんだもん。

ママをいじめる悪い奴認定されても仕方ないと思うんだよね~。



前回は、「ママがパパに対して優しくしてない」ってことが原因だったけど、

逆も然りなんじゃないかなぁ~~~。



夫婦はお互い尊重しあうことが大事だと思うんだけど、どうかな?

お風呂

テーマ:

ももえる@2歳8か月


「ももえるー、お風呂にはいるよー」

と言うと、必ず

「今、○○しているからちょっとまってー」

と言われる。


たとえ何もしていなくても、そこから何かを始める。

「いま、お本読んでいるからちょっとまってー」

「いま、アンパンマン描いているからちょっとまってー」

「いま、これ見ているからちょっとまってー」



うっさいわっ!

風呂入れっちゅーたら、とっとと入るんじゃ!!

・・・と思う。



しかし、そんなこと言えないので、

「じゃぁ、ぴろりろりーんって鳴ったらお風呂に来てね」

と言ってさっさと風呂に入る。

※ぴろりろりーんは、お風呂からの呼び出し音


しばらくしてから、呼び出し音を鳴らす。

・・・来ない。


もう一度鳴らす。

・・・来ない。


さらに鳴らす。

・・・来ない。



風呂のドアを開けて叫ぶ。

「ももえるー!!おふろ入るよーーー!!」

「いやーーーーーーっ!今○○しているからちょっと待って~」

「もう待てないよっ!今すぐ入らないなら、あとでパパと入って!」

「いや~~~~~~~~」←かわいそうなパパ


ドタドタやってきて、泣きべそをかきながら服を脱ぎ、オムツを脱ぎ・・・風呂に入ってくる。


そして、私の膝の上に座り、パイに顔をのせ、しばしリラックスタイムを送る。

リラックスタイムが終わると、おもちゃなどで遊び始める。


その頃には、先に入った私はすっかりのぼせ気味になってくるので、頭を洗おうとももえるを湯船に残して出る。

・・・文句言われる。

「ママも一緒にはいろうよ~~~~~~~」



だったらもっと早く入ればいいだけでしょ~~~~~~~~~~~。


ももえるは風呂に入ったら入ったで、楽しんでいる。

風呂でママとゆっくりしたいなら、とっとと風呂に入ればよいだけなのに、なぜ毎日風呂を拒絶するのか。

理解できない。



こうして、毎日毎日バトルが繰り広げられる我が家。



仕事から帰って寝るまで約3時間。

たった3時間しかないんだから、ちゃっちゃとやることやってほしい・・・と心底思う。