新しい禁句

テーマ:

ももえる@2歳5か月。



ももえると一緒にお風呂に入ったある日のこと。

前日は、珍しくパパとお風呂に入っていたので1日ぶりだ。



ももえるは自分で体を洗っていたのだが、

「パパがおまたごしごし」「パパがおまたごしごし」と繰り返す。

しかも大きい声で!!



「パパがおまたごしごししてくれたの?」と聞くと、

「パパがおまたごしごししてくれたの!!」

とこれまた大きい声。


おまたしか洗ってくれなかったのかと思うほどの「おまたコール」。



えーと・・・

あんまり大きい声でそればっかり言うと・・・

パパが変態だとご近所さんにアピールすることになるんじゃ・・・

・・・ってか、パパいやらしいことしたりしてないよねっ!?


と、乱れる私の思考。



とりあえずももえるには

「パパはお腹もお手手も足も洗ってくれたでしょ?

他もちゃんと洗おうね

あんまりおまたばっかり洗っていると痛くなっちゃうよ」

と言って注意をそらした。



で・・・帰ってきたくろえるに・・・

「ももえるに風呂で何したのよっ!!!

ずーっと、おまたごしごしって言ってたよ!!!」


わけがわからないという顔のくろえる

「へ???」


事の次第を説明すると、笑いながら部屋から出て行ったが、

戻ってきたらぽつりと「おまた以外もちゃんと洗ったのに・・・」としょんぼり。


「もーーっ!

ももえるが真似して外で言ったら困るから、禁止っ!!!」


「えーーー?

なんて言って洗えばいいのさ??」

(くろえるは、洗う時にその部位の名前を言いながら洗う。)


「スルーしてっ!そんなもんごしごし洗うなっ!

何も言わずにさらっとあらってっ!!!

警察に捕まっても知らないからねっ!」


「えーーーーっ」



そんなわけで、我が家にまたひとつ禁句が増えた。



・・・いやー、でも焦るよねっ!?


AD

電話好き

テーマ:

ももえる@2歳5か月。



相変わらずの電話好きである。


私が電話していると

「ももえるちゃんもーーーっ!!」

とうるさい。


業者さんだったり、保育園だったりすると代わってあげるわけにはいかない。

電話を切ると

「ももえるちゃんはーーー?」と泣く。



仕方ないので

「後でおばあちゃんに電話しようね」と言ってごまかす。



・・・が、実際は忙しすぎて、平日にばあちゃんとしゃべっている暇はなくて先送りになっていた。



ある日、夕食の支度をしていると、ばあちゃんから電話がかかってきた。

用件が終わった後に、「ももえるが代わりたいって言っているから~」とももえるに電話を渡す。

うまく電話の音が聞こえるところが耳に当たっていないのか、怪訝な表情だったので、スピーカーにしてやる。



ももえるの顔がぱぁぁ~~~っと明るくなる。



うちの実母は、よくこんなにしゃべることあるよなぁ・・・と感心するほどよくしゃべる。

「うん」くらいしか言わないももえる相手にしゃべるしゃべる・・・w


ももえるも最初は、小さい声で短く返事する程度だったが、だんだん単語が出てきて、

「筍たべるー」

「トマトたべるー」

などと話すように。

(実母が遊びに来た時に何が食べたいか聞いていた)


最初は、台所の私のそばにいたのだが、

会話が乗ってきたところで、携帯を持ったままリビングに移動。

椅子に座って楽しく話していた。

どう見ても、電話好きの娘だ・・・。

先が思いやられる・・・電話代どーんと上がって怒る未来が見えるようだ・・・(汗



ばあちゃんが疲れて

「もうきるね~~」と言うまで約15分?

すっかり夕飯ができたころに電話が切れた。

ありがとう、おばあちゃん。


ももえるは最高に満足そう。



めでたし!

・・・と思ったのだが、

確か携帯電話は幼い子によくなかったんだっけ・・・?


AD

溶連菌感染症~GWの行方は!?~

テーマ:

溶連菌感染症にかかってしまった、ももえる@2歳5か月。



順調に回復し、登園許可証も最短で出た。
保育園も元気に行っている。
本当に病気なのか?と思うほど元気。


・・・だが・・・体の中にはまだ病原菌がいる。
1週間抗生物質を飲まないといけないってことは、1週間は要注意ってことだよね?



・・・ゴールデンウィークが・・・。
出かける予定なのに・・・。

どうしよう・・・。



病院で相談すると、

「GWの前半はちょっと・・・事情はわかりますので・・・何とかしてあげたいとは思うのですが・・・

疲れやストレスは悪化につながりますから・・・」という反応。

ごもっとも。
結論先送りで、金曜日に受信して決めることになった。


・・・ももえるは「おばあちゃんちにいくの~~」とわくわくしている・・・。

ダメだったなんて、何といえばいいのやら・・・。
どうにか治ってくれるといいなぁと思いつつ、行く途中に寄り道しようと取ったホテルはキャンセル。

実家に直行するプランに変更。

あとは、悪化させずに元気に回復することを心掛けて、様子をみることに。



義実家に電話して「行けるかどうかわからなくなった」と説明をすると、

「あら~、くろえるもかかったわよ~。

治って元気そうだったから千葉に連れて行ったらぶり返して、医者に飛び込んだわよ~。

ちょっと早かったみたい。

ももえるちゃん、くれぐれも無理させないでね~~~」


あーうーーー。

小学生のくろえるですらぶり返すのかー。

嫌なこと聞いちゃったよ~~~。



ももえる、タイミング悪すぎだよーーーーーーーーっ(涙



溶連菌感染症~病院編~

テーマ:

そんなわけで、足しげく病院に通っているももえる。
すっかり病院にも慣れ、成長のほどを見せつけている。


待合室でのこと。
「もうすぐももえるちゃんの番?」
「そうだよ。ももえるちゃんって呼ばれたら、はいってお返事しようね~」
なんて会話をしていると、「ももえるさん、診察室にどうぞ」とアナウンス。


手をあげて「はいっ!」とお返事をするももえる。

一斉に待合室に漏れるギャラリーからの「かわい~~~」の声w

その声を背に、スタスタと一人で診察室に。
診察室のドアを力いっぱい「どかーん!」という音をさせながら開け(ひぃぃぃ~~~!)、意気揚々と入って行った。

慌てて荷物を持って追いかけると、椅子によじ登ろうと苦戦中。

苦笑いしながら座らせてやる。


聴診器も上手にあててもらって、
次はお口の中のチェック。


「がんばるもん!?」と気合を入れつつ、お口をあーん。
ヘラが入ると同時に閉じる。

おいおい。


「ももえるちゃん、お口開けて?あーん!」
あーんの声と同時に口を開ける。でもすぐ閉まる。


あれれ?
本人は頑張っているようだが、なぜか閉じてしまう。


先生も椅子から降りて覗き込んだりしながら見てくれて、何とかOKをもらう。

やっとやっとだったのに、本人はいたって満足そう。
「がんばったね!ももえるちゃんがんばったね!」
「がんばったね。」ととりあえず褒めてはみたものの、
心中は(がんばったんだ・・・?ま、まぁ・・・それなりに、がんばってたかな・・・。)ってなもん。



説明を聞いている間、ワクワクといたずらをしては怒られていたが、
診察後は「ありがとー」とお礼を言い、シールをもらってニコニコと帰ってきたももえるだった。

溶連菌感染症~抗生物質との闘い編~

テーマ:


病院で検査してもらった結果、溶連菌感染症とのこと。



初めて聞く病気の名前にビビりながら説明を聞くと・・・
基本的に、抗生物質をきちんと飲めば怖くない病気。
但し、きちんと飲まずに悪化させた場合、心臓や腎臓の病気に発展してしまうとのこと。
おそろしぃ~~~それだけでビビりまくる私。


そして、何よりもいやなのが「抗生物質」。
「抗生物質さえ飲めば!」と言われても、その抗生物質のハードルが高いのだ。
ももえる、今までほとんど飲めたことがない!
なぜ抗生物質はおいしいシロップにできないのか!!
がんばってくれ、製薬会社!!
・・・と毎度毎度思う。



1日2回で済む抗生物質はかなりまずいようで、

以前、夕食後に飲んだところ夕食ごとすべてリバースしたという経歴を持つ。
というわけで、今回は抗生物質の中では一番マシと言われる味のものを選ぶ。
ただし、1日3回飲まないといけないので、やっぱりハードルは高い。



やっぱりまずいらしく、顔をしかめてなかなか飲んでくれない。
毎度毎度、なだめすかしたり、脅したりしながら、何とか飲んでもらっている。


大人にしたら薬を飲むなんて1分だけど、
子供を説得しながら飲ませると15分というレベルで時間がかかる。

これが1日3回。
朝食後に薬。
昼は保育園では飲ませてもらえないので、家に帰ってきてすぐにおやつを食べさせて薬。
夕食を食べて寝る前にもう一度薬。

薬に時間を取られても寝るのが遅くなっては治るのものも治らないので、頑張って進捗が遅れないように行動する。


・・・が、ももえるなんて「いやー」「あそぶー」なので、ちっとも急いでくれない。
急いでいるのは私だけ!



溶連菌のせいで2日も休んでしまって、会社でも進捗ピンチだし、
家でも進捗ピンチ。
ずーーーーーーーーーっと時間に追い立てられている感じで、ぐったり。

ママの方が先にダウンしそう。




それなのに、くろえるに

「え~、保育園の準備もできてないの~~?」

「え~、洗濯物も畳んでないの~?」と文句まで言われる。

世界の中心で「お前がやれ!」と叫びたい。

#でも、愚痴ってたら、早く会社から帰ってきて保育園のお迎えを代わってくれたので許す。



あ~~~~~~~~~つかれたっ!



(愚痴ばっかりになってきたので続く)


溶連菌感染症

テーマ:


ももえる@2歳5か月。


GW1週間前にして溶連菌感染症にかかってしまった!!



鼻水出たねぇ~やだねぇ~
あらら、咳も出てきたねぇ~早く治さないとねぇ~
なんて言っているうちに、夜中に発熱39度2分。

あちゃーーー。


熱くて辛くて眠れないらしく、布団を蹴り飛ばして泣きわめく。

座薬取ってくるから待っててね。
「いやーーーっ!一緒に行くーーー」
来なくていいのに・・・と思いつつ、連れて行く。



汗だくだったので体を拭いて着替えさせる。
座薬を入れようと冷蔵庫へ向かう私に、
「だっこーーーだっこーーー」
との泣き声が。


ちょっとまってねーと言っても治まるわけもなく、
せき込みながらギャーギャー泣き、リバース。
きゃーーーっ!着替えたばっかりなのにーーーっ!!orz


こんな時にパパがいてくれると楽なのだけど、
土日もフルで出勤して疲れがたまっていたくろえるは、
こんな大騒ぎの中でもグーグー寝ていた。
疲れているから仕方ないとは言え・・・よく眠てられるよね・・・。


オムツを替えつつ、慣れた手つきで座薬をIN。
抱っこでトントンして、ポカリもどきを飲ませて、落ち着かせて寝かせた。
朝になるとすっかり熱も下がっていたが、念のため病院へ。



長くなったので続く。

バナナが1本ありました

テーマ:

ももえる@2歳5か月。



ある朝のこと。


ももえるは朝ごはんにバナナを食べていた。

その隙に、パパ&ママは自分たちのご飯を作っていた。



すると、ももえるの泣き声が。
「ウエーン」


!?どうしたどうした??


「バナナが一本ありまった~」


そりゃよかったね・・・。
泣いたのはなんだったんだ?まぁいいか。忙しいし。
そのまま黙々と朝食の準備をする2人。



「ウエーン
バナナが一本ありまった~」



「ウエーン
バナナが一本ありまった~」



「なんで、ももえる、あんなファンキーな人になってんの?」
「さぁ?ぷぷっ」


様子を見に行くと、
バナナの皮の前でももえるが半泣きで歌っていた。


「どうしたの?」
「バナナが一本ありまった~」
目は訴えているが、口は歌ってるし、目は泣いている。


「バナナもう一本食べたいの?」
「うんー。バナナが一本ありまった~~!」


「ちょうだい」や「食べたいの」はちゃんと言えるのだが、
バナナを思い浮かべるとつい歌ってしまって、
ちっとも伝わらなかったというところか?


バナナの歌に連れていかれすぎだろう。

おもしろすぎる。2歳児www

おしゃれ?

テーマ:

ももえる@2歳5か月。


ある日のママしろえる。

おしゃれしてみたところ、

ももえるがすごく喜んでいた。



「きれいだねー。」
えへへ。ありがとう♪


「ママきれい。」
ももえるちゃんも大きくなったら、一緒におしゃれしようね。


「きれいみたい。」
がくっ・・・orz

それ褒めてないから・・・っ。


だっこのおねだり

テーマ:

ももえる@2歳5か月。


だっこのおねだりも順調に進化してきた。


「(手を伸ばしてじたばたしながら)んっんっんっ!」

お?だっこかい?

「だっこー」
だっこって言えるようになったね。すごいねー。

「だっこしてー」
順当に言葉が増えてきているねぇ。



ここら辺までは、普通だったのだが、最近妙な物言いを覚えてくる。



「だっこしてほしいなーと思って」
なんだそのオブラートに包んだようなおねだり・・・?



「ももえるちゃんが、抱っこしてほしいなーって言ってたよ」
・・・伝聞形の上に過去形っすか?



手を変え品を変え、だっこをおねだり方法を日々模索しているももえるだった。