トイレトレ3

テーマ:

ちゃえる@3歳2か月

 

トイレを教えてくれることは稀だが、
1時間おきにトイレに連れて行っていれば、おしっこはほぼ漏らさずにいられる。


おしっこは親の努力によりクリアできたのだが、問題はうんち。

 

うんちの兆候は読めず、気づくと既に踏ん張っているので全敗だ。
踏ん張っている途中にパンツを脱がす勇気がないのが悪いのか・・・?

本人に聞いても便意と言うものがわからないらしく、教えることもできないそうだ。

 

ちょっとゆるめのうんちが、パンツにべっとりくっついた時のショックったらない。
本当に嫌だ。

トイレトレ辞めたくなるほど嫌なんだが、基本的に1日1回なのでうんち漏らしてから辞めても仕方がない。

 

半泣きで・・・時に叫びながら、うんちパンツの始末をしていると、
ちゃえるはちゃえるなりにショックらしく、
「やってしまった~~~」って顔でうなだれていたりしてかわいい。
かわいいが、平然と始末できるほど、私も母レベルは高くないのだ。
ももえるは、パンツでうんち漏らしたことないからな。

 

「お願いっ。うんちだけでいいから教えて~~~。」

という母の悲鳴が今日もこだまする我が家であった。

AD

トイレトレ2

テーマ:

ちゃえる@3歳2か月

 

まだまだ失敗の多いトイレトレ。

 

ドタドタドタドタ←走る音
「ままー、おしっこ出ちゃったー」

 

うわぁぁ~とまれ~!!
止まってくれーっガーン
部屋に点々と続くおしっこの跡。

うっうっうっ・・・えーん

 

被害が拡大。
お願いだから、その場で呼んでくれ。

 

廊下を拭いて、本人を拭いて、風呂場で洗って、着替えさせて、汚した服を下洗いして・・・
もくもくと作業をしていると、ちゃえるが「ママだーいすきドキドキドキドキ」と抱きしめてくれる。
ちゃえるなりに気を使っているのだろう。

 

少々イライラしていても、
「ママ大好き」と言われてしまうと、
「ちゃえるのことも大好きだよ」と返事するしかなく、
何となく和解した風。
ちゃえるってば策士だなーと思いつつ、

ちゃえるの手のひらで泳がされ続けている母であった。

 

AD

トイレトレ1

テーマ:

ちゃえる@3歳2か月

 

GWを利用して、パンツをはかせてみた。

 

「トイレ行く?」
「いかなーい。」
「ふーん。おしっこしたくない?」
「したくなーい。」
「そっか~、じゃぁもうちょっとしたら行こうか」

ジャー

しくしくしくしく・・・ガーン


そんな経験を何度もして
親子共に
「1時間おきにトイレへ行くべし」
ということを学習した。

これで、大体おしっこはクリアだ!

 

おしっこを教えてくれるようになってほしいが、1時間おきにトイレに連れて行っていると、教える隙もなくなってしまうのがトイレトレとしてどうなのか、悩むところだ。
まぁ、始めたばっかりだから気長にいこう。

 

AD

年少クラスになった途端・・・!?

テーマ:


ちゃえる@3歳

 

年少クラスになった。

待ちに待った保育園バッグを持っての登園だ。
ちゃえるが選んだ、黄色でぞうさんがついている保育園バッグ。

 

支度も自分でやる。
片づけも黙々と自分でやる。
その横顔は真剣そのもの。

 

そんな、ちゃえるくん。

年少になった途端、思っていることと違うことを言うようになった。

「おいしい?」「おいしくなーい(にこにこ)」

「楽しかった?」「たのしくなーい(にこにこ)」みたいな。

 

そして、今まで
「ママだいすきー」と常に愛情表現をしてくれていたちゃえる。

それが、年少クラスになった途端
「ママだいきらい」と言いやがった。

 

何かあって「嫌い」なのではなく、
「ママだいすきー♪」と同じトーン、同じノリで「ママだいきらい♪」と言うのだ。
言いたいだけなのがありありとわかる口調だが、
大嫌いと言われるのは悲しい。

「えー、大好きって言ってくれた方がうれしいなー」と言うと、
「ママだいすきー」と言って走って行ってしまった。


数日後
今度はまた同じノリで「ママいやー」。
嫌って言われてもさぁ・・・
今日は疲れているんだ。おいて帰るぞ。
「ママ嫌なんだったら、おいて帰っちゃうもんね」
「やだー。
ママだいすきーもん!(ママ大好きだもん)」
無理矢理「もん」をつけた風なのがかわいいから許す。

 

年少になった途端、マイナスな言葉ばっかり覚えてきてさ。
「ママだいすきー」ってラブラブしてくれていた時代も、もうじき終わるのかなぁ。
さみしいなぁ。
ずっとラブラブしてくれればいいのに
・・・んー、高校生くらいのでかいのになって、ラブラブされてもなぁ・・・
いつまでも小さくてかわいいままだといいなぁ~
でも大変だから嫌だなぁ~
あと10年若かったらもう一人産むんだけどなぁ~
残念だ。
今のうちにたっぷりラブラブしておこうっと。

 

3歳になったはずだが・・・?

テーマ:

ちゃえる@3歳

 

3歳になった日に、ちゃんと「3歳」と答えていたちゃえる。

数週間経つと、「2歳」に戻っていた。

指は2本だったり4本だったりしている。

 

「もう3歳でしょ?」って言ったせいで、2歳でいることにしちゃったのかな?

単に忘れただけ?

教えても、3歳って言ってくれないんだよね~。

 

そんなだから、乗り物料金払うときに、2歳(無料)でいいかな・・・なんて邪な考えが浮かんでしまう。

ちゃんと払ったけどさ~。

 

3歳のお誕生日

テーマ:

ちゃえるようやく3歳。

 

長かったー。
なんかちゃえるの2歳がすごく長かった。
「あんた、いつまで2歳なの?」って思ってしまうくらい長かった。

 

3月産まれだからなのか、第二子だからなのか、ちゃえるだからなのか。

あんまり2歳って感じじゃないんだよねー。
うっかり2歳だって忘れてるもんね。


そんなちゃえる君
保育園で、「おめでとう」っていっぱい言ってもらって、テレまくりだったらしい。

「あなたのおなまえは?」に
「ちゃえるくんです」とちゃんと答えられたらしい。

「何歳ですか?」
「3歳です」

「好きな食べ物はなんですか?」
「りんごとぶどうです」
などなどいっぱい質問してもらって、いっぱい答えて、ずーっとニコニコしていたらしい。
よかったねぇ。

 

家では、ママ特製アンパンマンプレートでお祝い。

パパがチーズスフレを買ってきてくれたのだが・・・
ケーキと言えば生クリームにイチゴと既に学習しているちゃえる。
箱入り娘で「生クリームなんてダメ!」と3歳になるまでほぼ目にすることがなかったももえるとは違うのだ。
「なんだそれ?ケーキちゃうやん。」って顔で、ケーキへの反応薄。
「生クリームいちごじゃない~~」って泣かなかっただけまだマシと母は生暖かく見守っていた。

そんな反応薄なケーキに、ろうそくをたてて、お部屋の電気を消したら、ワクワク最高潮。
足をぴょこぴょこさせながら、うきうきわくわくでろうそくを吹き消した。

こうして、ひとつ大きくなったちゃえるを、みんなでお祝いしたのだった。

 

ちゃえるの好きなところ。
一緒に手をつないで歩いて、「ママ―♪」と呼ばれて、
ちゃえるの上向きの嬉しそうな顔を見るのが好き。
にぱーって笑ってるの。
顔中から好き好き光線が出てるの。
幸せだなーって思う瞬間。

そんなにママのこと好きな癖に、
「ちゃえる~~~」と抱きしめると、手で押しのけて脱出していくのはなぜよっ!

 

僕のこと大好き?

テーマ:

ちゃえる@3歳

 

急に「ちゃえるのこと大好き?」と聞いてきた。

「大好きだよ」と答えると、「なんで?」と聞く。

 

なんでと言われても・・・なんででも好きなんだが、何と答えたものか。

一瞬迷った後、「かわいいから」と答えたら、だみ声で「かわいいじゃないでしょ!」と却下されてしまった。

 

えーーー。

 

「じゃぁ、ママから産まれてきたから」と答えると、

「でへへ~」と超笑顔。

 

正解だったらしい。

そんな回答でいいのか?

いいのか・・・こっちの方が無条件に好きっぽいからなぁ・・・

 

しばし悩む私。

こういう時なんて答えるのが一番いいんだろうね。

やっぱり、無償の愛がいいよね。

「お勉強できるから好き」とかだと、お勉強できなくなったら嫌われちゃうって思っちゃうもんねぇ。

「かわいいから好き」だと、かわいくなくなったら嫌われちゃうってことになるのかな。

「ちゃえるだから好き」とか?

 

結局、それ以上の回答が見つからず、その日はちゃえるに何度も同じセリフを言われ、「ママから産まれてきたから好き」と答え続けた。

何と答えるのが正解なんだろうなぁ~。

 

「悪いこと・・・」「悪いことしないけど・・・」などと言っていたので、「(悪いことしないけど、)悪いことしても好きでいてくれる?」ってことが聞きたかったんだろうな。

 

それにしても、子供って「ママから産まれた」って言われるの好きだよね。

「パパから産まれた」っていうと、ももえるなんか泣いて嫌がるもんね。

 

豆まき 2017

2月3日節分。


ももえるはこの日が大嫌い。
今年も、「鬼が怖い・・・鬼が怖すぎて頭が痛い・・・」などなどヘタレぶりを大発揮。
だったら良い子にしていればいいものを、学童で宿題をしてこないという暴挙。
理由は、「新しい本に夢中になっちゃって」。
はい、今年も鬼決定です。

3日はくろえるが帰ってこれなかったのと、
ももえるが「鬼が怖いからもう寝る・・・」といつもより早く寝てしまったため、鬼は登場できず。
4日だと、安心したところで鬼はひどすぎるかなーと悩んだのだけど、
本人が「4日に来るところもあるらしいよ。鬼怖い・・・。」と言ってきたので決行。

いつもの豆の付録でついてきた子供だましのお面と、新調したスウェット上下。
今までは登場した瞬間に我を忘れて大泣きだったももえるが・・・
鬼がひょこっと顔を出した瞬間、
「鬼からパパが出ている!」と・・・。
鬼のお面が小さくて、顔の上下が出た状態だったためバレたらしい。
「ママ!鬼の上と下からパパが出てる!!ほんとだよ!」と力説。
私、涙を流して笑い転げる。
「ママ!なんで泣いているの?」
「え・・・鬼が怖くて・・・」とバレバレの嘘をつく。

パパが見える鬼でも、部屋に入ってきたらやっぱり怖かったらしく、
ももえるもちゃえるも大泣きしてました。
ももえるは少し豆投げていたかな。
ちゃえるは笑い転げる私の横で泣きながら硬直していたと思う。
いやね、守ってあげようと思ったんですが、面白すぎて笑っていたら守れなかったwww
ごめんよ、ちゃえる。


で・・・鬼が帰った後のももえる。
ケロッとしながら、「鬼が『かわいいね』って言ってた」と。。。
「は?鬼は『宿題しろ』って言ったんだよ?」
「えー、『かわいいね』って言われたよ。」
ももえるの脳みそ、かなり幸せ目にできていることが判明。


小学生になると、子供だましではだましきれないんだなー。
(くろえるは、「鬼がパパに変身したのかも!?」と言っていたが・・・)
来年はもっと本気のお面を買うしかないかー。
 

北風と太陽

ももえる@小1

ちゃえる@2歳9か月

 

我が家の太陽ちゃん、ちゃえる。

最近、「まぁまラブラブ」と呼んでくれる。

ママの後ろにハートマーク付き。

あまーい呼び声に癒される~。

「ぱぁぱラブラブ」「おばあちゃんラブラブ」「おじいちゃんラブラブ」なので、当然大好評(ただし、パパラブラブは稀)。

「ママ」という言葉を世界一愛らしく言える選手権があったら、優勝だと思う(親バカですみません。でも本当なんです。無駄にうますぎるんです、あいつは。)

 

 

我が家の北風ちゃん、ももえる。

「マーマー!!むかっ

私が悪くなくても何故か怒りマーク付き。

こっちもいらっとして、

ついついつけなくてもいいむかっをつけて返してしまう。

「は?そんなん知らんわむかっ自分で片づけないのが悪いんでしょむかっ

って調子だ。

普通に「ママ、○○どこ?」って聞けば、「△△にあったような気がするけど。」と応答してもらえるのに、

「マーマーむかっ○○どこーーーむかっむかっ?」と聞かねばならぬのか・・・。

損してんなーって思う。

 

 

しかーし、そんなももえるも外面はいいので、先生には大好評。

「ももえるちゃんにはいつもニコニコ笑顔で元気もらってます~。」

私からは「嘘でしょ」としか思えない評価。

 

「その外面を少々母ちゃんにもわけてくれんかね?」とお願いしても、

「えー、疲れるから無理」と無下に断られる始末。

外で頑張っている分、家ではむかっをつけないと話せなくなる仕様らしい。

面倒くさいぞ!

※たまーに、「ママラブラブすきーラブラブ」と言ってくれることもあるんだけどね。

 

かばってくれるの?

テーマ:

ちゃえる@2歳9か月。

 

最近文句の多いももえるに、一方的に責められている私。
面倒くさいので、「へーへーそうでっか~」とほぼ聞き流していたのだが、

傍から見れば一方的に責められているように見えただろう。

 

すると、そばにいたちゃえるが

「あ"-------!!!」

とももえるに一喝

 

何事?と思っていると、

私を抱きしめて、ほっぺたをぺたっとくっつけてきた。


ん?
なに??
もしかして、かばってくれてんの?


なんかすごくうれしい♪

この年になってかばってもらえるなんてなかなかないもんね。

しかも、かわいい息子にかばわれちゃったよ。
 

息子ラブになっていくママさんたちの気持ちがわかるわぁ~。