SUPER MARIO☆Wor(L)d

~キノコを探す旅~

今日も素敵なキノコを探す
今日は何UPできるかな?

・毎週月曜18時~ラジオ関西「GOGO!ヴィッセル神戸」
・インターネットラジオ「VISSEL RADIO」担当
・劇団 浪花人情紙風船団
・森脇健児陸上部
・ほぼ月イチイベント「フリライターまりおの取材してるフリ。」


フリライターまりおのブログ:http://mari0word.blog.fc2.com/

ラジオ関西「GOGO!ヴィッセル神戸」ブログ:http://jocr.jp/blog/vissel.php
NEW !
テーマ:

終わりが近づいてきました…!

いよいよ5日目。


この日は朝からある予約を入れていました。


まどぅーがどうしてもやりたい!
って言うから。



アプサラス体験!


アプサラスとは遺跡で何度も出てきた
踊り子のことです。


これこれ。


シェムリアップではここだけ、アプサラス体験の出来る

アプサラスタイルワン


店長は日本人でした!
しかもイケメン!笑


衣装はアプサラスと水の女神メカラ、
色は4色の中から選べます。


私は黄色のメカラ、
まどぅーは白のアプサラスに。


私はメイクから。


実際にショー等で踊っているダンサーや
結婚式で新婦のメイクや着付け、指導を
しているプロからやってもらえます。

 


ベースからしっかり塗り、
特に眉毛は時間を掛けて書いていました。
付け睫毛は2個付けです。



まどぅーは金髪なので、
前髪と後ろ髪も付けます。


頭の被り物は縦に長く、
重さもそこそこあって不安定。


どんどん変身していく自分に
テンションが上がらずにはいられない。



きちんとしたカメラで撮ってもらいつつ
スマホでも撮影しほうだい。


ポージングも細かく教えてもらいます。


5パターンのポーズで撮影してくれます。

どのポーズも中々難しくハード。

 

変なポーズはオリジナル。



この衣装でいるのが楽しくて楽しくて、

何枚写真を撮ったことやら。。。




ベストショット。

 



外は豪雨。。。

 



メイクと着付けを担当してくれた2人とも。

 


最後に店長と。

ここの2階で美容院も経営しているとのこと。
奥様はハーブの石鹸を作っているんだって!
夫婦でステキやん!!
 

 

それから店長オススメのお店でランチ。


今まで行った中で一番オシャレ!

高級と思いきや意外とリーズナブルで。

 



オススメは、クメールビーフ!

こんなに大きくて8ドル!安い!



食前酒やおかわり自由のバナナチップスが出たり、
お肉を石で焼いて切ってくれたり、サービスがごいすー。

 

もちろん、どれも美味しかったデレデレ
 

 

大通り沿いにこんな広告が!


アンコール・ワットマラソンだ!!

 

森脇さんも走っていた大会!

 

今年は8月7日なんですね。

3Kファンラン、10Kロード、ハーフ、フルとあるんだ!

 

いつか走りに来たいな~爆  笑

 

 

Marioマリオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

バンテアイ・スレイ、地雷博物館の後は、

トゥクトゥク運転手オススメの遺跡へ。

 

 

プリア・カン



アンコール・トムの北側に位置している、

「聖なる剣」を意味する遺跡。
入口には頭部のない門衛人の像がある。

 



彫り込まれているレリーフ。

こりゃなんだ?





 


ギリシャ神殿のような2階建の石造建物は

アンコール遺跡では珍しく、ここにしかない。


プリア・カンの周壁にはガルーダのレリーフ(左)

木のブランコ、阿修羅の並ぶ通路(右)

 

 

そして、この日最後の目的地へ。

 



そこは山の上にある。

ひたすら登ること20分ほど。

 

 

プノン・バケン


標高60mの山の上に立つ、高さ40mの寺院。

 

 

ここは夕日の観光スポットなのである。

 

夕日は18時半くらいだけど、入場制限がかかるので

16時半には寺院へ到着。


しかし、雲・・・



諦めるべきなのか・・・

 

(待ち時間が長すぎて寝てたらオデコに帽子の跡が…)
 

 

撮影会するしかありませんよね。


セルフタイマーしていたら、巨大な足が出現(右上)

一人旅してるっぽい黒人女性でした(右下の方)

 


写真を撮ってほしいと頼まれたので撮ってあげて、

その後一緒にも撮ってもらいました!

(身長が同じくらいだった!)



なんかいい感じ。

 



うっすらと夕日が見えます。

 

 

しかし、

「はっきりは見えないなぁ」と諦めていたその時、


雲の隙間から、見えたぁ!!

 

今日も一日歩き回った私たちに、

「お疲れ様」と言ってくれているような夕日。
 

 

そして夕食。

この日は行くお店を決めていました。



バンテアイ・スレイ レストラン
 

このレストランは戦場カメラマンの一ノ瀬泰造さんが下宿していたところ。

クメール・ルージュで処刑されるまで、アンコール・ワットや戦時下で生活する人々を撮影し続け、その写真が展示されています。

 

 

左上:ロックラック(牛のサイコロステーキ)

右上:カレー

左下:海苔のスープ

右下:餅菓子

 

約40年の歴史がある老舗のこだわりの味。

 


ここで同じように食事をしていたであろう

一ノ瀬泰造さんへ思いを馳せ、乾杯を。

 

 

「地雷を踏んだらサヨウナラ」

という言葉を残した後、消息を絶ちました。

 

 

映画化もされているので、チェックします。

 

 

 

Marioマリオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アンコール・ワットで朝日を見てから

ホテルで朝ごはんと小休止。

 

 

この日は最初の3日間お世話になったホテルから

次のホテルに移動する日でした。

 



ブティック・カンボ・ホテル

今回はexpediaで予約しました。



まだ帰る訳ではないけれど、

お世話になったホテルとさよならするのは

ちょっとだけ寂しかった。

プールに入れなかったことだけ心残り。

 

 

再びトゥクトゥクに乗り、

ひとまず次のホテルにチェックイン。

 

それから次の目的地へ。


1時間ちょっとかかるけど、

天気が良かったのでとても気持ち良かった。

 

 

こんな看板娘(多分)がお出迎え。


 

着いたのは、

バンテアイ・スレイ

 

バンテアイ・スレイの意味は「女の砦」

11世紀に造られ、赤土色の精密な彫刻が特徴。


中央祠堂は保護のため立ち入り禁止。

 

かつてフランス人のマルローという作家が

デバターのあまりの美しさに持ち帰ろうとした

盗掘事件があったくらい。

 


自然と出る、おばショット感。

 


全体的にはこじんまりとしているけど、

彫刻がとても細かくて見応え十分。

 


 

こんな細かい彫刻が残っているのがスゴイ!

 

 



そして有名なのが「東洋のモナリザ」と言われる

美しいデバターの彫刻(遠目からしか見れない)。

 


数ある遺跡の中でも、女性をテーマにしたものはここだけ。

なんだかしっくりくるもの分かる気がする・・・?




敷地はとても広くて、

時間があったらゆっくりしたかった。

 

 

次に向かったのは、地雷博物館


両サイドのオブジェは爆弾。



建物の中央には撤去された地雷や

戦争で使われた不発弾などが展示されています。

 

少し重さを加えるだけで爆発するにも関わらず、

撤去には膨大な時間と労力がかかる上に

命の危険を伴う作業です。

 

日本語での解説は少なかったので、

半分も理解できなかったのが残念です。
(帰ってきてから色々と調べました)

このような信じられない残虐な兵器が

今も当たり前のように生活するエリアにあり、

被害を受けた人たちが大勢いるということに

とても胸が苦しくなりました。


写真右上はこの博物館を自費で作ったアキ・ラーさん。

今も地雷の撤去活動や地雷によって孤児になった子供たちの施設の運営を行っています。

 

撤去された地雷だけでなく、撤去に使う服や

戦争で使われた武器が展示されています。

 


実際にこのように地雷が置かれています。

(これは展示だと思います)
枯葉に隠れていたら全く分からないと思います。

 

 

知ってはいたけど、詳しくは知らない。

全ては到底理解出来るものではないし、

自分自身が何かできることも少ない。

けど、少しでも知っておくこと、知ろうとすること、

こうやって浅い知識でも書き記しておくこと、

必要だと思い、書かせてもらいました。

 

 

少ない額ですが、募金して博物館を後にしました。

 

 



自分たちの当たり前が

当たり前じゃない人たちがいる。

 

 

こうして笑って旅できる日々に改めて感謝しないと。

 

 

Mairoマリオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。