指導者として

テーマ:
いつもブログ観ていただき、
ありがとうございますm(_ _)m


最近のレッスンで感じること。

今年から始めた体を動かすのが苦手な方のための、
超超超初心者向けダンスレッスン。
初心者向けのレッスンですが、
中にはダンス経験者の方も来られます。
が、名前の通り、ホントに体を動かすのが苦手な方が来られます。
レッスン中、私の指導する言葉が理解出来ず、
どう体を動かせばいいか分からない方、
そして先日、お話ししました。


生徒さん曰く、やっぱり分からない…


私の言葉の引き出しが少ないせい…
生徒さんは悪くない…
私がそういう方の身になって、
考えれてない…
生徒さんと話してて、そう感じました。


先生(出来る人)って、出来ない人のために考えてるようで、実際には考えられてないケースも。
私の場合がそうだった…


もっと近寄って、もっと膝をついて、
相手の目線になって考えていかなければいけないことに、改めて気付かされた瞬間でした。


でもその方は、以前よりも数段に踊れるようになってる!


そんな時、ある方が言われてる言葉を見ました。↓


長い階段をのぼる時、

その階段の全てが

見えてなくても良いのです。

大事なのは

目の前にある一段を

のぼることです。




確かに!
リズム感のなかった私も、
一つ一つクリアして…
そしてまた基本に戻って…
の、繰り返しだった…
と、思い出しました。
 

着実に一歩、足を前に踏み出すこと。


方向性が合っていれば、
一段、登る度に喜ぼう!
一段、登る度に祝おう!


一緒に喜んであげれてなかったのかも…


もっとその方の立場になって、
今週の福岡WorkShopを楽しもう!
と。
AD

コメント(1)