コスプレ | らんかーきんぐ | 検索&ランキング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-04

リゼロ向け・レム風加工ウイッグ

テーマ:お知らせ

こんにちは~(^◇^)

名古屋店のスタッフ②です!!

 

 

今回は、

リゼロ レム風のウイッグ加工をやってみました!

 

 

加工難易度

★★★☆☆

カット+簡単な逆毛)

 

 

使用ウィッグ

MZ116-ZDF16

耐熱Z セミロングシャギー・つむじ人工肌 アクアグレー)

¥3800 → SALE価格¥2900(2017年5月現在)

 

必要な物

・ハサミ

・クシ

ハードスプレー

 

必要に応じてワックス、カミソリ、ヘアクリップをご用意ください!

 

今回のカットはパッツンがメインになります!

全体を通しての注意点としては、こまめに試着して長さを確認すること!!

 

 

ではスタート!!

 

左側は一筋だけカット。

耳にかける部分はクリップで避けています。

 

パッツンにカットする時は、ハサミの先の方(2~3cm)だけを小刻みに動かすようなイメージで切ると、比較的まっすぐに切れます。

また、梳きバサミより普通のハサミの方が断面(?)がキレイになります。

 

\パツーーン/

 

右側はやや多めにカットします。

 

こちらも同じくハサミを小刻みに動かして・・・

 

\パツーーン/

 

前髪もカット。ここは特に大事な部分なので慎重に!!

 

範囲が広いときは手に乗せると比較的やりやすいです。

 

\パツーーン/

 

MZ116はえりあしがやや長いので、こちらも少しカット。

えりあしはパッツンでなくてもOKなので、ハサミやカミソリでジョキジョキカットします。

\スッキリ/

 

このままスプレーで固めて完成!・・・でも良いのですが、ここでひと手間加えます!

 

丸いシルエットにするために、少~しボリュームを出してみます。

 

全体に軽く逆毛を入れます。(これでもだいぶ軽めです)

※うまく逆毛が入らないよ~(;_:)という方は、手のひらにワックスを付けて、全体をグワ~~ッと揉みこんでからやると◎!

 

中の逆毛をつぶさないように、表面だけをクシで梳かして整えます。

クシでつぶしすぎたな~という所は、指で持ち上げて立体感を出します。

ここでワックスを使っても◎!

ふんわり。。

 

何もしていない状態よりも、丸みが出ました~(*‘∀‘)

 

↓before↓

↓after↓

最後に、全体にハードスプレーをかけてセットをキープします。

 

 

★完成★

 

 

 

 

 

●おまけ●

レムちゃんと同じ工程で、ラムちゃんも作ってみました~!

こちらは同じ形のローズピンクを使っています。

こちらの過去ウイッグ・・・

名古屋店限定!各1点ずつ、現品限りで販売致します!!

ウイッグ代¥3,800 + 加工代¥1,000 = ¥4,800

 

販売開始は5/12~!!

 

それまでは店内で展示しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください♪

 

 

【通販サイト情報】

http://www.maple-wig.com/index.php

【Twitter】

https://twitter.com/MAPLE_WIG

【名古屋店ブログ】

http://ameblo.jp/maple-nagoya/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-15

【ユーリon ICE向き】オタベック風ウィッグアレンジ

テーマ:【ユーリ!!!on ice 風】

こんにちは!

池袋店のイエティです♪

 

 

今回は、

ユーリ on ICE向き

オタベックウィッグ

の加工例を紹介致します☆

 

 

加工難易度

★★★★★

(ウィッグ2つ縫合、生え際作成)

 

 

★刈り上げ

★オールバック

を、どう表現するかをポイントに加工しました!

 

 

 

まず、1つめですが、アニメの色を見ると刈り上げ部分がグレーっぽく見えるので、2つのウィッグを縫合し、2色ウィッグにしてしまいます!

 

 

使用ウィッグ

まじかるクラウンMZ105-Z2

(耐熱Z ワンレンショート・分け目人工肌 ナチュラルブラック)

¥3800 → SALE価格¥2900(2017年3月現在)

 

 

 

まじかるクラウンMZ115A-ZD60

(耐熱Z レザーショート・つむじ無し ダークグレー)

¥3800 → SALE価格¥2900(2017年3月現在)

 

 

 

そして2つめのポイント、「オールバック」を表現するために、ワンレンを選んだのですが、この理由は後で説明します♪

 

 

 

使用する道具

ゆめみる宝石ドライヤー

ゆめみる宝石ブラシ

ゆめみる宝石ダッカール

ゆめみる宝石リッパー

ゆめみる宝石

ゆめみる宝石

ゆめみる宝石はさみ

ゆめみる宝石ツルツルするシート(MAPLEのショッパーを使用しました)

ゆめみる宝石ワックス(MAPLEのウィッグ用ワックスがおすすめ!)

ゆめみる宝石ハードスプレー(MAPLEのウィッグ用ハードスプレーがおすすめ!)

 

 

 

それでは、作り方に入ります!

 

 

1.ワンレンウィッグをオールバックにする

 

まず、使用ウィッグの特徴から!

 

ワンレンウィッグの前髪はこのようになっています。↓

 

 

 

この分け目を消し、ドライヤーでオールバックにしていきます♪

 

分け目を崩すように、

右からドライヤーを当てながらブラシで梳かし

左からドライヤーを当てながらブラシで梳かし…

 

 

 

 

これを2セットくらい行うと、髪の向きを後ろに流しやすくなります!

 

少し横分けにしつつ、オールバックにしました♪

 

 

 

ワンレン・分け目人工肌のウィッグを選んだのは、髪の向きを後ろに流しやすいから!

 

 

上の図で通じるでしょうか?アセアセ

 

180度、向きを変えるよりは

90度、向きを変える方が簡単♪

 

そして、人工皮膚が大きいウィッグは、ドライヤーでセットしやすいのですが、ワンレンは人工皮膚が大きい形なんです!

 

 

 

 

2.刈り上げ部分を作る

 

とは言え、ウィッグで本当に刈り上げにすることはできませんアセアセ

 

内側が透けて見えてしまいますガーン

 

ですので、透けないギリギリまでカットし、刈り上げでない部分との「段」を強調することで、刈り上げ風を表現していこうと思います。

 

 

右半分だけ、バリカンでカットしてみました。

 

 

 

 

だいぶスッキリとなりましたが…

 

切りすぎた!?!?

 

 

こんな時も、焦らず対処しましょう!

 

不要な部分を抜き取り、穴を埋めていきます。

 

 

 

 

リッパーで縫い糸を解き、

 

 

埋めたい部分に手縫いします。

 

 

 

 

短くカットして整えれば、キレイになります!

 

しかも、密度が高まるので、より内側が透けにくくなります

 

 

ドライヤーでペタンコにしてみました。

 

 

 

 

3.黒ウィッグとグレーウィッグを縫い合わせる

 

このように切っていきます。

 

 

 

 

3か所、まち針で留め、まつり縫いします。

 

 

引っ張っても壊れないように、しっかり縫い合わせましょう。

 

 

ひっくり返すと、このようになります!!

 

 

 

 

4.黒髪をカットする

 

表面の髪を、ダッカールで留め、内側からカットします。

 

 

切るとこんな感じになります。

 

 

黒ウィッグにワックスを付けて、束感を出します。

 

 

MAPLEのウィッグ用ワックスは、ほんとーーーーに使い勝手が良いですよ!

 

 

580円でウィッグ加工がさくさくできるものなら安いものだと思いますグッド!

 

形状記憶力がハンパないし、外ハネなんかも簡単に強調出来ます。

 

まだ使った事がない方は是非試してみてください!

 

 

 

5.生え際を作る

 

黒ウィッグの使わない方から、髪を拝借し、生え際を作ります。

 

束をいくつか作り、ハードスプレーで固めます。

 

 

後で剥がしやすいよう、ツルツルした下敷きを敷いて置くとベンリです♪

 

MAPLEのショッパーが、意外と使えます!

 

 

毛束が固まったら…

 

①毛束を付けたいところをスプレーで固める(土台作り)

 

②毛束を乗せ、更にハードスプレーで固める

 

接着剤で付けるのもアリです!

 

 

 

 

くまできあがり!くま

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

参考になりましたら幸いです!

 

英雄とソルジャーかわいいよ~~!!な、イエティがお送りしました!

 

 

 

 

 

【通販サイト情報】

http://www.maple-wig.com/index.php

【池袋店ブログ】

http://ameblo.jp/maple-ikebukuro/

 【MAPLE Twitter】

https://twitter.com/MAPLE_WIG

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-07

【A3!】瑠璃川幸風ウィッグアレンジ【下準備編】

テーマ:【A3!風】

皆様こんにちは!札幌店のてんちょです

本日の加工ブログは人気急上昇のA3!より

瑠璃川君の加工のご紹介!

 

 

加工難易度

 ★★★☆☆(カット、熱加工)

 

●使う道具●

ブラシorクシ

・ハサミ

・ヘアアイロン

・ダッカール(カットするときにいらない毛をはさむクリップ)

 

 

●使用ウィッグ●
MZ116-MF13

(耐熱Z セミロングシャギー・つむじ人工肌・ミントグリーン)

通常価格¥3,800  → セール価格\2900

 

すっきりとした毛量でサイドが長い前下がりラインのボブです。

カラーも豊富で、ちょっと長めのサラサラヘアーのショートキャラなどに

大活躍します。普段使いにも人気なんですよ☆

 

色味はちょっとキャラにしては薄めかな?と感じますが・・

のちほど、店舗で質問の多いウィッグの染めに挑戦しようと思いこの色にしました!

 

 

ではでは、まずカットしていきましょう~

 

サイドの毛が内向きになっているので、これを

ストレートアイロンでまっすぐにします。

 

 

まっすぐ伸ばしました。

 

続きましてカットです。

 

カットするときはいっぺんにカットせずに

必ず毛を小分けにしてカットしてくださいね!

 

上下に毛を分けます。

 

前下がりラインの髪型なので、ななめになるように

指であたりをつけながらカットします。

 

ハサミは縦にいれて、ある程度毛が短くなったら

ハサミを横にして、指のラインにそって長さを整えながらカットしてください

 

指を切らないように気をつけてくださいね!

 

 

もう少し思い切りが良い斜めラインでも

よかった気がしますが、とりあえずやりすぎは

禁物なので、一度ストップ

 

逆側も同じようにカットします

 

サイドが切り終わったら、襟足をカットします。

あんまり短くすると地毛がみえてしまうので

サイドのラインよりやや長めでカットしてください

 

おおおお?!ここで問題発生

 

一番長いサイドの部分を気持ち切りすぎたような

気がします!!!ヽ(;´Д`)ノ

 

これは・・のちほど修正を加えましょう!!

 

ひとまずサイド切りすぎた問題は置いといて

 

このままだとストレートすぎてぺったりとした

印象になってしまうので、アイロンをかけます

 

一人では、写真がとれないので

イメージを加えてお届けします。

 

 

ウィッグ用のミストや水などで、毛を軽くしめらせてから

上のほうから毛をはさみ、そのままアイロンをすべらせ

 

 

毛先が近づいたら、毛先が丸くなるようにくるっとアイロンを返します。

 

一連の動作は流れるようにやると、ふんわりした形になります。

あんまりじっくりとやらないのがコツです。

 

それを繰り返して、全体的にアイロンをかけます

 

アイロンをかける前↓

アイロンをかけた後↓

 

 

シルエットがかなり変化したのがわかると思います!

あとは、前髪をかるく整えるだけで、

ひとまずカットはおしまいです!

 

 

やっぱりサイドの長さが気になりますね;;;

マネキンの頭は小さいので、実際は被るなら

もうちょっと長さがあって良いと思います。

 

実際切る時は、長めに切ってくださいね!

 

さて、なんとも締りのない感じになってしまい申し訳ないですが

次回の札幌店担当の回でこの記事の続きをやりますね

 

次回は

【切りすぎたウィッグをリカバリーするには?】

【ウィッグの染色について】 です!

 

久しぶりにやらかして、ちょっとショックな

札幌店のてんちょでした

 

 

 

【通販サイト情報】

http://www.maple-wig.com/index.php

 

 【MAPLE札幌店 Twitter】

https://twitter.com/ms_maeda

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。