メイプル事務局の島田です。

今年に入ってから、セラピストを目指してメイプルセラピーを学び始めました。
セラピスト、エステティシャンという職業とはまったく無縁の私が、一から学んでいく過程を【セラピストへの道】というテーマで不定期に書いていこうと思います。

 

この【セラピストへの道】は、メイプル事務局としての立場ではなく、一受講者としての感想を綴るものです。
そのため内容や表現については、とても個人的なものとなっております。
また、メイプルの指針とは異なる場合もありますが成長の過程としてお読みいただけましたら幸いです。


---

 

1回目のエントリーは、なぜメイプルセラピーを学ぶことになったかを書こうと思います。

 

2015年夏の終わり。
私は体調を崩してしばらく入院していました。
 

入院して数日経った頃、突然「これからは何か人様のお役に立てるようなことをして生きていきたい」と強く感じました。

 

誰でも、なんとなくさみしかったり誰かと話したかったりする瞬間があると思います。

 

なんだか心が宙ぶらりんにな気持ちになったり。
とりとめもなく誰かに話を聞いてほしかったり。
泣くに泣けなくてもやもやしてしまったり。

 

そんな時、少しでも気持ちがラクになるようなお手伝いがしたい。

その時点では具体的なプランは何も思い浮かばないまま時は過ぎていきました。


退院して家で療養生活を送る中、知人の紹介により弘美先生の施術を受ける機会をいただきました。

 

弘美先生とは何度かお会いしたことがありましたが、メイプルセラピーに関しては何の知識もありませんでした。

 

オイルを使ったマッサージと聞いていましたが、最初は私の尾骨に手を置いたままじっとしていました。
かなり長い時間だったように思います。
私の頭の中は「???」こんな感じでしたが、なんだかとても心地よかったのを覚えています。

 

後で聞きましたが、エネルギーがとても不足していたため充電のようなものをしていたとのことでした。

 

当時、治療の後遺症で足の浮腫みがひどく、重りをつけているような状態でした。

施術後は、信じられないくらいに軽く、気持ちも前向きで穏やかになり、この状態はしばらく続いたのです。


もちろん効果は一時的なものではありますが、この日をきっかけにいろいろなことを経て、現在はかなりよくなりました。

一度症状が出たら治りません、治療法もありませんと医師から聞いていましたのでとても不思議です。

 

私にもこのセラピーが出来たらいいなーと思ったものの、その頃は自分自身の身体のことで精一杯。そんな気持ちも時間とともに忘れてしまいました。


その後、ご縁があって事務的なことをお手伝いをしていくなかで、気力や体力が回復し、余裕が出てきたと同時に、セラピーについて勉強してみたいという気持ちが再び湧いてきたのです。

 

メイプルセラピーは、自分自身が媒体となって自然界のエネルギーをお客様の身体にいれるという特徴があります。
媒体になるためには、心身ともによい状態である必要があります。

 

つまり、最初の一歩は自分自身を浄化すること。心身のバランスが整い健康であること。

 

私は、自分自身の癒しと健康のためにセラピーを学ぼうと思いました。

 

「最初は。」

 

というのも、そう考え始めたと同時に、私の大切な友人数名が心身ともに疲れ果て何かしら力になりたいと思うようなことが重なったのです。

 

このセラピーを学ぶことで、友人はもちろん、家族のためにも使えるし、それをだんだん広げていくことで、私の目標である「これからは何か人様のお役に立てるようなことをして生きていきたい」ということにつなげていくことができるかもしれない。

 

なんだか一石二鳥どころか三鳥?と思い、できるかどうかはわからないけれどとにかくやってみようと思いました。

 

そんな思いを弘美先生が後押ししてくださり、セラピストへの道がスタートしたのです。

AD

初めての酵素作り

テーマ:

はじめまして。

メイプル事務局の島田と申します。
メール対応やサイトの更新などを担当しています。

 

メイプルで仕事をするなかで、心身ともに健康でいるための様々なことを日々学んでおり
そんな中から、気が付いたことを、みなさまとシェアさせていただけたらと思っています。

 

つたない文章ですが、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

---

 

昨年秋の某日。
酵素作りに誘われて、セラピスト養成講座受講者の方と一緒に作りました。
講師はもちろん(?)メイプル主宰山口弘美です。

 

今回、私たちが教わった酵素は
旬の野菜や果物、きのこなど数十種類の材料に、砂糖と専用の発酵剤を入れ

自分の手で攪拌することによりできる世界に一つのマイ酵素。

 

たくさんの種類を使うことでバランスよく栄養が摂れて、免疫力アップ、便秘解消、新陳代謝がよくなるなどと言われているようです。

 

材料は一人あたり10キロ、砂糖は1.1倍の量が必要です。

皮を剥かずにまるごと使いますので、まずは汚れや農薬などを落とすところからはじめます。
綺麗になった材料を細かくカットし、途中砂糖を混ぜながら最後に発酵剤を加えて終わり。

毎日かき回して発酵を待ち、濾したらできあがりです。

 

簡単ですが、大変でした笑

 

まず、一人10キロ(正確にはそれ以上の量で作りましたが)の材料を洗うのが重労働。
樽に水を張ってつけ置きし、水を替え...
そして、ひたすら切る!切る!切る!切りまくる!

最初は女子トークなどをしながらルンルン♪と切っていますが、だんだんと無言になっていく。

 

気が付けば、野菜と自分、二人だけしか存在しない世界。

 

出来上がったものは、20キロ以上ですから、車に乗せて降ろして家に運ぶのも一苦労。

濾すときも液体がかなりとろっとしているのでなかなか下に落ちずそれもまた一苦労。

 

大変でしたが、それを上回るほどの達成感!

一人だったらこれだけの量を作ることすらできませんでしたし運ぶこともできません。

指導してくれる先生がいて、一緒に作り、運んでくれる仲間がいることに感謝です。

 

そして、それぞれの野菜の後ろにはたくさんの生産者さんがいます。
心を込めてつくってくださったその思い、食物の命の恵みと。
仲間と共有した時間やエネルギー。

 

そんなありがたいものがたくさんつまった、世界に一つだけの手作りマイ酵素。

これを飲んでますます健康になります!

 

さて。

肝心のお味について。

飲めますが、少しクセがあります。

 

そこで山口の作った酵素をお願いして味見させていただきました。
同じ材料、同じタイミングで作ったものなのに。

 

まったく別の飲み物でした。

 

クセがなくまろやか。すべての材料がバランスされていました。
そして私の酵素ではほとんど出なかった泡が、泡風呂のごとく出ていました。

 

私「弘美先生のと私のは何が違うのですか?」

 

山口 「キャリアかな。」

 

作れば作るほどおいしく作れるようになるそうですよ。


酵素を作った後の搾りかすは、入浴剤、肥料等、様々な用途で使うことができるそうです。
植物の命をまるごといただく、ありがたい酵素飲料です。


私たちが習ったこの手作り酵素は、

「自分の健康は人任せにせず自分で管理する」

というのがテーマとなっています。

 

世の中には様々な健康法があり、メイプルセラピーもまたそのひとつです。

それらはあくまで治すためのお手伝いであり
大切なのは、様々な人や植物の力を借りながら、自分自身で癒す/治すこと。

どんな健康法も、受け身ではいけないと改めて実感した酵素作りでした。

 

ちなみに、私が作った酵素は、少量のストレート果汁を混ぜることにより毎日おいしくいただいています。

AD

セラピスト、講師の狩野です。

 

先日、6泊7日で奄美大島の離島へ行ってきました。
私は今回で、9回目です。
羽田から約2時間で奄美空港。そこから車とフェリーを乗り継ぎ数時間。
コンビニもスーパーもなくて携帯の電波もまばら。


そんな、まだ殆どおかされていない、海と空と緑の大自然の中に身を置くと、身体全体が緩み、細胞がエネルギーを吸収するのが分かります。

 

こうして、私たちセラピストは時折、聖地霊地を訪れ、「まずは自分の心身を整える」ということを、大切にしながら、エネルギーを溢れさせて施術させていただいています。


まずは、神社へお掃除とご挨拶。
そして、翌日お天気が良かったので海で泳ぎ、日頃の心身の、疲れや汚れをデトックス!

美味しいフルーツや鶏飯(けいはん)をいただき、ガジュマルの木で遊び、海亀を見たり、昼寝をしたり、セラピーをしたり。

大自然との調和を図り、
デトックス&チャージ完了!
また、覚醒に向けて脱皮するような、最高の時間でした。ヽ(´▽`)/

AD

みなさま、はじめまして。

 

私たちメイプルでは、「一家に一人、セラピスト」をテーマに掲げ、こころとカラダと魂を調律し自然治癒力を高めるメイプルセラピーの施術から教育、ツアーまで多彩な活動を行っています。

 

こちらのブログでは、セラピストからみなさまへ、セラピーのこと、健康法のこと、食や自然のこと、また、事務局スタッフからのご案内やレポートなどを更新していきたいと思います。

 

ごゆるりとお付き合いくださいませ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

メイプル公式サイト

http://maple-therapy.jp/